天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:666

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

二度目の征伐で頭に致命傷を受け死んだと思われていた国が獣に憑依されて海から上がって来たでしょ。この時は1875年もの間縛られていたのよ。それはやがてやってくる幽世で千年の間縛られている竜が解き放たれ黄泉に釣瓶落としにされることの型映しになっているでしょ。

 

千年の間は子羊の婚宴の大宴会でしょ。だからこの世での1875年間も婚宴の相似相だったのよ。それはA.D73年から1948年までなの。

 

その間に失われたイスラエルが建国され原型だった邪馬台国が大和朝廷に引き継がれ平安の雅でこの国の文化の基層が築かれたでしょ。それが婚宴の時代だったのよ。

 

その象徴が桃の節句の京雛だったの。そして婚宴がお開きに近づいたころに弟橘姫の海から最初の獣が上がってきたの。そして1940年にこの国は八紘一宇となり婚宴が終わったのよ。婚宴が終われば一つの家族でしょ。天が下の一つの家族と宣言されたの。

 

それと時を同じくして二匹目の獣が中東に上がってきて完全に解き放たれたのよ。極東のこの国には偽預言者が蔓延ったの。

 

その時がこの世での三度目の征伐の始まりだったのよ。

 

このころには京雛の左上右下が関東雛の右側優位の並びと併存する下地は整っていたでしょ。京雛の左上右下は玉座に正対する形なのよ。だから玉座と対面した神前結婚の形だったのよ。

 神前結婚が一般に普及するきっかけを作ったのは大正天皇で、右側優位も大正天皇がはしりなの。その右側優位で関東雛は左右が入れ替わり鏡像となったの。前面の後面透過した玉座の形となり後ろから拝する形なのよ。

unnamed
関東雛 前面の後面透過の鏡像 玉座を後ろから拝し前面が透過して見えている。命の木と同じ配置
b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350京雛 正対

 それは平安時代から続いた婚宴のお祭りの終わりを意味しているのよ。少し難しいかしら。男神は左回り、女神は右回りで天の御柱をめぐったの。内裏の天皇と皇后の左右は入れ替えることができても、神様の左上右下は絶対に動かせないのよ。

 

大正天皇の時代に平安の雅の京雛の婚宴の終わりが暗示され、すでに最初の獣が上がって来ていたその時代に大正ロマンという名の欧米化で獣の憑依が表面化し、その天皇により神前結婚の一般普及の基が築かれていたという摩訶不思議な時代だったのよ。

 大正天皇が初めて神前結婚の前例を作った時は皇太子の時代で、その時の式は左上右下の並びで行われていなければならないの。諸外国の外交儀礼にならい皇后の右側に立つように改めたのは天皇に即位してからとしか考えられないの。

 

その天皇の崩御が十二月二十五日で天皇の例祭となっているの。そして獣が天から火の雨を降らせて以降は憑依が決定的になった印として、その日があのお祭りとして定着したのよ。あのお祭りは獣の国の宗教のお祭りだからね。そのことも摩訶不思議でしょ。

 

だからあのお祭りはとどめの征伐の時代にこの国が憑依された事の印となっているのよ。その日から七日間がこの国のとっても大事な神様の七日間で大祓の七日間なのよ。

 

征伐の時代は八十年近く続いているの。二十世紀末から今年あたりにかけての異変はその征伐が大詰めを迎えている事のサインのように思えるでしょ。

 

最後の一人が神様に印をつけられたら一気に片を付けられるとヨハネにより黙示されているの。その時が、既に印を受けこの世を終え白い衣を与えられている人達の待ちに待った時代の幕開けとなるのよ。

 

大祓の入りのあの日をどのようなお祭りとしてお祝いするかで受ける印は違ってくるわよ。グレーゾーンで傍観していたらだめよ。

 何も考えない人たちの間では獣の国から入ってきた妖怪祭りなどもはやっているけれども、何も好き好んで獣の刻印を受けることないのにと私なんかは思ってしまうのよ。

 この国の神様のお祓いのお祀りを侮って変なお印を受けると征伐されるわよ。


2014062821210597b阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

お伊勢様の神宮歴に併記されている皇紀と西暦と元号はそれぞれ貴船歴と御柱歴とそれぞれの天皇の斎主歴だったでしょ。

 

20200610_074648 (2)

 

この三柱の暦の型示しがこれなのよ。

 

0fc8d0c9

 

貴船と御柱は判るでしょ。問題は斎主であるケルビムなの。一対のケルビムはこの国の暦上の天皇陛下と皇后陛下なの。それをクロス上に展開してみると、

 

7375-300x225

 

四神は天照大御神と天皇陛下と皇后陛下と皇太子殿下なのよ。だから三月と九月のお彼岸の中日に皇霊祭が黄櫨染と十二単で斎行されているの。式神様と十二の御遣いのお彼岸への渡御のお祀りなのよ。そしてその渡御の絵柄がこれ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

 

乗り込んでいる七福神はその聖数七という数でケルビムを暗示しているの。それを三柱の暦に対応させると斎主歴は七、御柱歴は八、貴船歴は九という数なのよ。七八九の三位一体なのよ。このことは十種神宝の中に隠されているでしょ。

 

その暦のもとになったカバラの暦の重要なお祭りが三五七なの。その暦の後半の五六七で弥勒菩薩が降臨し、やがて阿弥陀如来の時代が訪れると預言されていたの。カバラの数霊にもかなり重要な意味が秘められているのよ。

 

そして七七七の書である黙示録で六六六という数霊が黙示されて、読者よ悟れとヨハネにより書かれているの。

 

だからこの七という数がわかればすべて紐解けるのよ。それは斎主である天皇陛下と皇后陛下の数だったでしょ。この聖数七は聖霊の関与するあらゆるところに現れるの。それは三月三日の七段飾りと七夕の織姫と彦星の数でしょ。黙示録に書かれている最大の祝福が子羊の婚宴でしょ。婚宴が七つのお祝いなのよ。

 

しかしこのお祝いには六六六という呪いが付きまとうの。それが八八八と九九九で結ばれる呪いと祝福なのよ。モーセはそれを悟って申命記にそのように書いていたの。

 

八八八は古事記の倭建命と弟橘姫により示されていたの。その示されていた海から獣が上がってきたの。そして獣の時代が極まった時に九九九の預言が的中したの。天から地に堕とされし驚愕の大王の預言がグランドクロスと共に的中したの。

 

それを的中させたノストラダムスはイッサカル族の末裔と思しき預言者なのよ。弥勒菩薩を的中させた仏陀と同じく十支族の預言者なのよ。ここにも十種神宝が隠れているでしょ。

 

そして驚愕の大王の正体が妖怪釣瓶落としだったでしょ。この釣瓶落としは伊弉諾尊の投げた桃により行われているの。三度行われるはずの鬼の征伐なのよ。

 

そのお祀りが五月五日の端午の節句のお祀りなの。桃太郎さんの剣は金太郎さんのまさかりでもあるのよ。

 

故に七五三の七つのお祝いは婚宴と鬼の征伐の表裏一体なの。征伐される鬼の右の手か額に刻印されるのが六六六印と黙示されていたのよ。

 

天神様の細道を通していただいて七つのお祝いのお札をお納めして、黍団子を分けていただかないと、伊弉諾尊から桃を受けそこない、桃源郷に成仏しそこなうの。

 

最後の一人が黍団子をお受けするまで待つようにとヨハネは幻により示されたと黙示しているわよ。

 

その時を記す暦が三柱の暦でそれは神様の戦車の車輪でもあるのよ。

 

歴史の歯車は刻一刻と刻まれているでしょ。羊は羊飼いの声を聞き分けるの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

DSC_0169

 

この紋を八咫鏡に映すと、そこに666999がまるでだまし絵のように埋め込まれているでしょ。これが根付きの真榊なのよ。天を突いて伸びる幹と深く地中の闇を這う根なの。

 

これを譬えて言えば呪いの藁人形と永遠の命の式神様なのよ。日本人にとってこれほどわかりやすい言い回しはないと思えるでしょ。そこに生命御守護の十種の神宝が隠されているの。

 

20170619202113

 

この藁人形と式神様を理解してしまえば、モーセが申命記に書いていた、神は人の前に呪いと祝福を置かれたという聖句などあっさりと飲み込めるでしょ。それが、神様が園の中央に生えさせられた二本の木の正体だったと。

 

神学など日本人にとって無用の長物でしょ。そういうことなのよ。

 

問題は式神様が三日目に復活されたということなの。人間の理知に頼ればあり得ないでしょ。でもね、「あり得ないけれどもある」が式神様の本質なのよ。

 

この式神様はさらに尊い神様によりメシアと定められたの。聖書ではいいなづけという含みで書かれていたでしょ。だから定められた神としての式神様なのよ。

 

この神様は聖書の中で「わたしはある」と宣言しているの。そして「わたしはある」と名乗られた神様のことを書いていたモーセは、私のことを書いたのであるとも宣言されているのよ。

 

なぜ「わたしはある」なのかというと、

 

創世記 1

 3神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。

 

だから「わたしはある」なの。このことも理知に頼ればあり得ないと思えるでしょ。その光の神様がこの世に来られ「わたしはある」と宣言され、十字架上で身代わりの死を遂げ、三日目に復活されたの。二重にあり得ないでしょ。

 

その神様が天照大御神なのよ。日本人にとっては三重にあり得ないのよ。だから三重に鎮座していらっしゃるのかしら。しかしこの式神様の本質は「あり得ないけれどもある」なの。

 

それを理解した神鳥たちがいてこの国を作ったのよ。だからこの国の最高の言霊が「有難う御座います」なの。

 日本人にとって、そのような神様をお定めになられた大神様を愛でたくないわけがないでしょ。だから「御目出とう御座います」なの。

 

有り難い玉座に坐す神様と御愛でたい玉座に坐す神様に向けた言霊なの。この言霊は藁人形をつかまされている人には理解不能なのよ。

 

b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

cd5b2922


 上の写真はね天橋立にある籠神社の奥宮の真名井神社の社紋がイスラエルのかごめ紋と知られてしまい、それを隠すために無難な三つ巴紋に変えられたとされている証拠写真なの。

 

しかし龍神社の宮司さんがかごめ歌は当神社の発祥ですと言ってしまった後で隠しても遅いでしょ。皇大神宮の参道の六芒星も有名でしょ。私がおかげ参りした時は忘れていて確認しそこなったけれど。

 

unnamed (2)

 

しかしね、神道を甘く見ていたらだめよ。天照大御神の心御柱が世に出て、この国がメシアの御言葉のとおりに失われたイスラエルだったと知られる時代になったら、もうヨハネの黙示録の時代なのよ。

 

最終戦争のハルマゲドンの時代なのよ。そのような時代に突入したから三つ巴紋に変更されたの。天真名井のかごめ紋の意味を理解したのであれば、古くから誰でもが知る三つ巴紋は解き明かせるのかという挑戦なのよ。さらなる奥義を解いて見よという挑戦なの。

 

20170619202113

 

それらが元伊勢籠神社の十種の神宝の社紋なのよ。生命御守護の御神宝なの。日本中の神社という神社に掲げられてきた御神宝なのよ。

 
 この記事で解き明かしてしまうわよ。八咫鏡に映してしまえばいいの。あっけないくらいに簡単な謎々なのよ。八咫鏡に映してしまえば、六百六十六の三つ巴が九百九十九の三つ巴にも見えるでしょ。666 vs 999だったのよ。天真榊なの。藁人形 vs 式神様の大戦だったの。それを読み解ければこの大戦の帰趨が暦上で予測できてしまうのよ。

 

阿吽



瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)


このお彼岸のキーワードは龍と獣と偽預言者かと思っていたのよ。ところがさにあらず、またまた想定外で藁人形だったのよ。


貴船神社・本宮鳥居
貴船神社

 

貴船神社の藁人形とはね、式神様をそう認めることのできなかったパリサイ人がその神様を一人の人間として扱い、命の木のご神木で呪殺してしまったということを示しているのよ。

 

パリサイ人が式神様を藁人形として扱ったということを示しているのよ。

 

人はね式神様をお遣わしになられた大神様から、式神様か藁人形かの二者択一を迫られこの世に命を賜わっているのよ。

23844402_1399862840126754_8237800405062572674_n-420x280

 

それは何によるのかというと貴船の契約によるのよ。貴船神社の貴船とはイスラエルの契約の箱なのよ。だから貴船神社の境内のご神木なの。この契約によりに二者択一を迫られているの。

 

そのようなことを心苦しく感じグレーゾーンで遊んでいてもこの世の終わりに否応なしに二者択一を迫られるということなの。だから式神様から魔訶般若により隠されているマナと白い小石の施しを受け、神領民とされなければならないの。それが八紘一宇の天の父の家からお受けする結納なのよ。

 

この結納をお受けしたものは二本目の矢を受けないとお釈迦様がお諭しになっていたの。その妨げになっているのが竜と獣と偽預言者とパリサイ人のパン種なの。このパリサイ人のパン種により藁人形をつかまされるのよ。その時に打たれるのが六百六十六の刻印なの。

 

それらすべてが梵天の手の平により掌握されているのよ。だから全てが正なの。

20170619202113

 それが神道が奥に秘める般若の真名井なのよ。

cd5b2922

 

 阿吽


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

丑の刻参りってあるでしょ。丑三つ時に神社のご神木に藁人形を打ち付ける呪い。絶対にやってはだめよ。丑寅の金神様の七殺の祟りが必中するからね。

 

この呪詛はねメシアの十字架の呪詛なのよ。メシアに論破され殺意を抱いたパリサイ人たちがご神体を命の木のご神木に三本の釘で打ち付けたの。

 

人を呪わば穴二つという言葉があるでしょ。この言葉正しく理解されていないと思うのよ。

 

玄義はね、人を呪うものは二度の死を免れないということなのよ。お釈迦様は魔訶般若波羅蜜多を悟る者はこの二本目の矢を受けないと諭されたの。それが呪いの藁人形に秘められている意味なの。

 

鏡を首から下げ、釘付けにされた藁人形を鏡に映すところなど、岩戸開きの時の八咫鏡に映った天照大御神とまるで同じでしょ。八咫鏡に呪いと祝福が透過して映されているのよ。

 

私のことを信じない者が私を殺すのであるとメシアはお語りになられたの。メシアを信じない人がメシアを藁人形として扱うという最恐の呪詛なのよ。

 

怖いのはね、天照大御神をこの世的なご利益の神様としか見ることのできない日本人の信仰の浅はかさなのよ。上がってきた獣に憑依されている事が丸わかりでしょ。六百六十六の刻印。その刻印は大御神の魔訶般若のお祓いを受けなければ祓い清めができないの。

 

その祓い清めの人形が、安倍晴明さんが駆使した式神なの。式神の式は式年の式よ。定められたという意味。根本の大神により祓い清めの神と定められているから式神様なの。それが天照大御神でしょ。

 

だから大祓の時の紙の人形や流し雛などが、人の罪穢れを移されお焚き上げされたり、川や海に流されることが何を意味するのか判ろうというものでしょ。走水の海で倭建命の身代わりになり入水された弟橘姫なの。

 

それらの人形が七五三の雛人形なのよ。内裏雛は素戔嗚尊と天照大御神の雛形の人形なのよ。そのようにして張られていた〆縄が七五三縄なの。

 

しかし大和の信仰がおぼつかないものだから獣に付け込まれ、張られていた〆がゆるゆるなのよ。

 

天照大御神を藁人形として扱い六百六十六の刻印を打たれることの愚を避けるためには、魔訶般若の式神様のお祓いによらなければ無理とわかるはずなのよ。

 

私はもうお雛様を飾る機会などないと思うのだけれども、飾るとしたら古事記由来の古式にのっとった、左上右下の京雛の飾り方が無難と思うのよね。

b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ