天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:魔訶般若

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

四日にね、妖怪釣瓶落としの正体書いたら、ブログのPVUUが一気にうなぎ上りになったの。しかしその後二日間で釣瓶落としなのよ。なにかわかる気がするの。

 

turubeotosi

 

妖怪釣瓶落としの正体が天から地に堕とされし驚愕の大王で、それを示すノストラダムスの預言の時期に共時性が働いて玄倉川の水難事故が起きていて、その水難事故がまるでノアの洪水により示された人類全滅に対する警告で、その警告が平成の時代にノストラダムスの預言により示された天界の四神相応のグランドクロスのように、地上に展開されてしまったと、そのようなことを書いてしまったからね。

 

しかしね、それが神道なのよ。天神様の細道は、行きはよいよい帰りは恐いなの。行きはよいよい帰りは恐いでなければ天神様の神道ではないのよ。

 

うしろの正面は式神様のお目出度の鶴亀と呪いの藁人形の釣瓶落としでなければならないの。

 

その様だから本当に怖い思いをして死んだようになる人が細道の入り口を見つけるの。神様が人の前に置かれた呪いと祝福を両方見つめないといけないの。二択だからそうなるのよ。だから行きはよいよい帰りは恐いの天神様の細道を、怖いながらも通りゃんせなの。

 

通していただければ成仏なの。だから通りゃんせなの。

 しかしこの世は神仏による魔訶般若の警告など馬耳東風でしょ。だから玄倉川なの。

 

私なんか通していただいたおかげ参りでお伊勢様に参りしたらその最後に倭姫命様からご挨拶お受けしてしまったからね。その様に共時性が働くのよ。

 

それでも共時性では言葉足らずよ。シンクロニシティーとか引き寄せの法則などとスピリチュアルや心理学の世界では知られているけれども、いずれも因果律の存在を無視しているでしょ。

 

魔訶般若波羅蜜多による虫の知らせなの。因果律を無視して引き寄せなど行うと藁人形や妖怪釣瓶落としを引き寄せるの。そそのかす蛇の思うつぼには嵌まるのよ。怖い思いを伴わない引き寄せやシンクロはその蛇の甘言と思えばいいの。メシアは柵を乗り越えて入ってくるのは狼だと御言葉しているでしょ。

 

日本人の感じる虫の知らせの本質は因果律によりしっかりと守られているわよ。日本人か外国人かに関わらず幼少時に日本語で育てられた人だけが虫の音を、ああ面白い虫の声と感じるらしいわよ。日本語の言霊なの。

 

それはね因果律を理解しない外国の成功哲学による引き寄せやシンクロ二シティーなどという底の浅い言葉ではなく、天照大御神の恩頼(みたまのふゆ)という表現が一番しっくりくるの。

 

それはね、天照大御神の本当のお名前である、ナザレのイエスユダヤの王のお語りになられた、信じる者には助け手を送るという言霊の結実なの。この王から助け手を送っていただくには、そのお方を王と定められた神の恐ろしさに一度打たれなければ送っていただけないのよ。

 

スピリチュアルの世界の引き寄せの法則やシンクロニシティーなどと言われることの底の浅さをはっきりと悟りお仕えできなければ無理よ。お陀仏なの。魔訶般若波羅蜜多の梵我一如として悟られなければ無理なの。神示や偽預言者にたぶらかされているのはもはや言外。

 

なんてね、そんなこと冥想しながら、神道の妖怪釣瓶落としまで理解したらもう王手でしょと思っていたらさにあらず。またまた記事にしたらニ十本分くらい書けそうなネタが上から落ちて来たの。

 

2614633i

 

本当にこの漫画のようなのよ。真名井の井戸深すぎ。いつまで書き続けられるのかわからないけれども乞うご期待なの。

special07 阿吽

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

 私のもと先生たちのことについて書いておこうと思うの。その先生達の教科書を列挙しておくわね。

 
























失われたイエスの12使徒「八咫烏」の謎
たける, 三神
学研プラス
2001-11T


 

これが私のもと先生たちの代表的な教科書なの。今ではよく知られている先生達でしょ。この先生たちの教科書は今でもよく売れているでしょ。

 私はこの先生たちの元を離れたのだけれども、卒業したわけではないのよ。この先生たちではだめだわとなり離れてしまったのよ。

 

この先生達って結構重要な授業をしているのよ。だから私も真剣に教科書代を払い受講していたの。そうしていて一番高学年になった時に、カバラの授業の先生に卒業させていただけると思い込んだの。その先生の一連のシリーズの教科書などほとんどすべて購入していたからね。その授業は決して無駄ではなかったわよ。

 

その挙句に何が起こったかというと、その先生のファンクラブに入り、その先生の所属する教会に入信してしまったの。その間二年弱はそれなりに卒業感を味わっていたの。

 

しかしね、三年目の秋を迎えた時に突然、だめだこの教会といきなり目を覚まされたのよ。そして脱会。決意したその日に解脱を意識。それがケルビムと回る炎の剣で守らせられている命の木の入り口だと直覚して、それ以来瞑想三昧。

 

そうしたら聖書に書かれているメシアの御言葉が次々にこの身に・・・という流れなのよ。この世に生を受けて以来体験させられてきた摩訶不思議なオカルト現象も、実は大御神の倒語(さかしまごと)のお示しでありただのオカルトではなかったと知らされたの。

 

そうなってからあらためて彼の先生のファンクラブを見てみると、教会員同士の内紛で分裂の崩壊、その泥仕合の様は先生がブログで晒してしまっているの。

 

それだけではなく、その真実のキリスト教会と称している日本人教会員の醜い内実迄、インターネット上に晒してしまって、自分至上主義で悦に浸っているという姿まで見せられてしまったの。

 

その先生が八咫烏から大御神の心御柱の正体を聞き出してしまったという流れなの。



 この流れにも魔訶般若波羅蜜多が存するのよ。その先生の書籍がこのブログの柱になっているからこの辺ではっきり書いておかなければと思うのよ。

 

元パリサイ人の預言者が布教した教会が世界宗教になり、聖書が世界中に知られるようになったということと相似象を成しているのよ。


 イブは神様が園の中央に二本の木を生えさせられた時にそこにいた蛇にそそのかされ目を覚まされていたでしょ。

 

メシアはパリサイ人の律法は守りなさい、しかし律法を人の前に置くだけで行おうとしないパリサイ人のパン種には注意しなさいと御言葉していたでしょ。

 

そういうことなのよ。自信満々の先生達こそ一番危ないのよ。魔訶般若波羅蜜多を理解せずにいて自信満々の先生は生徒を卒業させることはできないの。

 それよりも一層たちが悪いのが善因善果の因果律を無視して、垣根を乗り越え入ってくるスピリチュアル系の狼たちよ。くれぐれもご用心。

 

人を卒業させ涅槃に導ける先生はヨハネが黙示していた二人の預言者だけなの。このお二人を先生とすることなしに狭き門は通していただけないのよ。これが校長先生のお定めになられた掟なの。

 こんなブログ読みに来ている暇があったらこのお二人の先生の教科書を穴のあくほどよく読むことの方が有益よ。阿吽


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

あ~驚いた。子供のころから見慣れていたお社の三つ巴紋に天の御柱と命の木への入り口がまとめて示されていたのよ。とんでもないものを見つけてしまったわよ。

 

わかってはいたけれども、これでもう古神道は創世記にまでさかのぼることは確定でしょ。その証拠見つけてしまったのよ。

 

その様だからね、この記事ではっきりと言いたいのは、古事記の神様は絶対に、軽薄な神示など降ろしてはこられないということなの。根本の神の神示などというのは絶対に信じたらだめよ。

 

私が一時嵌まっていた教会ではね、十代の不良少年が森に入り祈ったら御父と御子が共にあらわれ祝福を賜り預言者となったなどと教えていて、その預言者が起こしたキリストの真実の教会などと信じているのよ。

 

魔訶般若の善因善果などまるっきり無視しているのよ。それは今の日本のスピリチュアルの世界でも同じ。何の善因も示せないのにある日突然啓示を受け、スピリチュアルを売り物にし始めるの。それが偽預言者の真骨頂なのよ。

 

お釈迦様がお示しになられた魔訶般若波羅蜜多で穢れを祓っていない者に、聖心の神様が軽々しくコンタクトすることなどありえないからね。

 

入り口はケルビムと回る炎の剣で守らせられているの。禊せずにこの入り口を超えようものなら八岐大蛇のように三枚羽で滅多切りにされるわよ。八岐大蛇が八頭なのは初めから九頭竜の神様に八つ裂きにされているからなのよ。それが666 vs 999のメギドの戦なの。

 

九頭竜の神様の九九の理なの。その九九の理を受け菊理姫が菊水を菊花酒に変えられたのよ。その菊花酒の盃をお受けしていないのに、やれ空中携挙だ、アセンションだ、神示だ、クンダリニーだ、ヒーリングだ、カバラだ、ハルマゲドンだなどとグレーゾーンで遊んでいると、まとめてノアの洪水の時のように玄倉川で流されるわよ。

 

しかしね、そのようなことも、神様が園の中央に二本の木を生えさせられて、そこに蛇がいた時からの定めなのよ。蛇の霊気を受けそそのかされるカルマを持ちこの世に来てしまっている人がほとんどなの。

 

そのような中にありながら式神様の霊気を受け、自力で命の木への道を見出し通していただく人が、大蛇の体内から救われ大御神に献上されるの。そのような九九九の理を受け、一厘の仕組みがなった時に千代の宴が催されると君が代に歌われているでしょ。

 


41ch5u83WfL


 古神道の神秘国なのよこの国は。

 

千年の間蛇は縛っておかれるけれども、千年の終わりに解き放たれ最後の最後に八つ裂きの八つ裂きにされ、藁人形をつかまされた人たちと共に黄泉に堕ち千引の岩戸が閉ざされるのよ。

 

それから後に八紘一宇の父の家の八千代が苔の生すまで続くの。そう謳われているでしょ。その時にお受けするのが年神様からのお屠蘇の盃なのよ。

 

それでも神様のお望みは屠られる生贄ではなく憐れみだと聖書に書いてあるでしょ。

 

それが日本人の感じるもののあはれなの。

 

阿吽


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

1980年代後半の昭和も終わろうかという時代にチャネリングなどというものが流行り始めたでしょ。そして今ではスピリチュアルの世界ではアセンションが当然あるものの如く人口に膾炙しているでしょ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者が語った空中携挙の世界版なのよ。スピリチャルの世界ではそのようなことが平然と信じられているの。

 

そのようなことを信じている人たちにとっては、日本に降りてきた神示などというものもとても相性がいいのよ。私もいろいろ片足を突っ込んでみたけれども、式神様から足を洗っていただいて目が覚めたの。

 

日本人は産土様が式神様という摩訶不思議な般若の中に生まれてくるでしょ。その産土様との紐帯の中に割って入り、八通りにたぶらかそうとする偽預言者とパリサイ人のパン種に注意するように言い広められているでしょ。

 

神仏だけで十分なのよ。聖書に名のある真正の預言者とお釈迦様だけで十分なの。

 

梵天の灌頂を受け、魔訶般若波羅蜜多を悟った者は二本目の矢は受けないと先鞭をつけたお釈迦様だけで十分なの。

 

その神仏との紐帯に割り込んでくる怪しげな魍魎に八通りにたぶらかされていると、藁人形をつかまされ、後で大馬鹿を見るのよ。

 

たぶらかされるのはいともたやすいことだけれども、一本目の矢を受けるまでに神仏を見出し、魔訶般若の賜物をお受けするのは一筋縄ではいかないわよ。たぶらかされている暇などないはずなの。

 

阿吽


精神世界ランキング


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)


このお彼岸のキーワードは龍と獣と偽預言者かと思っていたのよ。ところがさにあらず、またまた想定外で藁人形だったのよ。


貴船神社・本宮鳥居
貴船神社

 

貴船神社の藁人形とはね、式神様をそう認めることのできなかったパリサイ人がその神様を一人の人間として扱い、命の木のご神木で呪殺してしまったということを示しているのよ。

 

パリサイ人が式神様を藁人形として扱ったということを示しているのよ。

 

人はね式神様をお遣わしになられた大神様から、式神様か藁人形かの二者択一を迫られこの世に命を賜わっているのよ。

23844402_1399862840126754_8237800405062572674_n-420x280

 

それは何によるのかというと貴船の契約によるのよ。貴船神社の貴船とはイスラエルの契約の箱なのよ。だから貴船神社の境内のご神木なの。この契約によりに二者択一を迫られているの。

 

そのようなことを心苦しく感じグレーゾーンで遊んでいてもこの世の終わりに否応なしに二者択一を迫られるということなの。だから式神様から魔訶般若により隠されているマナと白い小石の施しを受け、神領民とされなければならないの。それが八紘一宇の天の父の家からお受けする結納なのよ。

 

この結納をお受けしたものは二本目の矢を受けないとお釈迦様がお諭しになっていたの。その妨げになっているのが竜と獣と偽預言者とパリサイ人のパン種なの。このパリサイ人のパン種により藁人形をつかまされるのよ。その時に打たれるのが六百六十六の刻印なの。

 

それらすべてが梵天の手の平により掌握されているのよ。だから全てが正なの。

20170619202113

 それが神道が奥に秘める般若の真名井なのよ。

cd5b2922

 

 阿吽


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

今日は御彼岸の中日でしょ。そのシンボルマークが実はこの紋だったのよ。

 

ダウンロード

 

麻紋がお彼岸の中日のシンボルって驚きでしょ。

 

ヨシュア記 4 新共同訳

1民がすべてヨルダン川を渡り終わったとき、主はヨシュアに言われた2「民の中から部族ごとに一人ずつ、計十二人を選び出し、 3彼らに命じて、ヨルダン川の真ん中の、祭司たちが足を置いた場所から、石を十二個拾わせ、それを携えて行き、今夜野営する場所に据えさせなさい。」

 7こう答えなさい。『ヨルダン川の流れは、主の契約の箱の前でせき止められた。箱がヨルダン川を渡るとき、ヨルダン川の流れはせき止められた。これらの石は、永久にイスラエルの人々の記念となる』と。」

8イスラエルの人々はヨシュアの命じたとおりにした。主がヨシュアに告げられたように、イスラエルの人々の部族の数に合わせて、十二の石をヨルダン川の真ん中から拾い、それらを携えて行き、野営する場所に据えた 

10主がヨシュアに命じて民に告げさせたことがすべて終わるまで、箱を担いだ祭司たちはヨルダン川の真ん中に立ち止まっていた。すべてモーセがヨシュアに命じたとおりである。その間に民は急いで川を渡った。

15主はヨシュアに言われた。

 16「掟の箱を担ぐ祭司たちに命じて、ヨルダン川から上がって来させなさい。」

17ヨシュアが祭司たちに、「ヨルダン川から上がって来い」と命じ、

 18主の契約の箱を担ぐ祭司たちはヨルダン川から上がり、彼らの足の裏が乾いた土を踏んだとき、ヨルダン川の流れは元どおりになり、以前のように堤を越えんばかりに流れた。

 

ヨシュア記の4章。長いから所々抜粋してあるわよ。ここにお彼岸の中日の由来と皇大神宮の式年遷宮の時の御白石持行事の由来が凝縮されているでしょ。しかもイスラエルを率いたヨシュアという人はメシアと同名の人だったの。イエスと呼ばれているけれどもイスラエルにおいてはメシアのヨシュアなのよ。

 

お彼岸の中日のお祭りは秋季と春季の皇霊祭で天皇の黄櫨染と皇后の十二単のお召し物で行われているのよ。かごめ紋の十二単の麻紋なのよ。

 

そしてそれは隠されたマナであり白い小石であり皇大神宮の御白石でありヨルダン川の真ん中で拾われた十二の石なのよ。永久にイスラエルの人々の記念なの。

 

それが皇大神宮大麻の正体なの。驚いた?。

 

十二月と六月の大祓の縦木と、三月と九月のお彼岸の横木の十字架なのよ。暦まで完全に取り込んでいるから八咫鏡の魔訶般若の暦とわかるでしょ。

 

しかも今日は雑節の社日と重なっているの。社日って何か知らなかったから今日調べたら産土様にお参りする日なのよ。私は産土様の地元にいて数え年十五の時まで過ごさせていただいていたの。私の産土様は八幡様なの。

 

8aQXWoOS_m
横須賀市佐野八幡神社

 

子供の頃この佐野八幡神社で七五三の御参りさせていただいたの。今考えると産土様の地元を離れた数え年十五の年のその日に、住んでいたおおもときょうのうしとらのこんじんの祭壇から逃れさせていただいていたのよ。七五三の十五の年の魔訶般若なのよ。

 

ルカによる福音書 12

イエスは、まず弟子たちに話し始められた。「ファリサイ派の人々のパン種に注意しなさい。それは偽善である。 2覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない 3だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやいたことは、屋根の上で言い広められる。」

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

竜と獣と偽預言者と現代とのつながりで時代感覚共有できたかしら。共有されていなくても進めていくわよ。

 

初めの獣が上がって来た時に憑依が始まったの。その憑依に拒絶反応が起こり、その絶頂で獣が天から火の雨を降らせたの。そしてその憑依が決定づけられた時に死んだはずだった獣が上がって来ていたのよ。

 

近代バチカンではね、エクソシストの不足が深刻化していて養成に乗り出しているらしいわよ。日本人からしたら笑い話に聞こえるでしょ。エクソシストなどまるで必要とされていないからね。

 

マタイによる福音書 8

 29突然、彼らは叫んだ。「神の子、かまわないでくれ。まだ、その時ではないのにここに来て、我々を苦しめるのか。」

 

この聖句の彼らとは悪霊に取り憑かれた二人の人なの。この憑依された人の言葉で判ることは、悪霊はメシアが近づくだけで苦しみだすということなの。だからメシアの魔訶般若の神国大和には悪霊などは恐れて近づかないはずでしょ。だからエクソシストなど必要はないの。大御神のお祓いで〆が張られているのよ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者により布教されたキリスト教会とは、メシアのユダヤ教に憑依したキリスト教なのよ。だから悪霊が跳梁跋扈して当たり前なのよ。その元を作ったのがパリサイ人なの。

 

マタイによる福音書 3

7ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

 

この聖句でファリサイ派と表記されている人たちがパリサイ人よ。洗礼者ヨハネはイエスの十字架に二年以上先立ってこの時期に、洗礼を受けに来たパリサイ人を蝮の子らよと呼んでいるのよ。

 

預言者の言う蝮の子らというのは、唆す蛇の子らということだからね。そそのかす蛇とは悪霊の頭でサタンなの。この時ヨハネはパリサイ人をサタンの子らと呼んでいるの。

 

メシアの仇敵がこのサタンでしょ。あっけなく退けられたけれども。そしてメシアが宣教を始めた時にこのパリサイ人らも鋭く対立してあっけなく論破されたのよ。そして殺意を抱くに至りメシアの十字架へとつながったの。

 

その後メシアの弟子で初めての殉教者が出た時に、その殉教者を石で撃ち殺す人たちの着物の番をしていたパリサイ人がのちの預言者なのよ。

 

この元パリサイ人の預言者に布教されキリスト教会では今に至るまで、この預言者がどのような福徳でメシアに選ばれたのかという説明は一切なしなの。この預言者はキリストについてお説教するのだけれども、どうして殉教者殺しの共犯の自分が預言者として選ばれたのか一切説明なし。

 

ただ突然目が見えなくなりイエスの声を聴き目が見えるという異変があっただけなの。異変であれば下っ端の悪霊でも起こすでしょ。

 

その預言者の語った空中携挙を頑なに信じるバチカンで悪魔祓い師が足りていないのよ。空中携挙を信じる日本人の数が1%以下なのもうなずけるでしょ。

 

メシアの復活によりさらに退けられたサタンはその後、魔訶般若の大和に獣を送り込んだのよ。その帰結が昭和の大激変だったでしょ。その激変を経て憑依が常態化してしまったのよ。

 

その憑依の証拠が安全保障条約の同盟関係で、お友達の間柄なのよ。龍神様の龍体に獣が憑依しているの。この世は神様の体内だったでしょ。

 

src_10135766

 

そこに竜と獣と偽預言者が憑依しているのよ。黙示録を書いたヨハネの時代からそうだったの。その時代感覚を共有していた神鳥八咫烏により書かれた古事記も当然その時代感覚を共有しているわよ。

 

龍神様の龍体に悪竜が取り憑いて八岐大蛇となっているのよ。だからその大蛇の体内でどのような陰謀が画策されていても驚くに値しないでしょ。

 

やがて素戔嗚尊が大ナタを振るわれ、十束の剣で八つ裂きにされるでしょ。そしてその時には天の叢雲の剣が調製されていて、大御神に調進されると預言されているのよ。

 

その後悪竜らは千年の間縛っておかれるの。そして子羊の七つの婚宴の大宴会の後に、審判のために解き放たれるの。そしてお約束通りに黄泉の穴に落ち、その穴が千引の岩戸で閉ざされるのよ。

 

大御神の岩戸は永遠に開かれているのだけれども、千引の岩戸は永遠に閉ざされるの。その後が八千代なの。

 

それが聖書と古事記とお釈迦様のつたえの天照大御神の倒語(さかしまごと)なの。

 

羊飼いの声を聞き分ける羊は大蛇の体内で、調進するべき御神宝の調製に余念がないのよ。


src_10796827



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

ひとつ前の記事ではねメシアの魔訶般若は全て神道のお祭りの中に映されていると書いておいたの。そのように考えた時に、古事記とは神道のお祭りの書なのでそこにメシアの魔訶般若が映り込んでいても何の不思議もないでしょ。

 

メシアに言わせればモーセは私のことを書いたのであると御言葉したのと同じく、稗田阿礼は私のことを口述したのである。お釈迦様は私のことをお説きになったのであると御言葉されたとしても今の私には、何の違和感も感じないのよ。

 

この記事ではね皇大神宮のおひざ元に住する神領民について書いておきたいのよ。

 

この神領民と言われる人たちは早い話が皇大神宮の氏子さんたちなのよ。式年遷宮の時には様々な行事で奉仕されるのよ。その時に伊勢以外に住する人たちの中からも奉仕に携わる人たちが選ばれ、特別神領民とされるの。

 

この神領民と特別神領民なのだけれどもその型が世界に映されているのよ。その型とはイスラエルと異邦人の型なのよ。祝福を受けたアブラハムの子孫のイスラエルが神領民で、異邦人の中から特別神領民が選ばれていたのよ。それが聖書の時代だったの。

 

ところが分裂したイスラエルはユダヤの時にメシアにつまずいてしまったでしょ。そしてメシアの魔訶般若により、失われたイスラエルが神領民とされるに至ったの。それが大和だったのよ。

 

だから現代ではお伊勢様のおひざ元に生まれる神領民とその他の地域から選ばれる特別神領民の関係性は、大御神のおひざ元に生まれる日本人と、その他の外国人の中から選ばれる特別神領民という関係性と相似象になっていると思えるのだけれどもどうかしら。

 

しかしそれが的を射ていたとしてもよ、その相似象は人の目に映し出されていてなんら隠されていからそのように言われればなるほどと思えるでしょ。

 

けれどもね、メシアの魔訶般若は隠されているから人の目には映らないのよ。その隠されているところにも神領民と特別神領民がいるのよ。

 

ヨハネの黙示録 7

 3こう言った。「我々が、神の僕たちの額に刻印を押してしまうまでは、大地も海も木も損なってはならない。」 4わたしは、刻印を押された人々の数を聞いた。それは十四万四千人で、イスラエルの子らの全部族の中から、刻印を押されていた。

 

9この後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、だれにも数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身に着け、手になつめやしの枝を持ち、玉座の前と小羊の前に立って、

10大声でこう叫んだ。「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、小羊とのものである。」

 

このヨハネの記述のイスラエルの子らの十四万四千人が神領民で、その押された刻印とは隠されたマナであり、神領民の蘇民将来の護符で暗示されている賜物と解釈できるでしょ。問題は数えきれないほどの大群衆なのよ。この人達が特別神領民に対応していると思うのだけれども、一体どこから来たのかしらということなの。

 

それは多分黙示録の別の部分でヨハネが書くなと言われ、取って食べてしまった巻物に書かれているのよ。ヨハネのような正真正銘の神領民が賜わる巻物なのよ。真名井の深淵から賜る巻物にかかれているのよ。

unnamed



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

重陽の節句以来書き連ねている記事を読み返すと、こんなこと書いてしまっていいのかしらと思えるのよ。読む人によってはオカルトの狂人ととられかねない内容になってしまっているでしょ。そのような自覚はしっかり持ち合わせた上で書かされるの。

 

黙示録のヨハネが書くことを禁じられた巻物を食べてお腹に納めてしまったように、書いてはいけないことはそのように示されるのよ。

 

だから書くなと知らされたこと以外はすべて書いてしまえなの。とんでもない領域に踏み込んでしまっているのよ。現代が想定外のとんでもない時代であったという現実を感受させられながら知らされ書かされるの。

 

そのことを正確に一言で言い表そうとしたら魔訶般若としか言いようがないのよ。虚空蔵求聞持法などという言葉もあるけれども、それは魔訶般若が魔訶般若波羅蜜多となることで完成を見るのよ。禅問答みたいになっているかしら。

 

メシアは勝利を得る者には隠されていたマンナと白い小石を与えると御言葉しているの。

 

ヨハネの黙示録 217

耳ある者は、が諸教会に告げることを聞くがよい。勝利を得る者には隠されていたマンナを与えよう。また、白い小石を与えよう。その小石には、これを受ける者のほかにはだれにも分からぬ新しい名が記されている。

 

 この御言葉は悟られなければならないわよ。

 

マタイによる福音書 63

施しをするときは、右の手のすることを左に知らせてはならない。

 

その様にお命じになるメシアが、隠されていたマナと白い小石を施しになる時にそれを左の手に知らせることはあり得ないの。それは受けた者にしか知られない賜物として施されるということなのよ。そこに魔訶般若波羅蜜多が存するのよ。それを神道の祝詞では言葉をとらばうべからずと示されるのよ。

 

確かに言葉で説明され得ないことではあるけれども、かといって魔訶般若波羅蜜多心経を空念仏のように何万回唱えようが賜物が降らないことを、私は自分の経験を通して知らされてしまったの。

 

もう悠長なことは言っていられない時代なの。そのような時代感覚を共有できる人には伝わるはずのことを言葉で示そうとしているの。

 

メシアの魔訶般若はねその型がすべてこの国の神道のお祭りとして映されているのよ。それは、型通りでは済まないメシアの魔訶般若が神道のお祭りの型に透過して映されているということなの。

 

神社の氏子たちがお祭りの時に担ぐ神輿が一番わかりやすいでしょ。あれは契約の箱である鳳輦の渡御のお祭りなのよ。挙げればきりがないのだけれどもその他のこの国のお祭りはすべてが同様なのよ。台所にお祀りする竈の神も、そこにあるマナ板から蛇口まですべて。マナ板で調理することは神様の包丁式として型が映されているの。

 

その様だから隠されているマナと白い小石もその型が映されているのよ。マナはどこに隠されているかというと真名井なのよ。それはこのブログではメシアの井戸と解き明かしてきたでしょ。

 

ところがそのマナが白い小石と共に施されるとなれば悟らなければいけないのよ。その型が皇大神宮の神領民たちのお祭りとして映されているということを。

 

皇大神宮の式年遷宮に際して行われる御白石持行事なの。河原で拾ってきた白い石を神領民たちが新宮の庭に敷き詰めるという行事なの。このことは少し前に蘇民将来の護符について書いたから気が付いたことなの。


7ea4d7462f37acf941b73ff49ff2e374

 

その蘇民将来の護符とは大御神の岩戸開きの祭に岩戸に張られた〆縄と同じものなのよ。その意味するところは大御神により張られた〆縄を護符として賜るものは、将来蘇民とされた暁には二度目の死から害を受けることはないという護符なのよ。

 

ヨハネの黙示録 206

第一の復活にあずかる者は、幸いな者、聖なる者である。このものたちに対して、第二の死は何の力もない。彼らは神とキリストの祭司となって、千年の間キリストと共に統治する。

 

蘇民将来の護符とはお伊勢様のおひざ元に住する神領民の人たちの玄関に一年を通して飾られている護符なのよ。

 

その神領民の人たちが皇大神宮の式年遷宮に際して、切り出された木材を曳く木遣りであったりその他の様々の奉仕をしているのよ。御白石持行事とはそのひとつなの。

 

式年遷宮の二十年に一度の遷御とは掟の箱の新宮への渡御なのよ。お神輿の渡御なのよ。そのように型通りに映されているの。

 

それは神武天皇をも先導した神鳥八咫烏が仕組んだ型示しだったのよ。しかしそのお祭りが型示しであるだけに型通りにきっちりと行うだけでは大御神からの施しは受けられないのよ。

 

型として映されていても型として人の目に映らない魔訶般若波羅蜜多が入り口なのよ。マナは真名井に隠されているの。それは御言葉の宝庫である聖書なのよ。

 

しかし元パリサイ人の預言者が説く空中携挙などは神道のお祭りの中には、目を皿のようにして探しても映されていないわよ。

 

私はメシアの御言葉を深く冥想しながら受けているうちに見せられるようになったの。そのようにして賜ることができた時にメシアの神領民とされるのよ。しかし右の手から受ける施しは左の手に知られることはないのよ。隠されているの。

魔訶般若波羅蜜多とは偉大な悟りの智慧の完成という意味よ。しかし日本語にしてしまうとお説きになられたお釈迦様の影が薄れるでしょ。だからそのままにしておくの。


images


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

丑寅金神様という神様は古事記にも出てこないし正体不明なのよ。その神様が艮の金神として御筆先という神事を降ろしてきたの。一つはっきりしているのは金神という神様は方位神ということなの。

 

この金神様が暦上で遊行するからその金神様のいる方角はあらゆることに凶とされ、造成、建築、修繕、引っ越し、旅行などが嫌われたの。この方位を犯すと家族七人が祟りで殺され、家族が七人いないときは隣のものまでが殺される七殺の祟りの神様なの。

 

その中でも艮の金神が最も恐ろしいとされているのよ。その金神がある女性にお筆先という自動筆記で文字を書かせ、世の元の根本の神だと名乗ったの。そして明治、大正、昭和という激動の時代にかけてひと騒動起こしているのよ。

 

この時代に起こった新興宗教はほとんどがこの神様とされているのよ。しかし古事記にも日本書記にも出てこない神さまで最後まで正体不明のままなのよ。

 

私が三歳のころまで降ろされていた日月神示というものもありこの神示は教団を持たないのよ。けれども、一連の神示のとどめの神示とされているの。内容はと言えば日本人が読んだら、完璧な無神論者か日本の神など信じないという人でない限りその奥深さに心を惹かれざるを得ないような代物なの。

 

内容は思い切り煩瑣で、八通りに読めるとされていて日本とユダヤの関係性などもそれとなく暗示されているの。

 

私は長年嵌められていたのだけれども今でも嵌まっている人がたくさんいるはずなのよ。私はメシアに足を洗っていただいて目が覚めたけれども、偽預言者とパリサイ人のパン種に注意しなさいというメシアの御言葉を、最後まで理解しないと、たいがいの人は抜けだせないのではないのかと思えるのよ。

 

竜と獣と偽預言者と現代との関係を見抜かないと八通りにたぶらかされるのよ。

 

鍵は方位神の丑寅の金神様なの。かごめ歌や通りゃんせと同じく民間の風俗、習慣、信仰の中に埋め込まれているの。八咫鏡の魔訶般若で正見できるように隠されていたのよ。

 

いくわよ。

 

24directions

 

この方位版の中に隠れているの。中央の外側にまず八方位があるでしょ。この八方位がそれぞれ二分割で十六花弁の菊花紋があるでしょ。八方位は法輪の八宝珠でしょ。だからカバラの命の木の鏡と同じ読み方でいいのよ。その八宝珠の外側に十二支の法輪があるの。十二ときたらイスラエルの法輪なのよ。

 

image 無題 (2) ダウンロード


 

カバラの命の木は一見しただけでは暦には見えないのだけれども、六芒星と十字架の接点が中の枝に書けられた八咫鏡で八宝珠の中心、太陽を中心に回転する八咫鏡の暦だったでしょ。

 

十字の四方が八方に広がりその外側に十二方位が展開されるのよ。これに十干などというものが加わるとさらに複雑で、その六十干支の一巡りで還暦でしょ。それは神様の六日間に対応していたでしょ。命の木の八咫鏡の暦なの。

 

その複雑な回転は陰陽師の安倍晴明さんのような人の専門で私にはお手上げなの。でもね、いつも言うのだけれども、命の木のカバラの基本は子供にでもわかる謎々なのよ。

 

そのようにして方位版を見ると、北東が丑寅で艮でしょ。ここに丑寅金神様がいるのよ。その方角は鬼門と呼ばれるの。

 

牛の角を生やした虎縞柄の腰覆いの鬼がその正体なのよ。ここからが想像力の働かせどころなのよ。

 

その丑寅の対角は未申なの。十二支で言うと未申酉戌でしょ。羊が猿、鳥、犬をお供にしているでしょ。桃太郎なのよ。丑寅線は桃太郎の鬼退治なのよ。その丑寅線上に日本列島が横たわりそれを龍体と見れば丑寅の龍?丑寅の龍宮?などと想像が跳躍するのよ。

 

羊と桃太郎の関係は古事記に出てくるわよ。伊弉諾尊と伊弉冉尊の黄泉比良坂の岩戸閉め。伊弉諾尊は逃げながら桃を三つ投げているの。その桃はおおかむづみの命という神様なのよ。そして比良坂で岩戸が閉ざされた後に出てくるのが重陽の節句の神様、菊理姫なの。天照大御神のことだったでしょ。白山比咩の神と同一神で桃太郎のことなのよ。

 

菊理姫の九九の理とは百(もも)引く一は白い比咩の菊のくくなの。故に丑寅線とは天照大御神の鬼退治で、究極的にはキリスト・イエスの敵対者である、龍と獣と偽預言者の退治なの。ヨハネの黙示録につながるのよ。この丑寅線は命の木の象徴である雛飾りに現れているわよ。

 

hinamatsuri-7

 

四段目の右大臣と左大臣。御子と聖霊なのよ。またしても命の木の玉座なの。丑寅金神の隠しもつ意味は真ん中の均衡の柱とそれを両側で守護する慈悲の柱と峻厳の柱なのよ。

 

inotinoki.sankaku

(この命の木の並びは左上右下で正対する京雛の前面の後面透過よ。後ろから見ているの)

 

獣と偽預言者は大御神の慈悲で許されても、峻厳なる艮の金神は黙っておらず七殺の祟りをもたらすと示されているの。それが金神の正体で七の数を持つ聖霊、峻厳の柱なのよ。聖書をよく読む人は判るはずよ。

 

許され救われる者には七福の神様なの。その神様の〆が丑寅線の対角線として並ぶ皇大神宮のヽで張られているの。


198883

 

その〆を破って古事記で示されていた走水の海から獣が上がり、激動の時代に入っていったの。その激動の時代はもう一匹の獣が上がってくるまで続いたのよ。その間に神示が降ろされ竜が艮の金神を名乗り日本人をたぶらかしたの。

 

たぶらかされた証拠が残っているわよ。丑寅の方角とは一時と二時の方角でしょ。季節で言えば二月の豆まきの季節なの。この豆まきの季節に、今でも続いている艮の金神の教団では「鬼はうち」と豆をまくのよ。それはこの時代の大予言者がそのように決めたの。

 

解釈の余地はあるけれども、結果としてどうなったかというと二時の方角の対角は八時の方角で季節で言えば八月。この日本の暦上の八月に、獣を引き入れてしまった結果が記念日として刻印されてしまっているでしょ。「鬼はそと」でなければならなかったでしょ。

 

調子に乗って安易にこの国の伝統を破るものではないと知れるでしょ。

 

その為に〆が張られているの。しかし日本人がたぶらかされたままなので、その〆がゆるゆるに緩んでしまっているのよ。

 

誰にもどうにもできないわよ。大御神におすがりするしかないでしょ。

 

許されれば本当の金神様が法輪の宝船に乗り送られてきて、空境の涅槃でお釈迦様と遊ぶのよ。糞掃衣を身にまとい乞食していてもブラーフマナのニルバーナなの。

514626X1KVL._AC_SX466_

 ちょっと軽いかしら。でもそうなの。

 

負わされた重い十字架を軽々と担えてしまうのよ。

 

阿吽

37_shiratsuyuni



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ