天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:桃太郎

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊はこの世とあの世の境の黄泉比良坂で黄泉からの追っ手の鬼に対して三つの桃を投げ追い払ったの。そして千曳の岩戸で閉ざしたのよ。

 

そうしたら腐乱死体の伊弉冉尊が毎日千人縊り殺してやると言ったの。それを受けて伊弉諾尊は毎日千五百人の子供が生まれるようにすると言ったの。その後に菊理姫が現れたりするのだけれども、このシーンも倒語(さかしまごと)満載でそれは奥の深い真名井の井戸なのよ。

 

そのすべてが七五三のお祭りにつながるのよ。七五三のお祭りのシンプルな解釈はこの記事に書いておいたの。

 

 

シンプルに理解したらその次のステージに移行なの。伊弉冉尊の千人と伊弉諾尊の千五百人は十と十五に還元されるのよ。それは十字架と七五三の十五の暗示なの。

 

伊弉冉尊の黄泉での死は十字架の暗示なの。それを定めたのが七五三のお祭りを定めた伊弉諾尊なのよ。そして岩戸が閉ざされた後に登場する菊理姫は伊弉冉尊の復活の暗示なのよ。

 

七五三の端午の節句の中心人物は桃太郎さんで、それは実は天照大御神でしかもメシアだったでしょ。メシアの復活による贖いが物語の核心でなければならないのよ。それがメシアの勝利だったでしょ。それが鬼の征伐の勝利なのよ。

 

そして鬼の征伐は三個の桃で都合三度あると暗示されているでしょ。一度目で悪霊が征伐され、二度目で悪霊にそそのかされる鬼が征伐され、三度目で親玉と悪霊と鬼がまとめて征伐されるのよ。

 

その三度の征伐で桃太郎さんから黍団子を賜り征伐に付き随った家来が、父神である伊弉諾尊から三つの桃を賜り、三千世界の桃源郷に遊ぶの。

 

一つ目の桃で許嫁とされ、二つ目の桃で婚約者とされ、三つ目の桃で神前結婚式となるの。それで万歳三唱の千代に八千代にめでたしめでたしのお正月となるのよ。

 

DSC_0231 - コピー (2)

  しかしスピリチュアルの世界で観光客として遊んでいるとその式場へのかけ橋を渡り損ねるのよ。式年に至っても式神様に通していただけないのよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

奥深いことがわかればわかるほどシンプルに理解できるようになるのよね。七五三のお祭りはね伊弉諾尊が投げた桃のお祭りが桃の節句で、その桃から生まれた桃太郎さんの黍団子のお祭りが端午の節句で、鬼の征伐の終わった桃太郎さんのお祭りが七つのお祝いの子羊の婚宴なのよ。

 

24directions - コピー

 

 丑寅の鬼の対角上が未申酉戌でやはり猿鳥犬を従える羊が桃太郎さんで間違いないのよ。神の子羊なの。

3559_top (2)

 その鬼退治に加勢するのが丑寅の鬼退治の艮の金神様なのよ。しかしてその正体はなんと金太郎さんだったのよ。これはびっくりでしょ。大祓詞に出てくる天津金木とは天の金克木で金太郎さんのまさかりなのよ。だから金神様なの。

 

マタイによる福音書 3

 10斧は既に木の根元に置かれている良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。

 

3556_top (2)

 

これが端午の節句の鬼の征伐の奥義なのよ。それがヨハネの黙示録とリンクしているから七殺の祟りなの。鬼ヶ島の般若面の夜叉が征伐されるの。

 

やはりお目出度くて怖いのが神道の真骨頂なのよ。知れば知るほどクールでしょ。阿吽


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

お伊勢様の神宮歴に併記されている皇紀と西暦と元号はそれぞれ貴船歴と御柱歴とそれぞれの天皇の斎主歴だったでしょ。

 

20200610_074648 (2)

 

この三柱の暦の型示しがこれなのよ。

 

0fc8d0c9

 

貴船と御柱は判るでしょ。問題は斎主であるケルビムなの。一対のケルビムはこの国の暦上の天皇陛下と皇后陛下なの。それをクロス上に展開してみると、

 

7375-300x225

 

四神は天照大御神と天皇陛下と皇后陛下と皇太子殿下なのよ。だから三月と九月のお彼岸の中日に皇霊祭が黄櫨染と十二単で斎行されているの。式神様と十二の御遣いのお彼岸への渡御のお祀りなのよ。そしてその渡御の絵柄がこれ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

 

乗り込んでいる七福神はその聖数七という数でケルビムを暗示しているの。それを三柱の暦に対応させると斎主歴は七、御柱歴は八、貴船歴は九という数なのよ。七八九の三位一体なのよ。このことは十種神宝の中に隠されているでしょ。

 

その暦のもとになったカバラの暦の重要なお祭りが三五七なの。その暦の後半の五六七で弥勒菩薩が降臨し、やがて阿弥陀如来の時代が訪れると預言されていたの。カバラの数霊にもかなり重要な意味が秘められているのよ。

 

そして七七七の書である黙示録で六六六という数霊が黙示されて、読者よ悟れとヨハネにより書かれているの。

 

だからこの七という数がわかればすべて紐解けるのよ。それは斎主である天皇陛下と皇后陛下の数だったでしょ。この聖数七は聖霊の関与するあらゆるところに現れるの。それは三月三日の七段飾りと七夕の織姫と彦星の数でしょ。黙示録に書かれている最大の祝福が子羊の婚宴でしょ。婚宴が七つのお祝いなのよ。

 

しかしこのお祝いには六六六という呪いが付きまとうの。それが八八八と九九九で結ばれる呪いと祝福なのよ。モーセはそれを悟って申命記にそのように書いていたの。

 

八八八は古事記の倭建命と弟橘姫により示されていたの。その示されていた海から獣が上がってきたの。そして獣の時代が極まった時に九九九の預言が的中したの。天から地に堕とされし驚愕の大王の預言がグランドクロスと共に的中したの。

 

それを的中させたノストラダムスはイッサカル族の末裔と思しき預言者なのよ。弥勒菩薩を的中させた仏陀と同じく十支族の預言者なのよ。ここにも十種神宝が隠れているでしょ。

 

そして驚愕の大王の正体が妖怪釣瓶落としだったでしょ。この釣瓶落としは伊弉諾尊の投げた桃により行われているの。三度行われるはずの鬼の征伐なのよ。

 

そのお祀りが五月五日の端午の節句のお祀りなの。桃太郎さんの剣は金太郎さんのまさかりでもあるのよ。

 

故に七五三の七つのお祝いは婚宴と鬼の征伐の表裏一体なの。征伐される鬼の右の手か額に刻印されるのが六六六印と黙示されていたのよ。

 

天神様の細道を通していただいて七つのお祝いのお札をお納めして、黍団子を分けていただかないと、伊弉諾尊から桃を受けそこない、桃源郷に成仏しそこなうの。

 

最後の一人が黍団子をお受けするまで待つようにとヨハネは幻により示されたと黙示しているわよ。

 

その時を記す暦が三柱の暦でそれは神様の戦車の車輪でもあるのよ。

 

歴史の歯車は刻一刻と刻まれているでしょ。羊は羊飼いの声を聞き分けるの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

540px-Momotarō_ehon


1
 桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけた黍団子、一つわたしに下さいな。

2 やりましょう、やりましょう、これから鬼の征伐に、ついて行くならやりましょう。

3 行きましょう、行きましょう、貴方について何処までも、家来になって行きましょう。

4 そりや進め、そりや進め、一度に攻めて攻めやぶり、つぶしてしまへ、鬼が島。

5 おもしろい、おもしろい、のこらず鬼を攻めふせて、分捕物をえんやらや。

6 万万歳、万万歳、お伴の犬や猿雉子は、勇んで車をえんやらや。

 

桃太郎さんの歌詞6番まであったんだって。2番までしか知らなかった。

 

黍団子を賜り鬼退治についていかないと百鬼夜行の鬼として征伐されるという歌なのよ。作詞した人もそこまで意識していなかったのではないのかしら。

 

桃を投げたのが伊弉諾尊だからこの国ではすべてがその様なの。八百八十八の桃が投げられることが古事記で預言されていて、その桃が投げられた時に獣が天から火の雨を降らせ二匹が揃ったの。九百九十九の桃が投げられた時には水難事故で、聞き分けのない鬼の征伐の始まりが宣言されたのではなかったのかしら。

 

伊弉諾尊が投げた桃から生まれた桃太郎さんから、黍団子を賜らないとお話にならないのよ。

 

桃太郎さんと金太郎さんがうしろの正面の間柄で、どのようなアニメや映画のヒーローもはだしで逃げ出すスーパーヒーローだったの。ウルトラマンやスーパーマンなどという、百鬼たちのヒーローも片手で一ひねりよ。

 

百鬼夜行の百鬼という言葉が桃太郎さんに退治される鬼という暗示になっているでしょ。

 

百千萬の十種の神宝の生み出したスーパーヒーローなのよ。菊理姫の九九の理なの。

ネタ元は実話で現在進行中なの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

遂に役者がそろってしまったわよ。もうね、頭の中がその様にリセットされているから九月九日の次は十月十日でしょと身構えていたの。十月に入って上から大ネタを落とされていたのはその前振りにしか過ぎなかったの。意識していた十月十日に伊弉諾尊の大桃が落ちて来てしまったの。

 

2614633i

 

落ちて来たのは真名井の鶴亀でもあり大神実命の巨大桃でもあるのよ。

 

三月三日の七段飾りと七月七日の織姫と彦星はすでに控えていたでしょ。五月五日の桃太郎さんの鬼退治も当然視野に入っていたのだけれども、金太郎さんが盲点になっていたの。

 

3556_top (2)

 

ところが桃太郎さんと金太郎さんも八咫鏡の表裏一体だったのよ。この五月五日が七五三の中心なの。すべての中心なの。

 

3a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

龍神様の鯉のぼりと包丁式の両脇に控えていたのが、桃太郎さんと金太郎さんだったのよ。


3559_top (2)
 

これで役者がそろってしまったの。伊弉諾尊の黄泉比良坂の舞台の役者がすべてそろってしまったのよ。

 

お釈迦様を通して伊弉諾尊から投げられた桃が魔訶般若の八正道だったでしょ。それでもお釈迦様の八正道は弥勒菩薩の八正道の前振りにしか過ぎなかったのよ。

 

神道の八正道はお釈迦様の八正道より奥深い真名井に隠されていたのよ。その両方を合わせた物が伊弉諾尊の投げた巨大桃だったの。

 

お釈迦様は弥勒菩薩の降臨を預言し、そのことは御存知だったはずでしょ。弥勒菩薩として来られたメシアも当然御存知だったわよ。

 

お釈迦様の投げた桃を七つのパンで四千人が満腹として示され、ご自分が投げる桃を二匹の魚と五つのパンで五千人が満腹し、残りのパン屑は十二かごと示されていたでしょ。神様の暦の四千年目に仏陀、五千年目にメシアの桃が投げられたの。

 

その仏陀とメシアが投げた桃で神道が出来上がってしまったのよ。神代七代は二柱の一人神と五柱の夫婦神で七代だったでしょ。そこに七つのパンも、二匹の魚と五つのパンも、十二かごも見えるでしょ。

 

造化三神、その後に二柱が加わり別天津神五柱となり、その後が神代七代なのよ。初めから三五七なの。この三五七の舞台が弥勒菩薩の八正道の舞台で、当然のことながら仏陀の八正道が土台になっているのよ。基礎クラスと実践クラスの関係なの。

 

仕掛けたのはどちらも桃を投げた伊弉諾尊なの。その仕掛けの桃がこのブログ内に落ちて来ているの。

 

拾いに来るのは多分その人がメシアの羊だからなの。神道だからね。宗教じゃないわよ。

 

D1sQXlxU0AAgT1o
 阿吽


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊が黄泉の国とこの世の坂道の途中で桃の実を三つ投げたでしょ。それが大神実命という神様になったの。

 

D1sQXlxU0AAgT1o

 

桃が三つ投げられた以上は鬼退治も当然三度あるのよ。最初の鬼退治で釣瓶落としにされたのが妖怪釣瓶落としの正体だったでしょ。その難を逃れこの世に来た人に父神から投げられた桃が魔訶般若の波羅蜜多だったの。

 

貴人の娘として生まれた橋姫はこの魔訶般若波羅蜜多を侮り鬼と化したのよ。妖怪釣瓶落としの罠にはまったの。

 

二度目の鬼退治でこの妖怪は千年の間縛っておかれると、魔訶般若の書の一つに書かれているでしょ。巻き添えを食らった鬼も一蓮托生でしょうね。

 

問題はこの桃の正体でしょ。ここまでの記述で鬼退治の桃太郎はメシア、すなわち式神様である大御神とわかるでしょ。

 

伊弉諾尊の投げた桃から生まれた桃太郎は、伊弉諾尊の禊により生まれた大御神なのよ。

 

そしてその桃は大神実命という神様の言霊でもあるの。メシアは父と私とはひとつであると御言葉されていたでしょ。梵我一如の言霊なのよ。

 

私がその言霊を精査すると「あづまはや(我妻よ)私の羊を養いなさい」となるの。

 

あづまはやというのは倭建命が足柄の坂上から身代わりになった弟橘姫の沈んだ走水をはるかに望み、三度嘆かれた御言葉で吾妻と我妻と東(あづま)の倒語(さかしまごと)。私の羊を養いなさいというのは、鶏が鳴く前にメシアを三度知らないと言い、鬼と化したペテロに三度かけられた御言葉だったでしょ。

 

それが神宮の式年の遷御の儀に先立つカケコーという鶏鳴三声の言霊の奥義なの。

 

メシアと父の梵我一如でこの言霊の三声を読み解くと、それが伊弉諾尊の投げた三つの桃の玄義なのよ。倭建命の嘆かれた足柄の坂と黄泉比良坂なの。その坂で生まれたのが大神実命という神様なの。故に、足柄山の金太郎と桃太郎も表裏一体なの。

 

3556_top (2)

 

その父神の魔訶般若波羅蜜多に逆らい悟ろうとしないから鬼と化すのよ。いにしえの陰陽師たちから見たらこの世が百鬼夜行だったのもむべなるかなでしょ。

 

二度目の鬼退治で妖怪と鬼が千年の間縛られている最中に、あづま(吾妻)とされた羊飼いたちの婚宴があり、そこで二個目の桃を賜るの。

 

その後に三度目の正直の鬼退治があり、高天原から黄泉へ釣瓶落としにされた妖怪と鬼たちの岩戸が閉ざされ封印されるのよ。二度と開かないでしょうね。仏の顔も三度までよ。

 

その後に三個目の桃が下賜されるの。そこが八千代の桃源郷なのよ。

 

天照大御神をお産みになった伊弉諾尊にお詫びするのであれば今世中でなければならないでしょ。

 

それが父神の放った桃の一つである聖書の中のメシアの御言葉であり、天照大御神の倒語(さかしまごと)なの。羊は羊飼いの声を聴き分けるの。

 

3559_top (2)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

貴船神社の藁人形と式神様は表裏一体と書いてきたのだけれども、その式神様を使役したと言われている安倍晴明さんという稀代の陰陽師は一体どんな人だったのかというとね、百鬼夜行の鬼を見極める見識を賀茂忠行という陰陽師の先生に認められ、まるで瓶の水を移すようにすべてその道を教えられたと今昔物語に書かれているのよ。

 

賀茂忠行という人は賀茂氏で鳥の賀茂族なのよ。八咫烏と同族でありながら、この世に名前を持ち賀茂一族として下上賀茂神社と河井神社を守って来た生粋の陰陽師なのよ。

 

この賀茂忠行という陰陽師が、晴明さんの見破った鬼を、術を使い退治したと伝えられているの。

 

しかしね、陰陽師は倒語(さかしまごと)の使い手なの。だから文字通りに読んでいてはそこに示されている意味を読みそこなうのよ。身内どうして通じている秘儀を秘匿しながら示すのよ。古事記や日本書紀の神代がその手法で書かれていたでしょ。

 

だから陰陽師を読むときもその様に読まなければ読み込めないの。今昔物語の記述にそのヒントが置かれているでしょ。瓶の水を移すようにという記述でその世界と繋がれなければならないでしょ。わからない人は前記事読んでね。

 

安倍晴明さんという人は橋姫伝説で貴船神社と繋がっているのよ。橋姫は貴船大明神に、妬ましい女を取り殺すために鬼に変えてくださいと祈願したの。哀れに思った大明神が呪いの儀式を教えその儀式により鬼と化したのよ。

 

その儀式が丑の刻参りのルーツとされているのよ。橋姫の結末は源綱という人に腕を切り落とされ、安倍晴明さんがその腕を封印したことで終わっているのよ。

 

この橋姫は一条戻橋という橋で源綱という人に会い、鬼の正体を表しているの。安倍晴明さんは奥さんが怖がるからこの一条戻橋に式神を隠しながら用いていたことになっているのよ。

 

その他にもいろいろな伝説があり様々に伝わっているのだけれども、私が陰陽師の倒語(さかしまごと)を読み込もうとすればこれだけの情報で十分なの。貴船神社の藁人形と妖怪釣瓶落としの正体がわかればこれだけの情報で十分なのよ。

 

行くわよ。

 

貴船神社のご神木の正体はこの絵に描かれていたでしょ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

 

 龍神様の貴船に十字のマストのご神木、そのご神木に掛けられた寶の刺繍の帆が式神様だったでしょ。しかし本物の貴船とご神木である心御柱は皇大神宮に祀られているでしょ。それは賀茂忠行や安倍晴明さんの時代にすでにそうだったの。

 

それはこの世に名を持たない裏天皇家とも言われる八咫烏がお祀りしていたのよ。賀茂氏にしてみればそのようなことは身内の陰陽師にとって当たり前のことだったはずでしょ。

 

その賀茂氏から瓶の水を移すように陰陽道のすべてを伝授された安倍晴明さんでしょ。貴船の鶴亀と妖怪釣瓶落としについても陰陽師の共通認識だったはずでしょ。仕掛けている本人たちだったのよ。そう考えれば橋の下に隠していた式神様の正体も見えてくるのよ。

 

本当の貴船の神社が皇大神宮であるように、晴明さんが式神様を隠していたのはお伊勢様の五十鈴川にかかる宇治橋なのよ。その証拠に鬼に変わった橋姫は京都の宇治橋そばの橋姫神社に祀られ宇治橋を守る神とされているの。見事な倒語(さかしまごと)でしょ。

 

晴明さんが隠していた式神様は皇大神宮の大御神なの。貴船神社の鬼の呪いを封じる陰陽道の呪術の使い手だったのよ。そのように見れば鬼の正体を見ていた陰陽師たちに鬼がどのように見えていたかもわかってしまうのよ。そこから桃太郎の鬼退治に繋がっていくのよ。

 

ここからは私の推測なのだけれども安倍晴明という人の母は白狐という伝説があるでしょ。白狐は妖怪とも考えられるけれどもお稲荷様と表裏一体でしょ。そしてお稲荷様の正体も大御神だったでしょ。

 

母がお稲荷様と暗示されているのよ。この倒語(さかしまごと)は一体どういうことかと推測すると、母はこの世に名を持たぬ陰陽師の一族で、八咫烏の出身なのではなかったのかと思うのよ。

 

人心の荒れた百鬼夜行の京都に八咫烏が放った鬼退治の桃太郎ではなかったのかしらと思えるの。鬼を見分けることのできる生粋の血筋のサラブレッドが京に送り込まれたのであれば、並みの陰陽師では歯が立たなかったはずでしょ。方術を駆使した陰陽師として晴明神社の御祭神となっているのもうなずけるでしょ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ