天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:式神

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊はこの世とあの世の境の黄泉比良坂で黄泉からの追っ手の鬼に対して三つの桃を投げ追い払ったの。そして千曳の岩戸で閉ざしたのよ。

 

そうしたら腐乱死体の伊弉冉尊が毎日千人縊り殺してやると言ったの。それを受けて伊弉諾尊は毎日千五百人の子供が生まれるようにすると言ったの。その後に菊理姫が現れたりするのだけれども、このシーンも倒語(さかしまごと)満載でそれは奥の深い真名井の井戸なのよ。

 

そのすべてが七五三のお祭りにつながるのよ。七五三のお祭りのシンプルな解釈はこの記事に書いておいたの。

 

 

シンプルに理解したらその次のステージに移行なの。伊弉冉尊の千人と伊弉諾尊の千五百人は十と十五に還元されるのよ。それは十字架と七五三の十五の暗示なの。

 

伊弉冉尊の黄泉での死は十字架の暗示なの。それを定めたのが七五三のお祭りを定めた伊弉諾尊なのよ。そして岩戸が閉ざされた後に登場する菊理姫は伊弉冉尊の復活の暗示なのよ。

 

七五三の端午の節句の中心人物は桃太郎さんで、それは実は天照大御神でしかもメシアだったでしょ。メシアの復活による贖いが物語の核心でなければならないのよ。それがメシアの勝利だったでしょ。それが鬼の征伐の勝利なのよ。

 

そして鬼の征伐は三個の桃で都合三度あると暗示されているでしょ。一度目で悪霊が征伐され、二度目で悪霊にそそのかされる鬼が征伐され、三度目で親玉と悪霊と鬼がまとめて征伐されるのよ。

 

その三度の征伐で桃太郎さんから黍団子を賜り征伐に付き随った家来が、父神である伊弉諾尊から三つの桃を賜り、三千世界の桃源郷に遊ぶの。

 

一つ目の桃で許嫁とされ、二つ目の桃で婚約者とされ、三つ目の桃で神前結婚式となるの。それで万歳三唱の千代に八千代にめでたしめでたしのお正月となるのよ。

 

DSC_0231 - コピー (2)

  しかしスピリチュアルの世界で観光客として遊んでいるとその式場へのかけ橋を渡り損ねるのよ。式年に至っても式神様に通していただけないのよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

羊は羊飼いの声を聴きわけるという御言葉は聖論なのよ。聖論とは私の造語。この聖論によりすべてが成り立っているから羊の対角にいる艮の夜叉は羊飼いの声を聞き分けないの。だから鬼なの。

 

186

 

この能面が全てを物語っているでしょ。夜叉と般若の表裏一体は藁人形と式神様の表裏一体であり、仏国土と鬼ヶ島の表裏一体なのよ。

 

この国は羊たちが創ったの。だからこの国の伝統の中に般若が息づいているのよ。それが日本という国の特異性なの。そしてそこは陰陽師の昔から夜叉の国でもあったのよ。陰陽師が波羅蜜多により鬼を見分けた上で朝廷や国を守護してきたのよ。

 

しかしその陰陽師の時代も過ぎ去り今では夜叉の野放しの時代になっているの。大蛇に憑依された龍神様なのよ。

 

しかし大御神のお祀りは最後まで羊の手にあるから、すべての羊が聞き分けたが最後、大蛇退治が始まるでしょうね。そして神剣と暗示されている羊たちが大御神に献上されるの。

 

既にこの世を終えその時を待っている羊のことも聖書に書かれているでしょ。

 

夜叉にはそれなりの因果があるから御言葉は聞き分けないわよ。羊にも夜叉にも因果があり、伊弉諾尊により縁起が結ばれているから悪あがきしても無駄なの。

 

そのようなことはすべて聖書に書かれているでしょ。

 

そして聞き分けた羊に、聖書に書かれていないことが巻物で知らされるの。取って食べてしまえと知らされるの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

999のグランドクロスから二十年後なのよねCOVID-19って。二十年と言ったら神宮の式年でしょ。それが御柱歴2019年で17年には八幡様、18年には高千穂町、19年には中国の武漢市でしょ。そして2019年は斎主歴の令和元年だったの。すべて四神相応のグランドクロス上で示されるのよ。

 

grandcross (1) 

 

 999のグランドクラスについて知らない人は「ノストラダムスの預言の本当の意味」でネット検索してね。

 四神相応のグランドクロスはこの形に置き換えられるの。

 

7375-300x225

 

この年月日時のクロスに1999年以降311911のくぎが打ち込まれたのよ。それは桃の節句と重陽の節句の横木だったの。このクロスの縦木の頂上には「ナザレのイエス ユダヤの王」という銘板が打ち込まれているの。以上のことを加味して推理すると、COVID-19が縦木の足に打ち込まれた釘と推測できるでしょ。

 

それが人為であっても神慮であっても同じことなの。この御柱に磔にされたのが式神さまで藁人形と表裏一体なのよ。この暦のクロスは年月日時を網羅しているでしょ。そこには二匹の魚と五つのパンで余ったパンくずの十二かごと、二柱の一人神と五柱の夫婦神の十二柱の神代七代まで網羅されているでしょ。わかるかしら。

 

この暦上で毎年毎月神道のお祭りがおこなわれているのよ。

 

そしてそのクロス上に初めて四神があらわされたのがノアの洪水の時だったの。ノアと三人の息子のセム、ヤペテ、ハムがその始まりなの。その次は主なる神とアブラハム、イサク、ヤコブなの。そしてそのヤコブの四人の嫁が四神相応となった時にイスラエルの十二人の子が生まれたのよ。だからクロス上の四神と十二という数は切り離せないの。見逃せないのはこの時の四神の結節点で中心がヤコブすなわちイスラエルだということ。

 

ヤコブのエジプト逃避の時はヤコブとヨセフ、ユダ、ベニヤミンがその四神だったの。モーセの出エジプトではYHWHとモーセとアロンとヨシュアが四神だったの。カナンの地においてはYHWHとサウルとダビデとソロモンが四神だったの。

 

すべてイスラエルの十二支族が付き従ったでしょ。そしてソロモン以降に二匹の魚と五つのパンが切り離され、二支族と十支族が分裂したの。そして五つのパンである十支族が神隠しにあい、残された二支族にメシアが降臨したでしょ。

 

その十支族から出た預言者が十大弟子を率いた仏陀だったのよ。その後メシアがグランドクロス上で贖いの業を行われたの。付き随ったのが十二弟子で四神はナザレのイエスユダヤの王と手足となったペテロとヨハネとヤコブだったのよ。

 

それらすべてが八咫鏡に秘められ神道のお祀りとなったの。これがお釈迦様の魔訶般若波羅蜜多を土台とした神道の般若波羅蜜多なのよ。お釈迦様の悟りの土台になったのがイスラエルの命の木のカバラだったの。

 

その命の木のカバラはノアのグランドクロスの時にセムの天幕に広まっていたのよ。だから命の木のセフィロトとパスはアブラハムから数えた十代目の預言者ノアとそれからヨベル書で十二代後のイサクの二十二という数からなっているのよ。

image

 

アブラハムの十がクロスの型示しなのよ。モーセの十戒の十も同じよ。十種神宝の十なの。このクロスは十二という数と切り離せないでしょ。公転と自転と月の公転で年神様と日の神様と月の神様なの。素戔嗚尊と天照大御神と月読命なの。イスラエルの十二と切っても切れないの。

 

だからこのクロスに藁人形が打ち付けられても、伊弉諾尊が投げた桃から生まれた式神様に黍団子を一つもらって鬼の征伐についていけば、怖れるに足らずとなるの。

桃はあと二つ投げられるでしょ。

 神道は魔訶般若の八咫鏡に映さないと読めないのよ。

 そして読めなければ鬼として征伐されるの。日本の神様侮ったらだめよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

京都府宇治市にある宇治橋を守る橋姫神社の橋姫と、お伊勢様の宇治橋を守る饗土橋姫神社の宇治橋鎮守神は表裏一体の同一神よ。大御神ファンの間では京都の宇治のように橋の上に祀られることはなく、丑の刻参りやおどろおどろしい女性の怨念話、妖怪話とは全く縁がないとしておきたいらしいのだけれど、そのような観光客目線では何も見えてこなかったでしょ。それは大麻草と神宮大麻は別物としておきたいということや、岩戸開きの時に語られた大御神より尊い神様とは大御神の気を引くために語られた虚偽で、大御神より尊い神さまなどいないという視線に繋がり、大御神を見誤る元なのよ。


1592126153_photo (2)

 そのようなことでは、どうして鬼である橋姫が宇治橋を守っているのか理解できないでしょ。この橋姫伝説が丑の刻参りの元になっているのだから、藁人形をつかまされた鬼が宇治橋の守り神でもあるのよ。

 

何故そのようなことになるかというと藁人形と式神様が表裏一体だからなの。式神様を一条戻橋の橋の下に隠しておいた安倍晴明さんの伝説が全ての鍵を握っているのよ。

 

一条戻橋で鬼の正体を現し切り落とされた橋姫の手を封じたのが安倍晴明さんだったの。ここに陰陽師の橋に対する呪術の仕掛けがあるの。

 

京都の宇治橋とはね神宮の宇治橋の形代なのよ。大御神は高天原に鎮座していらっしゃるでしょ。神宮はその形代なの。故に宇治橋とはこの世と高天原の架け橋の形代なの。それは御国とこの世をつなぐ架け橋なのよ。

 

神宮の宇治橋は観光客でも渡れるけれども御国への架け橋は式神様のお許しを得なければ渡れないのよ。それが、晴明さんが橋の下に隠していた式神様の奥義なのよ。式神様を藁人形としてつかまされた鬼はこの橋は渡さないという呪術なの。

 

その玄義は当然のごとく聖書にあるの。ノアという人がそのはじめなの。ノアの一家以外は渡り損ねたでしょ。次に紅海においてファラオの軍隊が渡り損ねたでしょ。紅海を渡りおおせたイスラエルは貴船が調製された荒野において金の子牛の像を拝み、約束の地へのヨルダン川を渡り損ねたでしょ。その子孫たちが渡ることを許されたの。

 

その約束の地で子孫たちが長い歴史を経た後に、橋渡しの式神様が降臨されたでしょ。しかし子孫たちはその式神様を藁人形として扱い鬼と化し、釣瓶落としの巻き添えで四十年後に死んだかと思われていたのよ。

 

その間に失われたイスラエルが橋渡しの式神様により中東から極東に渡されたの。そして式神様の貴船と心御柱を神宮にお祀りし安国としたのよ。それが陰陽師の橋の守り神なのよ。式神様と藁人形の表裏一体でしょ。

 

渡しの神である式神様と鬼と化した橋姫の表裏一体の呪術なの。そうこうしながら千数百年の時を経て安国に獣が上がり天から火を降らせたの。それに呼応するように死んだと思われていた獣が中東に上がって来たでしょ。

 

貴船の現時点の到着地である極東と出発点の中東から二匹の獣が上がって来ていたの。この獣が柵を乗り越えて入ってくる狼で鬼なのよ。この国には鬼退治の呪術が張り巡らされているからやがて退治されるのよ。現代が多分その大詰めの時なの。

 

観光客の中にはその巻き添えにされる人がたくさん含まれるわよ。陰陽師の視点だと観光客も式神様を見抜けない鬼なのよ。百鬼夜行なの。妖怪とは違うわよ。それが今の日本人の姿なの。

25516014476

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

貴船神社の藁人形と式神様は表裏一体と書いてきたのだけれども、その式神様を使役したと言われている安倍晴明さんという稀代の陰陽師は一体どんな人だったのかというとね、百鬼夜行の鬼を見極める見識を賀茂忠行という陰陽師の先生に認められ、まるで瓶の水を移すようにすべてその道を教えられたと今昔物語に書かれているのよ。

 

賀茂忠行という人は賀茂氏で鳥の賀茂族なのよ。八咫烏と同族でありながら、この世に名前を持ち賀茂一族として下上賀茂神社と河井神社を守って来た生粋の陰陽師なのよ。

 

この賀茂忠行という陰陽師が、晴明さんの見破った鬼を、術を使い退治したと伝えられているの。

 

しかしね、陰陽師は倒語(さかしまごと)の使い手なの。だから文字通りに読んでいてはそこに示されている意味を読みそこなうのよ。身内どうして通じている秘儀を秘匿しながら示すのよ。古事記や日本書紀の神代がその手法で書かれていたでしょ。

 

だから陰陽師を読むときもその様に読まなければ読み込めないの。今昔物語の記述にそのヒントが置かれているでしょ。瓶の水を移すようにという記述でその世界と繋がれなければならないでしょ。わからない人は前記事読んでね。

 

安倍晴明さんという人は橋姫伝説で貴船神社と繋がっているのよ。橋姫は貴船大明神に、妬ましい女を取り殺すために鬼に変えてくださいと祈願したの。哀れに思った大明神が呪いの儀式を教えその儀式により鬼と化したのよ。

 

その儀式が丑の刻参りのルーツとされているのよ。橋姫の結末は源綱という人に腕を切り落とされ、安倍晴明さんがその腕を封印したことで終わっているのよ。

 

この橋姫は一条戻橋という橋で源綱という人に会い、鬼の正体を表しているの。安倍晴明さんは奥さんが怖がるからこの一条戻橋に式神を隠しながら用いていたことになっているのよ。

 

その他にもいろいろな伝説があり様々に伝わっているのだけれども、私が陰陽師の倒語(さかしまごと)を読み込もうとすればこれだけの情報で十分なの。貴船神社の藁人形と妖怪釣瓶落としの正体がわかればこれだけの情報で十分なのよ。

 

行くわよ。

 

貴船神社のご神木の正体はこの絵に描かれていたでしょ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

 

 龍神様の貴船に十字のマストのご神木、そのご神木に掛けられた寶の刺繍の帆が式神様だったでしょ。しかし本物の貴船とご神木である心御柱は皇大神宮に祀られているでしょ。それは賀茂忠行や安倍晴明さんの時代にすでにそうだったの。

 

それはこの世に名を持たない裏天皇家とも言われる八咫烏がお祀りしていたのよ。賀茂氏にしてみればそのようなことは身内の陰陽師にとって当たり前のことだったはずでしょ。

 

その賀茂氏から瓶の水を移すように陰陽道のすべてを伝授された安倍晴明さんでしょ。貴船の鶴亀と妖怪釣瓶落としについても陰陽師の共通認識だったはずでしょ。仕掛けている本人たちだったのよ。そう考えれば橋の下に隠していた式神様の正体も見えてくるのよ。

 

本当の貴船の神社が皇大神宮であるように、晴明さんが式神様を隠していたのはお伊勢様の五十鈴川にかかる宇治橋なのよ。その証拠に鬼に変わった橋姫は京都の宇治橋そばの橋姫神社に祀られ宇治橋を守る神とされているの。見事な倒語(さかしまごと)でしょ。

 

晴明さんが隠していた式神様は皇大神宮の大御神なの。貴船神社の鬼の呪いを封じる陰陽道の呪術の使い手だったのよ。そのように見れば鬼の正体を見ていた陰陽師たちに鬼がどのように見えていたかもわかってしまうのよ。そこから桃太郎の鬼退治に繋がっていくのよ。

 

ここからは私の推測なのだけれども安倍晴明という人の母は白狐という伝説があるでしょ。白狐は妖怪とも考えられるけれどもお稲荷様と表裏一体でしょ。そしてお稲荷様の正体も大御神だったでしょ。

 

母がお稲荷様と暗示されているのよ。この倒語(さかしまごと)は一体どういうことかと推測すると、母はこの世に名を持たぬ陰陽師の一族で、八咫烏の出身なのではなかったのかと思うのよ。

 

人心の荒れた百鬼夜行の京都に八咫烏が放った鬼退治の桃太郎ではなかったのかしらと思えるの。鬼を見分けることのできる生粋の血筋のサラブレッドが京に送り込まれたのであれば、並みの陰陽師では歯が立たなかったはずでしょ。方術を駆使した陰陽師として晴明神社の御祭神となっているのもうなずけるでしょ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

妖怪釣瓶落としが飲み込めた人は神道とは何か飲み込めたのではないかと思うのよ。神道において倒語(さかしまごと)で語られている事とは、お釈迦様がお示しになられた二本目の矢を避けるための警告なのよ。その警告はメシアが地上に来られた時にその口から語られていたの。

 

滅びに至るものの方が多いのだから狭き門から彼岸に渡れと。ところがこの世はその警告を無視してまるで玄倉川の水難者たちのようでしょ。メシアの御言葉を聞きいれたつもりになっている人でさえ肝心なお釈迦様は無視しているからね。梵天から灌頂されていたお釈迦様が父から遣わされた誓約のお使者だったの。

 

成仏かお陀仏かの誓約なのよ。藁人形か式神様かの誓約なの。お目出度の鶴亀か釣瓶落としかの誓約なのよ。二択なの。

 

生きていくには様々な選択肢があるでしょ。その選択肢は神仏の二択に比べたら二の次三の次のはずなのよ。涅槃の八正か六道の煩悩かということでしょ。

 

それをグレーゾーンとして遊んでいたら完全にお陀仏でしょうに。警告に耳を傾け避難するか遊び続けるかの二択なの。何が起きようと自業自得なの。警告を無視した水難者たちは世間から同情されなかったでしょ。それがノストラダムスの預言的中の時期に起こっていたことなのよ。

 

私の見るところによると預言の時に天に現れていたグランドクロスは、令和の今年になって地上のグランドクロスとなっているわよ。そのような時代に入ってしまっている事はすでに多くの人が感じているはずなの。多くの人が感じているということはもう増水が始まっているということでしょ。

 

しかしどのように逃げたらいいのかわからないものだから中州にとどまってしまうのよ。みんな一緒だから安全と脳が正常性のバイアスを働かせるの。

 

今の時代はねみんなと同じ考えでは危険なの。増水が始まっているでしょ。そろそろ大詰めでしょ。

 

誰しもが一本目の矢を受けるのだからそれは置いておいて、二本目の矢から避難することに専心しなければお陀仏となるの。

 

みんなのことを気遣う気持ちはわかるけれど囚われていると逃げ遅れるわよ。

 

盲人よ、まず自分の目の中にある材木を取り除けなの。そうすればよく見えるようになって人の目にあるおが屑を取り除けるようになるであろうなの。

 

人のことを気遣うのはメシアの御言葉に従い自分が彼岸に避難してからなのよ。そうしないと妖怪釣瓶落としの巻き添えを食らいかねないの。そこに釣瓶落としの罠があるのよ。阿吽


special07

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

23844402_1399862840126754_8237800405062572674_n-420x280

 

式神様と藁人形は表裏一体の鏡合わせだったでしょ。

 

DSC_0169

 

 三つ巴紋なんか天の御柱と命の木への入り口の鏡合わせだったでしょ。八咫鏡に映る陰陽に奥深い仕掛けがあるわよね。この九月は奥の奥まで見せられてしまったの。四月ごろに命の木シリーズを書いていた時も脳みそフル回転で頭くらくらしていたけれども奥が知れないのよ。同じこと繰り返しても飽きられるから今日も新ネタいくわよ。

 

ヨハネによる福音書 21 口語訳

4夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。しかし弟子たちはそれがイエスだとは知らなかった。 5イエスは彼らに言われた、「子たちよ、何か食べるものがあるか」。彼らは「ありません」と答えた。 6すると、イエスは彼らに言われた、「舟の右の方に網をおろして見なさい。そうすれば、何かとれるだろう」。彼らは網をおろすと、魚が多くとれたので、それを引き上げることができなかった。8しかし、ほかの弟子たちは舟に乗ったまま、魚のはいっている網を引きながら帰って行った。陸からはあまり遠くない五十間ほどの所にいたからである。

9彼らが陸に上って見ると、炭火がおこしてあってその上に魚がのせてあり、またそこにパンがあった。 

 10イエスは彼らに言われた、「今とった魚を少し持ってきなさい」。 11シモン・ペテロが行って、網を陸へ引き上げると、百五十三びきの大きな魚でいっぱいになっていた。そんなに多かったが、網はさけないでいた。

13イエスはそこにきて、パンをとり彼らに与え、また魚も同じようにされた。 14イエスが死人の中からよみがえったのち、弟子たちにあらわれたのは、これで既に三度目である。

 

 いつものように抜粋してあるのだけれども、復活したメシアが三度目に現れた時の情景なの。この情景の中に七五三の十五という数が暗示されていると思うのよ。153匹の魚はイエスにすくわれる魚の暗示で1531×5×315なのよ。不思議なのは聖書の新共同訳では

 

ヨハネによる福音書 21 新共同訳

8ほかの弟子たちは魚のかかった網を引いて、舟で戻って来た。陸から二百ペキスばかりしか離れていなかったのである。

 

となっており、その距離が口語訳だと50間となっている事なの。口語訳で見るとこの場面に現れる数が15と3なのよ。この1×5×315というのが七五三の魔法陣の暗示になっているのよ。

 

3a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

 この説が正しいのかどうなのかは、何かこじつけめいていて私も正直自身がないの。しかしね、この場面でメシアが魔法陣のことを語っていたのだとしたら、それはメシアの右手の暗示なのよ。右の手で救われる153匹の魚なの。

 詩編 16:11 新共同訳
 命の道を教えてくださいます。 わたしは御顔を仰いで満ち足り、喜び祝い 右の御手から永遠の喜びをいただきます。

 その他にも見逃せないことがあるのよ。

 

イエスは三度目に現れ、ここで弟子たちと食事しているのよ。それは弟子たちにとって、復活したメシアとの直会の食事の意味があるでしょ。その食事はメシアの用意したもので炭火の上に乗せられた魚とパンだったのよ。

 

f0449805dcc33328aae4d29337a8372f

 

この魚を焼く器が七輪と呼ばれているのはメシアとの直会の暗示になっているのよ。この聖数の七で、後の世の、メシアと復活した弟子たちの婚宴の預言にもなっているのよ。

 

神鳥たちはそのようなことを百も承知だったから魚を焼く器を聖数の七輪とし、ヨハネが黙示した子羊の婚宴を童謡の中で「この子の七つのお祝い」と唄わせているのよ。

 

ここで七五三の十五と結びついてしまうのよ。その奥深さが神道なのよ。こんなこと聖書を読んでいても誰も気が付かないわよね。気が付く私がどうかしているのよ。

 

しかしこのことがこれもまた日本人であればだれでもが知る一枚の絵と結びついてしまうのよ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

  この絵が全てを表しているでしょ。龍神様の貴船に、七福神、マストの十字架の頂点に宝珠、帆はメシアのお体で寶と刺繍されているでしょ。そこに亀が泳ぎ鶴が舞い、蓬莱山である不死山に大御神がかかっているの。もう至れり尽くせりでしょ。

 

それはこの型の型映しなのよ。

 

0fc8d0c9

 

 一対のケルビムが聖数七の七福神なのよ。しかしこの絵を見ても日本人はあまりお目出度さを感じられないはずなの。それは式神様と藁人形が表裏一体であることに通じるでしょ。

 

私は聖書と古事記をかなり読み込んでいるから、この絵は紛れもなく七福神の宝船に違いないと思えるのだけれどもね。

 

しかしそれで終われないのよ。七福神の宝船には神道のさらなる恐ろしい仕掛けが施されているの。この解き明かしは宿題にしておくわ。答えの分かった人はコメント欄にでもメッセージしてね。

 

キーワードは鶴と亀と真名井よ。阿吽


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村


精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

創世記 3 新共同訳

 24こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

 

創世記 3 口語訳

24神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた。

 

この剣ね、真名井の奥に隠されていたわよ。見つけてしまったわよ。ある時解脱という言葉を意識したその日に、それが回る炎の剣の入り口だと直覚してしまったことはこのブログで何度も書いてきたの。

 

しかしその型示しは私が生まれるはるか以前から、神道の中で誰でもが眼にすることのできる形で示されていたのよ。しかしそれは誰の目からも隠されて来たの。

 

なぜかというとその剣が置かれた当初から唆す蛇にたぶらかされる街場のサイキッカーが後を絶たなかったからなのよ。現代の宗教界やスピリチュアルの世界はそのような街場のサイキッカーの天国なの。

 

そのような現代の状況を集約する縮図として見せられたのが地下鉄サリン事件だったの。あの教祖様は正規の入り口を通り解脱したわけではなかったのに、同じような街場のサイキッカーの王様に活仏と言い渡され、その気になってしまったのよ。

 

その挙句に逮捕され社会生命を絶たれ、死刑になり実生命を絶たれたでしょ。二本の矢を受ける人の型示しだったのよ。

 

それはね、入り口を見出して通していただいたわけでもないのに、したり顔でわらわらと盲人の手引きをしている街場のサイキッカーのカリカチュアでもあったのよ。

 

そのような盲人の手引きに引きずられて抜け出せない人のカリカチュアがあの教団の信者さんたちだったの。

 

そのような宗教やスピリチュアルなどに惑わされずに安全に生きているように見えても、実はグレーゾーンで遊んでいるだけで、脱出口を見出せずに死する人たちのカリカチュアが玄倉川の水難者達だったの。

 

平成の時代とはそのような時代だったの。社会全体がカルト宗教のように変質している事が型として現れた時代だったのよ。ランキング上位のブログをチェックしてもその様な街場のサイキッカーしか見当たらないからね。それはね、創世記の時代に始まり多分終わりの時まで続くのよ。

 

そのような禍事を避けるための入り口が創世記に示され、古代日本にその入り口が開けていたのよ。

 

いくわよ。

 

cd5b2922

 

真名井神社の六芒星が三つ巴紋に変更されたでしょ。その三つ巴紋にケルビムと回る炎の剣が隠されていたの。

 

20190725223226

 

神社の巴紋は左巴紋なのよ。しかし八咫鏡が神道のお約束でしょ。前面の後面透過としてその鏡に映してみると正面の姿は右巴紋として映るの。

 

その右巴紋には666999がだまし絵のように映り込んでいたでしょ。そして左回りと右回りに分かれているでしょ。

 

天の御柱を左から回った伊弉諾尊と、右から回った伊弉冉尊なのよ。

 

その伊弉冉尊が天照大御神であり式神様だったでしょ。その式神様の十字架により復活を見せられた弟子が666999の戦であるメギドの丘のことを黙示録に記述していたの。

 

そのようになるほどと理解して巴紋を見るとそこに回る剣が見えるでしょ。剣が見えればその剣を振るう神様が父神と子なる神とケルビムとされる天の聖霊とわかるでしょ。

180px-Japanese_Crest_mitu_Tomoe_1.svg

 

それが元伊勢籠神社の社紋で十種神宝なの。ここが入り口だったの。貴船の上陸地点だったことを示しているのよ。ここが東に置かれた命の木への入り口だったのよ。

20170619202113

 御父と御子とケルビムの廻る炎の剣で守らせられていたのよ。

 

しかしね、民間人がこの入り口を通していただくためには条件があるのよ。

 

神宮から賜った鑽り火と草薙剣で敵の炎を返り討ちにしなければこの入り口は通していただけないの。それが倭建命の焼津なの。

 

それはお釈迦様が魔訶般若をお説きになられたインドを暗示していたでしょ。熾燃の煩悩を吹き消さなければ人は涅槃に至れないというのが、入り口を通していただくための梵天による定めなのよ。

 

人はその梵天による定めを無視するから、この世においてもあの世においても赦されることなく、藁人形として七殺の祟りを受けるの。それが聖書に書かれている事なの。

 

そのお印が日本人であればだれでもが知るお社の三つ巴紋であり、命の木への入り口であり、お社の鳥居なのよ。街場のサイキッカーなど無用の長物でしょ。産土様とお釈迦様だけで十分なの。神様仏様だけで十分なの。

 

通していただくと帰りはめちゃくちゃ恐いけれども、式神様のお名前にしっかりと縋り付いていれば大丈夫よ。通していただいてから裏切ったら一巻の終わりよ。

 

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

1980年代後半の昭和も終わろうかという時代にチャネリングなどというものが流行り始めたでしょ。そして今ではスピリチュアルの世界ではアセンションが当然あるものの如く人口に膾炙しているでしょ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者が語った空中携挙の世界版なのよ。スピリチャルの世界ではそのようなことが平然と信じられているの。

 

そのようなことを信じている人たちにとっては、日本に降りてきた神示などというものもとても相性がいいのよ。私もいろいろ片足を突っ込んでみたけれども、式神様から足を洗っていただいて目が覚めたの。

 

日本人は産土様が式神様という摩訶不思議な般若の中に生まれてくるでしょ。その産土様との紐帯の中に割って入り、八通りにたぶらかそうとする偽預言者とパリサイ人のパン種に注意するように言い広められているでしょ。

 

神仏だけで十分なのよ。聖書に名のある真正の預言者とお釈迦様だけで十分なの。

 

梵天の灌頂を受け、魔訶般若波羅蜜多を悟った者は二本目の矢は受けないと先鞭をつけたお釈迦様だけで十分なの。

 

その神仏との紐帯に割り込んでくる怪しげな魍魎に八通りにたぶらかされていると、藁人形をつかまされ、後で大馬鹿を見るのよ。

 

たぶらかされるのはいともたやすいことだけれども、一本目の矢を受けるまでに神仏を見出し、魔訶般若の賜物をお受けするのは一筋縄ではいかないわよ。たぶらかされている暇などないはずなの。

 

阿吽


精神世界ランキング


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

DSC_0169

 

この紋を八咫鏡に映すと、そこに666999がまるでだまし絵のように埋め込まれているでしょ。これが根付きの真榊なのよ。天を突いて伸びる幹と深く地中の闇を這う根なの。

 

これを譬えて言えば呪いの藁人形と永遠の命の式神様なのよ。日本人にとってこれほどわかりやすい言い回しはないと思えるでしょ。そこに生命御守護の十種の神宝が隠されているの。

 

20170619202113

 

この藁人形と式神様を理解してしまえば、モーセが申命記に書いていた、神は人の前に呪いと祝福を置かれたという聖句などあっさりと飲み込めるでしょ。それが、神様が園の中央に生えさせられた二本の木の正体だったと。

 

神学など日本人にとって無用の長物でしょ。そういうことなのよ。

 

問題は式神様が三日目に復活されたということなの。人間の理知に頼ればあり得ないでしょ。でもね、「あり得ないけれどもある」が式神様の本質なのよ。

 

この式神様はさらに尊い神様によりメシアと定められたの。聖書ではいいなづけという含みで書かれていたでしょ。だから定められた神としての式神様なのよ。

 

この神様は聖書の中で「わたしはある」と宣言しているの。そして「わたしはある」と名乗られた神様のことを書いていたモーセは、私のことを書いたのであるとも宣言されているのよ。

 

なぜ「わたしはある」なのかというと、

 

創世記 1

 3神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。

 

だから「わたしはある」なの。このことも理知に頼ればあり得ないと思えるでしょ。その光の神様がこの世に来られ「わたしはある」と宣言され、十字架上で身代わりの死を遂げ、三日目に復活されたの。二重にあり得ないでしょ。

 

その神様が天照大御神なのよ。日本人にとっては三重にあり得ないのよ。だから三重に鎮座していらっしゃるのかしら。しかしこの式神様の本質は「あり得ないけれどもある」なの。

 

それを理解した神鳥たちがいてこの国を作ったのよ。だからこの国の最高の言霊が「有難う御座います」なの。

 日本人にとって、そのような神様をお定めになられた大神様を愛でたくないわけがないでしょ。だから「御目出とう御座います」なの。

 

有り難い玉座に坐す神様と御愛でたい玉座に坐す神様に向けた言霊なの。この言霊は藁人形をつかまされている人には理解不能なのよ。

 

b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ