天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:失われたイスラエル

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

二度目の征伐で頭に致命傷を受け死んだと思われていた国が獣に憑依されて海から上がって来たでしょ。この時は1875年もの間縛られていたのよ。それはやがてやってくる幽世で千年の間縛られている竜が解き放たれ黄泉に釣瓶落としにされることの型映しになっているでしょ。

 

千年の間は子羊の婚宴の大宴会でしょ。だからこの世での1875年間も婚宴の相似相だったのよ。それはA.D73年から1948年までなの。

 

その間に失われたイスラエルが建国され原型だった邪馬台国が大和朝廷に引き継がれ平安の雅でこの国の文化の基層が築かれたでしょ。それが婚宴の時代だったのよ。

 

その象徴が桃の節句の京雛だったの。そして婚宴がお開きに近づいたころに弟橘姫の海から最初の獣が上がってきたの。そして1940年にこの国は八紘一宇となり婚宴が終わったのよ。婚宴が終われば一つの家族でしょ。天が下の一つの家族と宣言されたの。

 

それと時を同じくして二匹目の獣が中東に上がってきて完全に解き放たれたのよ。極東のこの国には偽預言者が蔓延ったの。

 

その時がこの世での三度目の征伐の始まりだったのよ。

 

このころには京雛の左上右下が関東雛の右側優位の並びと併存する下地は整っていたでしょ。京雛の左上右下は玉座に正対する形なのよ。だから玉座と対面した神前結婚の形だったのよ。

 神前結婚が一般に普及するきっかけを作ったのは大正天皇で、右側優位も大正天皇がはしりなの。その右側優位で関東雛は左右が入れ替わり鏡像となったの。前面の後面透過した玉座の形となり後ろから拝する形なのよ。

unnamed
関東雛 前面の後面透過の鏡像 玉座を後ろから拝し前面が透過して見えている。命の木と同じ配置
b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350京雛 正対

 それは平安時代から続いた婚宴のお祭りの終わりを意味しているのよ。少し難しいかしら。男神は左回り、女神は右回りで天の御柱をめぐったの。内裏の天皇と皇后の左右は入れ替えることができても、神様の左上右下は絶対に動かせないのよ。

 

大正天皇の時代に平安の雅の京雛の婚宴の終わりが暗示され、すでに最初の獣が上がって来ていたその時代に大正ロマンという名の欧米化で獣の憑依が表面化し、その天皇により神前結婚の一般普及の基が築かれていたという摩訶不思議な時代だったのよ。

 大正天皇が初めて神前結婚の前例を作った時は皇太子の時代で、その時の式は左上右下の並びで行われていなければならないの。諸外国の外交儀礼にならい皇后の右側に立つように改めたのは天皇に即位してからとしか考えられないの。

 

その天皇の崩御が十二月二十五日で天皇の例祭となっているの。そして獣が天から火の雨を降らせて以降は憑依が決定的になった印として、その日があのお祭りとして定着したのよ。あのお祭りは獣の国の宗教のお祭りだからね。そのことも摩訶不思議でしょ。

 

だからあのお祭りはとどめの征伐の時代にこの国が憑依された事の印となっているのよ。その日から七日間がこの国のとっても大事な神様の七日間で大祓の七日間なのよ。

 

征伐の時代は八十年近く続いているの。二十世紀末から今年あたりにかけての異変はその征伐が大詰めを迎えている事のサインのように思えるでしょ。

 

最後の一人が神様に印をつけられたら一気に片を付けられるとヨハネにより黙示されているの。その時が、既に印を受けこの世を終え白い衣を与えられている人達の待ちに待った時代の幕開けとなるのよ。

 

大祓の入りのあの日をどのようなお祭りとしてお祝いするかで受ける印は違ってくるわよ。グレーゾーンで傍観していたらだめよ。

 何も考えない人たちの間では獣の国から入ってきた妖怪祭りなどもはやっているけれども、何も好き好んで獣の刻印を受けることないのにと私なんかは思ってしまうのよ。

 この国の神様のお祓いのお祀りを侮って変なお印を受けると征伐されるわよ。


2014062821210597b阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

ひとつ前の記事ではねメシアの魔訶般若は全て神道のお祭りの中に映されていると書いておいたの。そのように考えた時に、古事記とは神道のお祭りの書なのでそこにメシアの魔訶般若が映り込んでいても何の不思議もないでしょ。

 

メシアに言わせればモーセは私のことを書いたのであると御言葉したのと同じく、稗田阿礼は私のことを口述したのである。お釈迦様は私のことをお説きになったのであると御言葉されたとしても今の私には、何の違和感も感じないのよ。

 

この記事ではね皇大神宮のおひざ元に住する神領民について書いておきたいのよ。

 

この神領民と言われる人たちは早い話が皇大神宮の氏子さんたちなのよ。式年遷宮の時には様々な行事で奉仕されるのよ。その時に伊勢以外に住する人たちの中からも奉仕に携わる人たちが選ばれ、特別神領民とされるの。

 

この神領民と特別神領民なのだけれどもその型が世界に映されているのよ。その型とはイスラエルと異邦人の型なのよ。祝福を受けたアブラハムの子孫のイスラエルが神領民で、異邦人の中から特別神領民が選ばれていたのよ。それが聖書の時代だったの。

 

ところが分裂したイスラエルはユダヤの時にメシアにつまずいてしまったでしょ。そしてメシアの魔訶般若により、失われたイスラエルが神領民とされるに至ったの。それが大和だったのよ。

 

だから現代ではお伊勢様のおひざ元に生まれる神領民とその他の地域から選ばれる特別神領民の関係性は、大御神のおひざ元に生まれる日本人と、その他の外国人の中から選ばれる特別神領民という関係性と相似象になっていると思えるのだけれどもどうかしら。

 

しかしそれが的を射ていたとしてもよ、その相似象は人の目に映し出されていてなんら隠されていからそのように言われればなるほどと思えるでしょ。

 

けれどもね、メシアの魔訶般若は隠されているから人の目には映らないのよ。その隠されているところにも神領民と特別神領民がいるのよ。

 

ヨハネの黙示録 7

 3こう言った。「我々が、神の僕たちの額に刻印を押してしまうまでは、大地も海も木も損なってはならない。」 4わたしは、刻印を押された人々の数を聞いた。それは十四万四千人で、イスラエルの子らの全部族の中から、刻印を押されていた。

 

9この後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、だれにも数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身に着け、手になつめやしの枝を持ち、玉座の前と小羊の前に立って、

10大声でこう叫んだ。「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、小羊とのものである。」

 

このヨハネの記述のイスラエルの子らの十四万四千人が神領民で、その押された刻印とは隠されたマナであり、神領民の蘇民将来の護符で暗示されている賜物と解釈できるでしょ。問題は数えきれないほどの大群衆なのよ。この人達が特別神領民に対応していると思うのだけれども、一体どこから来たのかしらということなの。

 

それは多分黙示録の別の部分でヨハネが書くなと言われ、取って食べてしまった巻物に書かれているのよ。ヨハネのような正真正銘の神領民が賜わる巻物なのよ。真名井の深淵から賜る巻物にかかれているのよ。

unnamed



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ