天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:大祓

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

二度目の征伐で頭に致命傷を受け死んだと思われていた国が獣に憑依されて海から上がって来たでしょ。この時は1875年もの間縛られていたのよ。それはやがてやってくる幽世で千年の間縛られている竜が解き放たれ黄泉に釣瓶落としにされることの型映しになっているでしょ。

 

千年の間は子羊の婚宴の大宴会でしょ。だからこの世での1875年間も婚宴の相似相だったのよ。それはA.D73年から1948年までなの。

 

その間に失われたイスラエルが建国され原型だった邪馬台国が大和朝廷に引き継がれ平安の雅でこの国の文化の基層が築かれたでしょ。それが婚宴の時代だったのよ。

 

その象徴が桃の節句の京雛だったの。そして婚宴がお開きに近づいたころに弟橘姫の海から最初の獣が上がってきたの。そして1940年にこの国は八紘一宇となり婚宴が終わったのよ。婚宴が終われば一つの家族でしょ。天が下の一つの家族と宣言されたの。

 

それと時を同じくして二匹目の獣が中東に上がってきて完全に解き放たれたのよ。極東のこの国には偽預言者が蔓延ったの。

 

その時がこの世での三度目の征伐の始まりだったのよ。

 

このころには京雛の左上右下が関東雛の右側優位の並びと併存する下地は整っていたでしょ。京雛の左上右下は玉座に正対する形なのよ。だから玉座と対面した神前結婚の形だったのよ。

 神前結婚が一般に普及するきっかけを作ったのは大正天皇で、右側優位も大正天皇がはしりなの。その右側優位で関東雛は左右が入れ替わり鏡像となったの。前面の後面透過した玉座の形となり後ろから拝する形なのよ。

unnamed
関東雛 前面の後面透過の鏡像 玉座を後ろから拝し前面が透過して見えている。命の木と同じ配置
b4ba06920b239430bf72d5fa06ffac0c-660x350京雛 正対

 それは平安時代から続いた婚宴のお祭りの終わりを意味しているのよ。少し難しいかしら。男神は左回り、女神は右回りで天の御柱をめぐったの。内裏の天皇と皇后の左右は入れ替えることができても、神様の左上右下は絶対に動かせないのよ。

 

大正天皇の時代に平安の雅の京雛の婚宴の終わりが暗示され、すでに最初の獣が上がって来ていたその時代に大正ロマンという名の欧米化で獣の憑依が表面化し、その天皇により神前結婚の一般普及の基が築かれていたという摩訶不思議な時代だったのよ。

 大正天皇が初めて神前結婚の前例を作った時は皇太子の時代で、その時の式は左上右下の並びで行われていなければならないの。諸外国の外交儀礼にならい皇后の右側に立つように改めたのは天皇に即位してからとしか考えられないの。

 

その天皇の崩御が十二月二十五日で天皇の例祭となっているの。そして獣が天から火の雨を降らせて以降は憑依が決定的になった印として、その日があのお祭りとして定着したのよ。あのお祭りは獣の国の宗教のお祭りだからね。そのことも摩訶不思議でしょ。

 

だからあのお祭りはとどめの征伐の時代にこの国が憑依された事の印となっているのよ。その日から七日間がこの国のとっても大事な神様の七日間で大祓の七日間なのよ。

 

征伐の時代は八十年近く続いているの。二十世紀末から今年あたりにかけての異変はその征伐が大詰めを迎えている事のサインのように思えるでしょ。

 

最後の一人が神様に印をつけられたら一気に片を付けられるとヨハネにより黙示されているの。その時が、既に印を受けこの世を終え白い衣を与えられている人達の待ちに待った時代の幕開けとなるのよ。

 

大祓の入りのあの日をどのようなお祭りとしてお祝いするかで受ける印は違ってくるわよ。グレーゾーンで傍観していたらだめよ。

 何も考えない人たちの間では獣の国から入ってきた妖怪祭りなどもはやっているけれども、何も好き好んで獣の刻印を受けることないのにと私なんかは思ってしまうのよ。

 この国の神様のお祓いのお祀りを侮って変なお印を受けると征伐されるわよ。


2014062821210597b阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

今日は御彼岸の中日でしょ。そのシンボルマークが実はこの紋だったのよ。

 

ダウンロード

 

麻紋がお彼岸の中日のシンボルって驚きでしょ。

 

ヨシュア記 4 新共同訳

1民がすべてヨルダン川を渡り終わったとき、主はヨシュアに言われた2「民の中から部族ごとに一人ずつ、計十二人を選び出し、 3彼らに命じて、ヨルダン川の真ん中の、祭司たちが足を置いた場所から、石を十二個拾わせ、それを携えて行き、今夜野営する場所に据えさせなさい。」

 7こう答えなさい。『ヨルダン川の流れは、主の契約の箱の前でせき止められた。箱がヨルダン川を渡るとき、ヨルダン川の流れはせき止められた。これらの石は、永久にイスラエルの人々の記念となる』と。」

8イスラエルの人々はヨシュアの命じたとおりにした。主がヨシュアに告げられたように、イスラエルの人々の部族の数に合わせて、十二の石をヨルダン川の真ん中から拾い、それらを携えて行き、野営する場所に据えた 

10主がヨシュアに命じて民に告げさせたことがすべて終わるまで、箱を担いだ祭司たちはヨルダン川の真ん中に立ち止まっていた。すべてモーセがヨシュアに命じたとおりである。その間に民は急いで川を渡った。

15主はヨシュアに言われた。

 16「掟の箱を担ぐ祭司たちに命じて、ヨルダン川から上がって来させなさい。」

17ヨシュアが祭司たちに、「ヨルダン川から上がって来い」と命じ、

 18主の契約の箱を担ぐ祭司たちはヨルダン川から上がり、彼らの足の裏が乾いた土を踏んだとき、ヨルダン川の流れは元どおりになり、以前のように堤を越えんばかりに流れた。

 

ヨシュア記の4章。長いから所々抜粋してあるわよ。ここにお彼岸の中日の由来と皇大神宮の式年遷宮の時の御白石持行事の由来が凝縮されているでしょ。しかもイスラエルを率いたヨシュアという人はメシアと同名の人だったの。イエスと呼ばれているけれどもイスラエルにおいてはメシアのヨシュアなのよ。

 

お彼岸の中日のお祭りは秋季と春季の皇霊祭で天皇の黄櫨染と皇后の十二単のお召し物で行われているのよ。かごめ紋の十二単の麻紋なのよ。

 

そしてそれは隠されたマナであり白い小石であり皇大神宮の御白石でありヨルダン川の真ん中で拾われた十二の石なのよ。永久にイスラエルの人々の記念なの。

 

それが皇大神宮大麻の正体なの。驚いた?。

 

十二月と六月の大祓の縦木と、三月と九月のお彼岸の横木の十字架なのよ。暦まで完全に取り込んでいるから八咫鏡の魔訶般若の暦とわかるでしょ。

 

しかも今日は雑節の社日と重なっているの。社日って何か知らなかったから今日調べたら産土様にお参りする日なのよ。私は産土様の地元にいて数え年十五の時まで過ごさせていただいていたの。私の産土様は八幡様なの。

 

8aQXWoOS_m
横須賀市佐野八幡神社

 

子供の頃この佐野八幡神社で七五三の御参りさせていただいたの。今考えると産土様の地元を離れた数え年十五の年のその日に、住んでいたおおもときょうのうしとらのこんじんの祭壇から逃れさせていただいていたのよ。七五三の十五の年の魔訶般若なのよ。

 

ルカによる福音書 12

イエスは、まず弟子たちに話し始められた。「ファリサイ派の人々のパン種に注意しなさい。それは偽善である。 2覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない 3だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやいたことは、屋根の上で言い広められる。」

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

大祓詞に「天津金木を本打切り末打断ちて。千座の置座に置足はして」とあるのよ。夏越の大祓と年越しの大祓の時にのられる祝詞なの。

 

この祝詞の天津金木という言葉が天津金木学などという裏神道の神道霊学として学ばれているという事実があるの。天津菅曾学などというものもあるの。いずれも神道の大人とされる人により大成された学問なの。

 

天津金木学綱要
水谷清
八幡書店
1999-09-21    



天津菅曾学綱要/天津祝詞学綱要
水谷清
八幡書店
1999-09-21


 学ぼうと思うと高額本によらないといけないのよ。何やら七めんどくさくて、難しいことが書いてあるらしいの。買わなくていいわよ。誰も買わないわね。

 

天津金木セットなどという積み木崩しのおもちゃみたいなものまで発売されていて、いずれも高額なの。霊気を立ち上がらせる幻の古神道フトマニの秘器などと宣伝されているのよ。このセットはさすがにアマゾンでは売りに出されていないのだけれども、歴とした名のある書店さんが発売していたりするのよ。

 

私ね、このセットはさすがに霊感商法に抵触していると思えるのよ。少し霊的感性が研ぎ澄まされている人がフトマニなどと真に受けて取り扱うと唆す蛇の思う壺にはまりかねないと思えるのよ。

忘れていたけれどもそういえば本物の霊感商法にひっかけられそうになったこともあったわ。あの時の美人の先生のハニートラップまがいの霊能者感もしっかり脳裏にきざみ込まれていたわね。思い出すと結構出てくるのよ。

 

神道霊学の大人などと言われる人たちも霊感が強く予言を的中させたりしているの。そのような霊学者が触発された事態が黒船来航だったのよ。それ以前にも国学者などと言われる人が神道の観念や祝詞の注釈などに心血を注ぎ神道を支えて来ていたの。

 

しかしね、黒船来航、大政奉還という事態に立ち至り完全に風向きが変わったのよ。神道霊学などというものが立ち上げられ、それに呼応するように神示というものが降ろされるようになったのよ。そしてその流れから教派神道などというものが生まれてくるの。神示なくして教派神道なしなのよ。

 

そのようなことが明治、大正、昭和の激動の時代の流れの中で神道に起こったことなのよ。その流れは神道の霊脈の流れとして現代でも肯定的に受け入れられているのよ。私もその流れを知り、神示にどっぷりはまっていたことがあったの。



 

確かにあの時代に予言者がいたことは事実なのよ。あの時代に今のインターネット社会が予言されていたのは事実なの。でもね予言者と預言者の違いもあるし、メシアは偽預言者に注意を促しているし、そこに落とし穴があるのよ。予言者と預言者と、偽預言者ははっきりと識別されなければならないの。そうでなければ注意できないでしょ。

 私ね、その神示により立ち上げられた教団が弾圧を受け、政府に接収された後の、神殿みたいな建物で幼少期を過ごしているのよ。関東財務局が管理し民間にアパートして賃貸していたの。

 

二階の一番奥のどでかい扉で施錠されていた祭壇の直近の部屋に住み、その祭壇を遊び場としていたの。今考えるとよくあんな所に住んでいたものだと思えるのだけれども、それが両親の選択だったのよ。

 

だから神示に関心を持つようになれば神様とご縁ありと必然的に思うでしょ。しかし今では私が一時ははまっていたカルト教と同じく、神示や神道霊学などというものも私の中では完全なブラックで、スリーストライクのアウトなのよ。

 

黒船来航から原爆投下という時代の中で、日本人の脇の甘さを突き、その間隙にそそのかす蛇が仕掛けた罠だったのよ。そのような置き土産と共に、死んだと思われていた獣が海から上がって来ていたの。

 

あらら、書いていて今気が付いたのだけれども、よく考えてみれば獣が海から上がってきて、大きくやり方を変えさせられ、後にもう一匹の死んだはずの獣が上がってきてまたやり直しさせられるまでが、この国の激動の時代だったじゃない。

 

改めてこの記事きっちり書き上げなければいけない気にさせられた。

死んだはずだった獣のことははっきり書くと記事削除されるのよ。ホロコーストはなかったなどという記事を掲載した雑誌が廃刊に追い込まれたことに比べればかわいいものだけれども、この獣の影響力は世界中におよんでいて侮れないわよ。










 

大祓詞抜粋


天つ宮事以ちて 天つ金木を本打ち切り 末打ち断ちて
あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきり すえうちたちて


千座の置座
に置き足らはして 天つ菅麻を本刈り断ち 末刈り切りて
ちくらのおきくらにおきたらはして あまつすがそをもとかりたち すえかりきりて

八針に取り裂きて
 天つ祝詞の太祝詞事を宣れ
やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとごとをのれ


 この祝詞の中にある天津金木とはね天の金克木なのよ。千座の置戸に
置き足らはしてとは千引の岩戸で閉ざされ黄泉に幽閉されるということ。その言わんとしている事は。

 

マタイによる福音書 3

7ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

 

 8悔い改めにふさわしい実を結べ。

 

 9『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。

 10斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。 

 

11わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。 

 

12そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

 

洗礼者ヨハネの言葉なの。

 

良い実を結ばない木は、天の金克木の斧で切り倒されるのよ。八針に取り裂きてとは素戔嗚尊の八岐大蛇退治のイメージでしょ。天つ菅麻とは菅や麻で、麦や篩い分ける箕のことなのよ。

 

切り倒され篩にかけられ、殻は黄泉の消えない炉で焼却されるの。霊学などというものが入り込む余地はないと思えるのよね。神道の陰陽道はすべてカバラなの。カバラは神様からの賜物で、そこに学問などの入り込む隙間はないのよ。

 

神道の禊は伊弉諾尊の禊なのよ。洗礼者ヨハネの水による洗礼なのよ。それはノアの家族の洪水による洗礼にまでさかのぼるの。ノアと三人の息子の家族が洪水という洗礼によるやり直しの初めだったでしょ。だから伊弉諾尊の禊の最後に三貴子が生まれているのよ。

 

日本人の脇があまいから理解されていないの。だから蛇に付け込まれるのよ。

 

神示を降ろした神に丑寅金神という神がいるの。この神により開教させられた教団は分裂しているの。けれどもそのうちのある教団によると、この丑寅金神がどのような神様か見分ける人は現れなかったとされているのよ。私なんかその丑寅金神の打ち捨てられた祭壇を遊び場にしていたのよ。

 

霊学者や予言者が現れ霊的事象が勃発し、大騒動を起こしていたのに、肝心の神示を降ろした神様がどのような神様か知られていないという落ちなのよ。それが肯定的に受け入れられているのだから何をかいわんやでしょ。しかしそのスタイルが日本人の真骨頂でもあるでしょ。

 

天照大御神のことを知った気でいてまるで知らないのに、それでいいのが日本人なのだから。

 

続編では神示と偽預言者にもっと深く切り込みを入れるわよ。

 

ヨハネの言葉の、その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになるという言葉があるでしょ。ソドムとゴモラがそうだったし、広島と長崎もそうだったのよ。竜と獣と偽預言者が大活躍した激動の時代だったのよ。この記事書いていてあらためてはっきり知らされてしまったわ。やはり火と水で神なのよ。

 

阿吽


37_shiratsuyuni



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ