天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:倭建命

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

その他推奨記事
 


もう今まで以上に何でも書いてしまえという気になっているから書くのだけれども、倭建命が走水の海で渡りの神により渡御を妨げられたという物語と、その千数百年後にその海に船団が入って来たという歴史は途轍もないことを意味しているわよ。

takeru_kasai1

 倭建命は天の御父の影武者なのよ。その天の御父の渡御を妨げるために入って来たのよ。私はこれまでの記事で獣に上がられ憑依されたと書いて来ていたのだけれども、まったくもってそのとおりなのよ。

 

素戔嗚尊と天照大御神の誓約は貴船の渡御による進展の真っ最中なの。ノアの箱船がその初めなのよ。その後にイスラエルの契約の箱がその渡御を引き継いだのよ。そして天照大神の神殿にまでたどり着いたの。その後に古事記が書かれたのよ。

 

その契約の箱は隠されたまま貴船と呼ばれているのよ。描かれる時は七福神の宝船だったでしょ。その貴船は天のエルサレムの神殿迄渡御するはずなのよ。ヨハネがそのように黙示しているからね。

 

その渡御が走水の海で妨げられるけれども、御子の影武者である弟橘姫の身代わりによる入水があったので、渡御が助けられると古事記で預言されていたのよ。竜と獣と偽預言者による妨害などあっさりとかわして、天の御父の神殿である高天原まで渡御してしまうと預言されているのよ。

 

ヨハネの黙示録と古事記でそのように預言されていた時代が、ほとんどの人に知られずに極まりつつあるのよ。古事記は聖書という預言書を下敷きにして書かれた預言書であり、単なる国史などではないという事なの。聖書と同じく神様がその影を落とす預言書として書かれていたのよ。

 

その古事記には素戔嗚尊と天照大御神の誓約は天孫の三五七の数霊で成就すると預言されているのよ。その数霊の出現が走水の海に船団が入ってきたあの時代から始まっていたのよ。そして令和の御代に至り、その三と五が顕れてしまっているのよ。その次の年には十一月に立皇嗣の礼があったでしょ。十一月は年越しの大祓に向かう七五三の中心月でしょ。その夏から秋にかけて走水の海周辺で異臭騒ぎ。神様がその場所に影を落とされたので、八咫烏がそれに呼応し壺切御剣の親授という儀式において、伝統を破り剣を袋から取り出して親授されたのよ。マスクをつけながら。

content_673d7a89-308d-465f-89e8-21d303800a65

 

烏が剣を帯び鬼退治に加わってしまったの。大和朝廷の象徴は伏せられた壺だったでしょ。その壺が切られて次の御代である高天原朝廷が開かれるという暗示なのかしら。私のような人間はそのように瞑想してしまうのよね。

 

あとは七の数霊が顕れるのを待つばかりというとんでもない時代なの。天神様の七つのお祝いの準備はほとんどの日本人に知られずに整いつつあるという事なのよ。

929b8d9b6626e279b3cdf80079af6cf9阿吽


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

その他推奨記事
 


全く気が付いていなかったけれども弟橘姫は復活していたわよ。記事を書けば書くほど知らされるの。伊弉冉尊は菊理姫として復活していたし、大御神は岩戸が開け復活したでしょ。奇稲田媛は八岐大蛇に食われるところを、素戔嗚尊に救われ、先に食われていた七人の姉は草薙剣として取り出され大御神に献上されたのよ。それは復活により救われる臣民たちの暗示なのよ。それが石上神宮の七支刀という宝刀と瞑想するのよね。七つのお祝いによる復活を暗示しているのよ。

 

その七支刀でもある草薙剣を倭姫命から賜り東征したのが倭建命だったでしょ。その途上で八八八の数霊と共に身代わりの入水をしたのが弟橘姫だったのよ。この弟橘姫が神功皇后として復活し、応神天皇の母になっていたの。弟橘姫の数霊の八八八は新しい御代が開ける時に顕れる八なのよ。神功皇后として復活し八幡様である応神天皇を生み新しい御代を開いてしまっていたのよ。

 

その様に語られていた弟橘姫の入水した走水の海に千数百年後に船団が侵入し、明治維新という新しい御代が開かれてしまっていたのよ。何かを感じなければその人の頭がおかしいくらいのことでしょ。その様なことなのよ。

 

それでどうして弟橘姫が復活していたのかというそのからくりよね。それが古事記の夫婦神と父子神という投影のからくりなのよ。この場合の中心人物が倭建命なの。まず初めに倭建命と仲哀天皇の父子の影なの。この二人の物語においては子である仲哀天皇が神の祟りで崩御しているの。

 

次に倭建命と弟橘姫の夫婦の影なの。この二人の物語では妻の弟橘姫が身代わりの入水で入滅しているのよ。父子の影と夫婦の影において、子と妻が祟りと身代わりの死を遂げているのよ。この父子と夫婦の影はどちらも、イスラエルの神である御父と御子イエスの投影なのよ。御子イエスが身代わりとして、人の祟りを肩代わりして十字架上で死を遂げたという事が投影されているのよ。その様に影を映しておいて最後に、倭建命と神功皇后の、仲哀天皇を仲立ちとする父子の関係性が、新たに投影されているの。神の祟りで崩御したという天皇の哀しい物語が仲介しているから、仲哀天皇の諡号を送られているのよ。

 

その様な物語の投影を通して、遠回りに弟橘姫の神功皇后としての復活を意味しているのよ。それが御子の復活の投影になっているの。つながるかしら?弟橘姫と仲哀天皇と倭建命の哀しくも切ない物語の未に、神功皇后が、仲哀天皇の后として、そして倭建命の義理の娘として大活躍を遂げ、第十五代応神天皇の母となり新しい御代を開いているのよ。

 

img_5de6c7f7e5a56a66fc8f3767d62ea5e399345

 

弟橘姫の八八八の数霊による身代わりの入水の影が、神功皇后の、八幡様である応神天皇の出産という、八の数霊による新しい御代の開花ということにつながり、それが御子の死と復活による大和の新しい時代の開花という形で投影されているのよ。

 

b0126549_15082479

 

古事記の重要な男神と女神の夫婦や父子の関係性は、天の御父と御子の関係性が投影されている影武者群なのよ。幾重にも御父と御子の影が影武者によりカモフラージュされながら示されている古事記の呪術なのよ。その呪術において、その記述の千数百年後に弟橘姫の入水した海から、日の丸龍宮の新しい時代が開けてしまったという事なの。

 

倭建命も伊弉諾尊や素戔嗚尊に並び、それに引けを取らない重要な神様であるという事なのよ。

 

そのような天神様の呪術の細道の怖さを、日本人は子供のころから聞かされながら育っているということなの。何も感じずに油断していると、気が付いた時には後の祭りという事が、古事記の下敷きになっている聖書に預言されているのよ。

929b8d9b6626e279b3cdf80079af6cf9阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

その他推奨記事
 


もうね、朝起きて目覚めの一服を吸い終わらないうちにひらめくのが日課になっているの。その様だから今日も何かあるのかしらと一服していたのよ。そうしたらまた来たの。キーワードは倭建命と神功皇后なの。それでこの二柱の神様について冥想したらね、超特大級のネタ元だったの。古事記の神代が完全に判ってしまうのよ。

 

古事記が聖書をベースにした大祓の書だったのよ。ただの預言書にとどまらず陰陽師たちの呪術書だったのよ。その呪術に日本人は取り込まれてきていたということだったのよ。素戔嗚尊と天照大御神の誓約とは単なる卜占にとどまらずに呪術であったという事なの。

 

倭建命と神功皇后はね、第十四代仲哀天皇を介して父と子の関係に結ばれているのよ。その仲哀天皇は神の祟りにより崩御しているのよ。相当奥ふかく隠されているわよ。まず十四代までの天皇に二人のハツクニシラススメラミコトが含まれているので、その二人を除く十二人と数えるのよ。

 

その数え方のもとになるのが古事記の天地開闢の物語なのよ。造化三神と二柱の神で別天津神五柱なの。その後に神代七代の、二柱の一人神と五組の夫婦神十柱の計十二柱なのよ。この三五七と十二柱が元なのよ。この神代七代の二柱の一人神と五組の夫婦神十柱の計十二柱とは、聖書で御子が、二匹の魚と五つのパンとして教えておられたことなの。それが新しいお祭りの型示しだったのよ。その結実がこの国の七五三のお祭りと大祓の厄払いとなったのよ。

 

7375-300x225 (1) - コピー

 

この七五三にまつわる年に二度の大祓の暦の中に二匹の魚と五つのパンが見えるでしょ。この二度の大祓が七五三魔法陣の中でクロスしているのよ。その数霊が中心の五とすべての列ごとの合計の十五なのよ。

 

3a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

この暦と魔法陣の一致は見れば見るほど不思議でいろいろなことを物語っているの。その三五七と十二の数え方を、天孫降臨以降の神様の数が踏襲しているのよ。どちらも合計で十七柱になるのよ。私はこの十七が聖徳太子の十七条の憲法の数霊とにらむのよ。冠位十二階の十二単も同じなのよ。

 

そして天孫降臨以降の日向三代と二人のハツクニシラススメラミコトの五代が別天津神五柱に対応していて、その他の第十四代仲哀天皇までの十二人なのよ。ここまでは既に解明済みで記事にしていたでしょ。分かっていなかったのはその十二と七の関係だったの。

 

その鍵を倭建命と神功皇后が握っていたの。仲介しているのが第十四代仲哀天皇なのよ。その十四を二で割ると七でしょ。それではと第七代天皇を見ると孝霊天皇で、その御子に吉備津彦と百襲媛がいるの。百襲媛は三輪山の神のお妃になり、卑弥呼の影がちらつくのよ。そして吉備津彦と兄弟であり桃太郎の影もちらついているの。そこに三輪山の神様が関わっているのよ。見落としてはいけないのは桃太郎も卑弥呼も天照大御神の影だという事なの。

 

するとどうなるかというと第七代孝霊天皇と百襲媛の関係性は、父と子であり、伊弉諾尊と天照大御神の関係性の影ということになるでしょ。その伊弉諾尊と天照大御神の関係性を映す影が、第十四代仲哀天皇を介した父と子である、倭建命と神功皇后に投影されているの。かなりややこしいけれどもその仕掛けを理解してしまえば簡単明瞭なのよ。第七代孝霊天皇と第十四代仲哀天皇という諡号も何かを物語っているでしょ。

takeru_kasai1

 

倭建命と神功皇后の父子の関係は、神功皇后と仲哀天皇との婚姻により結ばれているの。その仲哀天皇の父が倭建命なのよ。ここに古事記を読み解くための鍵が置かれていたのよ。第七代の天皇と第十四代の天皇にまつわる神代物語で、父子の関係にある神様には、すべて伊弉諾尊と天照大御神の父子の関係性の影がつきまとうのよ。

 

そこまでわかればもうチェックメイトでしょ。伊弉諾尊と天照大御神の父子の関係性は伊弉諾尊と伊弉冉尊の夫婦の関係性の影なのよ。この伊弉諾尊と伊弉冉尊が神代七代の締めくくりの神様なのよ。そして古事記の神様の父子の関係性も夫婦の関係性もすべてイスラエルの神である御父と御子イエスの影なのよ。ヒンズーの神様風に言えばすべてが化身なのよ。

 

しかし三柱の神様は混同しないようにしっかりと見極めておかないと迷宮にはまるのよ。その御子イエスが七五三のお祭りを、二匹の魚と五つのパンで教えていたの。イスラエルの十二にまつわる数霊七なのよ。だからその締めくくりの神様がその影である天神七代の伊弉諾尊と伊弉冉尊なのよ。その締めくくりにより国土が生まれ諸々の神が生まれているでしょ。アルファでありオメガである神様なのよ。阿であり吽である神様の締めくくりと事始めなのよ。

 

それが第七代と第十四代の天皇の条で暗示され、最後に倭建命と神功皇后の御働きにより締め括られ、神功皇后により七五三のお祭りの完成の数霊である第十五代応神天皇がお生まれになり、新しい御代が開かれ、そこから始まっているのよ。

img_5de6c7f7e5a56a66fc8f3767d62ea5e399345

 

御子の影である神功皇后が八幡様である応神天皇をお産みになられたの。その八幡様の七五三のお祭りと、二度の大祓により締め括られ、新しい御代が開けるのよ。

 

古事記では夏越の大祓の神様が伊弉諾尊と伊弉冉尊で、年越しの大祓の神様が倭建命と神功皇后なのよ。その二度の大祓により八幡様の新しい御代が開け、また新たに八千代が開かれようとしているという事なのよ。

 

素戔嗚尊と天照大御神の呪術なのよ。その様だから当然祝福も祟りもそこにあるのよ。怖いと感じた方が無難なの。何も感じられないことの方が恐ろしいでしょ。

 

倭建命が大祓に関係しているとなれば、走水の海に船団が入り込み新しい御代が開けたことも、大祓の預言成就だったと知れるのよ。弟橘姫は八八八の数霊で入水しているからね。本当の隠されている大祓は二度しかないのだけれども、毎年大祓が繰り返されている様に、アダム以来の大祓の繰り返しが人類の歴史なのよ。

 

何も感じない鬼が最後の最後に大祓を受け、神様の革命が成就すると預言されているの。これで古事記の神代完全解明になっているかしら。

 

記事ナンバー100だった。伊弉諾尊の投げた桃の数霊なのかしら。

929b8d9b6626e279b3cdf80079af6cf9阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊が黄泉の国とこの世の坂道の途中で桃の実を三つ投げたでしょ。それが大神実命という神様になったの。

 

D1sQXlxU0AAgT1o

 

桃が三つ投げられた以上は鬼退治も当然三度あるのよ。最初の鬼退治で釣瓶落としにされたのが妖怪釣瓶落としの正体だったでしょ。その難を逃れこの世に来た人に父神から投げられた桃が魔訶般若の波羅蜜多だったの。

 

貴人の娘として生まれた橋姫はこの魔訶般若波羅蜜多を侮り鬼と化したのよ。妖怪釣瓶落としの罠にはまったの。

 

二度目の鬼退治でこの妖怪は千年の間縛っておかれると、魔訶般若の書の一つに書かれているでしょ。巻き添えを食らった鬼も一蓮托生でしょうね。

 

問題はこの桃の正体でしょ。ここまでの記述で鬼退治の桃太郎はメシア、すなわち式神様である大御神とわかるでしょ。

 

伊弉諾尊の投げた桃から生まれた桃太郎は、伊弉諾尊の禊により生まれた大御神なのよ。

 

そしてその桃は大神実命という神様の言霊でもあるの。メシアは父と私とはひとつであると御言葉されていたでしょ。梵我一如の言霊なのよ。

 

私がその言霊を精査すると「あづまはや(我妻よ)私の羊を養いなさい」となるの。

 

あづまはやというのは倭建命が足柄の坂上から身代わりになった弟橘姫の沈んだ走水をはるかに望み、三度嘆かれた御言葉で吾妻と我妻と東(あづま)の倒語(さかしまごと)。私の羊を養いなさいというのは、鶏が鳴く前にメシアを三度知らないと言い、鬼と化したペテロに三度かけられた御言葉だったでしょ。

 

それが神宮の式年の遷御の儀に先立つカケコーという鶏鳴三声の言霊の奥義なの。

 

メシアと父の梵我一如でこの言霊の三声を読み解くと、それが伊弉諾尊の投げた三つの桃の玄義なのよ。倭建命の嘆かれた足柄の坂と黄泉比良坂なの。その坂で生まれたのが大神実命という神様なの。故に、足柄山の金太郎と桃太郎も表裏一体なの。

 

3556_top (2)

 

その父神の魔訶般若波羅蜜多に逆らい悟ろうとしないから鬼と化すのよ。いにしえの陰陽師たちから見たらこの世が百鬼夜行だったのもむべなるかなでしょ。

 

二度目の鬼退治で妖怪と鬼が千年の間縛られている最中に、あづま(吾妻)とされた羊飼いたちの婚宴があり、そこで二個目の桃を賜るの。

 

その後に三度目の正直の鬼退治があり、高天原から黄泉へ釣瓶落としにされた妖怪と鬼たちの岩戸が閉ざされ封印されるのよ。二度と開かないでしょうね。仏の顔も三度までよ。

 

その後に三個目の桃が下賜されるの。そこが八千代の桃源郷なのよ。

 

天照大御神をお産みになった伊弉諾尊にお詫びするのであれば今世中でなければならないでしょ。

 

それが父神の放った桃の一つである聖書の中のメシアの御言葉であり、天照大御神の倒語(さかしまごと)なの。羊は羊飼いの声を聴き分けるの。

 

3559_top (2)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もうね、怖いことばかり頭に浮かんでくるのよ。玄倉川の水難事故には慣れたからその期間に1999年のノストラダムスの預言が的中していても、もう驚かないのよ。その預言に出てくる天から地に堕とされし驚愕の大王の正体が妖怪釣瓶落としでも驚かないのよ。

 

そのような国柄だから何があってもおかしくないの。天のグランドクロスの型が平成の時代に地に映されていてももう慣れたの。そのように慣れてしまうと次を知らされるのよ。

 

ここからは令和の時代に突入するの。大祓の縦木とお彼岸の横木の十字架に藁人形が貼り付けにされても、それはやがて驚愕の大王が釣瓶落としにされる時代の幕開けだから、藁人形をつかまされることだけ避けていれば問題無いのよ。

 

それでも藁人形の足にくぎが打ち込まれたのは令和二年の今年でしょ。それで私が見る限りはグランドクロスの完成なの。

 

そうしたらね、今年の夏越の大祓の時期にまたとんでもないことが起こっていたのよ。夏越の大祓は六月で十字架の足だからね。


7375-300x225

 

何が起こっているのかというと神奈川県横須賀と横浜での異臭騒ぎなのよ。

1回目 64

2回目 717(43日ぶり)

3回目 821(35日ぶり)

4回目 919(26日ぶり)

5回目 101(12日ぶり)

6回目 103(2日ぶり)

images

 

ツイッター上とかでも地震の前兆として騒がれ、あの環境大臣さんも地元だし黙って見ておれない騒ぎになっているのよ。

 

専門家に言わせると地震の「宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)」(大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるもの)とする説があったりするのだけれども定説になっておらず、今のところ原因不明なのよ。

 

しかし多くの人が地震が来ると怖れているの。大地震が来てしまったら目も当てられないのだけれども、それも定かではないのよ。しかしね、怖いのはこの時期の横須賀というところにあるの。

 

この横須賀の海から黒船が侵入し、その黒船の国から原爆堕とされているからね。その黒船の海が横須賀の海なの。

 

yEJ1zMTe

 

この海は古事記の走水の海だったでしょ。弟橘姫が身代わりの入水をした海で数秘術八百八十八の海なのよ。倭建命の東征のルート上の眼目の地なの。そして倭建命の東征は命の木への道行きとその入り口、そしてお釈迦様のことまで暗示されている古事記中でも焦眉の預言が含まれていたでしょ。

 

ダウンロード

 

 

令和って何が起きるのかわからない不気味な時代でしょ。

 

もう起きてしまったことは時間がたてば慣れるけれども、これから起こることはその覚悟が出来ていたとしても、何が起こるかわからないと不気味でしょ。もう防災グッズ必帯の時代よ。

 

横須賀って古事記の数秘術上は888なの。弟橘姫の身代わりの入水は八重の畳を三種用意してその上に座ったの。式神様の身代わりの十字架のお祓いを示す数の土地なのよ。

 

あの激動の時代に獣が上がってきた土地なの。地元の人は誰も知らないけれど。

 ペリー祭とかいって有難がっている土地柄だからね。私の居住地。もう嫌。阿吽


special07


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ