天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:伊弉諾尊

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊はこの世とあの世の境の黄泉比良坂で黄泉からの追っ手の鬼に対して三つの桃を投げ追い払ったの。そして千曳の岩戸で閉ざしたのよ。

 

そうしたら腐乱死体の伊弉冉尊が毎日千人縊り殺してやると言ったの。それを受けて伊弉諾尊は毎日千五百人の子供が生まれるようにすると言ったの。その後に菊理姫が現れたりするのだけれども、このシーンも倒語(さかしまごと)満載でそれは奥の深い真名井の井戸なのよ。

 

そのすべてが七五三のお祭りにつながるのよ。七五三のお祭りのシンプルな解釈はこの記事に書いておいたの。

 

 

シンプルに理解したらその次のステージに移行なの。伊弉冉尊の千人と伊弉諾尊の千五百人は十と十五に還元されるのよ。それは十字架と七五三の十五の暗示なの。

 

伊弉冉尊の黄泉での死は十字架の暗示なの。それを定めたのが七五三のお祭りを定めた伊弉諾尊なのよ。そして岩戸が閉ざされた後に登場する菊理姫は伊弉冉尊の復活の暗示なのよ。

 

七五三の端午の節句の中心人物は桃太郎さんで、それは実は天照大御神でしかもメシアだったでしょ。メシアの復活による贖いが物語の核心でなければならないのよ。それがメシアの勝利だったでしょ。それが鬼の征伐の勝利なのよ。

 

そして鬼の征伐は三個の桃で都合三度あると暗示されているでしょ。一度目で悪霊が征伐され、二度目で悪霊にそそのかされる鬼が征伐され、三度目で親玉と悪霊と鬼がまとめて征伐されるのよ。

 

その三度の征伐で桃太郎さんから黍団子を賜り征伐に付き随った家来が、父神である伊弉諾尊から三つの桃を賜り、三千世界の桃源郷に遊ぶの。

 

一つ目の桃で許嫁とされ、二つ目の桃で婚約者とされ、三つ目の桃で神前結婚式となるの。それで万歳三唱の千代に八千代にめでたしめでたしのお正月となるのよ。

 

DSC_0231 - コピー (2)

  しかしスピリチュアルの世界で観光客として遊んでいるとその式場へのかけ橋を渡り損ねるのよ。式年に至っても式神様に通していただけないのよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

この国が魔訶般若の仏国土であると飲み込めたかしら。だからメシアの御言葉の二匹の魚と五つのパン、あまったパンくずの十二かごでお祭りがおこなわれているの。それを古事記では二柱の一人神と五柱の夫婦神で神代七代の十二柱としているの。

 

7375-300x225


 十二月と六月が重要な大祓で二匹の魚、二柱の一人神なのよ。それはイスラエルの二支族であるユダ族に対応しているでしょ。このユダ族にメシアが降誕されたでしょ。

 

残りの十か月が十支族で、対角上で夫婦神となっているのよ。それが五つのパンなの。その夫婦神の七代目が伊弉諾尊と伊弉冉尊なの。それはクロスの横木の三月と九月以外にはあり得ないでしょ。お彼岸であり桃の節句であり重陽の節句の陰陽なのよ。そしてクロスは心御柱で天照大御神の柱でしょ。伊弉諾尊の禊で生まれたのが大御神だからそうなるのよ。

 

残りの月の夫婦神の陰陽を一つずつ見ていけば大御神の神道の全貌、その根幹は理解できてしまうのよ。

七日 (3)

 

それは古事記と聖書の根幹でもあるわよ。根幹が理解できれば枝葉はいやでも茂るでしょ。

 

そのようなお祭りで成り立っているのだから、魔訶般若の仏国土以外の何物でもないの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

羊は羊飼いの声を聴きわけるという御言葉は聖論なのよ。聖論とは私の造語。この聖論によりすべてが成り立っているから羊の対角にいる艮の夜叉は羊飼いの声を聞き分けないの。だから鬼なの。

 

186

 

この能面が全てを物語っているでしょ。夜叉と般若の表裏一体は藁人形と式神様の表裏一体であり、仏国土と鬼ヶ島の表裏一体なのよ。

 

この国は羊たちが創ったの。だからこの国の伝統の中に般若が息づいているのよ。それが日本という国の特異性なの。そしてそこは陰陽師の昔から夜叉の国でもあったのよ。陰陽師が波羅蜜多により鬼を見分けた上で朝廷や国を守護してきたのよ。

 

しかしその陰陽師の時代も過ぎ去り今では夜叉の野放しの時代になっているの。大蛇に憑依された龍神様なのよ。

 

しかし大御神のお祀りは最後まで羊の手にあるから、すべての羊が聞き分けたが最後、大蛇退治が始まるでしょうね。そして神剣と暗示されている羊たちが大御神に献上されるの。

 

既にこの世を終えその時を待っている羊のことも聖書に書かれているでしょ。

 

夜叉にはそれなりの因果があるから御言葉は聞き分けないわよ。羊にも夜叉にも因果があり、伊弉諾尊により縁起が結ばれているから悪あがきしても無駄なの。

 

そのようなことはすべて聖書に書かれているでしょ。

 

そして聞き分けた羊に、聖書に書かれていないことが巻物で知らされるの。取って食べてしまえと知らされるの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

999のグランドクロスから二十年後なのよねCOVID-19って。二十年と言ったら神宮の式年でしょ。それが御柱歴2019年で17年には八幡様、18年には高千穂町、19年には中国の武漢市でしょ。そして2019年は斎主歴の令和元年だったの。すべて四神相応のグランドクロス上で示されるのよ。

 

grandcross (1) 

 

 999のグランドクラスについて知らない人は「ノストラダムスの預言の本当の意味」でネット検索してね。

 四神相応のグランドクロスはこの形に置き換えられるの。

 

7375-300x225

 

この年月日時のクロスに1999年以降311911のくぎが打ち込まれたのよ。それは桃の節句と重陽の節句の横木だったの。このクロスの縦木の頂上には「ナザレのイエス ユダヤの王」という銘板が打ち込まれているの。以上のことを加味して推理すると、COVID-19が縦木の足に打ち込まれた釘と推測できるでしょ。

 

それが人為であっても神慮であっても同じことなの。この御柱に磔にされたのが式神さまで藁人形と表裏一体なのよ。この暦のクロスは年月日時を網羅しているでしょ。そこには二匹の魚と五つのパンで余ったパンくずの十二かごと、二柱の一人神と五柱の夫婦神の十二柱の神代七代まで網羅されているでしょ。わかるかしら。

 

この暦上で毎年毎月神道のお祭りがおこなわれているのよ。

 

そしてそのクロス上に初めて四神があらわされたのがノアの洪水の時だったの。ノアと三人の息子のセム、ヤペテ、ハムがその始まりなの。その次は主なる神とアブラハム、イサク、ヤコブなの。そしてそのヤコブの四人の嫁が四神相応となった時にイスラエルの十二人の子が生まれたのよ。だからクロス上の四神と十二という数は切り離せないの。見逃せないのはこの時の四神の結節点で中心がヤコブすなわちイスラエルだということ。

 

ヤコブのエジプト逃避の時はヤコブとヨセフ、ユダ、ベニヤミンがその四神だったの。モーセの出エジプトではYHWHとモーセとアロンとヨシュアが四神だったの。カナンの地においてはYHWHとサウルとダビデとソロモンが四神だったの。

 

すべてイスラエルの十二支族が付き従ったでしょ。そしてソロモン以降に二匹の魚と五つのパンが切り離され、二支族と十支族が分裂したの。そして五つのパンである十支族が神隠しにあい、残された二支族にメシアが降臨したでしょ。

 

その十支族から出た預言者が十大弟子を率いた仏陀だったのよ。その後メシアがグランドクロス上で贖いの業を行われたの。付き随ったのが十二弟子で四神はナザレのイエスユダヤの王と手足となったペテロとヨハネとヤコブだったのよ。

 

それらすべてが八咫鏡に秘められ神道のお祀りとなったの。これがお釈迦様の魔訶般若波羅蜜多を土台とした神道の般若波羅蜜多なのよ。お釈迦様の悟りの土台になったのがイスラエルの命の木のカバラだったの。

 

その命の木のカバラはノアのグランドクロスの時にセムの天幕に広まっていたのよ。だから命の木のセフィロトとパスはアブラハムから数えた十代目の預言者ノアとそれからヨベル書で十二代後のイサクの二十二という数からなっているのよ。

image

 

アブラハムの十がクロスの型示しなのよ。モーセの十戒の十も同じよ。十種神宝の十なの。このクロスは十二という数と切り離せないでしょ。公転と自転と月の公転で年神様と日の神様と月の神様なの。素戔嗚尊と天照大御神と月読命なの。イスラエルの十二と切っても切れないの。

 

だからこのクロスに藁人形が打ち付けられても、伊弉諾尊が投げた桃から生まれた式神様に黍団子を一つもらって鬼の征伐についていけば、怖れるに足らずとなるの。

桃はあと二つ投げられるでしょ。

 神道は魔訶般若の八咫鏡に映さないと読めないのよ。

 そして読めなければ鬼として征伐されるの。日本の神様侮ったらだめよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

遂に役者がそろってしまったわよ。もうね、頭の中がその様にリセットされているから九月九日の次は十月十日でしょと身構えていたの。十月に入って上から大ネタを落とされていたのはその前振りにしか過ぎなかったの。意識していた十月十日に伊弉諾尊の大桃が落ちて来てしまったの。

 

2614633i

 

落ちて来たのは真名井の鶴亀でもあり大神実命の巨大桃でもあるのよ。

 

三月三日の七段飾りと七月七日の織姫と彦星はすでに控えていたでしょ。五月五日の桃太郎さんの鬼退治も当然視野に入っていたのだけれども、金太郎さんが盲点になっていたの。

 

3556_top (2)

 

ところが桃太郎さんと金太郎さんも八咫鏡の表裏一体だったのよ。この五月五日が七五三の中心なの。すべての中心なの。

 

3a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

龍神様の鯉のぼりと包丁式の両脇に控えていたのが、桃太郎さんと金太郎さんだったのよ。


3559_top (2)
 

これで役者がそろってしまったの。伊弉諾尊の黄泉比良坂の舞台の役者がすべてそろってしまったのよ。

 

お釈迦様を通して伊弉諾尊から投げられた桃が魔訶般若の八正道だったでしょ。それでもお釈迦様の八正道は弥勒菩薩の八正道の前振りにしか過ぎなかったのよ。

 

神道の八正道はお釈迦様の八正道より奥深い真名井に隠されていたのよ。その両方を合わせた物が伊弉諾尊の投げた巨大桃だったの。

 

お釈迦様は弥勒菩薩の降臨を預言し、そのことは御存知だったはずでしょ。弥勒菩薩として来られたメシアも当然御存知だったわよ。

 

お釈迦様の投げた桃を七つのパンで四千人が満腹として示され、ご自分が投げる桃を二匹の魚と五つのパンで五千人が満腹し、残りのパン屑は十二かごと示されていたでしょ。神様の暦の四千年目に仏陀、五千年目にメシアの桃が投げられたの。

 

その仏陀とメシアが投げた桃で神道が出来上がってしまったのよ。神代七代は二柱の一人神と五柱の夫婦神で七代だったでしょ。そこに七つのパンも、二匹の魚と五つのパンも、十二かごも見えるでしょ。

 

造化三神、その後に二柱が加わり別天津神五柱となり、その後が神代七代なのよ。初めから三五七なの。この三五七の舞台が弥勒菩薩の八正道の舞台で、当然のことながら仏陀の八正道が土台になっているのよ。基礎クラスと実践クラスの関係なの。

 

仕掛けたのはどちらも桃を投げた伊弉諾尊なの。その仕掛けの桃がこのブログ内に落ちて来ているの。

 

拾いに来るのは多分その人がメシアの羊だからなの。神道だからね。宗教じゃないわよ。

 

D1sQXlxU0AAgT1o
 阿吽


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊が黄泉の国とこの世の坂道の途中で桃の実を三つ投げたでしょ。それが大神実命という神様になったの。

 

D1sQXlxU0AAgT1o

 

桃が三つ投げられた以上は鬼退治も当然三度あるのよ。最初の鬼退治で釣瓶落としにされたのが妖怪釣瓶落としの正体だったでしょ。その難を逃れこの世に来た人に父神から投げられた桃が魔訶般若の波羅蜜多だったの。

 

貴人の娘として生まれた橋姫はこの魔訶般若波羅蜜多を侮り鬼と化したのよ。妖怪釣瓶落としの罠にはまったの。

 

二度目の鬼退治でこの妖怪は千年の間縛っておかれると、魔訶般若の書の一つに書かれているでしょ。巻き添えを食らった鬼も一蓮托生でしょうね。

 

問題はこの桃の正体でしょ。ここまでの記述で鬼退治の桃太郎はメシア、すなわち式神様である大御神とわかるでしょ。

 

伊弉諾尊の投げた桃から生まれた桃太郎は、伊弉諾尊の禊により生まれた大御神なのよ。

 

そしてその桃は大神実命という神様の言霊でもあるの。メシアは父と私とはひとつであると御言葉されていたでしょ。梵我一如の言霊なのよ。

 

私がその言霊を精査すると「あづまはや(我妻よ)私の羊を養いなさい」となるの。

 

あづまはやというのは倭建命が足柄の坂上から身代わりになった弟橘姫の沈んだ走水をはるかに望み、三度嘆かれた御言葉で吾妻と我妻と東(あづま)の倒語(さかしまごと)。私の羊を養いなさいというのは、鶏が鳴く前にメシアを三度知らないと言い、鬼と化したペテロに三度かけられた御言葉だったでしょ。

 

それが神宮の式年の遷御の儀に先立つカケコーという鶏鳴三声の言霊の奥義なの。

 

メシアと父の梵我一如でこの言霊の三声を読み解くと、それが伊弉諾尊の投げた三つの桃の玄義なのよ。倭建命の嘆かれた足柄の坂と黄泉比良坂なの。その坂で生まれたのが大神実命という神様なの。故に、足柄山の金太郎と桃太郎も表裏一体なの。

 

3556_top (2)

 

その父神の魔訶般若波羅蜜多に逆らい悟ろうとしないから鬼と化すのよ。いにしえの陰陽師たちから見たらこの世が百鬼夜行だったのもむべなるかなでしょ。

 

二度目の鬼退治で妖怪と鬼が千年の間縛られている最中に、あづま(吾妻)とされた羊飼いたちの婚宴があり、そこで二個目の桃を賜るの。

 

その後に三度目の正直の鬼退治があり、高天原から黄泉へ釣瓶落としにされた妖怪と鬼たちの岩戸が閉ざされ封印されるのよ。二度と開かないでしょうね。仏の顔も三度までよ。

 

その後に三個目の桃が下賜されるの。そこが八千代の桃源郷なのよ。

 

天照大御神をお産みになった伊弉諾尊にお詫びするのであれば今世中でなければならないでしょ。

 

それが父神の放った桃の一つである聖書の中のメシアの御言葉であり、天照大御神の倒語(さかしまごと)なの。羊は羊飼いの声を聴き分けるの。

 

3559_top (2)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

大祓詞に「天津金木を本打切り末打断ちて。千座の置座に置足はして」とあるのよ。夏越の大祓と年越しの大祓の時にのられる祝詞なの。

 

この祝詞の天津金木という言葉が天津金木学などという裏神道の神道霊学として学ばれているという事実があるの。天津菅曾学などというものもあるの。いずれも神道の大人とされる人により大成された学問なの。

 

天津金木学綱要
水谷清
八幡書店
1999-09-21    



天津菅曾学綱要/天津祝詞学綱要
水谷清
八幡書店
1999-09-21


 学ぼうと思うと高額本によらないといけないのよ。何やら七めんどくさくて、難しいことが書いてあるらしいの。買わなくていいわよ。誰も買わないわね。

 

天津金木セットなどという積み木崩しのおもちゃみたいなものまで発売されていて、いずれも高額なの。霊気を立ち上がらせる幻の古神道フトマニの秘器などと宣伝されているのよ。このセットはさすがにアマゾンでは売りに出されていないのだけれども、歴とした名のある書店さんが発売していたりするのよ。

 

私ね、このセットはさすがに霊感商法に抵触していると思えるのよ。少し霊的感性が研ぎ澄まされている人がフトマニなどと真に受けて取り扱うと唆す蛇の思う壺にはまりかねないと思えるのよ。

忘れていたけれどもそういえば本物の霊感商法にひっかけられそうになったこともあったわ。あの時の美人の先生のハニートラップまがいの霊能者感もしっかり脳裏にきざみ込まれていたわね。思い出すと結構出てくるのよ。

 

神道霊学の大人などと言われる人たちも霊感が強く予言を的中させたりしているの。そのような霊学者が触発された事態が黒船来航だったのよ。それ以前にも国学者などと言われる人が神道の観念や祝詞の注釈などに心血を注ぎ神道を支えて来ていたの。

 

しかしね、黒船来航、大政奉還という事態に立ち至り完全に風向きが変わったのよ。神道霊学などというものが立ち上げられ、それに呼応するように神示というものが降ろされるようになったのよ。そしてその流れから教派神道などというものが生まれてくるの。神示なくして教派神道なしなのよ。

 

そのようなことが明治、大正、昭和の激動の時代の流れの中で神道に起こったことなのよ。その流れは神道の霊脈の流れとして現代でも肯定的に受け入れられているのよ。私もその流れを知り、神示にどっぷりはまっていたことがあったの。



 

確かにあの時代に予言者がいたことは事実なのよ。あの時代に今のインターネット社会が予言されていたのは事実なの。でもね予言者と預言者の違いもあるし、メシアは偽預言者に注意を促しているし、そこに落とし穴があるのよ。予言者と預言者と、偽預言者ははっきりと識別されなければならないの。そうでなければ注意できないでしょ。

 私ね、その神示により立ち上げられた教団が弾圧を受け、政府に接収された後の、神殿みたいな建物で幼少期を過ごしているのよ。関東財務局が管理し民間にアパートして賃貸していたの。

 

二階の一番奥のどでかい扉で施錠されていた祭壇の直近の部屋に住み、その祭壇を遊び場としていたの。今考えるとよくあんな所に住んでいたものだと思えるのだけれども、それが両親の選択だったのよ。

 

だから神示に関心を持つようになれば神様とご縁ありと必然的に思うでしょ。しかし今では私が一時ははまっていたカルト教と同じく、神示や神道霊学などというものも私の中では完全なブラックで、スリーストライクのアウトなのよ。

 

黒船来航から原爆投下という時代の中で、日本人の脇の甘さを突き、その間隙にそそのかす蛇が仕掛けた罠だったのよ。そのような置き土産と共に、死んだと思われていた獣が海から上がって来ていたの。

 

あらら、書いていて今気が付いたのだけれども、よく考えてみれば獣が海から上がってきて、大きくやり方を変えさせられ、後にもう一匹の死んだはずの獣が上がってきてまたやり直しさせられるまでが、この国の激動の時代だったじゃない。

 

改めてこの記事きっちり書き上げなければいけない気にさせられた。

死んだはずだった獣のことははっきり書くと記事削除されるのよ。ホロコーストはなかったなどという記事を掲載した雑誌が廃刊に追い込まれたことに比べればかわいいものだけれども、この獣の影響力は世界中におよんでいて侮れないわよ。










 

大祓詞抜粋


天つ宮事以ちて 天つ金木を本打ち切り 末打ち断ちて
あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきり すえうちたちて


千座の置座
に置き足らはして 天つ菅麻を本刈り断ち 末刈り切りて
ちくらのおきくらにおきたらはして あまつすがそをもとかりたち すえかりきりて

八針に取り裂きて
 天つ祝詞の太祝詞事を宣れ
やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとごとをのれ


 この祝詞の中にある天津金木とはね天の金克木なのよ。千座の置戸に
置き足らはしてとは千引の岩戸で閉ざされ黄泉に幽閉されるということ。その言わんとしている事は。

 

マタイによる福音書 3

7ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

 

 8悔い改めにふさわしい実を結べ。

 

 9『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。

 10斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。 

 

11わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。 

 

12そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」

 

洗礼者ヨハネの言葉なの。

 

良い実を結ばない木は、天の金克木の斧で切り倒されるのよ。八針に取り裂きてとは素戔嗚尊の八岐大蛇退治のイメージでしょ。天つ菅麻とは菅や麻で、麦や篩い分ける箕のことなのよ。

 

切り倒され篩にかけられ、殻は黄泉の消えない炉で焼却されるの。霊学などというものが入り込む余地はないと思えるのよね。神道の陰陽道はすべてカバラなの。カバラは神様からの賜物で、そこに学問などの入り込む隙間はないのよ。

 

神道の禊は伊弉諾尊の禊なのよ。洗礼者ヨハネの水による洗礼なのよ。それはノアの家族の洪水による洗礼にまでさかのぼるの。ノアと三人の息子の家族が洪水という洗礼によるやり直しの初めだったでしょ。だから伊弉諾尊の禊の最後に三貴子が生まれているのよ。

 

日本人の脇があまいから理解されていないの。だから蛇に付け込まれるのよ。

 

神示を降ろした神に丑寅金神という神がいるの。この神により開教させられた教団は分裂しているの。けれどもそのうちのある教団によると、この丑寅金神がどのような神様か見分ける人は現れなかったとされているのよ。私なんかその丑寅金神の打ち捨てられた祭壇を遊び場にしていたのよ。

 

霊学者や予言者が現れ霊的事象が勃発し、大騒動を起こしていたのに、肝心の神示を降ろした神様がどのような神様か知られていないという落ちなのよ。それが肯定的に受け入れられているのだから何をかいわんやでしょ。しかしそのスタイルが日本人の真骨頂でもあるでしょ。

 

天照大御神のことを知った気でいてまるで知らないのに、それでいいのが日本人なのだから。

 

続編では神示と偽預言者にもっと深く切り込みを入れるわよ。

 

ヨハネの言葉の、その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになるという言葉があるでしょ。ソドムとゴモラがそうだったし、広島と長崎もそうだったのよ。竜と獣と偽預言者が大活躍した激動の時代だったのよ。この記事書いていてあらためてはっきり知らされてしまったわ。やはり火と水で神なのよ。

 

阿吽


37_shiratsuyuni



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

聖書に書かれている右と左ってあるでしょ。漠然としか理解されていないけれどもきっちりと理解するとどういうことになるかというお話。

 

インド人にとって左の手は不浄とされているでしょ。メシアは施しをする時は右の手のしている事を左の手に知らせるなと御言葉しているの。右の目が罪を犯すのであれば抉り出して捨ててしまいなさいとも。

 

ヨハネの黙示録では最後の審判において山羊は左に、羊は右に分けられるとされているでしょ。獣の刻印である六百六十六印は右の手か額に刻印されるの。そのように右と左ははっきりと区別されているわよ。

 

そこを分別して次のステージに上がるの。古事記がその分別を助けているわよ。伊弉諾尊の禊の時に生まれた三貴子がそのことを物語っているでしょ。左の目から大御神が生まれ右の目から月読命が生まれているの。ここには一筋の縄では解けない倒語(さかしまごと)の仕掛けがあるのよ。

 

私は理解するのに数年は要したわ。この記事ではその結論を書いてしまおうと思うの。

 

鼻から生まれた素戔嗚尊が中心で主神なのよ。その右と左なの。ところが陰陽道の呪術により右と左が反転させられているのよ。そこに置かれているのが八咫鏡なのよ。大御神の神道はすべてこの鏡を通して示されるのがお約束なの。八咫鏡を理解しないと迷宮入りするのよ。

 

この鏡は大御神の岩戸開きに際して調製され根付きの真榊の中の枝に掛けられたでしょ。その意味するところは人体のマニプーラのチャクラで、命の木のティファレトのセフィロトだったでしょ。ここが八宝珠の中心だったでしょ。わからない人は前記事の命の木について書いた記事を熟読してね。

 

その場所に鏡がかけられているのよ。それはイスラエルのカバラがメシアの復活以降弟子たちに明かされたことを意味しているのよ。

 

注意しなければいけないのは鏡というものの性質が左右の反転なのではなく、前後の透過だということなの。前後が透過しているから左右が逆転しているように見えるの。鏡に映した右手は鏡像の左手として映るのだけれども、右手はどこまで行っても右手なのよ。その鏡が真榊である命の木に掛けられ明かされているの

 

inotinoki.sankaku

 

そこで明かされているのは均衡の柱と慈悲の柱と峻厳の柱の並びなのよ。命の木は鏡像であり神様の玉座の前面の後面透過ということなのよ。

 

そう理解してよく見ると慈悲の柱は玉座の右に位置している事が分かるでしょ。慈悲の神のメシアは勝利を得て神の右に坐しているのよ。それが左目のように見える大御神の真の玉座の位置なの。

 

その主神と大御神の着座が京雛の左上右下なの。今でもそのしきたりにおいて京雛は飾られるの。関東雛の飾りにおいて逆転している事にはかなり大きな神秘が秘匿されているわよ。

 

この雛飾りは命の木を映していてそこには素戔嗚尊と大御神の誓約の物語が凝縮されていたでしょ。そのように見た時に気が付かなければいけないのは、京雛の雛飾りは玉座を正面から拝している形ということなの。女雛のメシアが右に坐している姿なの。


hinamatsuri-7

 四段目の随身である右大臣と左大臣は右の柱であるメシアと左の柱の聖霊の並びなのよ。慈悲の柱と峻厳の柱の並びなの。左が優位だから左大臣が老人で右が若者と説明されるの。 

 

けれどもアブラハムとイサクとその親子二人の僕の誓約と聖書が暗示していることを考えれば右大臣の若者が御子で若頭なのよ。左大臣が僕として働く聖霊様であり、共にお働きになられた仏陀釈迦牟尼とみても間違いではないと思うの。

 

問題は五段目なの。そこには右近橘と左近の桜とその間に三人の仕丁がいるのだけれども、この右近橘と左近の桜が、神様が園の中央に生えさせられた二本の木で、命の木と善悪を知る木なのよ。その間にお仕えする人間たちがいるの。

 

この二本の木は命の木が橘で弟橘姫と岩長姫、善悪を知る木が桜で木花開耶姫(このはなさくやひめ)と古事記では暗示されているのよ。天孫瓊瓊杵尊が天下った先で岩長姫を送り返し木花開耶姫(このはなさくやひめ)とだけ結婚したと古事記は語るのだけれども、そこにはとんでもないことが預言されているわよ。古事記には木花散る姫などという神様も登場しているの。その件はまた今度。

 

ここでの問題は右近の橘と左近の桜なのよ。御父と御子の左右の他にもう一つの左右の解釈があるの。この解釈の違いを識別しないから聖書の右も左もわからないのよ。この二つの左右の違いと関連を悟らなければならないの。

 

一言で言えば御父と御子の左右により、命の木の左右をどのように悟るか誓約で占われているということなの。その帰結により右と左に分けられるのよ。

 

善悪を知る木から取って食べて悔い改め、命の木に食い改めることができるかどうか試されているということなの。左の山羊として悔い改め、右の羊の列に加えていただかないととんでもないことになるとヨハネが黙示していたのよ。

 

右のメシアは慈悲の神様だから逆らっても許されるの。だから全員復活させられるの。しかし左の聖霊様に逆らったらこの世においてもあの世においても許されることはないというのがメシアの御言葉なの。

 

メシアを信じた時に送られてくる助け手はこの神様よ。宝船の、虹の七福神様なの。逆らった日には七殺の祟りの丑寅の金神と化すのよ。雷様でもあるわよ。ゴロゴロ鳴っているうちに悔い改めておかないと直撃を受けるの。だからカバラのくわばらくわばらなの。

 

そのような御父と御子の左上右下が大正時代に諸外国の右側優位にならい改められて、男雛が向かって左、女雛の右に飾られるようになったの。

 

dolls-decoration-02

 

時代の中でカバラの八咫鏡の左上右下が大きく動きだしてしまっているのよ。それが今の時代なの。長くなるから続きはまたの記事で。

 

重陽の節句の後の雛ね。大人の雛祭りとも呼ばれるらしいわよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

昨日の記事途中で挫折した意味が今朝判ったの。結論がはっきりしていなかったからなの。雷神様に知らされたわ。その結論から言うとね、九月九日の重陽の節句は天照大御神の復活のお祭りになっているのよ。

 

いくわよ。今日はもう大丈夫だわ。

 

伊弉冉尊が黄泉で腐乱ゾンビを演じているのは大御神の御言葉に従い狭き門から入らなかった人たちの行く末の暗示なのよ。

 

火加具土命とという火の神様が伊弉冉尊のみほとを焼いたということは、お社の鳥居に火をかけ神様に逆らうということの暗喩になっているの。だから伊弉諾尊に首を切り落とされているのよ。通りゃんせの狭き門から入らず、神様に逆らい結界を超えるということなのよ。

 

そうするとどうなるかということを伊弉冉尊が黄泉の国で演じていたの。それは素戔嗚尊と天照大御神の誓約の後に、逆らう者のその行く末を素戔嗚尊ご自身が演じている事と同じ示し方なのよ。

 

御父と御子との契約に逆らうとどういうことになるかということを、御父と御子の暗喩である伊弉諾尊と伊弉冉尊、須佐之男命と天照大御神の物語で暗示しているのよ。食べさせられた巻物がお腹に入って苦くなってしまった人たち同志の倒語(さかしまごと)なのよ。

 

逆らった人たちが黄泉に幽閉され岩戸が閉ざされた後に、黄泉比良坂で伊弉諾尊の前に菊理姫(くくりひめ)が現れ何事かを語ったということは、黄泉に降った伊弉冉尊が菊理姫(くくりひめ)として復活したことの暗示なのよ。

 

九九の理なの。白山比咩の神と同一神なの。九九に一を足すと百でしょ。それは白に一を足すと百になり、それがももで、桃なのよ。黄泉比良坂で伊弉諾尊が投げた三つの桃なのよ。それが桃太郎の物語の由来なの。

 

日本一の幟旗の一は九九の理に一を足すその一なの。九九の理とは一を足すということなのよ。九に一を足せば十で、ここのたりでメシアの十字架の完成と復活を暗示しているのよ。十種の神宝の深層なのよ。

 

九九九に一を足すと千の花びらが開き千代に至るという神一厘の仕組みなのよ。神一厘の仕組みはあの神示が示しているのだけれども、あの神示を降ろしているのは唆す蛇よ。それは煩瑣になるから別記事で。

 

とにかく白山信仰と重陽の節句は神示に関わらず、太古から神様の一厘の仕組みとして深層で連携しているということなの。

 

その証拠は重陽の節句にいただく菊水と菊花酒なのよ。水とお酒なの。菊水酒造という会社があるけれどもこの会社の人はお酒を醸造していても菊水と菊花酒の関係は知らないのではないのかしら。

 

それはメシアのワインと水なの。皇大神宮でも清水とお米を醸しお神酒として大御神にお供えしているでしょ。

 

メシアの復活の象徴なのよ。命の水であるこの世で賜わった命を醸し、永遠の命のお神酒としてご神前にお供えするというお祭りなのよ。

 

故に菊水とは天真名井から汲む命の清水なのよ。だからメシアは水を飲ませてくださいと御言葉していたの。それが重陽の節句の深層なの。

 

昨日雷様に教わったの。おへそ取られないようにしないとだめよ。

 

今日は九十(ここのたり)の日よ。


seasonal-events-manners-09_20180221-1024x683


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ