天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:パリサイ人

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

私ね2011年の311日当時あるブログに張り付いていたの。そうしたらね、そのブログ主さんがその日起こった大地震について、この地震おかしくないですかと記事にしていたのよ。

 

私は、何それ、いくら何でも普通の地震でしょと初めは感じていたの。しかしそのブログのコメント欄は私のブログのコメント欄と違ってかなり盛況だったの。私のところなんか完全に閑古鳥だからね。それはまあいいのだけれども。

 

そのコメント欄に気象庁のホームページに怪しいデータが表示されているとコメントしている人がいたのよ。それですぐに気象庁のホームページに飛んで確認したのよ。そうしたら311日の地震発生のデータに東京湾の同じ地点で3回も地震が発生している事が表示されていたの。緯度経度迄寸分違わないのよ。

 

そのようなことは自然に発生する地震ではあり得ないことらしいの。それで私も、やっぱり普通の地震ではないのねと確信せざるを得なかったの。そうしているうちに一週間ほどしたらそのデータが気象庁のホームページから消えていたのよ。

 

あの地震が起こった時に一番初めに気象庁の担当の人が、この地震は普通の地震ではないと発言していたことも結構騒がれていたのね。そうしたらその担当の人はその一番最初の一回限りで全く登場しなくなってしまっていたのよ。

 

専門家が地震波を見れば自然に起きる地震か人工的に起こされたものか一目瞭然らしいのよ。地下核実験などではその地震波を自然の地震に見せかけるために複数回の爆発を起こして自然波に見せかけようとすることなど常識だというのよ。

 

結果として判ったことはあの東京湾の緯度経度が示す場所は東京湾岸道路の海ほたるPAの場所だったの。あの地震のあった日の午後のことはよく覚えていて、東京湾上空に真っ黒な雲が垂れ込め、いやに冷たい突風が吹いていたことも覚えているの。

 

その東京湾岸道路の建設にあのベクテルといういわくつきの世界最大のゼネコンが関与していたのよ。あららと思うでしょ。怪しいのはそれだけではなく、あの地震のあった次の日あたりだったかしら、静岡県を震源としてかなり大きな地震があったのよ。その地震のことはなぜか全く報道されていないでしょ。まるでなかったかのような扱いなのよ。

 

そうしているうちに福島の原発事故による電力不足で計画停電ということになったのだけれども、あの当時東京電力のホームページで確認したら、電力は余っているので何基もの原発が休止しているとはっきりと書かれていたの。

 

私は周りの人にこの地震は人工地震だと話していたのだけれども、誰も取り合わなかったの。そのうちの一人に東京電力のホームぺージを印刷して見せたら、なんじゃこりゃとびっくりしていたのも覚えているのよ。

 

その次に入ってきた情報によるとね、日本の原発のすべての保守管理はイスラエルの会社が一手に引き受けているらしいのよ。ネット上で調べれば会社名迄知られているからまず間違いがないの。ネット上で流布している情報によれば日本の原発はアメリカのあの諜報機関が関与しているとか、その先は陰謀論に入って行ってしまうのよ。

 

気象庁と東京電力のホームページで見てしまったから、疑わしいことに間違いはないのだけれども真相は藪の中なのよ。でもその疑惑に関わっている会社がアメリカとイスラエルの会社でそこに原発が絡むとなれば、エネルギー産業を牛耳る富豪たちが関与していないはずがないでしょ。

 

諜報機関など関与せずに純粋に民生の経済活動が行われていると信じている日本人の方がお気楽すぎるでしょ。アメリカのいわくつきのゼネコンとイスラエルの会社よ。

 

それで、私がまとめて推測すると、あの時は東北沖で地震を誘発し、東京直下型地震につなげ、富士山迄噴火させようとしたのね、あの教団の教祖さんさながらにハルマゲドンを引き起こそうとして、東京湾と富士山麓の硬い岩盤に阻まれ失敗したのね、となるの。

 

3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
2011-04-20


 

龍神様の〆が張られているからそう簡単に成功はしないのよ。日本の政府は何をしているのかって?とっくに大事なところまで握られているわよ。このブログの記事を逐一チェックしている人ならわかるでしょ。311はこのくらいかしら。

 

911の時に感じたことも書いておくわね。あの時に言われていたのは、あのビルのユダヤ人の入っていた会社は一人も出勤していなかったので一人も被害者を出していないということなの。これも陰謀論の範疇だから真相は藪の中なのだけれども、聖書に記述されている海から上がってくる獣の正体がおおよそつかめてしまえば、点と点が一本の線でつながってしまうのよ。

 

ユダヤ人のタルムードには異邦人はゴイ、あるいはゴイムすなわち家畜なので殺しても罰を受けないが、ユダヤ人同士で殺し合ってはならないと書かれているらしいのよ。

 

タルムードとはねバビロニアンタルムードと言ってユダヤがバビロンに捕囚されている間にユダヤ教が変質してしまい、律法学者のラビたちが勝手に聖書解釈をしたもので、今ではそのタルムードの方が聖書より重要なものになっていて、トラック一台分くらいはあるということなの。そのバビロンからの流れを汲む変質したユダヤ教のラビがメシアと激しく対立したパリサイ人だったのよ。

 

そして今だにかの国ではタルムードが生き続けているの。十字架に磔にしたメシアは認めないし、異邦人は家畜だしとなったら、権力を手中にしたら何をしでかすかわかったものではないでしょ。その国のことははっきりと書くと次の日には記事削除されるの。

 



 

それに比べればアメリカのことはお金にしか目がない目ん玉国とか書いてもまだ安全なのよ。多分業界にとってはアメリカの諜報機関よりはるかに恐ろしい存在なのね。職を失いかねないのよ。

 

そのような国柄で被害者になりすましたうえで、しっかりとした諜報機関が眼を光らせているから、失われたイスラエルの契約の箱がメシアの十字架と共にこの国でお祀りされているという情報など絶対に見逃すわけがないでしょ。と同時に頭から湯気が出るくらいに怒り心頭に発している事も想像に難くないでしょ。何が起きても不思議ではないのよ。

 

メシアがこの世に来た時と同じ状況以上のことが全世界規模で広がっているの。

 

この国の救いは龍神様の〆がしっかりと張られていることなの。

 

その〆をしっかりと個々人の心の中に張っていただくことなのよ。それは外国人でも同じことなのよ。しかし日本人が上から下まで大蛇に憑依されている現状では、世界中が私の目には玄倉川に見えるのよ。こんなところかしら。

special07

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

 私のもと先生たちのことについて書いておこうと思うの。その先生達の教科書を列挙しておくわね。

 
























失われたイエスの12使徒「八咫烏」の謎
たける, 三神
学研プラス
2001-11T


 

これが私のもと先生たちの代表的な教科書なの。今ではよく知られている先生達でしょ。この先生たちの教科書は今でもよく売れているでしょ。

 私はこの先生たちの元を離れたのだけれども、卒業したわけではないのよ。この先生たちではだめだわとなり離れてしまったのよ。

 

この先生達って結構重要な授業をしているのよ。だから私も真剣に教科書代を払い受講していたの。そうしていて一番高学年になった時に、カバラの授業の先生に卒業させていただけると思い込んだの。その先生の一連のシリーズの教科書などほとんどすべて購入していたからね。その授業は決して無駄ではなかったわよ。

 

その挙句に何が起こったかというと、その先生のファンクラブに入り、その先生の所属する教会に入信してしまったの。その間二年弱はそれなりに卒業感を味わっていたの。

 

しかしね、三年目の秋を迎えた時に突然、だめだこの教会といきなり目を覚まされたのよ。そして脱会。決意したその日に解脱を意識。それがケルビムと回る炎の剣で守らせられている命の木の入り口だと直覚して、それ以来瞑想三昧。

 

そうしたら聖書に書かれているメシアの御言葉が次々にこの身に・・・という流れなのよ。この世に生を受けて以来体験させられてきた摩訶不思議なオカルト現象も、実は大御神の倒語(さかしまごと)のお示しでありただのオカルトではなかったと知らされたの。

 

そうなってからあらためて彼の先生のファンクラブを見てみると、教会員同士の内紛で分裂の崩壊、その泥仕合の様は先生がブログで晒してしまっているの。

 

それだけではなく、その真実のキリスト教会と称している日本人教会員の醜い内実迄、インターネット上に晒してしまって、自分至上主義で悦に浸っているという姿まで見せられてしまったの。

 

その先生が八咫烏から大御神の心御柱の正体を聞き出してしまったという流れなの。



 この流れにも魔訶般若波羅蜜多が存するのよ。その先生の書籍がこのブログの柱になっているからこの辺ではっきり書いておかなければと思うのよ。

 

元パリサイ人の預言者が布教した教会が世界宗教になり、聖書が世界中に知られるようになったということと相似象を成しているのよ。


 イブは神様が園の中央に二本の木を生えさせられた時にそこにいた蛇にそそのかされ目を覚まされていたでしょ。

 

メシアはパリサイ人の律法は守りなさい、しかし律法を人の前に置くだけで行おうとしないパリサイ人のパン種には注意しなさいと御言葉していたでしょ。

 

そういうことなのよ。自信満々の先生達こそ一番危ないのよ。魔訶般若波羅蜜多を理解せずにいて自信満々の先生は生徒を卒業させることはできないの。

 それよりも一層たちが悪いのが善因善果の因果律を無視して、垣根を乗り越え入ってくるスピリチュアル系の狼たちよ。くれぐれもご用心。

 

人を卒業させ涅槃に導ける先生はヨハネが黙示していた二人の預言者だけなの。このお二人を先生とすることなしに狭き門は通していただけないのよ。これが校長先生のお定めになられた掟なの。

 こんなブログ読みに来ている暇があったらこのお二人の先生の教科書を穴のあくほどよく読むことの方が有益よ。阿吽


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

1980年代後半の昭和も終わろうかという時代にチャネリングなどというものが流行り始めたでしょ。そして今ではスピリチュアルの世界ではアセンションが当然あるものの如く人口に膾炙しているでしょ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者が語った空中携挙の世界版なのよ。スピリチャルの世界ではそのようなことが平然と信じられているの。

 

そのようなことを信じている人たちにとっては、日本に降りてきた神示などというものもとても相性がいいのよ。私もいろいろ片足を突っ込んでみたけれども、式神様から足を洗っていただいて目が覚めたの。

 

日本人は産土様が式神様という摩訶不思議な般若の中に生まれてくるでしょ。その産土様との紐帯の中に割って入り、八通りにたぶらかそうとする偽預言者とパリサイ人のパン種に注意するように言い広められているでしょ。

 

神仏だけで十分なのよ。聖書に名のある真正の預言者とお釈迦様だけで十分なの。

 

梵天の灌頂を受け、魔訶般若波羅蜜多を悟った者は二本目の矢は受けないと先鞭をつけたお釈迦様だけで十分なの。

 

その神仏との紐帯に割り込んでくる怪しげな魍魎に八通りにたぶらかされていると、藁人形をつかまされ、後で大馬鹿を見るのよ。

 

たぶらかされるのはいともたやすいことだけれども、一本目の矢を受けるまでに神仏を見出し、魔訶般若の賜物をお受けするのは一筋縄ではいかないわよ。たぶらかされている暇などないはずなの。

 

阿吽


精神世界ランキング


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

竜と獣と偽預言者と現代とのつながりで時代感覚共有できたかしら。共有されていなくても進めていくわよ。

 

初めの獣が上がって来た時に憑依が始まったの。その憑依に拒絶反応が起こり、その絶頂で獣が天から火の雨を降らせたの。そしてその憑依が決定づけられた時に死んだはずだった獣が上がって来ていたのよ。

 

近代バチカンではね、エクソシストの不足が深刻化していて養成に乗り出しているらしいわよ。日本人からしたら笑い話に聞こえるでしょ。エクソシストなどまるで必要とされていないからね。

 

マタイによる福音書 8

 29突然、彼らは叫んだ。「神の子、かまわないでくれ。まだ、その時ではないのにここに来て、我々を苦しめるのか。」

 

この聖句の彼らとは悪霊に取り憑かれた二人の人なの。この憑依された人の言葉で判ることは、悪霊はメシアが近づくだけで苦しみだすということなの。だからメシアの魔訶般若の神国大和には悪霊などは恐れて近づかないはずでしょ。だからエクソシストなど必要はないの。大御神のお祓いで〆が張られているのよ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者により布教されたキリスト教会とは、メシアのユダヤ教に憑依したキリスト教なのよ。だから悪霊が跳梁跋扈して当たり前なのよ。その元を作ったのがパリサイ人なの。

 

マタイによる福音書 3

7ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。

 

この聖句でファリサイ派と表記されている人たちがパリサイ人よ。洗礼者ヨハネはイエスの十字架に二年以上先立ってこの時期に、洗礼を受けに来たパリサイ人を蝮の子らよと呼んでいるのよ。

 

預言者の言う蝮の子らというのは、唆す蛇の子らということだからね。そそのかす蛇とは悪霊の頭でサタンなの。この時ヨハネはパリサイ人をサタンの子らと呼んでいるの。

 

メシアの仇敵がこのサタンでしょ。あっけなく退けられたけれども。そしてメシアが宣教を始めた時にこのパリサイ人らも鋭く対立してあっけなく論破されたのよ。そして殺意を抱くに至りメシアの十字架へとつながったの。

 

その後メシアの弟子で初めての殉教者が出た時に、その殉教者を石で撃ち殺す人たちの着物の番をしていたパリサイ人がのちの預言者なのよ。

 

この元パリサイ人の預言者に布教されキリスト教会では今に至るまで、この預言者がどのような福徳でメシアに選ばれたのかという説明は一切なしなの。この預言者はキリストについてお説教するのだけれども、どうして殉教者殺しの共犯の自分が預言者として選ばれたのか一切説明なし。

 

ただ突然目が見えなくなりイエスの声を聴き目が見えるという異変があっただけなの。異変であれば下っ端の悪霊でも起こすでしょ。

 

その預言者の語った空中携挙を頑なに信じるバチカンで悪魔祓い師が足りていないのよ。空中携挙を信じる日本人の数が1%以下なのもうなずけるでしょ。

 

メシアの復活によりさらに退けられたサタンはその後、魔訶般若の大和に獣を送り込んだのよ。その帰結が昭和の大激変だったでしょ。その激変を経て憑依が常態化してしまったのよ。

 

その憑依の証拠が安全保障条約の同盟関係で、お友達の間柄なのよ。龍神様の龍体に獣が憑依しているの。この世は神様の体内だったでしょ。

 

src_10135766

 

そこに竜と獣と偽預言者が憑依しているのよ。黙示録を書いたヨハネの時代からそうだったの。その時代感覚を共有していた神鳥八咫烏により書かれた古事記も当然その時代感覚を共有しているわよ。

 

龍神様の龍体に悪竜が取り憑いて八岐大蛇となっているのよ。だからその大蛇の体内でどのような陰謀が画策されていても驚くに値しないでしょ。

 

やがて素戔嗚尊が大ナタを振るわれ、十束の剣で八つ裂きにされるでしょ。そしてその時には天の叢雲の剣が調製されていて、大御神に調進されると預言されているのよ。

 

その後悪竜らは千年の間縛っておかれるの。そして子羊の七つの婚宴の大宴会の後に、審判のために解き放たれるの。そしてお約束通りに黄泉の穴に落ち、その穴が千引の岩戸で閉ざされるのよ。

 

大御神の岩戸は永遠に開かれているのだけれども、千引の岩戸は永遠に閉ざされるの。その後が八千代なの。

 

それが聖書と古事記とお釈迦様のつたえの天照大御神の倒語(さかしまごと)なの。

 

羊飼いの声を聞き分ける羊は大蛇の体内で、調進するべき御神宝の調製に余念がないのよ。


src_10796827



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

倭建命と弟橘姫の走水の海から黒船が入ってきたのが1853年。それから48年後が1901年で20世紀の始まりの年。それから48年後がイスラエルの建国なの。7×6+6=48なのよ。何故そのようなことを思い浮かべるかというと、7×7=49はスラエルにおけるヨベルの暗示だからなの。

 

レビ記 25 新共同訳

8あなたは安息の年を七回、すなわち七年を七度数えなさい。七を七倍した年は四十九年である。

 9その年の第七の月の十日の贖罪日に、雄羊の角笛を鳴り響かせる。あなたたちは国中に角笛を吹き鳴らして、

 10この五十年目の年を聖別し、全住民に解放の宣言をする。それが、ヨベルの年である。

 

20世紀の開幕をはさんだ二度の7×6+6の鏡合わせの時代が日本の激動の時代だったの。その激動の時代を象徴する出来事が1900年から1945年までに起こっていたのよ。1900年に大正天皇が神前でご結婚されそれ、それ以降神前結婚が一般に普及し始めたの。1940年に国会で八紘一宇が国是とされたの。その五年後に原爆が投下され敗戦というながれなのよ。

 

ヨハネの黙示録 13 新共同訳

1わたしはまた、一匹の獣が海の中から上って来るのを見た。これには十本の角と七つの頭があった。それらの角には十の王冠があり、頭には神を冒瀆するさまざまの名が記されていた。

 3この獣の頭の一つが傷つけられて、死んだと思われたが、この致命的な傷も治ってしまった。そこで、全地は驚いてこの獣に服従した。

5この獣にはまた、大言と冒瀆の言葉を吐く口が与えられ、四十二か月の間、活動する権威が与えられた。

11わたしはまた、もう一匹の獣が地中から上って来るのを見た。この獣は、小羊の角に似た二本の角があって、竜のようにものを言っていた。 12この獣は、先の獣が持っていたすべての権力をその獣の前で振るい、地とそこに住む人々に、致命的な傷が治ったあの先の獣を拝ませた。 13そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。

 

ヨハネの黙示録13章の抜粋の中に日本の激動の時代の暗示がすっぽりと収まっているでしょ。古事記の神代と同じで時系列など無視されている倒語(さかしまごと)なのよ。

 

そして始まりの七年間と最後の七年間に挟まれた昭和の時代に火の雨の洗礼を浴びたのが失われたイスラエルだったの。

 

聖書の時代のイスラエルはユダヤの時にメシアを十字架にかけ、その四十年後に国を失い死んだと思われていたでしょ。

 

何故失われたイスラエルが火の雨の洗礼を浴びなければならなかったかというと、八紘一宇という錦の御旗を掲げながらも、先に上がってきた獣らのやり方をまね、大陸などに侵攻して悪事を働いたからではなかったのかしら。

 

それが八紘一宇の家の父の逆鱗に触れたのよ。しかし太古に、失われたイスラエルの龍体にはすでに〆が張られていたでしょ。だから大御神の岩戸が開けたようにその後復活してしまったのよ。

 

そして二匹の獣と失われたイスラエルの併存の時代に入ったの。そのような時代を象徴するように京雛と関東雛がこの国で併存しているのよ。

 

その時代の竜と獣を見分けることができれば、その置き土産の偽預言者がこの国のどこに隠れているかわかるはずなのよ。竜と獣の時代以降も一向に臣民を啓発しない神示が降ろされていたのもこの時代のことなのだから。

 

世界に目を向ければ洗礼者ヨハネからいきなり蝮の未と罵倒されたパリサイ人、その元パリサイ人の預言者が広く世界中で信じられているでしょ。メシアはパリサイ人のパン種と偽預言者に注意を促していたの。メシアの十字架の時も竜と獣と偽預言者が大活躍していたのよ。それ以降も唆されっぱなしなのよ。

 

そのような大戦は神様がアダムとイブを創り園の中央に二本の木を植えられた時、そこにそそのかす蛇がいた時から始まっていたでしょ。

 

お釈迦様の手のひらの上ならぬ神様の手のひらの上で戦われている大戦なの。

 

とうとう全世界の王が招集される時代に入ってしまっているでしょ。平成以降もその戦の足跡がくっきりとカバラの暦上に示されているわよ。



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

あのね、壇上から何か言っている人のいうことはあまり真に受けない方がいいわよ。

 

お釈迦様に笑いの天国に往生すると思うがどう思うかと尋ねた歌舞伎聚楽主に、お釈迦様はそのようなことは尋ねないが良いとお答えにならなかったの。しかし歌舞伎聚楽主がしつこく三度まで尋ねるものだからお釈迦様はお答えになられたの。

 

壇上で人の煩悩を煽り笑わせているからには死後悪趣に堕ちると。




 

今でいうお笑い芸人さんなのよ。しかしね、壇上から人の煩悩を煽ることを売り物にしているのはお笑い芸人さんだけではないでしょ。たまたまお釈迦様にそのように尋ねたのが当時のお笑い芸人さんだったということなの。

 

現代では政治、経済、学問、宗教、芸術、芸能、娯楽と、それらを伝える報道に至るまでのすべてが人の煩悩を煽ることで延命を図り目的を達しようとしているでしょ。

 

この国では人の煩悩を煽り、葬式を売り物にしている仏教が一番わかりやすいのよ。

 

お釈迦様はしつこく尋ねる歌舞伎聚楽主の煩悩に冷や水を浴びせたの。それでその歌舞伎聚楽主は目が覚めたと仏伝では伝えられているのよ。

 

そのような仏伝は学問の世界を通して伝わっているの。けれども、知っている学者の先生もなぜか見て見ぬふりをしているのよ。

 

それは学問が世間に冷や水を浴びせ覚醒させるのが使命ではないからなのよ。

 

お釈迦様亡き後、誰も後を継がないのであれば、覚醒させていただいたこのブログがするしかないではないの、というのがこのブログのはじめからの主旨なのよ。荷が重すぎるの。

 

荷が重過ぎるけれども感謝の念に駆られて皇大神宮におかげ参りしたら、不思議な風に吹かれてしまって、そのような重たい十字架をポンと背負わされてしまったの。

 

帰ってきた当初は他のこと何もさせてもらえなくてブログ記事しか書けなくさせられていたからね。今でもそれに近いものがあるけれども。

渡る世間に冷水思い切りぶちまけたのがメシアだったでしょ。メシアの弟子と称して世間に耳触りの良いお説教を垂れ流しているパリサイ人の生臭いパン種に注意しなさいなのよ。

 

しかし今の世の風潮では煩悩の炎をもっと激しく燃え盛らせるための燃料しか供給されないし、求められてもいないの。

 

世の中から求められていないというのがこのブログの背負っている重たい十字架なのよ。

 

その様に重たい十字架でも背負い、私について来なさいというのがメシアの御言葉なの。しかしね、メシアに従うと重たい十字架でも軽々と担えるところに魔訶般若が存するのよ。

 

賜わった命の調製なのよ。

 

熱心な人は三度まで尋ねるの。そして仏の顔も三度までなのよ。

 

阿吽


37_shiratsuyuni




瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 若い人は脳みそが固くなる前に正常性バイアスを外すが良いのだ。
固まってから私たちも見えていないという事かと
パリサイ人のようにイエスに詰め寄っても手遅れだ。
この日本はそのようなバイアスで凝り固まった老人たちが
政治、経済、教育、宗教、報道その他をすべてを牛耳っている。
イエスはパリサイ人のパン種に注意しなさいと言った。
引かれるな。


聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ