天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:スピリチュアル

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊はこの世とあの世の境の黄泉比良坂で黄泉からの追っ手の鬼に対して三つの桃を投げ追い払ったの。そして千曳の岩戸で閉ざしたのよ。

 

そうしたら腐乱死体の伊弉冉尊が毎日千人縊り殺してやると言ったの。それを受けて伊弉諾尊は毎日千五百人の子供が生まれるようにすると言ったの。その後に菊理姫が現れたりするのだけれども、このシーンも倒語(さかしまごと)満載でそれは奥の深い真名井の井戸なのよ。

 

そのすべてが七五三のお祭りにつながるのよ。七五三のお祭りのシンプルな解釈はこの記事に書いておいたの。

 

 

シンプルに理解したらその次のステージに移行なの。伊弉冉尊の千人と伊弉諾尊の千五百人は十と十五に還元されるのよ。それは十字架と七五三の十五の暗示なの。

 

伊弉冉尊の黄泉での死は十字架の暗示なの。それを定めたのが七五三のお祭りを定めた伊弉諾尊なのよ。そして岩戸が閉ざされた後に登場する菊理姫は伊弉冉尊の復活の暗示なのよ。

 

七五三の端午の節句の中心人物は桃太郎さんで、それは実は天照大御神でしかもメシアだったでしょ。メシアの復活による贖いが物語の核心でなければならないのよ。それがメシアの勝利だったでしょ。それが鬼の征伐の勝利なのよ。

 

そして鬼の征伐は三個の桃で都合三度あると暗示されているでしょ。一度目で悪霊が征伐され、二度目で悪霊にそそのかされる鬼が征伐され、三度目で親玉と悪霊と鬼がまとめて征伐されるのよ。

 

その三度の征伐で桃太郎さんから黍団子を賜り征伐に付き随った家来が、父神である伊弉諾尊から三つの桃を賜り、三千世界の桃源郷に遊ぶの。

 

一つ目の桃で許嫁とされ、二つ目の桃で婚約者とされ、三つ目の桃で神前結婚式となるの。それで万歳三唱の千代に八千代にめでたしめでたしのお正月となるのよ。

 

DSC_0231 - コピー (2)

  しかしスピリチュアルの世界で観光客として遊んでいるとその式場へのかけ橋を渡り損ねるのよ。式年に至っても式神様に通していただけないのよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

四日にね、妖怪釣瓶落としの正体書いたら、ブログのPVUUが一気にうなぎ上りになったの。しかしその後二日間で釣瓶落としなのよ。なにかわかる気がするの。

 

turubeotosi

 

妖怪釣瓶落としの正体が天から地に堕とされし驚愕の大王で、それを示すノストラダムスの預言の時期に共時性が働いて玄倉川の水難事故が起きていて、その水難事故がまるでノアの洪水により示された人類全滅に対する警告で、その警告が平成の時代にノストラダムスの預言により示された天界の四神相応のグランドクロスのように、地上に展開されてしまったと、そのようなことを書いてしまったからね。

 

しかしね、それが神道なのよ。天神様の細道は、行きはよいよい帰りは恐いなの。行きはよいよい帰りは恐いでなければ天神様の神道ではないのよ。

 

うしろの正面は式神様のお目出度の鶴亀と呪いの藁人形の釣瓶落としでなければならないの。

 

その様だから本当に怖い思いをして死んだようになる人が細道の入り口を見つけるの。神様が人の前に置かれた呪いと祝福を両方見つめないといけないの。二択だからそうなるのよ。だから行きはよいよい帰りは恐いの天神様の細道を、怖いながらも通りゃんせなの。

 

通していただければ成仏なの。だから通りゃんせなの。

 しかしこの世は神仏による魔訶般若の警告など馬耳東風でしょ。だから玄倉川なの。

 

私なんか通していただいたおかげ参りでお伊勢様に参りしたらその最後に倭姫命様からご挨拶お受けしてしまったからね。その様に共時性が働くのよ。

 

それでも共時性では言葉足らずよ。シンクロニシティーとか引き寄せの法則などとスピリチュアルや心理学の世界では知られているけれども、いずれも因果律の存在を無視しているでしょ。

 

魔訶般若波羅蜜多による虫の知らせなの。因果律を無視して引き寄せなど行うと藁人形や妖怪釣瓶落としを引き寄せるの。そそのかす蛇の思うつぼには嵌まるのよ。怖い思いを伴わない引き寄せやシンクロはその蛇の甘言と思えばいいの。メシアは柵を乗り越えて入ってくるのは狼だと御言葉しているでしょ。

 

日本人の感じる虫の知らせの本質は因果律によりしっかりと守られているわよ。日本人か外国人かに関わらず幼少時に日本語で育てられた人だけが虫の音を、ああ面白い虫の声と感じるらしいわよ。日本語の言霊なの。

 

それはね因果律を理解しない外国の成功哲学による引き寄せやシンクロ二シティーなどという底の浅い言葉ではなく、天照大御神の恩頼(みたまのふゆ)という表現が一番しっくりくるの。

 

それはね、天照大御神の本当のお名前である、ナザレのイエスユダヤの王のお語りになられた、信じる者には助け手を送るという言霊の結実なの。この王から助け手を送っていただくには、そのお方を王と定められた神の恐ろしさに一度打たれなければ送っていただけないのよ。

 

スピリチュアルの世界の引き寄せの法則やシンクロニシティーなどと言われることの底の浅さをはっきりと悟りお仕えできなければ無理よ。お陀仏なの。魔訶般若波羅蜜多の梵我一如として悟られなければ無理なの。神示や偽預言者にたぶらかされているのはもはや言外。

 

なんてね、そんなこと冥想しながら、神道の妖怪釣瓶落としまで理解したらもう王手でしょと思っていたらさにあらず。またまた記事にしたらニ十本分くらい書けそうなネタが上から落ちて来たの。

 

2614633i

 

本当にこの漫画のようなのよ。真名井の井戸深すぎ。いつまで書き続けられるのかわからないけれども乞うご期待なの。

special07 阿吽

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

 私のもと先生たちのことについて書いておこうと思うの。その先生達の教科書を列挙しておくわね。

 
























失われたイエスの12使徒「八咫烏」の謎
たける, 三神
学研プラス
2001-11T


 

これが私のもと先生たちの代表的な教科書なの。今ではよく知られている先生達でしょ。この先生たちの教科書は今でもよく売れているでしょ。

 私はこの先生たちの元を離れたのだけれども、卒業したわけではないのよ。この先生たちではだめだわとなり離れてしまったのよ。

 

この先生達って結構重要な授業をしているのよ。だから私も真剣に教科書代を払い受講していたの。そうしていて一番高学年になった時に、カバラの授業の先生に卒業させていただけると思い込んだの。その先生の一連のシリーズの教科書などほとんどすべて購入していたからね。その授業は決して無駄ではなかったわよ。

 

その挙句に何が起こったかというと、その先生のファンクラブに入り、その先生の所属する教会に入信してしまったの。その間二年弱はそれなりに卒業感を味わっていたの。

 

しかしね、三年目の秋を迎えた時に突然、だめだこの教会といきなり目を覚まされたのよ。そして脱会。決意したその日に解脱を意識。それがケルビムと回る炎の剣で守らせられている命の木の入り口だと直覚して、それ以来瞑想三昧。

 

そうしたら聖書に書かれているメシアの御言葉が次々にこの身に・・・という流れなのよ。この世に生を受けて以来体験させられてきた摩訶不思議なオカルト現象も、実は大御神の倒語(さかしまごと)のお示しでありただのオカルトではなかったと知らされたの。

 

そうなってからあらためて彼の先生のファンクラブを見てみると、教会員同士の内紛で分裂の崩壊、その泥仕合の様は先生がブログで晒してしまっているの。

 

それだけではなく、その真実のキリスト教会と称している日本人教会員の醜い内実迄、インターネット上に晒してしまって、自分至上主義で悦に浸っているという姿まで見せられてしまったの。

 

その先生が八咫烏から大御神の心御柱の正体を聞き出してしまったという流れなの。



 この流れにも魔訶般若波羅蜜多が存するのよ。その先生の書籍がこのブログの柱になっているからこの辺ではっきり書いておかなければと思うのよ。

 

元パリサイ人の預言者が布教した教会が世界宗教になり、聖書が世界中に知られるようになったということと相似象を成しているのよ。


 イブは神様が園の中央に二本の木を生えさせられた時にそこにいた蛇にそそのかされ目を覚まされていたでしょ。

 

メシアはパリサイ人の律法は守りなさい、しかし律法を人の前に置くだけで行おうとしないパリサイ人のパン種には注意しなさいと御言葉していたでしょ。

 

そういうことなのよ。自信満々の先生達こそ一番危ないのよ。魔訶般若波羅蜜多を理解せずにいて自信満々の先生は生徒を卒業させることはできないの。

 それよりも一層たちが悪いのが善因善果の因果律を無視して、垣根を乗り越え入ってくるスピリチュアル系の狼たちよ。くれぐれもご用心。

 

人を卒業させ涅槃に導ける先生はヨハネが黙示していた二人の預言者だけなの。このお二人を先生とすることなしに狭き門は通していただけないのよ。これが校長先生のお定めになられた掟なの。

 こんなブログ読みに来ている暇があったらこのお二人の先生の教科書を穴のあくほどよく読むことの方が有益よ。阿吽


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

創世記 3 新共同訳

 24こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

 

創世記 3 口語訳

24神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた。

 

この剣ね、真名井の奥に隠されていたわよ。見つけてしまったわよ。ある時解脱という言葉を意識したその日に、それが回る炎の剣の入り口だと直覚してしまったことはこのブログで何度も書いてきたの。

 

しかしその型示しは私が生まれるはるか以前から、神道の中で誰でもが眼にすることのできる形で示されていたのよ。しかしそれは誰の目からも隠されて来たの。

 

なぜかというとその剣が置かれた当初から唆す蛇にたぶらかされる街場のサイキッカーが後を絶たなかったからなのよ。現代の宗教界やスピリチュアルの世界はそのような街場のサイキッカーの天国なの。

 

そのような現代の状況を集約する縮図として見せられたのが地下鉄サリン事件だったの。あの教祖様は正規の入り口を通り解脱したわけではなかったのに、同じような街場のサイキッカーの王様に活仏と言い渡され、その気になってしまったのよ。

 

その挙句に逮捕され社会生命を絶たれ、死刑になり実生命を絶たれたでしょ。二本の矢を受ける人の型示しだったのよ。

 

それはね、入り口を見出して通していただいたわけでもないのに、したり顔でわらわらと盲人の手引きをしている街場のサイキッカーのカリカチュアでもあったのよ。

 

そのような盲人の手引きに引きずられて抜け出せない人のカリカチュアがあの教団の信者さんたちだったの。

 

そのような宗教やスピリチュアルなどに惑わされずに安全に生きているように見えても、実はグレーゾーンで遊んでいるだけで、脱出口を見出せずに死する人たちのカリカチュアが玄倉川の水難者達だったの。

 

平成の時代とはそのような時代だったの。社会全体がカルト宗教のように変質している事が型として現れた時代だったのよ。ランキング上位のブログをチェックしてもその様な街場のサイキッカーしか見当たらないからね。それはね、創世記の時代に始まり多分終わりの時まで続くのよ。

 

そのような禍事を避けるための入り口が創世記に示され、古代日本にその入り口が開けていたのよ。

 

いくわよ。

 

cd5b2922

 

真名井神社の六芒星が三つ巴紋に変更されたでしょ。その三つ巴紋にケルビムと回る炎の剣が隠されていたの。

 

20190725223226

 

神社の巴紋は左巴紋なのよ。しかし八咫鏡が神道のお約束でしょ。前面の後面透過としてその鏡に映してみると正面の姿は右巴紋として映るの。

 

その右巴紋には666999がだまし絵のように映り込んでいたでしょ。そして左回りと右回りに分かれているでしょ。

 

天の御柱を左から回った伊弉諾尊と、右から回った伊弉冉尊なのよ。

 

その伊弉冉尊が天照大御神であり式神様だったでしょ。その式神様の十字架により復活を見せられた弟子が666999の戦であるメギドの丘のことを黙示録に記述していたの。

 

そのようになるほどと理解して巴紋を見るとそこに回る剣が見えるでしょ。剣が見えればその剣を振るう神様が父神と子なる神とケルビムとされる天の聖霊とわかるでしょ。

180px-Japanese_Crest_mitu_Tomoe_1.svg

 

それが元伊勢籠神社の社紋で十種神宝なの。ここが入り口だったの。貴船の上陸地点だったことを示しているのよ。ここが東に置かれた命の木への入り口だったのよ。

20170619202113

 御父と御子とケルビムの廻る炎の剣で守らせられていたのよ。

 

しかしね、民間人がこの入り口を通していただくためには条件があるのよ。

 

神宮から賜った鑽り火と草薙剣で敵の炎を返り討ちにしなければこの入り口は通していただけないの。それが倭建命の焼津なの。

 

それはお釈迦様が魔訶般若をお説きになられたインドを暗示していたでしょ。熾燃の煩悩を吹き消さなければ人は涅槃に至れないというのが、入り口を通していただくための梵天による定めなのよ。

 

人はその梵天による定めを無視するから、この世においてもあの世においても赦されることなく、藁人形として七殺の祟りを受けるの。それが聖書に書かれている事なの。

 

そのお印が日本人であればだれでもが知るお社の三つ巴紋であり、命の木への入り口であり、お社の鳥居なのよ。街場のサイキッカーなど無用の長物でしょ。産土様とお釈迦様だけで十分なの。神様仏様だけで十分なの。

 

通していただくと帰りはめちゃくちゃ恐いけれども、式神様のお名前にしっかりと縋り付いていれば大丈夫よ。通していただいてから裏切ったら一巻の終わりよ。

 

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

八通りのたぶらかしだけれどね、偽預言者や神示やチャネラーや宗教がその専売特許ではないわよ。そのようなスピリチャルに無関心な層が一番厚いでしょ。無関心だから安全かというとそうではないでしょ。

 

その一番厚い層を担当しているのがマスコミと言われる業種でしょ。この国では国学はとうに駆逐され、本当の愛国者たちはとうの昔に公職追放でパージされ、獣の国から入ってきた学問に席巻されているでしょ。

 

この国はすでにその獣のことを忖度しないとあらゆる分野で指導層とはなれないのよ。そのような指導層を忖度しなければマスコミは報道できないの。しかし誰しもが自分至上主義で、まさか獣の片棒をかつがされているとは気が付いていないから、主張の違う相手を見つけ片棒担ぎ同士で議論や内紛しているだけなのよ。

 

そのような指導層を顎でつかう支配層が陰に隠れて漁夫の利をあさるために、陰謀を企てていると陰謀論者の人たちから見られているの。

 

そのようなスピリチャルの世界の人たちから陰謀論者、何も関心のない一般の人たちまで全てを八通りにたぶらかすのが、竜と獣と偽預言者の三馬鹿トリオだと黙示録のヨハネが晒していたの。

 

しかし現代はこのトリオに完全に憑依されているでしょ。古事記はそのようなことはお見通しで龍神様に憑依している八岐大蛇がやがて素戔嗚尊に退治されると預言しているの。

 

何故そのようなことが可能かと言えば、すべてが仏様を灌頂した梵天という神様に掌握されているということがわかっているからなのよ。

 

直近のことで言えば二十一世紀に起こるハルマゲドンはノストラダムスのグランドクロスが先見していたでしょ。これは梵天の関与が無ければ不可能でしょ。

 

今日のコロナ禍もそのように前触れがあったわよ。十七年の暮れに八幡様で凶事が勃発し、十八年の暮れ近くに宮崎県の高千穂町で凶事が勃発し、コロナウィルスは十九年の暮れに中国で発生していたでしょ。その年は令和への代替わりの年で、初めて令和として年神様をお迎えした次の年には世界中にコロナウイルスが蔓延してしまったの。ななやここのたりの神宝十種の暦なのよ。

 

天皇陛下はマスクをしなければ国事行為に臨めなくなったの。現時点では先帝が裁可した納采の儀は滞り、立皇嗣の礼まで滞ってしまっているでしょ。何も感じない人は感じないのでしょうけれども、お目出度いはずの令和への御代変わりに際してざっとこれだけの事が起こっているからね。

 

八幡様と高千穂町なの。梵我一如の境地にいる鴉は神宝十種の天照大御神の倒語(さかしまごと)だと感じるはずなのよ。

 

藁人形をつかまされてしまっている許嫁には倒語(さかしまごと)をそうと理解できないはずなの。梵天から身内と見做されないと無理よ。

 

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

1980年代後半の昭和も終わろうかという時代にチャネリングなどというものが流行り始めたでしょ。そして今ではスピリチュアルの世界ではアセンションが当然あるものの如く人口に膾炙しているでしょ。

 

私に言わせると元パリサイ人の預言者が語った空中携挙の世界版なのよ。スピリチャルの世界ではそのようなことが平然と信じられているの。

 

そのようなことを信じている人たちにとっては、日本に降りてきた神示などというものもとても相性がいいのよ。私もいろいろ片足を突っ込んでみたけれども、式神様から足を洗っていただいて目が覚めたの。

 

日本人は産土様が式神様という摩訶不思議な般若の中に生まれてくるでしょ。その産土様との紐帯の中に割って入り、八通りにたぶらかそうとする偽預言者とパリサイ人のパン種に注意するように言い広められているでしょ。

 

神仏だけで十分なのよ。聖書に名のある真正の預言者とお釈迦様だけで十分なの。

 

梵天の灌頂を受け、魔訶般若波羅蜜多を悟った者は二本目の矢は受けないと先鞭をつけたお釈迦様だけで十分なの。

 

その神仏との紐帯に割り込んでくる怪しげな魍魎に八通りにたぶらかされていると、藁人形をつかまされ、後で大馬鹿を見るのよ。

 

たぶらかされるのはいともたやすいことだけれども、一本目の矢を受けるまでに神仏を見出し、魔訶般若の賜物をお受けするのは一筋縄ではいかないわよ。たぶらかされている暇などないはずなの。

 

阿吽


精神世界ランキング


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ