天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

タグ:グランドクロス

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

その他推奨記事
 


七越と十死越が判ったところで改めて記述しておくとね、一九九九年の夏の夜空にグランドクロスが顕れ、そのクロスに地球が架けられたの。その時の神奈川の玄倉川で、川遊びの人達が身を挺して、聞き分けのなかった洪水の時のような時代にはいった、という事を教えてくれていたのよ。それから三年目に大御神の心御柱が御子の十字架だったと明かされたの。

 

そして時が過ぎ二〇一七年の暮れに八幡様で凶事、二〇一八年の七五三の月に高千穂町で凶事、二〇一九年の暮れに新型コロナという世界的な凶事。その流れの中で令和に御代変わりしたでしょ。

 

その凶事と慶事をまたいで、今日でも皇室の納采の儀が滞っているでしょ。皇孫である皇女が身を挺して、世界中で聞き分けのない許婚たちの、七越の納采の儀が滞っている事を暗に知らせてくださっているという事なのよ。そのような時代にはいっているの。

 

聞き分けるか、聞き分けないかは本人の問題で、王であろうが、高官であろうが、祭司であろうが、男であろうが、女であろうが、分け隔てなく神様との個の問題なのよ。神様との婚宴になぞらえられているのだから当然そうなるでしょ。それが龍宮に伝わる素戔嗚尊と天照大御神の誓約なのよ。

 今日は夏越の大祓の日よ。お祓いお受けした?

2阿吽


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

このブログ書いていてもまるで蟷螂の斧なのは承知の上なの。馬の耳に念仏、糠に釘かしら。

 

玄倉川では民間人の他にダムの管理事務所や警察なども避難勧告していたでしょ。私の避難勧告している日本中の川には管理事務所も警察もないからね。そこで遊ぶ人達に一個人がブログで何か言ったってカマキリの斧にしかすぎないのよ。

 

ほとんどの人が楽しく笑って生きたいと思っているでしょ。しかしそれに終始してしまったらその時にはとんでもない斧が振るわれるのよ。そのことは神様仏様が遣わされ川遊びの世界でもよく知られているのよ。

 

しかしその神様仏様の言うことをよく聞こうとしたらとても笑って遊んでいられないの。だからみんながグレーソーンから抜け出したくないの。私も元その世界の住人だったけれどもそこで異様な空気を感じていて、とても笑って遊んでいる気にはなれなかったの。

 

そこで適当に娯楽を見出し息抜きはしていたのだけれども、以前テレビを廃棄してしまった時のように、今ではユーチューブやその他のSNSもほとんど楽しめなくなってしまっているの。

 

趣味の柱だった読書も面白くなくなってしまったの。聖書と古事記に何が書かれているのか全く分かっていない人の書く本など全く読む気がしなくなってしまったのよ。

 

政治の言論の世界にしたって、希有壮大な革命が進行中なのにまるで気が付いていない人達が何かを言ったって、的を外しているのが丸わかりなのよ。聞いていてこっちが恥ずかしくなるの。

 

文芸やその他の芸術も同じことなの。神道に秘められている事にしか興味が向かなくなっているの。命の木の至高世界が本当の神道の世界で、中下層世界で何が言われていようが遊び人たちのグレーゾーンなのよ。その至高世界で知ることにしか生きる上でのモチベーションを感じられなくなってしまったという事なの。

 

しかしその世界で見出すことは天上の叡智の結晶なのよ。天上の世界に目を開かれるの。中下層世界で生きていたころの自分の視野狭窄がはっきりわかるのよ。だから蟷螂の斧でも、御用の向きがあってこのブログに来てくれる人は必ずいるはずというのが目下のモチベーションの源泉なの。

 

そのような人は絶対にがっかりさせないという自信がなければ記事にしないことにしているからね。私のことをぼやいていても仕方がないから今日もとっておきの記事を書くわよ。

 

 

日本のお祭りの三本柱があったでしょ。前記事で確認してね。

 

7375-300x225 (3) - コピー7375-300x225 (2) - コピー

7375-300x2253a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

この三本柱と魔法陣の摩訶不思議な関係を見つけてしまったの。それがこれ。

 

7375-300x225 (1)

 

この柱は新嘗祭の柱なの。三本柱と魔法陣とよく見比べると見事な対応関係にあるでしょ。判るかしら。少し複雑よ。

 

一二三と九八七が陰陽の対応関係を示しているでしょ。中心を貫くのが五の柱のクロスになっているでしょ。これ十一月の七五三の柱であり実は新嘗祭の柱でもあったの。

 

六月の夏越の大祓をまたいだ三月五月七月と、十二月の年越しの大祓をまたいだ九月十一月一月が陰陽の対応関係にもなっているでしょ。その夏越の大祓と年越しの大祓のクロスが魔法陣のクロスで見事に対応しているでしょ。十一月二十三日で固定されている新嘗祭の日付も含まれているでしょ。それは十五日の七五三から八日目で、なぜか一一二三の一二三なのよ。

 

五月が七五三の中心で十一月と陰陽の関係なのはわかっていたけれども、十一月にはもう一つ神道の重儀である新嘗祭があったのよ。当日である昨日知らされたの。そして極めつけがこの聖句。

 

ヨハネの黙示録 4

8この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目があった。彼らは、昼も夜も絶え間なく言い続けた。

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、

全能者である神、主、

かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」

 

四つの生き物とは四神でグランドクロスがその象徴だったでしょ。神様の戦車の車輪。そのクロスに六つの翼があるのが新嘗祭の柱で七五三の中心の柱なのよ。完全なカバラなの。まさかこんなところに隠されていたとは。私ね、カバラにおいて直感で示されたことで外したことないのよ。後でそれを裏付ける形で必ずその先を示されるのよ。だからこの件もここで書き切ってしまうの。

 

その柱の数霊が五で魔法陣のクロスの中心なのよ。そのクロスの四神と中心の五で一霊四魂なのよ。各縦横斜めでそのクロスを構成する数が五つで陰陽の五行まで示しているでしょ。木火土金水に対応しているのよ。安倍晴明さんの桔梗紋なの。

214585

 そしてこの魔法陣が三×三の命の木と対応してしまうのよ。ここまで来たらカバラの密教と陰陽道と神道が完全に融合してしまっているのがわかるでしょ。

 

inotinoki.sankaku

 

四つの生き物と四神と一霊四魂と、木火土金水とクロスはすべて同じものなのよ。驚きでしょ。

 

ここまで解明すると命の木と魔法陣と十字架に隠されている秘密がすべて明らかになってしまうの。

 

五月は夏越の大祓に向けたお祭りの中心で、十一月は年越しの大祓に向けたお祭りで、その中心が七五三の十五日と見過ごされがちな新嘗祭の二十三日のお祭りだったのよ。それが魔法陣の中心の五が示す意味なの。十五日から二十三日までの摩訶不思議な九日間なのよ。

 

その魔法陣には四魂の中に一霊が隠されているのよ。それは梵我一如の一霊なのよ。その一霊は五行の中心の土でもあるのよ。大地に刺さる十字の型を示しているでしょ。

 

その十字が何を意味するかというと、魔法陣の横木の三五七は命の木の横木で三柱を貫いていてそれは御父と御子と御霊による、この世の中下層世界における革命の勝利を示しているのよ。その象徴が御子の十字架で神宮の心御柱なの。

 

魔法陣の縦木の九五一は命の木の中心の柱を貫いていてそれは御父の革命の勝利の預言で、その象徴が貴船なのよ。その貴船と心御柱のお祝いの中心がこの国の七五三と新嘗祭という事だったのよ。

 

十一月二十三日の勤労感謝の日の新嘗祭はお御饌のお祭りで実は直会なのよ。その大元のお祭りは御子の最後の晩餐だったの。

 魔法陣の横木の三五七が御子のこの世における勝利の記念で、縦木の九五一が御父の至上世界における勝利の預言になっているの。それが御子の十字架と命の木が合わせ持つ意味で、そこに貴船と心御柱が隠されてお祀りされていたの。御父と御子の革命における勝利のお祭りが、夏越の大祓と年越しの大祓のクロスに隠されたお祭りだったということなのよ。

 

この世における御子の革命によりなった、神宮の神道にしか勝利への入り口は開けていないという事を示していたのよ。それが大御神の岩戸開きだったの。だから御用のない者通しゃせぬと言い切れるのよ。私そこから通していただいて書いているもの。密教の時代は終わっているでしょ。

syousetsu (2)阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

三浦と横浜での六月からの原因不明の異臭騒ぎね八百八十八の印なのよ。そんな事誰も気が付かないわよね。COVID-19が御柱に打ち込まれた三本目の釘だなどと誰も信じないでしょ。このブログの読者でそのシンクロに気が付いても、感受性の強い人以外は誰にも信じられないというレベルなの。

 

7375-300x225

 

このクロスの6の位置が三本目の釘の位置で、令和における宮様の位置でしょ。そしてCOVID-19で宮様の立皇嗣の礼が延期になり、その6月から三浦半島で原因不明の異臭騒ぎが発生しているのよ。三浦半島は古事記で示されている八八八の土地柄だったでしょ。九九九の時の玄倉川も同じ神奈川よ。

 

その様に1999年の九九九の印から21年後に八八八の印が出たら七八九の三位一体の印なのよ。それは貴船歴と御柱歴と元号の三位一体だったでしょ。御父と御子と聖霊の三柱の神の三位一体でもあるのよ。

 

その様に読み込むと今から四半世紀もたたないうちに三つの暦の三位一体で七七七の年周りのとんでもない年がやってきてしまうの。九九九、八八八ときたら七七七でしょ。それはヨハネの黙示した七つの封印と七つのラッパと七つの鉢の預言の数なの。そのような預言が成就してしまってもおかしくないような年周りなの。それが成就すると言っているのではないわよ。ただおかしくないの。

 

それでも七七七の神様は逆らわなければ七福神で縁結びの神様だから心配はいらないわよ。

 

何故ここまで誰にも信じられないと思われることまで書いてしまうのかというとね、私は八の九並びの暦の日に否応なしにスピリチュアルに目覚めさせられてから、黍団子を一つ分けていただくのに四半世紀以上もかかっているのよ。

 

私ってね、感受性と読解力には絶対の自信があるのよ。その私でも四半世紀以上かかっているのに、世の中には感受性が強く読解力のある人ばかりではないでしょ。私の人生経験でも黍団子を賜れた人には会ったことがないの。普通の人が真剣に求めても軽く四半世紀以上はかかると思えるのよ。

 

しかしそのような悠長なことはもう言っていられないのではないかと思うから、私の経験をすべて書いておけば普通の人でも真剣に求めれば三分の一くらいの時間短縮はできると思うのよ。もうほとんど書いてしまっていて、これまでの記事で黍団子を分けていただくための方法はブログ内に凝縮して詰め込んであるはずなの。

 

私のことを書いておくとね、どうやら生まれた時から神様の空気を読まされていたようなのよ。物心ついたときには人前で自己紹介にも窮するくらいの演説恐怖症でそれは今でもおそらく直っていないの。それはシャイとかを通り越して完全な恐怖症なのよ。たぶん一生直らないわよ。このブログを書いていてその正体がわかったから。

 

百鬼夜行の鬼ヶ島に生まれてその夜叉の群れに注目されて、何かを語らなければいけないとしたら怖くて喉が閉塞しそうになると言えば想像できるでしょ。その夜叉たちの右の手か額には六六六と刻印されているのよ。そのように神さまから空気を読まされていたの。

 

その夜叉たちは神さまを黙殺して賜物を受けず、この世を終え征伐される鬼の群れなのよ。そのような感性を生まれつき持たされていたの。

 

そんな私の得意技は読解力だったのよ。勉強なんか適当にしかしてこなかったから成績はいつも中くらい。さすがに下位はまずいと思っていたから適当にはしていたの。でも国語だけはいつも上位。だって教科書に書いてあることなどスラスラと読めてしまうのだから、あとは漢字の書き取りだけしていれば100点満点はいつも射程内なのよ。漢字の書き取りなど瞑想をしているようなものだったから嫌いではなかったしね。たまにさぼると100点取りそこなう程度だったの。

 

それでも作文だけは大の苦手だったのよ。何書いてよいかさっぱり頭に浮かんでこないという体たらく。しかし私が世の中に言いたいことはこのブログに書いているようなことだったのよ。それが見えていなかったのだと気が付いたの。見えるようにしてくださったのはメシアなのよ。そして持病も二つほど直していただいたわよ。

 

信じる盲人の目を開け、病を癒されるというのは本当のことなの。だから死んだ人を生き返らせるということも信じられるの。そこまで信じることができれば黍団子は無理なく分けていただけるわよ。

 

そのような私の生地が八八八の横須賀なのもなにかのご縁なのよね。産土様は八幡様だし、89並びだし。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

この国が魔訶般若の仏国土であると飲み込めたかしら。だからメシアの御言葉の二匹の魚と五つのパン、あまったパンくずの十二かごでお祭りがおこなわれているの。それを古事記では二柱の一人神と五柱の夫婦神で神代七代の十二柱としているの。

 

7375-300x225


 十二月と六月が重要な大祓で二匹の魚、二柱の一人神なのよ。それはイスラエルの二支族であるユダ族に対応しているでしょ。このユダ族にメシアが降誕されたでしょ。

 

残りの十か月が十支族で、対角上で夫婦神となっているのよ。それが五つのパンなの。その夫婦神の七代目が伊弉諾尊と伊弉冉尊なの。それはクロスの横木の三月と九月以外にはあり得ないでしょ。お彼岸であり桃の節句であり重陽の節句の陰陽なのよ。そしてクロスは心御柱で天照大御神の柱でしょ。伊弉諾尊の禊で生まれたのが大御神だからそうなるのよ。

 

残りの月の夫婦神の陰陽を一つずつ見ていけば大御神の神道の全貌、その根幹は理解できてしまうのよ。

七日 (3)

 

それは古事記と聖書の根幹でもあるわよ。根幹が理解できれば枝葉はいやでも茂るでしょ。

 

そのようなお祭りで成り立っているのだから、魔訶般若の仏国土以外の何物でもないの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽



宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

お伊勢様の神宮歴に併記されている皇紀と西暦と元号はそれぞれ貴船歴と御柱歴とそれぞれの天皇の斎主歴だったでしょ。

 

20200610_074648 (2)

 

この三柱の暦の型示しがこれなのよ。

 

0fc8d0c9

 

貴船と御柱は判るでしょ。問題は斎主であるケルビムなの。一対のケルビムはこの国の暦上の天皇陛下と皇后陛下なの。それをクロス上に展開してみると、

 

7375-300x225

 

四神は天照大御神と天皇陛下と皇后陛下と皇太子殿下なのよ。だから三月と九月のお彼岸の中日に皇霊祭が黄櫨染と十二単で斎行されているの。式神様と十二の御遣いのお彼岸への渡御のお祀りなのよ。そしてその渡御の絵柄がこれ。

 

514626X1KVL._AC_SX466_

 

乗り込んでいる七福神はその聖数七という数でケルビムを暗示しているの。それを三柱の暦に対応させると斎主歴は七、御柱歴は八、貴船歴は九という数なのよ。七八九の三位一体なのよ。このことは十種神宝の中に隠されているでしょ。

 

その暦のもとになったカバラの暦の重要なお祭りが三五七なの。その暦の後半の五六七で弥勒菩薩が降臨し、やがて阿弥陀如来の時代が訪れると預言されていたの。カバラの数霊にもかなり重要な意味が秘められているのよ。

 

そして七七七の書である黙示録で六六六という数霊が黙示されて、読者よ悟れとヨハネにより書かれているの。

 

だからこの七という数がわかればすべて紐解けるのよ。それは斎主である天皇陛下と皇后陛下の数だったでしょ。この聖数七は聖霊の関与するあらゆるところに現れるの。それは三月三日の七段飾りと七夕の織姫と彦星の数でしょ。黙示録に書かれている最大の祝福が子羊の婚宴でしょ。婚宴が七つのお祝いなのよ。

 

しかしこのお祝いには六六六という呪いが付きまとうの。それが八八八と九九九で結ばれる呪いと祝福なのよ。モーセはそれを悟って申命記にそのように書いていたの。

 

八八八は古事記の倭建命と弟橘姫により示されていたの。その示されていた海から獣が上がってきたの。そして獣の時代が極まった時に九九九の預言が的中したの。天から地に堕とされし驚愕の大王の預言がグランドクロスと共に的中したの。

 

それを的中させたノストラダムスはイッサカル族の末裔と思しき預言者なのよ。弥勒菩薩を的中させた仏陀と同じく十支族の預言者なのよ。ここにも十種神宝が隠れているでしょ。

 

そして驚愕の大王の正体が妖怪釣瓶落としだったでしょ。この釣瓶落としは伊弉諾尊の投げた桃により行われているの。三度行われるはずの鬼の征伐なのよ。

 

そのお祀りが五月五日の端午の節句のお祀りなの。桃太郎さんの剣は金太郎さんのまさかりでもあるのよ。

 

故に七五三の七つのお祝いは婚宴と鬼の征伐の表裏一体なの。征伐される鬼の右の手か額に刻印されるのが六六六印と黙示されていたのよ。

 

天神様の細道を通していただいて七つのお祝いのお札をお納めして、黍団子を分けていただかないと、伊弉諾尊から桃を受けそこない、桃源郷に成仏しそこなうの。

 

最後の一人が黍団子をお受けするまで待つようにとヨハネは幻により示されたと黙示しているわよ。

 

その時を記す暦が三柱の暦でそれは神様の戦車の車輪でもあるのよ。

 

歴史の歯車は刻一刻と刻まれているでしょ。羊は羊飼いの声を聞き分けるの。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

999のグランドクロスから二十年後なのよねCOVID-19って。二十年と言ったら神宮の式年でしょ。それが御柱歴2019年で17年には八幡様、18年には高千穂町、19年には中国の武漢市でしょ。そして2019年は斎主歴の令和元年だったの。すべて四神相応のグランドクロス上で示されるのよ。

 

grandcross (1) 

 

 999のグランドクラスについて知らない人は「ノストラダムスの預言の本当の意味」でネット検索してね。

 四神相応のグランドクロスはこの形に置き換えられるの。

 

7375-300x225

 

この年月日時のクロスに1999年以降311911のくぎが打ち込まれたのよ。それは桃の節句と重陽の節句の横木だったの。このクロスの縦木の頂上には「ナザレのイエス ユダヤの王」という銘板が打ち込まれているの。以上のことを加味して推理すると、COVID-19が縦木の足に打ち込まれた釘と推測できるでしょ。

 

それが人為であっても神慮であっても同じことなの。この御柱に磔にされたのが式神さまで藁人形と表裏一体なのよ。この暦のクロスは年月日時を網羅しているでしょ。そこには二匹の魚と五つのパンで余ったパンくずの十二かごと、二柱の一人神と五柱の夫婦神の十二柱の神代七代まで網羅されているでしょ。わかるかしら。

 

この暦上で毎年毎月神道のお祭りがおこなわれているのよ。

 

そしてそのクロス上に初めて四神があらわされたのがノアの洪水の時だったの。ノアと三人の息子のセム、ヤペテ、ハムがその始まりなの。その次は主なる神とアブラハム、イサク、ヤコブなの。そしてそのヤコブの四人の嫁が四神相応となった時にイスラエルの十二人の子が生まれたのよ。だからクロス上の四神と十二という数は切り離せないの。見逃せないのはこの時の四神の結節点で中心がヤコブすなわちイスラエルだということ。

 

ヤコブのエジプト逃避の時はヤコブとヨセフ、ユダ、ベニヤミンがその四神だったの。モーセの出エジプトではYHWHとモーセとアロンとヨシュアが四神だったの。カナンの地においてはYHWHとサウルとダビデとソロモンが四神だったの。

 

すべてイスラエルの十二支族が付き従ったでしょ。そしてソロモン以降に二匹の魚と五つのパンが切り離され、二支族と十支族が分裂したの。そして五つのパンである十支族が神隠しにあい、残された二支族にメシアが降臨したでしょ。

 

その十支族から出た預言者が十大弟子を率いた仏陀だったのよ。その後メシアがグランドクロス上で贖いの業を行われたの。付き随ったのが十二弟子で四神はナザレのイエスユダヤの王と手足となったペテロとヨハネとヤコブだったのよ。

 

それらすべてが八咫鏡に秘められ神道のお祀りとなったの。これがお釈迦様の魔訶般若波羅蜜多を土台とした神道の般若波羅蜜多なのよ。お釈迦様の悟りの土台になったのがイスラエルの命の木のカバラだったの。

 

その命の木のカバラはノアのグランドクロスの時にセムの天幕に広まっていたのよ。だから命の木のセフィロトとパスはアブラハムから数えた十代目の預言者ノアとそれからヨベル書で十二代後のイサクの二十二という数からなっているのよ。

image

 

アブラハムの十がクロスの型示しなのよ。モーセの十戒の十も同じよ。十種神宝の十なの。このクロスは十二という数と切り離せないでしょ。公転と自転と月の公転で年神様と日の神様と月の神様なの。素戔嗚尊と天照大御神と月読命なの。イスラエルの十二と切っても切れないの。

 

だからこのクロスに藁人形が打ち付けられても、伊弉諾尊が投げた桃から生まれた式神様に黍団子を一つもらって鬼の征伐についていけば、怖れるに足らずとなるの。

桃はあと二つ投げられるでしょ。

 神道は魔訶般若の八咫鏡に映さないと読めないのよ。

 そして読めなければ鬼として征伐されるの。日本の神様侮ったらだめよ。

c54e7cc1786761c21aa666dbad3ca050阿吽


宗教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

妖怪釣瓶落としが飲み込めた人は神道とは何か飲み込めたのではないかと思うのよ。神道において倒語(さかしまごと)で語られている事とは、お釈迦様がお示しになられた二本目の矢を避けるための警告なのよ。その警告はメシアが地上に来られた時にその口から語られていたの。

 

滅びに至るものの方が多いのだから狭き門から彼岸に渡れと。ところがこの世はその警告を無視してまるで玄倉川の水難者たちのようでしょ。メシアの御言葉を聞きいれたつもりになっている人でさえ肝心なお釈迦様は無視しているからね。梵天から灌頂されていたお釈迦様が父から遣わされた誓約のお使者だったの。

 

成仏かお陀仏かの誓約なのよ。藁人形か式神様かの誓約なの。お目出度の鶴亀か釣瓶落としかの誓約なのよ。二択なの。

 

生きていくには様々な選択肢があるでしょ。その選択肢は神仏の二択に比べたら二の次三の次のはずなのよ。涅槃の八正か六道の煩悩かということでしょ。

 

それをグレーゾーンとして遊んでいたら完全にお陀仏でしょうに。警告に耳を傾け避難するか遊び続けるかの二択なの。何が起きようと自業自得なの。警告を無視した水難者たちは世間から同情されなかったでしょ。それがノストラダムスの預言的中の時期に起こっていたことなのよ。

 

私の見るところによると預言の時に天に現れていたグランドクロスは、令和の今年になって地上のグランドクロスとなっているわよ。そのような時代に入ってしまっている事はすでに多くの人が感じているはずなの。多くの人が感じているということはもう増水が始まっているということでしょ。

 

しかしどのように逃げたらいいのかわからないものだから中州にとどまってしまうのよ。みんな一緒だから安全と脳が正常性のバイアスを働かせるの。

 

今の時代はねみんなと同じ考えでは危険なの。増水が始まっているでしょ。そろそろ大詰めでしょ。

 

誰しもが一本目の矢を受けるのだからそれは置いておいて、二本目の矢から避難することに専心しなければお陀仏となるの。

 

みんなのことを気遣う気持ちはわかるけれど囚われていると逃げ遅れるわよ。

 

盲人よ、まず自分の目の中にある材木を取り除けなの。そうすればよく見えるようになって人の目にあるおが屑を取り除けるようになるであろうなの。

 

人のことを気遣うのはメシアの御言葉に従い自分が彼岸に避難してからなのよ。そうしないと妖怪釣瓶落としの巻き添えを食らいかねないの。そこに釣瓶落としの罠があるのよ。阿吽


special07

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

八通りのたぶらかしだけれどね、偽預言者や神示やチャネラーや宗教がその専売特許ではないわよ。そのようなスピリチャルに無関心な層が一番厚いでしょ。無関心だから安全かというとそうではないでしょ。

 

その一番厚い層を担当しているのがマスコミと言われる業種でしょ。この国では国学はとうに駆逐され、本当の愛国者たちはとうの昔に公職追放でパージされ、獣の国から入ってきた学問に席巻されているでしょ。

 

この国はすでにその獣のことを忖度しないとあらゆる分野で指導層とはなれないのよ。そのような指導層を忖度しなければマスコミは報道できないの。しかし誰しもが自分至上主義で、まさか獣の片棒をかつがされているとは気が付いていないから、主張の違う相手を見つけ片棒担ぎ同士で議論や内紛しているだけなのよ。

 

そのような指導層を顎でつかう支配層が陰に隠れて漁夫の利をあさるために、陰謀を企てていると陰謀論者の人たちから見られているの。

 

そのようなスピリチャルの世界の人たちから陰謀論者、何も関心のない一般の人たちまで全てを八通りにたぶらかすのが、竜と獣と偽預言者の三馬鹿トリオだと黙示録のヨハネが晒していたの。

 

しかし現代はこのトリオに完全に憑依されているでしょ。古事記はそのようなことはお見通しで龍神様に憑依している八岐大蛇がやがて素戔嗚尊に退治されると預言しているの。

 

何故そのようなことが可能かと言えば、すべてが仏様を灌頂した梵天という神様に掌握されているということがわかっているからなのよ。

 

直近のことで言えば二十一世紀に起こるハルマゲドンはノストラダムスのグランドクロスが先見していたでしょ。これは梵天の関与が無ければ不可能でしょ。

 

今日のコロナ禍もそのように前触れがあったわよ。十七年の暮れに八幡様で凶事が勃発し、十八年の暮れ近くに宮崎県の高千穂町で凶事が勃発し、コロナウィルスは十九年の暮れに中国で発生していたでしょ。その年は令和への代替わりの年で、初めて令和として年神様をお迎えした次の年には世界中にコロナウイルスが蔓延してしまったの。ななやここのたりの神宝十種の暦なのよ。

 

天皇陛下はマスクをしなければ国事行為に臨めなくなったの。現時点では先帝が裁可した納采の儀は滞り、立皇嗣の礼まで滞ってしまっているでしょ。何も感じない人は感じないのでしょうけれども、お目出度いはずの令和への御代変わりに際してざっとこれだけの事が起こっているからね。

 

八幡様と高千穂町なの。梵我一如の境地にいる鴉は神宝十種の天照大御神の倒語(さかしまごと)だと感じるはずなのよ。

 

藁人形をつかまされてしまっている許嫁には倒語(さかしまごと)をそうと理解できないはずなの。梵天から身内と見做されないと無理よ。

 

阿吽



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

精神世界ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

今日は御彼岸の開けでしょ。お彼岸が何を意味しているか飲み込めたかしら。貴船である契約の箱が川の真ん中にとどまり契約の民を渡河させたということだったでしょ。

 

この貴船を率いたのが命の木の神様で心御柱の神様だったでしょ。契約の民が川を渡り終えたら水があふれ道は閉ざされたの。それがノアの洪水であり、エジプトのファラオの軍隊の溺死だったでしょ。心御柱の神様に逆らい藁人形をつかまされるとお彼岸への渡河に失敗するのよ。

 

平成の時代に日本人は、それと知らずにその映像を見せられているわよ。1999(平成11)814の玄倉川で。それに先立つ1995(平成7)320は地下鉄サリン事件があったでしょ。

 

この事件では首謀者たちがハルマゲドンを引き起こそうとして藁人形をつかまされたのよ。

 

どうしてそのように見えるかというと魔訶般若の八咫鏡に映されてしまうからなのよ。この八咫鏡を通して見ると神様の戦車と、方位版と時計版や日本のお祭りの暦が、命の木を透過して見えてしまうということをたくさん書いてきたでしょ。

 

玄倉川とは玄義の倉の川と読めるでしょ。それをカバラで読み取ると玄義である隠されたマナの倉の川で、真名井の川なのよ。この河を渡り損ねるから藁人形をつかまされるの。

 

その事故が起こったのが1999年の夏なのよ。この夏はノストラダムスにより預言されていた夏だったでしょ。何が起こっていたかというと太陽系の惑星のグランドクロスだったでしょ。天の四神を指し示す十字架に太陽系の惑星が整列し、その中心が地球だったのよ。

 

それが四神相応の神様の戦車、メルカバーだったでしょ。地球がグランドクロスに掛けられていたの。それが玄倉川の夏に起きていた暦上の出来事なの。

 

そして、平成の時代に二十一世紀に突入したの。そうしたら1999年の夏から3年目の2001(平成13)に天照大御神の心御柱が出てきてしまっていたのよ。

 

陰謀論など持ち出す気はないのだけれども、日本人が見過ごしていても、このことを他国の諜報機関が見過ごしにしているとは考えられないでしょ。それほど重要な情報でしょ。

 

その年の九月に911が勃発しているの。そしてまた世界が大きく変わってしまったでしょ。

 

9・11陰謀は魔法のように世界を変えた
ジョン コールマン
成甲書房
2003-08T


 

その十年後に今度は311が勃発したのよ。

 

3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
2011-04-20


 

私も世の中の動きには敏感だったから陰謀論には引き付けられていたわよ。

 

イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔
フリッツ スプリングマイヤー
ベストセラーズ
1998-07-01



300人委員会―「世界人間牧場計画」の準備はととのった!!
ジョン コールマン
ベストセラーズ
1999-04-01


 

でもね、その現場で起こっていることなど、その道のプロが引き起こしていることなのだから、おいそれと真実など表に出てこないのよ。情報攪乱のためのプロが活躍する現場なのよ。情報提供者がどちらの側に立っているのかさえ疑わなければいけない世界なのよ。

 

今の私はその世界をどのように見ているかというと、竜と獣と偽預言者により藁人形をつかまされている人達の世界なの。この人達はこの世の終わりまで魔訶般若波羅蜜多を逆立ちしても悟れない人達なのよ。

 

そのような世界は奥を探ろうとしてのぞき込んでも人間の愚かしさしか見えてこないでしょ。面白くないことこの上ないのよ。だからばかばかしくなり関心を失ったの。

 

そのように俯瞰して見ているうちに益々八咫鏡に奥深いことが映し出されるようになり、人は魔訶般若による達観を迫られるのよ。

 

いくわよ。

 

メシアがこの世に来られて命の木について解き明かされ、復活した時に、竜と獣と偽預言者が大活躍していたでしょ。それは西暦の紀元と紀元前をまたいで起こっていたの。

 

それはこの国の激動の時代にも起こっていたでしょ。二十世紀への移り変わりをまたいでいたのよ。そして平成の時代に二十一世紀への移り変わりの時代をまたいだでしょ。

 

ノストラダムスのグランドクロスにより預言されていたのよ。メシアが現れる時、竜と獣と偽預言者が大活躍し、パリサイ人がメシアを藁人形として十字架に釘付けにしようとするのよ。それが2001年から今年にかけて起こっている事なのよ。

 

事件の日付を細かく見ながらカバラの数秘術に照らすといろいろなことが見えるでしょ。一つ一つ取り上げるときりがないから大枠だけ書くわよ。

 

91131111という数がネックになっているの。2011年は1999年から12年後なのよ。十二人の使徒の内一人が裏切りメシアの十字架の時に使徒は11人だったのよ。その後くじ引きで補充され十二弟子が回復されているでしょ。

 

2012年にはマヤ歴終焉の年でノストラダムスの時のような騒ぎが一部にあったでしょ。それはメシアの十二歳の時の神殿での出来事から二千年目なのよ。この神殿で梵我一如が暗示されていたでしょ。

 

そのように読み取り全体を俯瞰するとね、2001年に心御柱のメシアが現れるとその同じ年にいきなり藁人形の釘の一本目が911として打ち込まれたのよ。それから十年後の2011年に二本目の釘が311として打ち込まれたの。そして藁人形の両手が横木に磔にされたの。

 

それから十年目の2020年に縦木に吊るされた藁人形の足に三本目の釘が打ち込まれたのよ。コロナ禍が陰謀かどうか知らないけれども、生物化学兵器によるテロであったとしても、もうすこしも驚かないの。

 

天皇陛下がマスクをしなければ国事行為に臨めないというふうに世界は変えられてしまったでしょ。もう全世界の王がメギドの丘に召集されてしまっているでしょ。私には正真正銘のハルマゲドンのように見えるのだけれどもどうかしら。

 

それは1999年に天象として表されたグランドクロスが預言していたのよ。しかしね、そのグランドクロスはメシアがこの世に来られた時に既に完成していたでしょ。そのグランドクロスを預かった神鳥たちが神道を立ち上げ、その神道の暦の中にそれは示されてきていたの。大祓の十二月と六月の縦木に三月と九月のお彼岸の横木がかけられ、そこにかかられた式神様のお名前は心御柱と共に皇大神宮がお預かりしていたということなのよ。

 

そのお名前が出てきたらまた竜と獣と偽預言者の時代が始まり、神道のグランドクロスの横木であるお彼岸の三月と九月に藁人形のくぎを打ち込んでいたのよ。

 

藁人形をつかまされないように最上部に打ち付けられている式神様のお名前にしっかりとしがみついていなければいけないの。

 

ヨハネによる福音書 19

9ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。それには、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書いてあった。

 



 

 カバラの知識だけをいくらたくさん頭に詰め込んでも、式神様をその様にお定めになられた魔訶般若波羅蜜多の神様を同時に礼拝できなければ元も子もないわよ。聖書に御言葉としてすべて書かれているわ。



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ