天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 天孫族

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 あなたたち広島と長崎が天罰だったと気が付いてないでしょ。

もしそれが天罰だったとしても、何で神様が怒ったかわからないでしょ。


 神様ももうすこしわかりやすくして下さればいいのに。

でも仕方ないのよね。

神様はこの日本の国が何でできたかさえも日本人に知らせないし、

空気を読める人間にしか知らせる気がまったくないのよ神様は。


 だから私も空気読めない人間にくどくど教えるの馬鹿らしくなったわ。

だから少しでも空気読める人のために書くことにしたわ。

肩の力抜かないとやってられないわほんと。

 

日本人はね天孫族なの。

その天孫族は神様の契約により天孫族とされたの。

だから勝手に天孫族でない他国を天孫族に併合なんかしたら契約違反なのよ。

しかも日本の軍人というのは戦争末期に、若い戦闘員に神様が最も嫌う水杯を受けさせ、
神風(しんぷう)などと言って気取っていた空気の読めない、
ほとほと困った人たちだったでしょ。


 神様の歴史は聖書に書かれてるでしょ。

ベストセラーだからみんな知ってるわよね。

その神様の歴史書に記されている契約がこの天孫族の日本で継続しているの。

だれも気が付いていないけど神様との契約はこの日本で現在進行形なの。


 その契約とは一体何かなのよ。

それは聖書をよく読まないとわからないわ。

わかっている人たちがこの国を立ち上げたんだけれども、

その人たちの家系の子孫は判っていいても

神様をお祀りすることしかしないの。

わかっているから現代社会の政治なんて薄汚いことで、
手をよごそうとしないの。


 そんなだからこの国の政治家はまさか日本が、

聖書の契約を古事記において引き継いでいる国だなんて思わないでしょ。

だからまたやるわよ。もうはじめてるわ。

日本の軍部が敗戦の泥沼を招いたようなことまたやるわよ。
変わっていないどころか、もっと悪くなっているからね。


哲学・思想ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 あまり政治がらみのことは言いたくないが、
昨今の日本では在日の人たちを悪しざまにののしる。
すべては日本人が蒔いた種である事を悟らない。
その付き合い方が天孫族にとりふさわしいものではなかったが故に、
天から二度の懲らしめを受け敗戦に至ったと悟らない。
懲りない面々なのだ。

 

 天孫族とはだれか。
それは天照大御神の皇孫である瓊瓊杵尊となっているが倒語だ。
天津神による契約を受けたアブラハムの孫イスラエル族だという事を秘め隠している。
古事記を読めば瓊瓊杵尊と木花昨夜姫、岩長姫の物語が、
イスラエルであるヤコブ、レア、ラケルの物語とそっくりだとわかる。


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ