天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 薬師如来

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 私ね、聖書一本やりで求道していたから仏伝なんて深く学んだことなかったの。でもね、ある時キリスト・イエスのことで御霊に感じ、神気にうたれた時があったのよ。その時にこれってもしかしてお釈迦さまが御説きになっていた解脱と関係ある?とふっと思ったのよ。そうして瞑想してみたら関係が大ありだったの。そのことは他の記事でも書いてきたけれども、だからと言って仏伝なんかいまさら深く学ばなくても別にいいわ、仏陀の預言した弥勒菩薩から助け手を送られてしまったらもう必要ないでしょと思っていたの。

 

そして二つ前の記事で「この世に息があるうちにお迎えを受ける」なんて記事を書いてしまったら、ああ、もう私もこの世のものではないわとあらためて実感したのよ。でもね、イエスやお釈迦様が御説きになったことはこの世に対する執着を捨てなさいということなのよ。この世に対する執着を捨て得た時に初めて高天原の父からお迎えが来るのよ。生きているうちに。

 

イエスの聖書にはそのことが記されているわよ。仏伝ではそのことが梵我一如として伝えられているでしょ。聖書も仏伝も世界宗教よね。でもね、私は、宗教は極めてこの世的な生業に属していて、宗教では命の息があるうちにお迎えを受け、梵我一如を実感することは不可能だと思うの。

 

キリスト教の誤謬は神を三位一体としたことよ。そんなこと宗教会議で決めるという感覚が私に言わせればお陀仏。そして仏教についても改めて考察し始めているのだけれども、仏教は釈迦を如来として神の上位に置いたでしょ。ヒンズーで示されていたブラフマより上位の如来としたでしょ。それが十大弟子の悟りにより仏伝として伝えられ、世界中で釈迦を崇めているでしょ。それじゃあ解脱は釈迦しかできないわけよね。

 

そして解脱は釈迦にしかなし得ない魔訶般若として権威付けし、その権威で生業を立てているでしょ。それが仏教なの。そのように観世音したからよく考えてみたの。現状で分かったことを私見として書いておくわね。菩薩とは将来御父のもとで復活を約された解脱者たち。釈迦もこの範疇なのよ。如来とは菩薩としてこの世に来た弥勒菩薩が御父の御旨に従い救世の大業を成し遂げられ、この世で死を受けながら三日目に如来として復活して当時の菩薩たちの前にそのお姿を現したことを物語っているの。

 

そのお姿を見たわけでもないのに見たのと同じように信じ、悟る者に神様からお使者が遣わされ来世で高天原の神宮におかげ参りを許される菩薩としていただけるの。菩薩たるも如来たるもすべて神の御旨に沿い奉るか否かにかかっているのよ。だからイエスは父の御旨を行う者が天の国に入ると御言葉したの。

 

キリスト教も仏教もつまずいているでしょ。神道は飲み込んでいるわよ。キリスト・イエスは菩薩行を終え如来となられたから当時の菩薩にしかそのお姿を現さなかったの。それが岩戸開きだったの。天照大御神の岩戸が開け、弥勒菩薩が永遠の命をもたらす薬師如来となられたことを古事記は、神道は、この安国の国生みとして伝えているの。見たわけでもないのに、まるでそれを見たかのように信じる者にならなければ如来をお遣わしになった父なる神からお迎えを受けることはできないわ。天照大御神をお遣わしになった尊い神様がいますことは古事記にはっきりと記述されているわ。というのが現状での私の理解。参考になればいいと思うけれども、お迎えを受けながらこの世に留められているということは、まだ学びが足りていないということだから至らないところは大目に見てね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)


 さて今日も記事かくわよ。

今日は何書こうかしら。

あっ、そうそう。最近筆者のキャラ変わったでしょ。

気が付いてる?

論文調の文書でもいいんだけどかたい感じがするでしょ。

とってもかたいこと書いてるから、肩ひじはって疲れるし。

もうすこし柔らかい食べ物のほうが食べやすいんじゃないかって思ったの。

書きたいこと、伝えたいことの種類によってキャラかわるわよ。

理解してね。

 

今日はね、まだ何書くか決まってないの。

考えながら書いてるの。

書くことは沢山あるのよ。

黙示録を書いたヨハネも言ってるでしょ。

全部書いたら世界中の図書館にも納めきれないって。


 私は神様仏様のことしか書かないからね。

もう他のことはどうでもいいやって思ってるの。

捨て鉢じゃないわよ。

世間虚仮唯仏是真(せけんこけゆいぶつぜしん)なの。

空境涅槃梵我一如(くうきょうねはんぼんがいちにょ)なの。


 これって外来語の意味に漢字当てはめたんだけど

この二って日本語に変えようと思っても無理よね。

もともとの日本にはない考えだからよね。

魔訶般若波羅蜜多(まかはんにゃはらみった)なんてのもあるわよね。

これはね偉大な悟りの智慧の完成って意味なんだって。


 でもね日本の神道はそのこと隠しているけど、

悟りの智慧の完成なんており込み済みなのよ。

当たり前なのよ神道にとっては。それがなければ神道も日本もないの。

この偉大な悟りの智慧の完成をした人が仏陀でしょ。

この偉大な悟りの智慧の完成をした人が解脱者なの。

仏陀はこの解脱の仕方を教えた人よね。


 でもねあたしはこの解脱っていう言葉あまり好きじゃなの。

開眼っていう言葉の方が好きなの。目を開くってことよね。

その方法が仏教の経典にかかれてるのよね。
でもね仏教では開眼者は仏陀しかいないと教えてるでしょ。

それがそもそもの間違いなのよ。


 聖書を書いたのは預言者でしょ。

この預言者はその昔は先見者っ言われていたって聖書に書いてあるわ。

預言者より古いんだから相当昔のことよ。


 そしてね預言者っていうのは神様から言葉を預かり

神様の意思を伝える役目だったの。それがね先見者だったの。

人より先に神様のことを見てしまったという事でしょ。

そしてその見てしまったことを伝える役目でしょ。

そんなことできるんだから開眼者でしょうに。


 その開眼者の中でねその開眼の仕方を人々にわかりやすく

教えるように梵天という神様からお願いされたのが仏陀釈迦牟尼でしょ。

仏陀は開眼の仕方はっきり教えてるわ。弥勒菩薩が降臨して世を救うっていったのよ。

この弥勒菩薩が人々を開眼させるって言ったの。


 そしてその弥勒菩薩が降臨して

「よく見えるようになるように私から目薬を買いなさい」っていったの。

でもねだれも買おうとしないから見えないままなのよ世間は。

この弥勒菩薩から目薬買う人はみんな見えるようになるの。

聖書の預言者たちに目薬買わせたのは私だとまで言い切った人よ。


 どういうことかわかる?

開眼者はみんなそのこと知ってるわ。

開眼者には当たり前なのよこの人からでなければ目薬買えないのは。


 でねこの人から目薬を買った人が大量に表れた時代があったの。
その人たちなんかそのおかげで肉眼で神さま見ちゃったの。
本物の先見者たちよね。

その人たちとその子孫がこの国を作ったの。


 だからね偉大な悟りの智慧の完成した国がこの国なの。

でもねそのことは言挙げせずに倒語(さかしまごと)で語るように

神武天皇が仰せになったの。そう日本書記に書いてあるわ。


 だからこの国では弥勒菩薩を天照大御神としてお祀りしているの。

この弥勒菩薩は目薬を施薬する薬師如来でもあるの。

わたしなんか病気みんなこの人に直してもらってるもん。ほんとよ。


 でもね目薬を買っていない人はそれが見えないだけなの。

大学者たちもみえてないわよ。目薬買ってないもん。

わかるでしょあたしが何でこのブログ書いているか。

締め切りに間に合うように早く目薬買いなさいよ。

さあ一本書けた。記事のタイトル何にしようかしら。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村


哲学・思想ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 開眼者が言葉を発しても人を開眼させられない。
開眼者にできることは人の目にあるちりを払うことぐらいだと聖書にある。
しかしキリストは違った。弟子を開眼させ神の道を後世に顕した。
キリストの言葉が目薬だ。
目を開かれる。

 

 現世では盲人が先生と呼ばれる。キリストや仏陀の言葉を大学で教えても無益だ。
人伝の学問では開眼しない。盲人が盲人を手引きすれば双方とも
穴に落ち込むとキリストは言った。このキリストの言葉が弥勒菩薩の言葉であり、
薬師如来の施薬だ。はっきりと見えるようになり見えていなかったことを悟る。

 

 開眼者は盲人にあなた見えていませんよと注意を促すことしかできない。
盲人は自分が盲人と知らずに穴に落ちる。
危険を察知した盲人が開眼するための最良の方策は
薬師如来から目薬を買うこと。薬師如来はこの目薬を喜捨して施す。
すべての盲人が乞食に訪れるのを今や遅しと待っているのだ。


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ