天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 密教

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

羊飼いの声を聞き分ける時にはその妨げになる煩悩の滅却が絶対に必要なのよ。その作法が解脱でしょ。前の記事に書いたけれど女性は解脱を必要とされていないわよ。解脱の助け手としての悔い改めが必要なの。それはメシアに対する信仰があればさほど難しいことではないでしょ。

 

問題は男の解脱。これは阿修羅君たちが独自の瞑想で悟ればよいと思って今まで書かなかったのだけれど、もう日取りが大分押しているのだから阿修羅たちの解脱の時間短縮のために書けと神様がおっしゃるの。だから書くわ。

 

男の目から見た女性の美が最大のネックなの。花鳥風月の美に目を奪われることはあるけれど欲情しないでしょ。女性の美は男にとっては花鳥風月の美をはるかに凌駕しているということなのよ。その故に風俗産業が繁盛しているの。男の煩悩にその需要があるからなくならないの。

 

そのような男の煩悩に対してイエスは「右の眼が罪を犯すのであれば抉り出して捨てなさい」と御言葉したの。自分の妻以外はすべて他人の妻でしょ。その他人の妻に対して目で犯す罪のことをイエスは言っていたでしょ。

 

では右の眼を抉りださずに済ますにはどうしたらよいのか。私は瞑想しながらそれを考えていて抉り出さずに済ますことに成功したわよ。だから書けるのだけれども。なぜ女性の美は男性にとって花鳥風月の美をはるかに凌駕しているのか。一歩間違えばその虜になり、犯罪を犯しかねないそのような危険性をはらんでいるのかなのよ。毎日一歩間違えた人のニュースが後を絶たないでしょ。

 

  ここでもその鍵を握っているのはアダムとイブなの。このブログでもう何度も書いていることなのだけれど男女にはね創造主と救世主の主従がまず初めに反映されているの。創造主である神様が「光あれ」という言葉を発して救世主である光の神様が生まれたの。救世主であるイエスは御父の子なの。男と女はこの父と子の似姿でありそこには主従の関係があるの。そして従者であるメシアの光が女性に反映されているの。このメシアの光とはカバラの命の木で示されているように慈悲の光なの。

 

そのようにしてイエスという救世主の光のまぶしさが女性の美に反映されていると理解したら、イエスに従うことを決意した従者は女性の光を見てどう反応するのかしらという問題なの。すべてが他人の妻であるのだから欲情の対象ではありえなくなるでしょ。そこには花鳥風月の美を凌駕した聖性の美であり慈悲の光が誰にも知られずに秘められていたのという理解。


 そこまで悟れればもう右の眼を抉りだす必要はなくなるわよ。だからと言って男性が生殖能力をうしなうわけではないでしょ。でも生理現象をともなうから次第に体を慣らすということは必要かもしれないわよ。

 

そうして初めて男と女の関係に次の段階のメシアと僕の関係が反映されていてそこに救いがあると理解できるのかもしれないわね。

 

このようなことは瑜伽タントラの密教を意識しながら、シバリンガを瞑想の対象とすることから私は入っていったわ。最終的にはやはり虚空蔵の求聞持法で悟らせていただいたということになるのよね。羊は羊飼いの声を聞き分け悟るの。それが永遠のお約束なの。

 

このようなことも教会キリスト教や葬式仏教では教えてくれないでしょ。だから奴隷船の中の宗教なの。

 

お釈迦さまは「ただ座れ」とお諭しになったの。下船した後の瞑想が一番効くわよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

最近よく虚空蔵求聞持法について書いているでしょ。でもね、私はキリストの言葉が飛び込んでくるまで仏陀の解脱なんか一切意識したことなかったし、当然密教の虚空蔵求聞持法なんか知らなかったのよ。

 

虚空蔵菩薩とは明けの明星の化身とされているらしいのだけれど、空海上人が求聞持法を修した時に金星が飛び込んできたらしいのよ。前の記事でも書いたけれど「勝利を得る者には明けの明星を与える」と御言葉したのはイエスなの。空海上人は唐に行き景教を通して聖書を学びその御言葉は知っていたはずなの。

 

その求聞持法なのだけれど、密教の真言マントラをある場所で百日間に百万回唱えると、あらゆる経典を記憶し、理解し、忘れることがなくなるというものらしいのよ。でもね、密教のマントラなんかわけのわからない発声の羅列で、そのようなものを百日間に百万回唱えるなんてばかばかしいと思うでしょ。中には現代でも修する人はいるらしいのだけれど。

 

私はねそのような密教の真言マントラなんか知らなくても虚空蔵求聞持法を修することは市井の片隅に生きる凡夫でも可能と思っているの。明けの明星はイエスの暗喩で金星が飛び込んできたというのはイエスの御言葉が虚空蔵菩薩の言葉として飛び込んできたということなの。私その経験してしまったもの。

 

「私の肉を食べ、その血を飲まなければ天の国には入れない」というイエスの御言葉が真言なの。私の場合は「私を見ないのに信じる者は幸いである」という御言葉が飛び込んできたの。聖書なんか何度も読んでいるから何度も目にしていた御言葉のはずなのに初めてその時はっとしてしまったの。

 

その時はまだ解脱とか仏陀など意識していなかったように記憶しているの。でもそれから後は将棋倒しのように次から次へと御言葉が飛び込んできてしまったの。

 

聖書のイエスの御言葉はそのすべてが真言なの。それが密教とされているのは受け手側が頑なに悟るのを拒むものだから、密教とならざるを得ず、求聞持法が広まることができないからではないかしらと思えるくらいなの。私は全く意識せずにそれを修してしまったの。「羊は羊飼いの声を聞き分ける」という真言もあったでしょ。

 

私は聖書でイエスにふれ、メシアに違いないと感じた当初から、イエスが聖書で教えている「主の祈り」という聖句で祈ってから就寝するという習慣を身につけていたの。天の父に祈れと教えられているでしょ。梵天に祈る真言を教えていたのよイエスは。それもわけのわからない呪文ではなく、各国語に翻訳されてもはっきりと理解できる言語においてね。

 

私の場合はそれとば知らずに、煩悩にまみれながらだったから明けの明星が飛び込んでくるまでに二十年以上かかったわよ。今でもその習慣は続いていて一生涯やめるつもりはないの。弥勒菩薩の虚空蔵真言マントラはその時が来れば大自在天の力が加わって強力に作用するの。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

哲学・思想ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

一つ前の記事で虚空蔵求聞持法などという大それたタイトルで記事を書いてしまい、密教の時代は過ぎ去っているなどと大見栄を切ってしまったの。でもね、聖書を読みイエスの贖罪の意味を悟った身においては、イエスの御言葉が虚空蔵求聞持法を判りやすく解説して飲み込ませてくれる菩薩の御言葉としか思えないのは本当のことなの。そして密教の時代は過ぎ去っているということについても、神道の元締めが天照大御神の心御柱がキリスト・イエスの贖罪の十字架だということを証してしまった以上その様に言えると思うの。

 

でもね、そこには神様の大いなるはかりごとが介在しているの。そのことも書くように促されているの、おかげ参りは。本当に困ったものだわ。神様が離して下さらないのだもの。だから書くわ。

 

聖書の管理者はイスラエル国とバチカンでしょ。仏教経典の管理者は世界に散在する密教を含む仏教諸派でしょ。これらの世界宗教の管理者の生業により聖句はベストセラーとなり仏伝や仏像も世界中で信仰の対象になっているでしょ。でもね、これらを世に広めている管理者たちは神仏のお諭しである解脱悔い改めの魔訶般若を悟れない人達でしょ。もしこれらの管理者が解脱悔い改めの魔訶般若を悟った菩薩であったのなら世界は今とは違ったはずでしょ。

 

それでもこれらの管理者たちがそれを生業として来たから聖書は現代においてベストセラーだし、仏伝や仏像も大人気なの。そこに魔訶般若として悟らなければいけない重要な、神様の密教が潜んでいるのよ。この神様の密教は言葉で表現するのは無理だわ。色即是空、空即是色と表現しても当てはまらないでしょ。しかし神様の密教はそこにあるのよ。

 

私がなぜこの記事を書くつもりにさせられたかというと、天照大御神の心御柱はキリスト・イエスの贖罪の十字架だと証してしまった八咫烏とその取材者の関係が、神仏とその神仏の魔訶般若を悟らない管理者の関係にすっぽり当てはまっているからなの。その悟らない管理者により天照大御神の心御柱はキリスト・イエスの聖十字架だと明らかにされてしまったの。ここに神が園の中央に二本の木を生えさせられた時に、善悪を知る木から取って食べるようにそそのかす蛇がいたということにより示される神様の重要な密教が示されているわよ。

 

これはことばでは説明できないわ。悟るしかないの。それが神様の密教なの。聖書の管理者も仏伝仏像の管理者もなぜか悟らないでしょ。天照大御神の心御柱を明かにしてしまったカバラの管理者もなぜか悟らないのよ。その人はモルモン教の信者なの。でもねこの人のカバラの知識は管理者の名をほしいままにするだけの奥行きと、厚みは十分に兼ね備えているの。そのようにして神様は悟らない管理者を通して密教をお示しになるのよ。

 

それは管理者として聖別されたイスラエルが神を悟らずに、ついに終末を迎えるということを暗示しているように思えるの。この記事で何が言いたかったかというと聖書や仏伝は賜物の宝庫、モルモン教徒の日本人であるカバラの管理者の著書も賜物の宝庫であるということなの。でも悟りに至らない管理者たちのパン種にはよくよく注意してね。

 

それが神様の密教と私は受け取ったの。虚空蔵求聞持法よ。

 

上記のことを注意書きとした上で私のカバラの知識の仕入れ先を示しておくわね。著者はモルモン教徒よ。

アマゾンで検索して。

失われたキリストの聖十字架「心御柱」の謎―裏神道の総元締め「八咫烏」が明かす封印された第三の伊勢神宮と天照再臨 (ムー・スーパーミステリーブックス)



神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 十七世紀のイギリスの政治哲学者のホッブスという人がね、個々人の平等な生存権に基づいてくり広げられる「万人の万人に対する闘争」を人間の自然状態とみなしたそうなの。その哲学を踏襲して各主権国家がそれぞれの国家利益の増進を目指して、相互にしのぎを削る潜在的戦争状態の国際社会像が構築され、その哲学により現代の国際政治経済は運営されているらしいのよ。その帰趨により軍事力に基づく、覇権国との安全保障体制が必須のものとなっているの。

 

この「万人の万人に対する闘争」というのは完全に阿修羅の修羅道の悪趣の世界でしょ。それが現代文明社会の正常性なの。しかしね、現代の文明社会におけるベストセラーの書物において弥勒菩薩はそのような阿修羅たちの、正常性の偏見にとらわれた社会を激甚災害の現場として、滅びに至る門は広く開いていると警告しているの。

 

そのことを読み取った時にこのベストセラーの書物は、弥勒菩薩から求聞持法を授かるためのバイブルであったと理解できるのよ。阿修羅が弥勒菩薩、虚空蔵菩薩から求聞持法を授かるためのマニュアル、教科書だったと理解するの。それはメシアからの洗礼と示されているわよ。メシアからの洗礼とは聖霊を送られるということであり、それは仏説で示されている梵天から灌頂を受けるということだわ。

 

メシアも救世の菩薩としてこの世に来られ、十字架上で梵天から灌頂を受け如来とされたのよ。その如来により弟子たちは聖霊を賜り、将来如来となることを約され、阿修羅から解脱し菩薩とされたの。その菩薩たちが上からの力に覆われ、失われたイスラエルとなり、その如来を天照大御神としてお祀りしながら求聞持法による菩薩国として神道の国、日本をあらしめているの。

 

わかりやすく言えば阿修羅は神によりメシアのいいなずけとされこの世に送られてきた羊なの。賢い羊は羊飼いの声を聴き分け自身がメシアの父によりいいなずけとされていたことを聞き分け、父なる神と子なる神を識別し、子なる神からの求婚をお受けするの。求婚をお受けすれば婚約者とされるから当然お仲人が立てられ結納が交わされるでしょ。その時にお納めするのが結納のための信仰であり、お受けするのが如来となることを約された証の求聞持法なの。

 この求聞持法により如来となるための命の木への道を守らせられる菩薩として必要なことを示されるの。弥勒菩薩は求めなさい、そうすれば与えられると御言葉しているわ。そして時が至り、御父のお許しが出た時にその御神前で結び固めの儀が行われるの。菩薩ヨハネはそれを子羊の婚宴と黙示しているでしょ。この国は神仏混交の仏説魔訶般若の虚空蔵求聞持法によりなる国なの。阿修羅にとっては既に密教の時代は過ぎ去っているの。神道の元締めが天照大御神の心御柱はキリスト・イエスの聖十字架であると証してしまってから十九年もたっているわよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

この画像はねWeb上からの拝借なのだけれど、別の記事で使った画像なの。

src_10135766

よく見たらこれがまたシバリンガなのよ。車輪に太一の文字があるから皇大神宮の式年遷宮の御用材とわかるのだけれど、鳥居に御柱が突き刺さっているでしょ。神道のお宮とは子宮と産道と御陰の暗喩なの。鳥居が御陰なの。伊弉冉尊も天照大御神もその御陰に致命傷を受け落命しているでしょ。古事記ではぼかして機織り女としているけれども、日本書記では怪我をしたのは天照大御神としているからね。織女の落命による七夕の逢瀬なの。その御陰に御柱が突き刺さっているでしょ。これが伊弉諾尊と伊弉冉尊のみとのまぐわいで天地創造の暗喩なの。古事記の倒語(さかしまごと)と聖書のカバラと仏陀の瑜伽タントラの密教なの。

DSC_0257 (2)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 イエスは「右の眼が罪を犯すなら抉り出して捨ててしまいなさい」と言った。

この問題を解決しようと思ったら、男は解脱するしかないはずなのだ。

右の眼を抉り出さずに済まそうと思ったら、男は解脱するしかないはずだ。

 

その問題を仏陀は見据えていた。

そして女人禁制を弟子の沙門たちに課した。
しかし弟子の一人は仏陀に女人の出家を許すよう諫言したのだ。
そしてそのようになった。その時に仏陀は法滅に至ると言葉を残したのではなかったのか。

 

この問題は古代から、風俗営業が産業として成り立ち、現代にまで至っているという事実から、
手付かずのまま放置されているという事は人の目に明らかだ。

しかしこの問題は放置しておけば、外の闇に放り出されるという問題だ。

イエスはそう聖書の中で語っている。

 

説教壇でイエスや仏陀のことを人々に説く説教師たちが、
説教をする資格があるのなら真っ先に、男たちに、
眼を抉りださずに済ますために解脱せよと、説かなければならないはずだが
そのような説教や言説に出会ったことがない。

 

なぜか。イエスの言葉にある通りこの世は盲人が手引きしているという事だ。

あなたは解脱者かと問えば必ず言葉を濁すはずだ。

説教壇や高いところに立ち、したり顔で説教していながら何ら新鮮な悟りを
聴衆にもたらさない説教師がいたらそのような手合いだと思って間違いがないという事だ。

 

先人が何度も語り、飽きられている事しか言わない。

しかしその飽きられていることを何度も語る説教師が先生と仰がれるのがこの世だ。

学校なのだ。私に言わせれば裸の恥をさらしている。日曜学校なのだ。

 

その問題の彼岸から此岸に至った解脱者は、自分のデスマスクを思い浮かべ平安に浸る。

 

ではその方法は? 説くことはたやすいが、人に説かれるべきことではなく
悟られるべき事柄で、密教として封印されてきた事。
もったいぶるわけではないが、男ならまず自力で一から努力し解脱せよと言いたいのだ。

 

御言葉の通りに、主であるイエスの肉を食べ、血を飲めばいやでも解脱させられる。


瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 イエスは「父と私とはひとつである」と語った。

「梵天である創造主と救世主である私はひとつである」と言ったのだ。

これが梵我一如の本質だ。

釈迦は救世主降臨に先立ちそれを悟り梵天から灌頂を受けた。

そして弥勒菩薩の降臨を預言した。

救世主から助け手を送られた者は梵我一如を悟る。

 

 神が「光あれ」と言葉を発し光があり虹があった。

ノアの洪水の後、神は空に虹をおき契約の証とした。

梵天に光があり虹があった。

空に光があり虹があった。

キリストは「わたしはある」と語った光だった。

空境の涅槃には梵我一如の光があった。

 

 空に光があり虹があり契約の徴となった。

空と光と虹は空境涅槃の三本柱

空即是色とは空と七色が一如であるという事。
色即是空とは虹の契約により七色のチャクラを悟った者は空と一如であるという事。

神道においては倒語において三柱の天神様の七つのお祝いと示す。

七つのお祝いとは梵天界の三神の一如の祭りなのである。

色即是空 空即是色なのだ。



瞑想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 経験によると、人は蝶形骨でイエスと天照大御神は同一と悟る。
眉間のチャクラだ。この時は二十年来の胃病が癒された。人生観が愛国に変わった。
次に仙骨で父と子と聖霊と仏陀の関係を悟る。臍下丹田のチャクラだ。
骨盤のゆがみがとれ腰痛が癒された。人生観は空境涅槃の梵我一如になってしまった。

 梵我一如を悟り解脱しているがどうかのセルフチェック方法

瞑目して棺桶に入った自分のデスマスクを観想する。
その時に、解脱、救済、祝福、モクシャ、空境涅槃、梵我一如などの言葉が連想でき
安らぎを感じるのならばその人はすでに解脱している。


 


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 釈迦はブラフマ、ビシュヌ、シバを父と子と聖霊の関係性と悟った。
御父と御子の結び、御子と人類の結び、男と女の結び、
これら創造、救済、繁栄の結びのシンボルがシバリンガだ。
シバ神が結びの介添えの聖霊だ。逆らえば七殺の祟りを受ける。
悟った仏陀は女人の出家を許さなかったが弟子が破った。

 

  シバリンガは神の創造、救済、繁栄のシンボルだ。
瑜伽タントラはそれらを悟り解脱することが目的だ。
御父と御子と聖霊により瞑想しなければ解脱しない。
すでに救世主の言霊が示されたのにそれを無視し瞑想して
解脱できる訳がない。チャクラは神の約束の虹。
この霊体の虹で空と光と虹を観想する。

 

 神道は瑜伽タントラを完全に掌握している。
お宮と参道と鳥居が女神の豊穣のシンボルだ。
子のお宮と産道と御陰なのだ。
男根がご神体であるのも当たり前。
古事記において女神は御陰に致命傷を受け落命する。
これはタントラを完全に掌握した上で救世主の落命を倒語で示している。
それを招くとどうなるかもはっきり書かれている。


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ