このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 古事記には聖書の正しい読み方が倒語で示されている。
伊弉諾尊と伊弉冉尊、須佐之男命と天照大御神、
どちらも御父と御子。
天御中主神と高皇産霊神と神産巣日神、須佐之男命と天照大御神と月読命、
どちらも父と子と聖霊。
それを読み解くと御父と御子がアダムとイブ、
御子と人類もアダムとイブと読める。

 

 人間は神に似せて造られたと聖書にある。
これは御父と御子に似せてアダムとイブが創られたという事。
同時に御子と人類の在り方に似せて二人が創られた。
故にアダムとイブ、男と女には、創造主の創造と救世主の救いが映されている。
人は男女の在り方を御父と御子から学ばなければ創造と救いはない。


人気ブログランキング