このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 神道では台所に竈の神様をお祀りしている。これもイエスだ。
まな板はマナの板で神の食物を調理する板。
水道の蛇口は蛇の口からほとばしる命の水で、お社の手水舎も同じ。
食物と水という神の賜物で現世を生き、キリストの肉と血をいただき来世に生きる。
マナと水は荒野でイエスがイスラエルに与えた。

 

 竈の神様はイエスだが、台所とは水場だ。
滝、泉、池、河川など水辺を守護する龍神様もイエスだ。
蛇口の蛇も手水舎の龍神もイエス。まな板の鯉もイエスだ。
まな板とは十字架をも意味している。鯉は竜門の滝上まで上ると龍に変化する。
そして昇龍となり天に上る。
故に鯉のぼりも昇龍もイエスなのだ。


人気ブログランキング