天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 十種神宝

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

居住年数が重なればその土地の事がよくわかるようになりなじめるようになるでしょ。至高世界も同じなのよ。私はそれと知らずにその世界に避難させられたの。初めの頃は何度も死んだようになっていたわよ。天地がひっくりかえったかと思えるからね。

 

それでも正気を保てたのはそれが全てメシアの御言葉に即していたからなのよ。だからその御言葉に隠されている深い意味なども読めるようになるのよ。うすぼんやりしている輪郭が居住年数を経るごとにくっきりと映りだすのよ。

 

一般の世界では至高世界など雲をつかむような話ととられるでしょ。しかしキリスト・イエスが預言していたのもこの世界のことだし、お釈迦様の預言ともきっちりと整合するの。この世に来てその世界で御用を見出した先見者たちはすべて一致しているの。

 

それが聖書でありカバラの命の木であり、古事記の神宝なのよ。すべてが預言の性格を秘めて一致しているのよ。命の木と十種の神宝がコンパクトにまとめられた預言の塊なのよ。

 

命の木は至高世界への避難経路の見取り図なのよ。その世界への架け橋の下に隠されているのが式神様の十種神宝の生玉なのよ。

 

inotinoki.sankaku20170722202617

 

しかしこの橋も御神宝も御用のない人の目には生涯映らないから通ることができないの。避難しそこなうのよ。何故避難しなければいけないのかというと、中高世界以下はやがてダムの放流で水没するし、毒ガスの散布された地下鉄の車内だからなの。

 

地震、雷、火事や水害、毒ガスや核爆弾は人を一度しか殺せないけれども、滅却するように促されている煩悩は人を二度殺す猛毒なの。そのような阿吽の猛毒ガスが蔓延している世界なの。それでも顕世では人生というものをお慈悲により、それなりに満喫できるでしょ。

 

しかしそのまま幽世に移行したら最後、そこにいる父神様から首を落とされかねないし、死返しの玉が飛んでくるのよ。そして妖怪釣瓶落としの手に堕ちるのよ。


2614633i

 

なぜかと言えば式神様をお遣わしになり与えようとした祝福を踏みにじって帰って行くのだから当然そうなるのよ。式神様を藁人形として扱った鬼と化して帰るということでしょ。この世に来て御用の向きを悟れない人というのは相当脳天気なのよ。そういうことなの。

 

そうこうするうちに地下鉄の車内の毒が許容量を上回り、満水になった上流のダムが放水を開始したので、非常事態宣言による警戒警報が出されたの。時が満ちたという事なの。

 

命の木のダアトの位置にある非常警戒装置のランプが点灯してしまったのよ。だから世界中で人体のその位置をマスクでガードしなければいけなくなり、古事記の示すその位置で今年の六月から異臭騒ぎとしてサイレンが鳴り響いているの。世界中と日本と個人のその位置で神界から避難勧告が出される時代になったのよ。

 

式神様のお慈悲による避難勧告なの。ところが御用のない人ばかりなのよ。避難経路の見取り図まで示されているのにね。まるで1999年の夏の玄倉川でしょ。式神様の式年に至ったということなのかしら。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

神道に伝わる十種の神宝とは一体何なのか。それがこの記事のテーマだ。

結論から言ってしまおう。それはモーセによりもたらされた十戒である。

それを日本の古史古伝は十重二十重にカバラの倒語(さかしまごと)

秘匿してきのだ。

 

この神宝は饒速日命が保持していたことになっているが、

日本書記には饒速日命は物部氏の遠祖にあたると書いてあるのだ。

物部氏が国津神なのだ。それを日本の古史古伝では

国津神から天津神に国譲りがなされ大和朝廷につながる物語としている。

 

日本書記には饒速日命も天神の子と書いてある。

日本書記では天神をあまつかみと読ませているのだ。

先にこの列島に渡って来ていた物部氏と後から渡って来て、

東征した神武天皇の間で政権移譲のようなことが行われたということなのだ。

 

そしてどちらも天津神としての同族なのだ。

先にいた天津神を倒語(さかしまごと)で国津神と呼んでいるだけなのだ。

どちらも天孫族だからすんなりと政権移譲が行われたのだ。

古事記には記述されていないが、日本書記には神武天皇と饒速日命の重要な場面に、

天皇の弓の先に止まった金鳶のことが記されている。

この倒語はかなり重要なことが秘められていると思う。

なぜ先にいた天津神が後から来た天津神にすんなりと、

従うことができたのかということの鍵を秘めているはずだ。

 

この国の建国の謎を学問が完全に解き明かすことを待っていたら、

一生を棒に振り、カバラの迷宮と同じことになる。

カバラの象徴で倒語を読み解きすんなりと理解しなければ、

人生を棒に振ってしまうのだ。

 

この国譲りの場面に登場するのが、

天璽瑞宝十種(あまつしるしみずたからとくさ)なのだ。

神武天皇と饒速日命がしるしを見せ合って、

同族だと確認したということなのだ。

天孫イスラエルだと確認し合ったということなのだ。

 

どちらがどのような神璽を携えこの国に渡って来ていたのか知る由もないが、

キリスト・イエスの十字架を持ち込んだのは、

後から来た神武天皇ではなかったかと想像する。

そこに大和王権の天照大御神にまつわる由緒があるのだ。

キリスト・イエスと天照大神は同一神だと神道祭祀の元締めが、

21世紀初頭にあかしてしまっているのだ。

 

十種の神宝は十種の品物とされているがこれも倒語だ。

神ヤハウェによりモーセが授かった十戒だ。

「一二三四五六七八九十 ふるへゆらゆらとふるへ」と唱えゆり動かせば、

死人を生き返らすほどの呪力を発揮するという。

この十戒が、イエスすなわち天照大御神のふるいなのだ。

洗礼者ヨハネが、イエスが手に箕を持ち、麦は倉に納め、

殻は消えない火で焼き尽くすと言った、その箕である、ふるいなのだ。

だから人を復活させるのだ。

 

この十戒には誕生日を聖別せよとは書かれていない。

ただ、「安息日を心にとどめ、これを大切にせよ」と書かれている。

イエスの誕生はおめでたいことではあるが、

それよりも安息日を聖別せよと書かれているのだ。

イエスが律法の文字から一点一画もすたれることはないと言ったのはそのことだ。

 

これはイエスが神ヤハウェだった頃にモーセに与えた戒めなのだ。

だから天孫族ではその安息日を七つのお祝いの日と見定めているのだ。

メリークリスマスやハッピーバースデーなどと浮かれていると、

天照大神に祓われてしまうのだ。

日本人が神の書物から学ばなければいけない理由がそこに存するのだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村


神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ