天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: イスラエル

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

また変な事に気が付いてしまったわ。このブログ開設したのが七月四日なのだけれどあの日でしょ。私の中では偏見と承知しながらもこの日大嫌いな日なの。何でこの日だったの?何か意味あるの?と、そんなこと考えていたらまた来た。エルサレムよ。

 

エルサレムの現状が手に取るようによくわかる表現が浮かんでしまった。中東問題の本質はね、一言で言ったら、イシマエルとイスカリオテのユダとパリサイパウロの事故物件の取り合いなの。神さま殺人で最高の穢れ地となった排都エルサレム。その排都に神殿と称して建物を建てた一人と残り二人の事故物件をめぐる戦争なの。事故物件だから火の手はやまず多くの人が犠牲になるの。

 

天照大御神は失われた十二支族を連れ極東に避難し、新たな神殿を建てお祀りされているでしょ。聖地は既に極東にあるのに、中東で愚かな殺し合いしているの。人間って愚かよね。この三人と七月四日って無縁ではないでしょ。だからなのよ。

 

聖地の皇大神宮は大昔に中東の約束の地に落ち着く以前から移動を繰り返し、今でも失われたイスラエルの掛け声の鶏鳴三声で遷御を繰り返しているでしょ。神さまの書物をよめば、いずれ王都にこの神殿が移動しそこで婚宴が行われると書かれているでしょ。それがイスラエルの約束の地なの。高天原における婚宴なの。

 

それがいつになるのかも神様の書物で黙示されているわよ。最後の一人が高天原から納采の儀を受けてしまったらその時で締め切り。縁談の日取りも、締め切りのことも、納采の儀を受けるための作法もすべて書物に記されてきたの。

 

この納采の儀に不適格な人は一人もいないの。一人一人の不信仰が不適格と見なされるだけ。この世に来たらみな善悪を知る木から取って食べているのだから、そこで人間の愚かさを悟り、善悪を知り、善なる大御神に懴悔し、納采の儀をお受けしなければ六百六十六の不適格印を押されると書いてあるの。

 

全体の締め切りがいつになるかなど気にしなくても一人一人にその締め切りはやってくるでしょ。自分の締め切りを視野に入れないと動けないわよ。その時に少しでも早く楽に受けることができるようにこのブログ書いているの。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

日ユ同祖論はユダヤ人が言い出したことなのよ。これの本質を一言で言ってしまうと失われていないユダヤからの、失われたイスラエルに対するラブコールなの。天照大御神は失われたイスラエルにしか遣わされていなかったでしょ。この場合の失われたというのは神変により隠された、つまり神隠しにあったイスラエルという意味よ。建国の歴史も最後まで隠されるのかしらね。

 神隠しに合わなかったほうのことは調べつくしたけれど、あまり深く書くと記事削除されるからここまでね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

哲学・思想ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

神道に伝わる十種の神宝とは一体何なのか。それがこの記事のテーマだ。

結論から言ってしまおう。それはモーセによりもたらされた十戒である。

それを日本の古史古伝は十重二十重にカバラの倒語(さかしまごと)

秘匿してきのだ。

 

この神宝は饒速日命が保持していたことになっているが、

日本書記には饒速日命は物部氏の遠祖にあたると書いてあるのだ。

物部氏が国津神なのだ。それを日本の古史古伝では

国津神から天津神に国譲りがなされ大和朝廷につながる物語としている。

 

日本書記には饒速日命も天神の子と書いてある。

日本書記では天神をあまつかみと読ませているのだ。

先にこの列島に渡って来ていた物部氏と後から渡って来て、

東征した神武天皇の間で政権移譲のようなことが行われたということなのだ。

 

そしてどちらも天津神としての同族なのだ。

先にいた天津神を倒語(さかしまごと)で国津神と呼んでいるだけなのだ。

どちらも天孫族だからすんなりと政権移譲が行われたのだ。

古事記には記述されていないが、日本書記には神武天皇と饒速日命の重要な場面に、

天皇の弓の先に止まった金鳶のことが記されている。

この倒語はかなり重要なことが秘められていると思う。

なぜ先にいた天津神が後から来た天津神にすんなりと、

従うことができたのかということの鍵を秘めているはずだ。

 

この国の建国の謎を学問が完全に解き明かすことを待っていたら、

一生を棒に振り、カバラの迷宮と同じことになる。

カバラの象徴で倒語を読み解きすんなりと理解しなければ、

人生を棒に振ってしまうのだ。

 

この国譲りの場面に登場するのが、

天璽瑞宝十種(あまつしるしみずたからとくさ)なのだ。

神武天皇と饒速日命がしるしを見せ合って、

同族だと確認したということなのだ。

天孫イスラエルだと確認し合ったということなのだ。

 

どちらがどのような神璽を携えこの国に渡って来ていたのか知る由もないが、

キリスト・イエスの十字架を持ち込んだのは、

後から来た神武天皇ではなかったかと想像する。

そこに大和王権の天照大御神にまつわる由緒があるのだ。

キリスト・イエスと天照大神は同一神だと神道祭祀の元締めが、

21世紀初頭にあかしてしまっているのだ。

 

十種の神宝は十種の品物とされているがこれも倒語だ。

神ヤハウェによりモーセが授かった十戒だ。

「一二三四五六七八九十 ふるへゆらゆらとふるへ」と唱えゆり動かせば、

死人を生き返らすほどの呪力を発揮するという。

この十戒が、イエスすなわち天照大御神のふるいなのだ。

洗礼者ヨハネが、イエスが手に箕を持ち、麦は倉に納め、

殻は消えない火で焼き尽くすと言った、その箕である、ふるいなのだ。

だから人を復活させるのだ。

 

この十戒には誕生日を聖別せよとは書かれていない。

ただ、「安息日を心にとどめ、これを大切にせよ」と書かれている。

イエスの誕生はおめでたいことではあるが、

それよりも安息日を聖別せよと書かれているのだ。

イエスが律法の文字から一点一画もすたれることはないと言ったのはそのことだ。

 

これはイエスが神ヤハウェだった頃にモーセに与えた戒めなのだ。

だから天孫族ではその安息日を七つのお祝いの日と見定めているのだ。

メリークリスマスやハッピーバースデーなどと浮かれていると、

天照大神に祓われてしまうのだ。

日本人が神の書物から学ばなければいけない理由がそこに存するのだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村


神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 ねえ、ちょっと聞いて。

あのさ、イスラエルなんだけれど、異邦人は獣らしいのよ。

イスラエルにとって異邦人は獣だっていうの。

これ何とも言えない選民思想よね。

でもね、ここに選民思想の本質があり、イスラエルの偉大さがあるのよ。


 このこと判る人あんまりいないわよ、私の見渡した限り。

ユダヤとか聖書について書かれた本たくさん読んだけど

誰もそのこと指摘している人いなかったもん。

これって哲学的なとっても複雑で難しい問題だと思うでしょう。

でもね、聖書とか日本の古事記とか、先見者たちの書いた本には

難しいことひとつも書いてないの

それを難しい学問にしてしまったのは、子供でもわかるような

なぞなぞが解けない学者たちなの。まるで智慧の輪を外せないから

この知恵の輪は、難しいので誰にも外せない学問です

と言っているようなものなの。わかる?


 いくわよ。

 
 聖書に書いてあるんだけど、ある時イエスに、

娘が悪霊に取りつかれた女が助けてくださいって申し出たの。

そしたらイエスはね「私はイスラエルの家の失われた羊以外には、

つかわされていない」って言ってつっぱねたの。


 その女はカナン人でイスラエル人じゃなかったのよ。

それでも女はしつこく食い下がったの。そしたらね、

今度イエスは、「子供のパンをとって子犬に投げてやるのは、

よろしくない」て言ったのよ。すると女は「主よお言葉通りです、

でも子犬もその主人の家の食卓からこぼれるパンくずはいただきます」

って言ったのよ。そしたらイエスは何と言ったと思う?

「女よあなたの信仰は見上げたものである、あなたの願い通りになるように」

っていったのよ。そしたら女の娘はいやされたと書いてあるの。


 これマタイって人の本に書いてあるの。マルコっていう人の本にも

全く同じことがことが書いてあるの、だけど、そちらでは

ギリシャ人の女ってなってるの。この違いにとらわれたらだめよ。

先見者は史実を忠実になぞることなんか、はなから考えていないからね。

そこに書かれている意味を、読み取ることが重要なの。


 私はこの部分、聖書中でもかなり重要なことが書かれていると思うわよ。

これ理解している人いるのかな?

イエスはこの部分で異邦人の女を子犬扱いしているの。

子犬というと誰もが可愛いと思うけど犬よ。

イエスは異邦人の女を犬扱いしているの。これってひどいと思うでしょ。

これこそイスラエルの選民思想、差別思想でしょ。


 このこと説明できるクリスチャンているのかしら?これとっても重要よ。

でもねあまりクローズアップされていないのは

みんな意味が分かっていないからなの。

これが分からなければ聖書読んでもわからないでしょと

言っていいくらいなの。


 「イスラエルの失われた羊以外にはつかわされていない」っていう言葉も

超重要な意味が含まれているの。超重要二連ちゃんなんだけど、

これはまだ別記事で書くわ。


 イスラエルの神の人イエスが異邦人は犬だって言ってしまったのよ。

でもイエスが異邦人を軽蔑していたわけないでしょ。

でもね、イスラエルにとって異邦人は獣なの。

ここにカバラが隠れてるの。イエスの倒語(さかしまごと)なの。

信仰の目が開けたイエスの味方ならわかる言葉なの。


 女はイエスの言葉を受け入れたでしょ。そして信仰を認められたの。

あなたなら犬扱いされたらどう思う?ここ重要!信仰の本旨を語っているわ。

でもこの記事信仰の在り方を書くのが趣旨じゃないから置いとくわ。

この部分自分で瞑想してね。

問題はイスラエルなの。


 いくわよ。

 
イスラエルと獣の関係は、信者と不信者の関係性なの。

そこにイスラエルが聖別され、メシアが降臨したことの意味があるのよ。

それが分かれば神の国イスラエルがなぜ神様に聖別されたかわかるでしょ。


 動物は神様のこと分別できないでしょ。

だから神を分別しない不信者は獣として扱われるという事を諭しているの。

女はその言葉受け入れて、イスラエルを主人の家の食卓と言ったでしょ。

女はイエスから信仰を試され合格したってことなの。

イスラエルの神を知っていたってことなの。


 ここに現代の異邦人でも救われるための鍵が置かれているわ。

主人の食卓を土足であらす子犬もいるから、それは見極めてね。

ヨハネは神を分別しない不信者の右の手と額に

獣の数字が印されるって書いたの。

聖書って日本人にとっても大切な本よ。

わかった?簡単だったでしょ。


哲学・思想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 また現代の日本について書いてみたくなった。

 

現代の日本人は人類の歴史上最も発展を遂げているのではないかと思う。

それはなぜか。この記事のキーワードは契約だ。


 諸外国においては契約書を交わすときは逐一漏れのないように

非常に分厚い契約書を交わすのが当たり前らしいのである。

訴訟社会における当たり前の作法らしいのである。

翻ってこの日本では、契約書はぺらぺらなのだ。

それでもこの国は世界一安全で、国民は礼儀正しいと賞賛される。

 

一体何が起こっているのかという事について書こうと思うのだ。

以前はまるで見えていなかったが、堅固な信仰の賜物を受けてしまった

一信仰者の視点だ。

 

世界を見渡しても日本ほど恵まれた国はないと思う。

国民は分厚い契約書を交わさなくても誠意条項という不文律で十分

やっていける。それはすべて天照大御神の恩頼なのだ。

天照大御神のおかげさまなのだ。

 

このブログでもう百篇ほども天照大御神とはキリスト・イエスのことだと

書いてきた。そうなのだ、救世主イエスのおかげをいただいている国なのだ。

そしてそれは契約に基づいている。その契約書が聖書であり、

そこにすべてが記されている。契約におけるすべてが記されているのだ。

 

救世主イエスを代理として遣わされた神様の契約書であり、

すべてが記されている。この契約はイスラエル、ユダヤという

神の歴史により証しされ、いま日本で息づいているのだ。

そこから見えてくることがある。

 

イスラエルは分裂し、ユダヤはイエスを認めず、日本において

そのイエスが天照大御神として祀られているが、日本人は知らない。

ユダヤは契約の民として、契約をことのほか重んじる民として成功者を輩出してきた。

ユダヤ人大富豪というのがその象徴だ。しかし新約のイエスを知らないのだ。

このイエスが契約の主体である神の御子であり代理人として立てられたことが

信じられないのだ。

 

しかしイエスを信じたユダヤ人がいて、不信仰なユダヤを脱出し

日本にそのイエスの神の道を伝え、神道とし、日本とした。

聖書における契約を日本の先見者は逐一把握しその契約に基づき

この国を建国し、神道において今日まで存続させてきた。

 

しかし国民は知らない。知らなくても不文律の誠意条項で十分やっていける。

しかし聖書の契約はこの世的なご利益に関する契約ではない。

もちろんこの世的な契約も含まれているがそれは付帯事項なのだ。

この契約に関して、ユダヤは救世主が降臨し更新されたことを知らない。

日本人はその更新により現世で恵まれていることを知らない。

 

これはいったいいかなることなのか。神様のすることは人の目には

不思議に見える。という聖句があったはずだ。

その聖句そのままのことを見る思いなのだ。

 

契約の民であると自負するユダヤ人の常識を超えるところで

神の契約は成就するのだ。

 

その契約の履行を促すために神は、仏陀とイエスをお立てになられたのだ。

それが神仏なのだ。その神仏に対する信仰など知らぬ今の日本人は、

神の恩恵により、現世で一番発展させられながら、この世の終わりに

神に敵対し、神を裏切るのだろうか。

現世で神を分別しなかったものは、十二弟子のひとりに数えられたが、

後に裏切ったイスカリオテのユダのように、

この人は生まれてこなかった方がよかったと天照大神の言霊を受けるのか。

聖書はそのような約束の記された契約書のはずなのだ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


哲学・思想ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 あまり政治がらみのことは言いたくないが、
昨今の日本では在日の人たちを悪しざまにののしる。
すべては日本人が蒔いた種である事を悟らない。
その付き合い方が天孫族にとりふさわしいものではなかったが故に、
天から二度の懲らしめを受け敗戦に至ったと悟らない。
懲りない面々なのだ。

 

 天孫族とはだれか。
それは天照大御神の皇孫である瓊瓊杵尊となっているが倒語だ。
天津神による契約を受けたアブラハムの孫イスラエル族だという事を秘め隠している。
古事記を読めば瓊瓊杵尊と木花昨夜姫、岩長姫の物語が、
イスラエルであるヤコブ、レア、ラケルの物語とそっくりだとわかる。


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 幽世の皇室は現世において顕されてきた。
イスラエルがその主人の家のテーブルとして設えられたが
サウル、ダビデ、ソロモンを経て分裂した。
イエスがユダヤに来た時のヘロデは腐っていた。
ユダヤのキリストに対する不信仰がちゃぶ台返しとなり、
イスラエルから完全に主人の家のテーブルは取り去られた。

 

 ユダヤがちゃぶ台返しをしたので主人の家のテーブルは
この安国に平けく設えられ、新しい神の平安の都エルシャロームとなった。
そして天孫の皇室が幽世の皇室である主人の家のテーブルとなった。
臣民はこの主人の家のテーブルからこぼれるパンくずをいただき
長きにわたり平安を得てきた。


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ