天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 日本

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

原始仏教の世界を知る人は歌舞伎聚楽主とお釈迦様の話を知っているはずなのよ。このブログでも何度か書いたことがあるのだけれども、歌舞伎聚楽主とは当時のエンタテナーたちの村の村長さんのことらしいの。

 

この歌舞伎聚楽主さんは言い伝えにより、日ごろ人々を楽しませる自分たちは死後天国に行けると教わっていたらしいのよ。それをお釈迦様に尋ねたらそんなことは聞かない方がいいとお答えにならなかったの。しかししつこく尋ねるものだから三度目にお答えになられ、人を笑わせ煩悩の炎を煽っているからには死後悪趣に堕ちるとお告げになったのよ。

 

それを聞いた歌舞伎聚楽主さんはお釈迦様の教えに泣いて喜び、以後お釈迦様の教えに従い修行の道に入ったという事なの。

 

この歌舞伎聚楽主を現代に当てはめるとインターネット上のインフルエンサーたちなのよ。すでにテレビや新聞、雑誌の広告はSNSにおけるインフルエンサーマーケティングにとってかわられようとしていて、小学生の将来なりたい職業の一位がユーチューバーなのよね。気のやさしい良い子が真面目にそれを追及して成功しそうであれば、親はそれを応援する側につくのは当り前よね。しかしそんなところにも落とし穴があるのがこの世なのよ。

 

電車に乗れば新聞など読んでいる人は皆無で皆がスマホをいじっているでしょ。もう朝から晩までインターネットのマーケットにアクセスしている状態なのよ。そのようなマーケットで誰しもが成功できるわけではないのに小学生の憧れとなっているの。

 

そのような現状を鑑みて気が付いたのだけれども、テレビがこの国で普及しだしたころからエンタテナーが広告塔として、マーケティングに欠かせない職業だったという事なのよ。広告代理店がその黒幕だったのよ。お釈迦様が悪趣に堕ちるとしたエンタテナーの量産体制を受け持ったのが広告代理店とテレビやその他のマスコミだったのよ。

 

資金力のある大企業のマーケティング戦略がそれを牽引してきたのね。このマーケティング戦略が富を量産するのよ。

 

そしてそれはキリスト教国の集合体であるヨーロッパにおける産業革命により生まれているのよ。それが安手の労働力確保のための人身売買と植民地主義につながったのよ。キリスト教が世界宗教になることとマーケットがグローバル化することは轍が一つだったの。

 

この国では鉄砲伝来による南蛮貿易の窓口になったのがキリスト教の宣教師だったことがそれを物語っているように思うのよね。明治維新以降の近代化、すなわち欧米化によってもキリスト教は日本人に歓迎されなかったけれども貿易においては舶来品が歓迎されたでしょ。

 

大東亜戦争の敗北後は国防を覇権国に丸投げして、経済至上主義で西側の経済大国の一員に加わったのよ。そして気が付いたら世界で一番古い国柄として誇るべく伝統的な美徳は、悪徳として廃されるような時代を招来してしまったの。

 

男女は格差のない一個人として人権を認められなければならず、そこに格差があってはならないのよ。何故神話の時代から現代にいたるまで国体を保ち得たのかなどは、経済的な利益しか目に映らなくなっている個人にはどうでもいいことらしいの。

 

幸福の追求とは個人の利益の追求でしかなくなっているのよ。個人の暮らし向きが他人に棄損されないように人権で保障されていれば幸福らしいのよ。巨大マーケットの収奪により老若男女が解体され連帯感を消失し、さらにそのような個人がマーケティングにより物欲を煽られ悪趣に堕ちるという負のスパイラルに巻き込まれるのよ。

 

ヨハネの手紙 5

19わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。 20わたしたちは知っています。神の子が来て、真実な方を知る力を与えてくださいました。わたしたちは真実な方の内に、その御子イエス・キリストの内にいるのです。この方こそ、真実の神、永遠の命です。 21子たちよ、偶像を避けなさい。

 

子たちが偶像にあこがれ、そのようなものになりたがる時代に入っているのよ。それが御子イエス・キリストの十字架が神宮の心御柱と示されて二十年も経っているこの国の現状なの。

 

終末感が漂う現代に至っても、お釈迦様の預言した未来仏がとうに現れ、御言葉を語り十字架上で全人類の罪穢れを祓い、大御神としてこの国でお祀りされていると気が付かない大人たちばかりだから当たり前の流れなのよ。

 

その大御神の恩頼により長きにわたり続いてこられたのに、それを忘れて侮ってしまっては長いことないような気がするのよね。大昔のユダヤがそうだったでしょ。

 

国難どころではなく全世界に及ぶ艱難の時代なのよ。終息して元に戻れたとしても子供たちの偶像崇拝をもう大人たちは後戻りさせられないでしょ。そう思うのよね。

f9d222572382a0d5ecd57148008c264c阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

今年に入ってからのキーワードが集団催眠なのよ。暮れからお正月にかけて降って来たキーワードなの。正常性の偏見よりも分かり易いでしょ。

 

集団催眠が経済至上の現代文明の正体なのよ。六百六十六の刻印を受けなければ売り買いにおいて利益を確保できないのよ。金持ちが天国に入るよりラクダが針の穴を通るほうがたやすいという御子の御言葉に照らせば、富豪と言われる人たちは刻印を受けその魂まで妖怪に売り渡してしまっていると思えるでしょ。

 

そのような経済的な優位性が無慈悲な軍備の拡張につながり覇権をもたらすのよ。大砲をひけらかしながら入ってきた黒船に幕府がひとたまりもなかったのはそういうことだったと思うのよね。

 

そのように神に敵対するような集団催眠は太古から蔓延っていて、ノアの洪水の時に一旦壊滅させられているのよ。しかしノアの子孫が世界中に広がるとともにまた広がりを見せたの。神に敵対する集団催眠の歴史が人類史なのよ。今の私には科学その物がその産物と思えるのよね。この記事ではその弊害がどの様にして近代の日本の劣化につながったのかについて書いてみたいのよ。

 

そのような弊害は古事記の神代から認識されていたのよ。完全に先見させられた使徒が御子の十字架をこの国にもたらし、大御神の心御柱としてお祀りしていたのだから神代から悟られていて当たり前なのよ。

 

それを匂わせる記述は古事記にそれとなく書かれているけれども皇室に関わることでもあるし次の機会にゆずるの。この記事では近代を扱いたいのよ。

 

戦国時代からの武将の時代も集団催眠状態だったのよ。それは大和朝廷の時代からすでに始まっていたと思うの。先見者たちは味方にだけ通じる倒語(さかしまごと)で神代を記述し、神様のお祀りに専念してきたのよ。そのお祀りの中心に皇室が置かれ、先見者たちは八咫烏として皇室の陰に隠れたのよ。

 

だから大和朝廷の時代から集団催眠の中心は皇室であり、その催眠術がよく効いていてそれを脅かすほどの外敵にも襲われなかったから現代まで続く長い歴史を誇っているのよ。

 

それは言葉を変えれば永い眠りを貪っていたとも言えるでしょ。それでも安全だったのは皇室の由緒が大御神にあるからなのよ。大御神の恩頼なの。大御神による集団催眠だったと言っても過言ではないと思えるのよね。武家社会が長く続いたのもその故なのよ。黒船の来航により眠りを覚まされた幕府は滅びたけれども大政奉還により神国として命脈を保ったでしょ。

 

そのような危機的な状況に瀕して明治維新の文明開化となり、その結果として新たな集団催眠の形が出来上がったのよ。気が付いた時には欧米の列強と肩を並べなければ大東亜はすべて植民地にされるという覇権争いに巻き込まれていたのよ。

 

それで再度強力な危機感が生じ、それに対処するために極端な軍国主義に走らざるを得なくされたのではなかったのかしら。その結果として神武天皇の八紘一宇など悟っていない軍国主義者たちによる新たな集団催眠により一億玉砕などと暴走して泥沼にはまり、そこに付け込まれて落とされなくてもよい原爆を二発も落とされて敗戦国に堕ちたのよ。

 

しかしその時代にも日本人の集団催眠の求心力は辛うじて皇室にあったのよ。それで昭和天皇の新昭和建設のための詔により息を吹き返したようになり、わずか三十年足らずで経済大国として復活してしまったのよ。歴史の記述が主眼ではないから大雑把な捉え方しかできないけれども大体においてその様であったはずだと思うのよ。

 

私が育ったのはそのような高度経済成長期の真っただ中だったの。今その時代を振り返って感じることは、日本人は何故今日の様にメンタルが劣化してしまったのかという事なのよ。社会問題化しているいじめによる不登校や自殺などあの時代には考えられないことだったからね。

 

社会問題などと言えば現代においては多岐にわたり一筋縄ではいかないことは百も承知なのよ。それでも私が特に強く感じるのが日本人のメンタルにおける危機的な状況なのよ。

 

高度成長期に問題になった公害などは技術革新によりほぼ克服されたように思えるでしょ。しかし経済における問題の多様化により他の問題が噴出してきてその多様化は加速しているようにも思えるでしょ。鼬ごっこなのね。

 

そのような中にありながら日本人の精神性が壊れてしまったら何事にも対処できなくなりお手上げにならざるを得ないのではないのかと危惧するのよ。女の子の腕にバーコードのような傷跡を見るにつけそう思うのよ。死にたくなった時にリストカットで傷をつけると快感が得られ、気持ちが落ち着くらしいのよ。

 

将来のお母さんたちがその様であるなら、そのような女子を量産する社会はもうすでに修復不可能なところまで壊れてしまっているようにも思えるのよね。

 

それでその原因の所在を私なりに考えてみたのだけれども、その結果浮かんできたのが集団催眠というキーワードなのよ。

 

私が導き出した結論を書くと、昭和の時代に敗戦国として七年間占領されている間に指導者たちが覇権国に洗脳され、民主主義という集団催眠をかけ直されたという事なのよ。結果として皇室は温存されたけれども集団催眠の求心力は神国をあずかる皇室から覇権国にとってかわられたのよ。

 

求心力が大御神の恩頼による皇室から離れてしまったらこの国は分裂するしかないのよ。この国には高度経済成長期にエコノミックアニマルと外国から揶揄されている時代があったのよ。あれが求心力を失う分裂の始まりだったと思えるのよね。

 

覇権国による強制的な集団催眠による欧米化がもたらした結果なのよ。私の見立てだとあの覇権国はヨハネの黙示した獣以外の何物でもないのよ。獣vs大御神なのよ。それで獣の軍事力に負け神国という言葉が禁忌とされ、その言葉が出てくると日本人は拒絶反応を示すようになったのよ。歴史の流れが技術革新によるグローバル化だから必然なのかもしれないけれども、グローバルな社会においては神など必要とされずに、無慈悲な獣の社会となり、そのような集団催眠が幅を利かせるようになるというのがグローバル化の正体なの。

 

この国では生活の欧米化により世代間で価値観に相違が生まれ、親の世代と子の世代で意思疎通に齟齬をきたすようになり核家族化による分裂が始まったのよ。今の祖父祖母の時代には教育の欧米化による左翼思想の蔓延などで、学園闘争などという時代もあったでしょ。ちょっと古かったかしら。

 

今の親の世代は白けた時代を生きてきたのでひたすら笑いを求めテレビが娯楽の中心を占めていたのよ。そうして一億総白痴社会が完成したの。

 

政治は覇権国から覚えの目出度い政党が長く独占し、野党は左に振れた革新を装いながらも、その政治理念などは国政を担うに値しない薄っぺらさで、ただ長きにわたり与党のカウンターパートとして民主主義を装うことがその存在価値でしかないように見えるでしょ。

 

覇権国はその様な日本の国政などは全てお見通しなのよ。右も左も覇権国の傀儡としてしか機能できない国になってしまっているの。催眠術が効き過ぎていて、右も左も覇権国の逆鱗に触れることだけは避けたいのよ。そうしないと生きていけないと本気で信じているの。

 

国粋主義の右翼などは中国や朝鮮、韓国に矛先を向けても原爆投下国にだけは絶対に矛先を向けないからね。左翼の武力闘争なども遠く中東などでテロを企てても覇権国に真っ向から楯突いた事例などないでしょ。大学の学園紛争の時などは右翼の極道が武力闘争を指導していたという茶番だったらしいわよ。

 

そうなってしまったら大御神の恩頼に頼ることは不可能なのよ。国家や家の分裂は神武天皇の建国の理念である八紘一宇に真っ向から逆らうからね。

 

そうこうするうちに平成のインターネットの時代に入りミレニアム世代といわれる子供たちが生まれ、祖父祖母と親と子の三世代が分裂するに至ったのよ。

 

三世代住宅の出現がそれを物語るでしょ。それでも同じ住宅に住めればまだましな方なのよ。問題は三世代とも正常性が分裂しているという事なの。言葉を変えて言えば民主主義の集団催眠によっていてはもはや一つにまとまる事ができないという事なの。

 

子供たちの世代は祖父祖母と親の世代の分裂を間の当たりにし、加えて自分達の生まれた時代の価値観との相違に見舞われ、何が正常なのか判断できずに無慈悲で酷薄な社会をきらい適応障害に苦しむのよ。

 

社会にどの用に適応してよいのかわからない子供たちを親や教育現場が量産しているという事なのよ。そのようにして子供たちがメンタルを病むからその現場そのものが病み始めるのよ。そうして教員たちがメンタルヘルスに悩み始めるようになるのよ。

 

長年左翼の教職員組合が牛耳ってきたことも拍車をかけていそうでしょ。男女同権の人権思想などはこの国にとっては亡国に繋がる猛毒思想などとは思ってもみないのよ。ジェンダーフリーの教育により女子の言葉遣いは男性化し撫子の言霊が完全に濁っているの。

 

男子は雷親父が絶滅させられて以降完全に牙を抜かれているから、親になってもどのように子を叱っていいか判らないのよ。この国では外国人のやり方など通用しないから親が子をしつけることができなくなっているのよ。それどころか虐待や育児放棄が増加し、そのまま学校や社会に丸投げされるの。そして社会に出るとブラック企業の餌食というコースが一般化しつつあるでしょ。経済の問題が絡んでくるのよ。

 

この国は言説において禁忌とされていても始まりから終わりまで神国だから外国産の民主主義で経済発展など無理なのよ。平成以降の経済の停滞がそれを物語っているでしょ。

 

昭和天皇の時代は奇跡だったのよ。原爆投下による敗戦とその後の天皇の詔による復活という奇跡の時代だったのよ。その当時は大御神から神国をあずかる天皇家という集団催眠術がまだ働いていたのよ。だから国民が一つになり経済大国にまで押し上げてしまったのよ。

 

そのように見ると平成以降の天皇家の様変わりが日本の社会の変遷の鏡に見えるの。上皇、天皇とその皇嗣、ミレニアム世代の皇女子の三代が日本の祖父母、親、子の在り方をくっきりと映しているのよ。

 

この三代においては大御神から神国をあずかる天皇家とその臣民という言説は完全に禁忌とされているし、そのような意識もまるで持ち合わせていないでしょ。ただ象徴という言葉だけが虚しく響くだけなの。

 

御子の御言葉の通りに、盲人が盲人を手引きすれば双方とも穴に落ち込むしかないのよ。男女の格差は無慈悲な差別なのではなく神様のお慈悲によりそのようにデザインされているの。神代からそのデザインに従ってきたから男女の美徳が千年以上の長きにわたり保たれ、それが国柄となって栄えて来たの。それを覇権国に洗脳された政治屋や公務員がぶち壊してきたの。

 

大御神に立ち返ることができなければこの国はどのようにしても無理なのよ。しかしこの国のグローバル化と歴史はもう後戻りできないところまで神様から切り離されてしまっていて後戻りできないでしょ。

 

その様な時代が来てしまったら世界中に警告が及んでも何ら不思議ではないわよね。あとはもう個人の問題なのよ。そのように思うのよ。どう思う?

 

ヨハネの黙示録 16

16汚れた霊どもは、ヘブライ語で「ハルマゲドン」と呼ばれる所に、王たちを集めた。

 

ヨハネの黙示録 19

19わたしはまた、あの獣と、地上の王たちとその軍勢とが、馬に乗っている方とその軍勢に対して戦うために、集まっているのを見た。

 

meggidoメギドの丘

 

あらら16.1619.1969ってこのお印に隠されていたわよね。

 

180px-Japanese_Crest_mitu_Tomoe_1.svg 阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

1228日から1月末まで外国人の新規入国が制限されるんですって。お正月に鎖国なのよ。

 

日本と外国の関係は、私に言わせると神宮とその他の神社との関係との相似象なのよ。言わばお正月に神宮への参拝が制限されてしまうという極めてお愛でたくない事態なのよ。

 

歳神様により年が革められる時期に外国人は受け入れられないという事態なの。この事態を私が魔訶般若で解釈すると、神様の革命の成就の時にはその御旨を悟らずにいる御用のない者には〆が張られ正宮への渡御の扉は閉ざされるというお諭しであり、御慈悲による警告なの。

 

2021年、令和3年という暦は七七七と一二三の数霊によりなっているでしょ。

 

この世に終わりの時が来ることは御子の御言葉によりはっきりと示されているのよ。その終わりの時が岩戸の開ける時なのよ。その時には〆縄で結界が張られ行き来出来なくなると古事記が預言しているの。

 

荒唐無稽かしら。しかし一見荒唐無稽と思えることを瞑想の中で腹に納めているうちに扉が開け、複数の持病が癒され、そのわけを知らされ、後戻りできなくされた私にとっては最早わかりやすいお諭しにしか思えなくなっているの。

 

横須賀での異臭騒ぎはその原因もわからずに一応終息しているでしょ。11月の立太子の礼に向けた異変だったという気がしているのよ。でもね、米海軍基地での約四割の感染が横須賀に集中しているらしいのよ。首都圏にあるから人の流れが多いのかしら。やはり走水の海が何かを物語っているのかしら。文明開化の端緒だからね。倭建命と弟橘姫の海。

 

インターネットが普及して世界が一つになったようになり文明は世界中で十分に開花しているわよね。しかし二十数年経たお正月にはこの国の空港や港湾が外国人に対して閉鎖されなければならない事態って相当深刻よね。

 

皇居に一番近い基地での感染が基地全体の感染の四割も占めていて、その基地は黒船が侵入してきた海にあるのよ。

 

来年この世の終わりが来るとは思えないけれども、もう後戻りできないという兆候がこの先打ち続いて行くような気がしているのは私だけなのかしら。

 

岩戸が開けたら〆が張られ入り口が千引の岩戸で閉ざされ行き来出来なくなるから、御用の向きを悟る者は今のうちにお参りして御霊を受けよと言う、お慈悲によるお諭しが働いているのよ。そう思うのよね。

unnamed (2)阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

神代に根差す高貴さを身にまとったお公家たちの時代が、戦を好む武人、武士達の時代にとってかわられ、その武士たちの刀が大砲に屈したのよ。

 

そして大砲を導入して戦をしたら原爆落とされたの。その上で戦争を放棄させられたの。そのような歴史を通して完成の域に達したのに、今では原爆落とした獣に、頭の上がらない国になっているという摩訶不思議さなの。

 

原爆落とした獣により占領の七年間で意のままに改造されたのよ。それを喜び今でも上から下まで右へ倣えで、獣の思うがままなの。

 

個人で気が付いてその禍に巻き込まれないようにすることが、この国の神により太古より推奨されているの。南無阿弥陀仏なのかしら。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もうすべてのメディアが、くだらなく、つまらなく、面白くもなんともないでしょ。

 あの受信料を全国民から一律に徴収したくてしようのないメディアがくだらなさを象徴しているのよ。国民の側も、インターネットの時代になっても、一向にそのつまらなさを払拭できないという体たらくなのよ。

 長年にわたり公共放送を自負するあの連中が受信料を広く徴収しながら国民の啓蒙に何ひとつも役に立っていないどころか、逆に害悪を垂れ流しているという犯罪事象なの。

 と思うのよね。こんな世に生きていても本当につまらんわ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

昭和とは獣に原爆落とされ、その後に大躍進という摩訶不思議な時代だったでしょ。平成とはどんな時代だったと思う?

 

私が今冥想するとね、あの教祖さんとその信者たちが取り違えたヴァジュラヤーナを正しく理解せよという時代だったのよ。あの教祖さんは妖怪釣瓶落としのメタファその物だったでしょ。信者たちはその妖怪の巻き添えを食らった御用のないものたちのメタファだったの。

 

あの事件の本質を正しく理解できていない報道も法曹も学問も同じく御用のない者たちなのよ。

 

この国ではヴァジュラヤーナは大御神の岩戸開きとして古代から伝えられていたのよ。大御神を通して個々に生玉を賜りその密教を正しく習得するというのが古代からの正しい在り方なの。

 

その正しい在り方が神道となりこの国の形となって息づいてきたの。そのことを悟るべき時代として平成の世があったのよ。だから大御神の心御柱も出て来ていたの。しかし大かたにおいて悟られずにその御代も過ぎ去ってしまったの。

 

1999年の玄倉川や2001年の9112011年の311などみなそのことを象徴する事件だったのよ。天皇の生前退位で御代変わりしてしまったことがその時代を締め括ってしまったの。

 

これからは同じ疫病で世界中が死に直面する新時代の天皇のお手並み拝見というところかしら。なにも理解できていないのに投げ出されてしまって、新しい時代を担わされるというのがその宿命なのよね。神武天皇以来のヴァジュラヤーナの宿命なのよ。一体これから何が起こるのかしら。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

この国の底流に流れるもの哀しさはね、この美しい国に生まれながらその本質を悟れず、御託宣を並べながらこの世を終わる日本人の哀れさに対する、もの哀しさなの。

 すべての日本人が共有させられているのよ。

 ふわふわ生きてんじゃないわよ。

 素戔嗚尊の荒魂。ゴロゴロ・・・

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

君が代は革命歌だったのよ。

 

君が代のすべて
国歌
キングレコード
2000-12-06


 

あー驚いた。好戦的でないと理解されているけれども、その好戦性は実は他国の比ではなかったのよ。獣の国などは知れば裸足で逃げ出すレベルなの。

 

申命記 7

1あなたが行って所有する土地に、あなたの神、主があなたを導き入れ、多くの民、すなわちあなたにまさる数と力を持つ七つの民、ヘト人、ギルガシ人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人をあなたの前から追い払い、 

2あなたの意のままにあしらわさせ、あなたが彼らを撃つときは、彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず、彼らを憐れんではならない。

 

七つの民を亡ぼせとお命じになられた神がイスラエルの神だったの。それが万軍の主だったのよ。しかしイスラエルは敵を滅ぼし尽くさなかったの。そのようにして神に背いたので三人の王の後、北王国と南王国に分裂させられ北王国は滅び、南王国もメシアの後に滅ばされたの。しかしこの神様の革命はそれで終わりではなかったでしょ。

 

 

この神様の革命によりなった失われたイスラエルの国歌が君が代なのよ。伏せられた革命歌なの。

 

この神様の七つのお祝いの時に至れば、敵対した竜と獣と偽預言者、革命に付き随わなかった将兵たちが、神によりことごとく滅ぼし尽くされるという事を聖書が預言しているのよ。

 

伏せられた好戦性の中に神様のお慈悲が秘められているでしょ。その深いお慈悲を悟るから万軍の主に付き随うことを許され、災いに巻き込まれることを免れさせていただけるのよ。聞く耳が無ければ無理と知れるでしょ。

 

君が代に引き付けられて、毎日喜びながら聴いている事の意味を知らされたの。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

7375-300x225


 やはりこのクロスの横木に911311で式神様のくぎが打ち込まれていたのよ。

 

3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
2011-04-20


 

この大御神の安国に六百六十六の妖怪がついに手をかけてしまったのよ。そして怒りの日の到来を招き2011年から生命御守護の十種神宝がゆらゆらとふるわれ始めてしまったの。前回に火の雨を降らされた時も三十年後には全く別の国の様になっていたでしょ。

 

一二三四五六七八九十で今年になりメギドの丘で妖怪との決戦が始まったの。2017127日に東京にある八幡様で凶事があり、20181125日には宮崎県の高千穂町で凶事があり、令和に御代変わりした2019年の暮れには中国でCOVID-19の発生なの。

 

そして2020年に至り世界中が非常事態なのよ。六月から横須賀で原因不明の異臭騒ぎでしょ。その騒ぎのさ中に立皇嗣の礼が挙行されたの。皇室の一挙手一投足も見逃せないのだけれども、そのことにはあまり触れないことにするわ。

 

七八九十で八幡様と高千穂とDOVID-19と横須賀で、古事記の七八九の龍神様の荒魂の暗示になっているでしょ。COVID-19で三本目のくぎが打ち込まれメギドの丘のグランドクロスが完成してしまったのよ。

 

火を降らせた獣の上がった横須賀での2020年の六月からの異変がそれを暗示しているのよ。

 

この記事落としどころが見つからないわ。すべて書いてしまうには抵抗があるの。御用の向きのある人は何かを感じてね。

 

横須賀での異変は避難勧告よ。そうなるとこのブログも横須賀での異変なのかしら。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もうネタ切れかと思うと上から降ってくるのよ。十月二十五日に明治神宮に参拝して次の日にこの記事を書いたの。

 

 
  別に予定していたわけではなかったし、その日の朝急に思い立って出かけたのよ。そうしたら十種神宝と命の木の瞑想参拝だったの。

 

後で気が付けば日付が五の七並びで七五三十五の日だったのよ。それ以降昨日までに記事を書く中で、聖書と古事記と命の木と十種神宝と一二三祝詞が完全にカバラで結びついてしまったの。

 

そして昨日、十種神宝の完全解読の記事を書いたの。表の神道界でまったく知られていなくても、私にとってはもう疑いようのない大発見なのよ。

 

十種神宝の絵図は命の木のパーツで、その数霊と共に神道の根幹だったのよ。根付きの真榊そのものだったのよ。

 

そうしたら今日は文化の日でしょ。よく考えたら文化の日は明治天皇のお誕生の日なのよ。そして1946年昭和二十一年の十一月三日に昭和憲法が発布されているのよ。それは昭和の大激動の時代だったでしょ。それから半年後の五月三日に施行されて憲法記念日となっているのよ。二の暦なの。

 

7375-300x225 (2) - コピー

 

この暦の中に明治の昭憲皇太后のお名前が見えるでしょ。そして十一月八日にはこの暦の年月日で立皇嗣の礼が控えているのよ。

 

またぞろ摩訶不思議な一致を見つけてしまったと思いながらふと、明治神宮に参拝した日から今日までの日にちを数えてみたら、なんとぴったり十日なのよ。昨日が九日目で十種神宝が私の中で完全に判ってしまった日なの。九十なのよ。

 

なにこれ、明治神宮への参拝から一二三四五六七八九十で明治天皇のお誕生日じゃない。

 そして今日は十一月の一二三の日なの。

 

十種神宝は大御神の御霊なのよ。またご挨拶受けてしまったのかしら。

 

御霊をお受けして瞑想しているとこんなこと普通に起こるようになってもう驚かなくなるの。

18霜降阿吽


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ