天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: カバラ

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

あのね、カバラの三五七あるでしょ。これが天地創造の暦であり、神様の縁談話の暦だと示してきたでしょ。これは人類にアダムとイブという始まりがあれば、終わりがあるということだと思っているのよ私は。

 

イエスは「アルファでありオメガである」と自分のことを言っているわ。これは始まりと終わり、日本語で言えば、あとん、阿吽よね。人間はその神の似姿に創られているのだから、始まりと終わりはあるでしょ。六日目がその終わりなの。七日目は復活の日なの。この日取りも相当押し詰まっているように示されているけれどもそれはこの記事ではおいておくわ。

 

一人一人の人生もこの日取りにのっとっているでしょ。還暦に間に合わせるように生きなさいというカバラなの。還暦という六日目を終えるくらいまでに魔訶般若を悟り、解脱して、禊を済ませ七日目を迎えなければどうする気なのということ。

 

しかしそのように日本人は悟らずに来たので、老害の葬式仏教が隆盛なの。日本に限らず、六日目の還暦までに魔訶般若を悟れない老人たちがこの現世の主導者たちなの。だから世界平和など一ミリも望むべくもないの。

 

この老害老人たちは締め切りを過ぎているけれども、世にあるうちに、一夜漬けでも解脱しなければいけないの。でもそんなことは誰も悟らないでしょ。現世のあらゆる分野で老害をまき散らしながらこの世を終えるの。

 

この老害により躾と教育を受けそれを正常と判断し生きている若い人たちは、この正常性の偏見を脱するには相当の苦労がいるわよ。何しろ自分の先祖や父母が解脱者でないのならば、その老害をまともに受け育てられたとはっきり認識しなければ、自分の脳が正常性の偏見という心理的盲点にしっかり支配されているということだからね。

 

ヨハネはそのような現世を大バビロンと呼び、倒れると黙示しているけれども、私はそれを老害文明と呼ぶわよ。日本の文明開化は、老害文明開化だったの。

 

若い人は還暦を目安にして遅くともそれまでには魔訶般若を悟りなさい。六日目までよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

生 割礼     洗礼      死  復活 イエスの生涯

  メシアを悟る 禊・悔い改め     神前で復活(一度目)婚宴・父の家に入る

  菩提心    解脱・空境涅槃    梵我一如   

  三      五          七つのお祝い・千年の宴・永遠の命

反割礼    反洗礼        復活(二度目)・七殺の祟り・六六六の二度目の死

 

七つのお祝いは千年の宴。その後七殺の祟りが起こるの。

八千年目が千代に八千代のお祝い。七つのお祝いの蘇りと、七殺の祟りの屠りでお屠蘇。

八日目はお正月の元旦なの。
お釈迦さまは、仏陀の話をきく者は一本目の矢は受けても
二本目の矢は受けないと言ったそうよ。意味深長でしょ。

古神道の書をよく読んで善いお正月を迎えましょうね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

旧約聖書 出エジプト記 4章

 24途中、ある所に泊まったとき、主はモーセと出会い、彼を殺そうとされた。 25ツィポラは、とっさに石刀を手にして息子の包皮を切り取り、それをモーセの両足に付け、「わたしにとって、あなたは血の花婿です」と叫んだので、 26主は彼を放された。彼女は、そのとき、割礼のゆえに「血の花婿」と言ったのである。

 

このような聖句が出てくるのから世間の人は意味を取り損ねそこでつまずくのよね。なぜいきなり主はモーセを殺そうとしたのか、理解できないのよ。この部分ではモーセが血の花婿であるキリストの暗喩になっていて、イスラエルにおける割礼とは血の花婿とのいいなづけを意味していると悟れないのよ。

 

神さまはアブラハムに息子のイサクを燔祭としてささげるよう命じ、アブラハムは神の言葉に従い、イサクに刀を振り下ろそうとして天使にとめられたの。この部分ではイサクがキリストの暗喩になっているでしょ。そのように読み取らなければ、アブラハム、イサク、ヤコブが御父、御子、聖霊の暗喩になっていると理解できず、聖書がイスラエルを通して何を人類に諭しているかなどわかりようがないの。

 

旧約の初期の時代に血の花婿であるイエスのことはモーセを通して預言されていたのよ。イエスは「モーセは私のことを書いたのである」と言っているの。書かせたのはイエスの前世の神ヤハウェなの。キリスト教が完全に取り違いをしていることが知れるでしょ。聖書はイスラエルのカバラを通して読解しなければつまずくの。神道の日本人は下手に宗教に近づかない方がいいの。虎穴に入って虎児を得て出てくるような私のような猛者でなければね。

 

神道は血の花婿との神前結婚なの。三月三日の雛祭りがそのお祭り。雛人形は血の花婿との神前結婚の形を示しているのよ。内裏雛の並びは左上右下なの。関東雛は逆の並びになっているけれど、初めて神前で結婚式を挙げた大正天皇が、雛人形に八咫鏡を懸けてしまったのよ。だから次の昭和天皇の時代に、岩戸が閉まり、十五年後くらいには岩戸が開けていたの。

 

大正時代は十五年でしょ。七五三はたして十五でしょ。三月三日は血の花婿とのいいなづけの割礼のお祭り、五月五日は婚約の洗礼のお祭り、七月七日は成婚の復活のお祭りなの。すべてイスラエルのカバラによる古神道のお祭りなの。それを明治、大正、昭和と継承しているの。未来預言でもあるわよ神道は。成婚の復活の七つのお祝いのお祭りがまだだからね。

 

割礼はこの血の花婿と自分の関係を悟る事。洗礼は神道の禊であり、神仏のお諭しは、解脱、悔い改め。従おうとしない者が、反割礼、反洗礼、反成婚の六六六の反キリストの印を受け復活するの。八八八の命の木の印を受け神前に復活するしかないと思うわよ私は。その八八八の神様が皇大神宮で女神としてお祀りされている血の花婿なの。なぜそうなるのかはもうたくさん書いたわ。ヨハネの黙示した子羊の婚宴なの。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

イエスが示した二匹の魚と五つのパンを旧約聖書、新約聖書、

古事記をもとにカバラで考察してみたら以下のようになったの。

古事記の神代七代の記述がなければ解けないわよこれ。

復活したイエスの直伝として八咫烏が古事記で暗に伝えているとしか思えないの。

なるほどと思える人だけ参考にしてもらえればいいと思うわ。

 

二匹の魚と五つのパンで五千人が満腹して、

残りのパンくずが12かごというイエスの謎々。

五千人とはイエスの時が五日目だったから。

初めから終わりまですべて示されているの。

 

二日と五日で七日 天地創造の七日間

二柱の一人神と五組の夫婦神で神代七代の合計12柱 古事記 八咫烏

二柱と十柱で十二柱


二日目に人類全滅 ノア一家が水の中を通って助かる 水による洗礼 虹の七の契約

三日目の12柱がイスラエル ヤハウェの12  許婚の誓約

五日目の柱がイエスの12弟子 イエスの12  婚約の誓約

七日目の12柱は全人類    天照大御神の12 七つのお祝い 成婚の誓約

七代目の夫婦神が伊弉諾尊と伊弉冉尊で御父と御子の暗喩になっていて
三代から七代までの五組とも同一神。

この二柱の神の三日目から七日目の五日間が夫婦神の盃事の日取り。七五三(倒語)

この夫婦神の盃事とは御父と御子のいいなずけの嫁取りの暗喩。
今の世は六日目で最後の日 各いいなづけの日取りは生まれてから終わりの日まで。 

 

いいなづけには十と二の戒め 十二支族の十支族と二支族が分裂

モーセの十戒 天津罪五と国津罪五 十種の神宝 十束の剣 ヤハウェの十二支族の時代

分裂後の十支族から出た釈迦の解脱 イエスに先立つ、四日目に示された五六七弥勒菩薩の預言

分裂後の二支族の洗礼者ヨハネ 悔い改め 神の篩 天津金木と天津菅麻 イエスと同時代

十と二の、解脱と悔い改めが天照大御神の十二の禊祓い 

国津神十支族から天津神二支族に国譲りで天孫十二支族回復融合 倭 大和 ヤハウェの民

全人類がこの十二の禊祓いで篩にかけられる 

その篩はモーセが十二支族に示した十戒で、伊弉諾尊の十束の剣であり

またの名を十種神宝という、ゆらゆらとふるわれる天照大神の篩

これらのことを私がカバラで解釈すると、悔い改めた上で(二の禊)、解脱し(十の禊)、
イスラエルの十二支族に与えられた十戒を、イエスの十二弟子のように悟れ、
ということになるわ。それが神道の禊なの。

イエスが手に箕を持ち、麦は倉に納め、殻は消えることのない火で焼きはらう、
と言ったのは洗礼者ヨハネなの。


神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

十という数は五つのパン。五組の夫婦神。モーセの十戒、なぜ十割る二の五なのかは、

十戒は十種神宝で天津罪五と国津罪五に分かれているから。

 

二という数字は二匹の魚。イスラエルの二支族に対応しているのだけれど、

古事記と伊弉諾尊の禊の祝詞を読み込まないと意味が解けないわ。

 

バプテスマのヨハネが水でバプテスマを施している時に示した二つの戒めと、

伊弉諾尊の禊の祝詞で示される天津金木(あまつかなぎ)と天津菅麻(あまつすがそ)

二つが対応関係にあるの。

 

まとめると天津罪五戒、国津罪五戒、合計で十戒。

それに伊弉諾尊の二戒が加わって十二戒なのよ。

この十二戒を犯した罪の祓い清めがイエスの贖い。

この十二戒を犯した罪の悔い改めが禊なの。それで禊祓いの完成をみるの。

これがお爺ちゃんの仕掛けた謎々。難しすぎ?

お爺ちゃんである天の御父と、御子に関心がなければまず無理ね。

 

これまでの記事でこのブログ立ち上げの露払いは大体済んだと思うし、

興味、関心あるリーピーターしか来なくなると思うし、それでいいのだけれど、

読んでくれる人の男女の別ってあまり意識してこなかったの。

 

私、思うのだけれど、女の人はあまりむずかしいこと考える必要ないわよ。

お釈迦さまはね、女人は解脱できないってお説きになり出家は許さなかったの。

でもそのお釈迦様をしたうあまりに釈迦族の女性たちが、

勝手に出家して押しかけてきてしまったの。

これお釈迦様の目からは「しゅっけ」ではなくて「いえで」と映ったと私は思うわ。

この女性たちはそうとは気が付かずに、お釈迦様とお爺ちゃんに盾ついていたの。

お釈迦さまは弥勒菩薩の心も知っていたから、それに倣い受け入れたの。

でもこうなった以上は自分が生きて正法を説いても必ず法滅に至ると言葉を残したの。

 

日本人のお婆ちゃんたちも釈迦族の女性と同じでお釈迦さましか見えていないでしょ。

お釈迦さまは、女性は解脱など必要がないということを言っていたのだと思うわ。

解脱しなければいけないのは男だけ。

 

古事記の中で伊弉冉尊という女神が先に言葉を発して子生みに失敗して

やり直しさせられたでしょ。

お釈迦さまが示した弥勒菩薩はイエスだったと悟り、

そのイエスの言葉を鏡として家を守っていられたらいいと思うわ。

聖書にはイエスが女性にどのような戒めを説いたかしっかり書かれているからね。

 

今のお婆ちゃんたちがその視点を欠いているから核家族化が進み、

今では家庭崩壊なの。

神道流に言えば家を守る巫女さんなの女性は。それで十分禊できるの。

 

問題は私と同じ男たち。男たちは解脱しないと禊できないわよ。

男は神職だから、イエスは自分の十字架を背負い私について来なさいといったの。

そのようにメシアに倣わないと、自分の家族である巫女さんとその子らを救えないわよ。

アニメやお笑い芸人にうつつを抜かしている場合でないはずと思うわ、おかげ参りは。

そこにお爺ちゃんの厳父としての威厳があるの。

盾ついてばかりいると雷親父送られるわ。

 

ヒントだけ記すつもりがまたお説教してしまったわよ。

悟ってね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)


ひとつ前の記事でついに天照大御神の倒語(さかしまごと)

お爺ちゃんの謎々にしてしまった。

倒語(さかしまごと)やカバラは逆さ言葉の謎々遊びと同じようなもの、

ということを念頭に記事を書いていたらお爺ちゃんが出てきてしまったの。

 

神様をお爺ちゃんにしてしまったのよ。

でもこの表現お爺ちゃんに気に入ってもらえたみたいだわ。

私っていったい何者?っていつも思うけれど仕方がないの。

 

そのお爺ちゃんからね、謎々の解き明かしはその辺にして、

その先の謎々を出す側に回りなさいと言われている気がしてきたの。

この辺から先のことは、受け手が解くことにより賜るもので、

安易に表に出すなと言われている気持ちなの。

だからその気持ちで半分解きながら謎々出すというステージに

入って来たみたいこのブログ。

 

今日のテーマはセムの天幕とイスラエルの天幕。

 

セムの天幕の主はノア。ノアの数は十。

 

イスラエルの天幕の主はアブラハム。アブラハムの数はイスラエルの十二。

 

セムの天幕に梵天から灌頂を受け遣わされた仏陀の数は十大弟子の十。

 

イスラエルの天幕からセムの天幕に散らされた失われた十支族の十。

 

イスラエルの天幕のうちユダヤに遣わされたバプテスマのヨハネの持つ数は、

ユダ族とベニヤミン族の二支族の二。

 

仏陀もバプテスマのヨハネもイエスの預言者でその持つ数の十と二を足すと十二で、

イエスの十二弟子の十二。

 

この二と十と十二と、十と十二を足した二十二。

 

ヒントはこのページにあるわよ。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1262750.html (二匹の魚と五つのパンと神代七代)

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1308480.html (十個のセフィロトと二十二本のパスと日本のお榊)

多分頭が混乱するわ。

このブログでは旧約聖書を神ヤハウェの書、新約聖書をイエスの書、

古事記を天照大御神の書としてきたけれど、三冊合わせてお爺ちゃんの書なの。

良く読み込んで腑に落とさないと結構難しい。

何年かかってもこの数の謎々解いて、お爺ちゃんの言わんとすること

よく理解したほうがいいと思う。

 

最終的には仏陀がなぜ、正法から法滅に至るという言葉を残したのか。

そこまでが私が解き明かしているお爺ちゃんの謎々なの。

これはもう一人一人の悟りに任せなさいというレベル。

 

お爺ちゃんの書、よくよく読み込んだ方がいいと思うわ。

その上でヒントがほしかったらコメント欄で質問してくれたら答えるからね。

宗教哲学ではなく謎々よ。

お爺ちゃんとは家族という視点を獲得しないと解けないわよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


哲学・思想ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 あのね、日本書記や古事記の倒語(さかしまごと)などと表現すると何か仰々しい、

神様に関する文学表現で、神事が分からなければ理解できないとかまえたくなるわよね。

 

でもね、本質はただの言葉遊びだからね。逆さ言葉の謎々みたいなものだからね。

神様というのは、ひたいにしわをきざみ込み、むずかしいしかめっ面をした、

気むずかしい老人ではないからね。お孫たちと謎々遊びをしながら、

ニコニコ微笑んでいるような気のやさしいおじいちゃんなの。

たてつくとそれは、それは、それは恐ろしいけれどね。

 

カバラも同じ。お爺ちゃんは宗教哲学しましょなんてこれっぽっちも思っていないわよ。

謎々解けるように、仏陀を灌頂し、メシアをお使いに出し、神道を立て、

そのうえで解脱し、悔い改め、禊しなさいと教えたの。

このお爺ちゃんの戒めに従わない唐変木さんたちが宗教哲学するの。

当然お爺ちゃんの謎々解けないわよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村


神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

カバラの命の木ってあるでしょ。

あれは日本のお榊なの。

このブログではもう何度も紹介しているはず。

なぜおさかきかというとお逆木なの。

命の木の西洋版の図象などでは、根っこと幹の上下が逆さまに

描かれているもの等がそれ。その故にお逆木とは上下の逆転、

左右の逆転などとの解釈がまかり通り、そこに訳の分からない

オカルト思想などがへばりついて、タロットに結びついたり、

カバラの哲学思想や神智学や秘密結社のオカルト思想などと

危ながる解釈がされているのよ。

 

ひとつ前の記事で書いたけれど、

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1305340.html (八咫鏡の真実)

鏡像反転は左右が逆転しているように見えるけれども、実は前後の透過なの。

鏡に映っても右手は右手のままなの。この命の木は正面ではなく後面のお逆木で

神さまの木だからお榊なの。だから後ろの正面だあれ?なの。

 

しかも根っこと幹で二本の木を示す天照大御神の木だからにほんのき。

お榊は日本の木なの。だから当たり前のようにこのお榊には

日本の由緒までが示されているの。

 

命の木はセフィロトの木として、三本の柱に十個のセフィロト、

それらをつなぐ二十二本のパスで示されているでしょ。これだけで十分なのよ。

いつも言うようにカバラは謎々なの。オカルトの神秘主義ではないの。

十個のセフィロトは十戒を示しているという解釈は当たっていると思うわよ。

でもね、見落としている事があるの。

 

十という数はアダムから数えて十人目のノアを示しているの。

このノアがセムの天幕の父で、神様と虹の契約を結ばれた人だったの。

それから十二代目がイサクという人。十二代よ。この人がイスラエルの父なの。

そして二十二代目にあたる人なの。これが二十二本のパスの数。

イサクの父はアブラハムで二十一代目の人。二十一代よ。

この人もヤコブ・イスラエルとならぶ、七七七の満願の人だったの。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1234775.html (神の国イスラエルと天孫族)

この記事を書いたときに聖書の中にひとつ目の七七七の満願を見つけたけれども、

またもうひとつみつけてしまったの。

 

アブラハムはイスラエルの契約の祖父なの。聖書にはアブラハムとイサクが

御父と御子の暗喩になっていることを示す記述まであるの。

その孫がヤコブ・イスラエルで天孫族の父なの。


 今では御父の独り子イエスが天孫族の契約の神、
いいなづけの天照大御神として神宮で祀られているの。

お榊とは御父と御子と天孫イスラエルの契約を証しする命の木なの。

それが古事記の示す須佐之男命と天照大御神の誓約(うけい)なの。

この契約を見いだせない人がカバラの迷宮にはまり、一生を棒に振るの。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

神道の深層あばくわ。

六六六に対応している言霊が神道にかくされているのは以前から気が付いていたけれども、

あまりにえぐいから出すのは控えていたの。この辺で出してしまおうかしらと思うの。

 

六六六というのはヨハネが黙示した獣の印よね。獣のレッテルを張られる

ということでしょ。日本にもあるわよ、それに匹敵する言葉が。

 

使い方を誤ると人の怒りを招くという意味においては、

ヨハネの六六六より強力な言霊。

 

それは・・・「馬鹿」。

 

この言葉は神道による言霊よ。

禊祓詞(みそぎはらいのことば)という祝詞の最後に

「天の斑駒(ふちこま)の耳振り立てて聞食せ(きこしめせ)

怖み怖み(かしこみかしこみ)も白(まお)す」という言葉があるの。

この言葉の中に「聞食せ(きこしめせ)」というのがあるでしょ。

これは聞くことは食べることだと理解していると取れるでしょ。

メシアの言葉を聞くということは食物をいただくことなのよ。

注目は「天の斑駒(ふちこま)」よ。馬なの。

 

それとは別に卜部神道の祝詞で「左男鹿(さおしか)の八(やつ)の耳(おんみみ)を振立てて
聞食せ(きこしめせ)と申す」という言葉が最後に出て来るものがあるの。

こちらは「左男鹿(さおしか)」 鹿なの。私の解釈では神道における左は左近桜の左。

その意味するところは神の禁断の木。数は六六六なの。

 

馬と鹿の耳にメシアである天照大御神の御言葉を聞食し、

禊をさせ悟らせてやってください、としか私には聞こえないのよ。


 神の禁断の木と知らず取って食べていながら気が付かない人間の、
右の手と額に張られるレッテルが六六六。神道ではそれが馬と鹿なのよ。


 この六六六の印を受けた者は、

神の怒りの酒船でふまれると黙示されているの。

神の怒りと直結しているのよ。だからこの「馬鹿」という言葉は

使い方を誤ると人の怒りに直結するの。

色即是空の空境において直結しているの。

それが日本人の感性なの。

 

神の怒りを招く者は獣以下よ。

獣は神の怒りを招かないでしょ。

それがこの数と言葉の意味すること。

第三の眼の開眼は必須なの。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村


神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

DSC_0271

 この写真は神奈川県横須賀市の走水神社から走水の海をうつしているの。

この海は古事記で語られた海なのよ。

そこで八百八十八という数を弟橘姫が示しているの。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1198963.html (倭建命と弟橘姫 命の木への道行き)

そしてここに黒船が入ってきて文明開化につながったのよ。

私ねこの文明開化ということが日本人にとって六百六十六という意味を持つとしか
思えなくなったの。

 

 横須賀生まれで子供のころこの海でよく海水浴したの。

成人したら横須賀の米海軍基地に六年半ほど勤務して、先行きが見えてきて、

よしと思っていたら急に回心させられて退職してしまったの。

その後いろいろ知らされて、今では六百六十六の基地だから

やめさせられたのだわと思っているの。

 

私の住んでいたのは佐野町というところで、

そこから平坂という坂を下って六百六十六の基地まで通っていたのよ。

佐野町(さのまち)の佐野は、さぬ、と読めば神武天皇の別名なのよ。

そこからこの世との境にある黄泉平坂を下って黄泉の国に通っていた?

などという妄想もわいてくるの。

 

横須賀という町は文明開化が進むに従い軍港の街となり、

戦後は米海軍の街なのよ。横須賀市の観光の売りは、海軍カレー、

ネイビーバーガー、黒船祭りなの。

 

ひとつ前の記事に書いたけれど、旧約聖書、新約聖書、古事記は

ひとつらなりの神の書物で、ヤハウェの書、イエスの書、天照大御神の書として

読むべきものだというのが見えて来たの。すべて同一神なの。

 

そこでよく考えてみると、私はその神の書物に記述されている

極めて重要な土地に生まれていたの?

倭建命のことを神代に語った稗田阿礼という人はいったい何が見えていたの?

と思ってしまうのよ。

 

神が園の中央に植えた命の木の数字が八百八十八で、

神が禁じた善悪を知る木の数字が六百六十六だなんて知り抜いていたはずなの。

その二つが走水の海で千数百年の時をまたぎクロスしているの。

 

そのような時が来るのを知っていて、都が西から東に移されるのまで見据えた

預言だった?中東から極東に神都がうつされたことなど当然知っていて、

それが日本の国の中でもう一度繰り返されるのを知っていたの?

などといろいろなことを瞑想してしまうの。妄想かしら?

 

でもねこの国を立ち上げその経緯を全部知り抜いていながら、

その歴史をすべて隠しおおせているのよ八咫烏は。

そう考えれば神様からすべてを知らされていたと考えてもおかしくないのよね。

この走水の海で起こったことなど全てお見通しのはずなの。

 

それらのことから私が言えるのは、東の京都のおひざ元の走水の海には、

八百八十八の命の木と六百六十六の善悪を知る木が生えているという事なの。

この二本の木は神様が人間に善悪を知らしめるために生えさせられた二本の木で、

その両方を味わわないと善悪を知れないのよ。

 

私の地元の横須賀市民はそうとは気が付かずに、

六百六十六の木とお友達なの。

ネイビーフレンドシップデーなんてあるとみんな喜んでいくの。
そこに八百八十八の命の木が生えていることなどこれっぽちも知らないのよ。

そしてこの横須賀市民の状況とは全世界の人類の状況そのものなの。

 

もしこの記事を横須賀市の観光課に投稿したら、

どのようなリアクションが返ってくるかしら。

投稿しないけど。


神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ