天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 古事記

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

日本列島には丑寅線上に〆が張られていたでしょ。

 

198883

この丑寅線なのだけれども結構侮れないのよ。桃太郎の鬼門の方角でもあったでしょ。日本の国土の配置でもあるでしょ。そして古事記の倭建命の東国の道行きのラインでもあるのよ。

 


 このラインね、相当奥が深いのよ。このライン上にお釈迦様のことまで詰め込まれているのよ。見つけてしまったの。

 

結構昔から日本列島雛形論というのがあるのよ。謎の神典とされる竹内文書などを根拠としているの。あの予言者もその提唱者とされるのだけれども、今の私は八通りにたぶらかす使命を帯びていただけの人と見ているの。その人のことはさておいて。

 

1316281689_208






 

要は、日本列島は世界大陸の配列の雛形であるという論なのだけれども、見たところ全くその通りと思えるのよ。神変不可思議なの。神変不可思議な体験などけっこうさせられている私にしてみればそのようなことにも、もはや驚かないのよ。

 

あの竹内文書に記述があるくらいだから、古事記の時代の神鳥である八咫烏にとっては、当たり前のことだったはずなのよ。古事記はそれをすべて倭建命の東国の道行きで暗示しているのよ。

 

その道行の焦眉はお伊勢様で神剣を授かってから、弟橘姫が走水の海で身代わりの入水をし、倭建命が対岸に渡るところまでなの。

 

ダウンロード

 

この道行きの図を世界地図に当てはめてみると、

 

d24a6295

 

このようになるでしょ。このルートはエルサレムの神殿にあった掟の箱の渡御のルートなのよ。その始まりが皇紀の紀元なのよ。そしてそのルートの中間地点に、お釈迦様が梵我一如をお説きになられたインドが位置しているの。雛形の相似象で考えるとインド亜大陸は静岡県なのよ。それが倭建命の道行きで示される焼津なの。この焼津で草薙剣が振るわれ敵の火を返り討ちにしているの。そしてこの物語が、ケルビムと回る炎の剣で守らせられている命の木の入り口を示していると、初めの頃に書いておいたのよ。

 

そして色々考察してきて雛形論を当てはめてみると、この地域で煩悩の炎を滅却するための解脱が、お釈迦様により説かれていたでしょ。静岡県人の人当たりの柔らかさは人並みではないわよ。

 

私はお釈迦様のお説きになった解脱という二文字が頭に浮かんだ日に、これがケルビムの入り口だと直覚してしまったことは何度も記事にしているでしょ。

 

古事記の記事で契約の箱のルート上にお釈迦様のことを暗示しているのよ。そしてその二つのことは弟橘姫の身代わりの入水と無関係ではないでしょ。お釈迦様が予言していた弥勒菩薩と無縁ではありえないのよ。

 

古事記はそのように奥深い倒語(さかしまごと)で示してきていたのよ。

 

驚くべきは都が京から関東に移される、そのような時代に走水の海に黒船が現れることの預言にまでなっていると読める事なの。それはエルサレムから掟の箱が渡御したその先に獣が上がってくる時代が訪れ、ヨハネの黙示録とつながってしまったという事なのよ。

 

そう考えれば現代における京雛と関東雛の併存は、ただこの国における欧米化の象徴ということのみにとどまらず、命の木をお預かりするこの国に張られている、丑寅の〆縄に関わる重要な意味あいがあるでしょ。

 

今日はお彼岸の入り。掟の箱はヨルダン川の中州にとどまりイスラエルを渡河させたの。その中州に対応しているのがお釈迦様のインドであり、倭建命の焼津なのよ。お彼岸の渡河の中日なの。

 

とどめさしの艮の金神様の物語なの。丑の刻参りなどというものまであるでしょ。藁人形と流し雛よ。

 

探るほどに奥の深い真名井の深淵なの。

20200203145749_4523468403


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

もうね、夏越の祓いに沿って記事書かされているのが自分でも丸わかりという摩訶不思議なブログになってきているでしょ。去年の年越しの祓いの時すでにそうだったのだけれど。

 

それを意識するから昨日の記事を書いのよ。そうしたら一晩死んだようにさせられ、またとんでもないことを知らされたの。これはもうその日のうちに記事にできないレベルなの。

 

それでも知らせなければいけないことはまだまだあるので、今知らせてあることはすべて吐き出せと言われているようなのよ。そうしないと人間の目は開かんと神様がおっしゃっているようなのよ。

 

結びと思っているようなことはまだまだ序の口ということらしいの。だから公開することにしたの。

 

それぞれ読む人の瞑想に任せ余計な言挙げはしない方がよいと思っていたのだけれども甘かった。

 

今日は八月一日。六月の夏越の祓は六道の悪趣から7月の天の川をまたいで八月の八正の涅槃への渡御の季節なの。

 

神の十二と皇紀

 

この神様の十二の暦はほとんどすべてを網羅しているの。十種の神宝から五千人が食べて満腹した二匹の魚と五つのパンと残りのパンくずの十二かご。二柱の一人神と五柱の夫婦神の神代七代の十二柱等々。聖書と古事記と仏伝を網羅してカバラの数が何を言わんとしているか理解できてしまうという魔法の鏡なのよ。焦眉は永遠の命とイスラエルの十二の関係性なの。

 

もちろん聖書に書かれている先見者とメシアの御言葉を良く良く理解するという前提が必要よ。そうでないと横道にそれ穴に落ち込むから注意してね。

 

 聖書や古事記や仏伝に、人間が迂闊さを回避するためにどれだけ重要なことが書かれているかということなの。阿吽

o0640042714102726239


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

以前は年神様をお迎えするごとに四季のお祭りを通して覚醒させられていたの。それが、気が付くといつしか半年の祓ごとに覚醒させられるように期間が短くなってきたの。

 

そして今年の夏越の祓を過ぎた辺りからその期間が日ごとになってしまっているのよ。

 

毎日いろいろな思いが降りてくるからそれを日記のようにその日の記事にするでしょ。そして書き上げた記事を読み直すと、書いているのではなくて書かされていると思うのよ。

 

自分の書いた記事を通して次の覚醒が呼び覚まされるという摩訶不思議な領域なの。

 

私の場合はすべて大御神すなわちメシアに関することよ。

 

メシアの御言葉に従い聖霊を賜ると、自分の十字架を背負いメシアの父から盃を賜るのよ。それを天の皇室からの結納、納采の儀と認識していたの。それで記事を書き連ねて来たのだけれど、今日はメシアから賜る聖霊とはいったい何を意味するのかが降りて来たの。

 

それはメシアからの求婚をお受けする婚約を意味していることには間違いないのよ。しかしそのことは古事記にもっとはっきり示されていたのよ。

 

それは天の皇室から賜る金鵄勲章なのよ。神武天皇の弓の先に止まった金鵄がその象徴だったの。だから神武天皇は天が下を一つの家とすることはよいことではないかと仰せになっていたのよ。

 

この天が下の一つの家が八紘一宇として知られたの。だから金鵄勲章をお受けした後に八紘一宇の納采の儀をお受けするという、途轍もないことであるのよ。

 

その途轍もないことを大御神により正見させられた、インナーサークルである神鳥たちが倒語(さかしまごと)で示していたの。

 

その途轍もないことは聖書の冒頭のアダムとイブの物語ですでに語られていたのよ。アダムとイブがすったもんだの末に神様から賜った皮の衣がその象徴になっていたのよ。

 

そしてそこに命の木への入り口が見えていたでしょ。その賜物を受け八紘一宇と同期してしまったのがお釈迦様だったの。だから梵我一如だったのよ。

 

そのようにメシアの御言葉を受けその法輪に同期し、正見させられると、森羅の中に天意を読み取り、さらに焦点を絞ると世界中の人間模様の中に天意の好むものと好まざるものとを読み取ってしまうのよ。

 

さらに焦点を絞りこの国にピントを合わせると、聖書の世界が古事記と共に見えるようになるの。この国の人間模様の歴史の中に聖書を読み取れるようになるの。

 

そしてさらにズームインすると現皇室の人間模様の中に天の好むものと好まざることを見てしまうのよ。

 

その上で今日という日を見ると森羅の主権者である大御神の今日がどのような日なのかもはっきり見えてしまうの。

 

メシアがこの世に来て、立ってはいけない者が立ってはいけないところに立つのを見たら山に逃げなさいと御言葉されて以来今日に至るまで、ずっとその日が続いているのよ。


20190405165420


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

夏越のお祓いに続く夏祭りの最終日なの。

 

このお祭りは七日間のユダヤの婚約式に対応しているのよ。最終日にワインが足りなくなってマリア様にお願いしても無理よ。油をきらせた愚かな乙女となるわよ。

 

賢いおとめはメシアの御言葉に従い水を汲んで瓶の縁まで満たし、宴会の世話役のところに持って行くの。その水は天真名井から汲んだ水でなければワインには変わらないわよ。

 

そのメシアの最初の奇跡によりワインに変わった杯が婚約式の固めの杯なの。その七日目のお祭りが七夕祭りなのよ。

 

夏の年神様のお祭りも一年に一度でしょ。夏至は大御神が一番近くなる時期なの。人の一生における盛期にメシアから杯を受けることを意味しているの。

 

終息の時にはメシアの父から盃をうけるの。そのように死の過ぎ越しを受け、七日間の婚宴に招かれるのよ。それが冬の年神様をお迎えするお正月なのよ。それが七つのお祝いで、千年間の大宴会とヨハネの黙示録に書かれているお祭りと相似象の関係なの。

 

このお祭りを人為で招来しようとした軍人の政治家や教祖さんがいて大失敗したでしょ。そのような失敗を犯すと天の安川が千引の岩戸で閉ざされると古事記が黙示しているの。

 

たいていの人はそのような過ちを犯しているからワインが足りなくなるのよ。その時にお願いする筋を間違えている人達も世界中に五万といるでしょ。五万じゃ足りなかったかしら。

 

メシアから杯を受けてしまうと御言葉により、自分の十字架を負わなければいけないの。素直にそうしてしまうと御父から事前の盃を受けるの。それが子羊の婚宴に招かれるための御父による納采の儀なのよ。

 

そしてこの七日間のお祭りは神様の創造の七日間とも相似象なの。だから最終日はお祭りの重要な日として聖別するように戒めがあるの。

 

もう七日目を間近に控え六日目が終わろうという時期にきて、世界中で油とワインを切らせまくりなのよ。だから神の怒りの日が来てしまっているの。

 

サイレンが大音響で鳴り響いているのに中州で遊んでいて彼岸に避難しようとしないのよ。そのようなことをヨハネと稗田阿礼さんが黙示していたの。


20190405165420



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

神道のかんながらのお祭りには伏線が張られていたということなのよ。

 

天孫降臨から神武天皇の即位、天武天皇や持統天皇の律令国家による天皇を中心とした神様のお祭りには伏線が張られていたということなのよ。

 

その伏線にとって重要なのが仏だったということなのよ。いったい何ということかしらと思うでしょ。

 

いまだにその伏線はこの国でもほとんど知られていないのよ。しかしね、古事記が記された時代の斎主たちはそのことを当たり前のように、天照大御神の倒語(さかしまごと)として受け止め、味方にだけ通じるその倒語(さかしまごと)で神代のことを語り伝えていたの。

 

それはね、迦楼羅天たちが天照大御神から直に神変として見せられ、示されたことでもあったのよ。そして神武天皇を導いたことを皮切りに、その大和の朝廷の大君によるお祀りを今日に至るまで主導してきたのよ。


13

 

仏による伏線が張られている事を知り抜いていたから、表の歴史で仏教と神道の確執があっても仏教を排除せず、かんながらの国の神鳥迦楼羅として大御神の心御柱をお祀りし続けて来たの。

 

この神鳥迦楼羅は門戸が叩かれなければ、知り得た玄義を墓場まで持って行く定めなのではないのかしら。

 

ところが機縁により門戸が叩かれ、大御神の心御柱についての問いに答え、その玄義を明かしてしまったのよ。隠されている事柄で露わにならないことはないというメシアの言霊の成就だったの。

 

それで神道の伏線が明らかにされてしまったのよ。天皇家を斎主とした神道のお祭りは古代から練り上げられ、潔斎によるハレと、直会による直り合いによりケの日常にもどるとして民間ではお祭りが行われているでしょ。

 

しかし天皇家では大嘗祭において永遠の命のお祀りの儀式が執り行われてきていたの。神宮の式年遷宮なども永遠の命に与るためのお祭りとして執り行われてきていたの。

 

そこに張られていた伏線とはね、仏陀の示した成道の作法が禊であり、その作法により穢れを祓った先見者が命の木に与ることを許され、その道、神の道をゆくことをゆるされるということだったの。

 

伏線がそのようなことであるから、この世の穢れを正見しない盲人たちがこの道に踏み込み、その道を穢すことの無いよう味方にだけ通じる倒語(さかしまごと)が合言葉として用いられるようになったの。

 

それが神武天皇の即位に際して改めて徹底されたと、日本書紀が伝えていたのよ。

 

神鳥迦楼羅が大御神の心御柱がメシアのご神木であると証ししてしまった事実というのは決して小さなことではないわよ。

 

その事実を盲人たちが侮りつつ暦が進捗しているの。

 

そのようなことが、ごっくんと飲み込めると、聖書の詩編の一遍一遍が、そこに当たり前のことが書かれているわと飲み込めるようになってしまうの。

 

そこは何の迷いもない梵我一如の空境で、八紘一宇の涅槃なの。

 

神さまは手に箕を持ち、ふるいをふるわれているわよ。先見者がそう証ししているでしょ。

 

大御神の心御柱が今から二十年も前に明らかにされているのよ。


20190405165420


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

このブログ読み込んでくれている人は、古事記というものが倭の神代を語りながら実はイスラエルと失われた天孫イスラエルにまつわる大御神の言霊の預言が記されているということが飲み込めているかしら。

 

伊弉諾尊と伊弉冉尊が国生みをしたときに女神が先に言葉を発したので生まれた子供は子の形を成さず蛭子と淡島として流されてしまったでしょ。だからまずいと思って天津神にお伺いを立て正しいやり方をおそわってやり直し、国が生まれ事なきを得たの。

 

最初の女性イヴの時もオカルトの蛇にそそのかされ、死が人間に入り込んでしまったの。その時に最初の男性アダムをも巻き込んでしまったのよ。しかしこの二人もその途端に眼が開かれ、まずいと思ったのよ。だから神様から詰問された時にすなおに蛇が騙したので取って食べましたと懺悔したの。

 

それにより信仰に目覚め、神様から皮の衣を賜り裸の恥をおおっていただき正しいやり方を教わり結ばれたの。そして開闢の父と母になったの。

 

そのように預言によりお諭しを受けて来たのに、間違ったやり方をして形を成せず、死にかけているのに、教誨師イエスがお諭しになったように悔い改め、懺悔し、神様から正しいやり方を学ばなければまずいと気が付かない、唐変木の多数決で成り立っているのが昨今の文明社会なの。

 

古事記で蛭子や淡島のように流されて捨てられると預言されているの。天津神の預言は中つ国と高天原を貫いているの。

 

お祓いの大掃除始まってしまっているように感じない?そろそろいい時期でしょ。

 

繊細な人は誰しもが感じているはずなの。

 

ただ脅かしたいわけではないわよ。私の経験に基づいて、神様から正しいやり方を教わり、御朱印を受けるための案内としてこのブログ書いているの。


tumblr_o2sf6gr14T1sbqrlmo4_500



瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 イエスは十字架上で絶命し三日目に復活したでしょ。この三日目なのだけれど、ここには極めて重要なお諭しが秘められているのよ。三という数なの。この三という数は神仏に関わる事がらにおいて常に重要視される秘数でしょ。

 

この秘数を私が飲み込むとどのようになるのかということを書くのがこの記事の主旨。いつものように結論から書いてしまうけれども私の私見と断っておくわね。

 

この三という数は前世、現世、来生のスリーステップの暗示なのよ。ホップ、ステップ、ジャンプなの。

 

前世で神様のいいなずけとして誓約を受け、今世でそれをお受けし契りを交わし、来世で結ばれるの。そのスリーステップを示しているのが秘数三なの。古事記と聖書を合わせ読んで理解した私にはもはやそのようにしか読めないのよ。

 

その三という秘数は三柱の神さまの阿吽の呼吸と不即不離なの。世俗に生まれ、求道を志し、成道に至るという人の有り方から始まって、人の生業のすべてにそのことが相似象として顕わされているの。三人寄れば文殊の知恵などということわざもあるでしょ。イエスは人が三人いればそこに私もいるのであると言っているでしょ。

 

前世において聖霊によりいいなづけの誓約を受け、今世でメシアによりその契りを受け、来世でメシアの父の家で結ばれるのよ。

 

そのスリーステップをクリアしないと求道者でもこけてお陀仏なの。メシアの三日目の復活はそのことの暗喩なの。

 

イスラエルにおいて示された、割礼、洗礼、冤罪による死と復活のスリーステップ。そのステップは神様の七日間において踏まれるの。それを受けた神道の七つのお祝いの三五七のスリーステップ等々、数え挙げればきりがないほど出てくるはずよ。

 

古事記では神代の原初三神と三貴子のお示しが重要なの。そのスリーステップの跳躍の一つずつにそれぞれの神様が別々に御働きになられるということなのよ。

 

三位一体などとして一度の跳躍で足りるとしたところにローマ人の大誤算の大こけがあるのよ。この大こけを使徒ヨハネは六百六十六と黙示したの。六道から解脱できない煩悩で、ホップでこけ、ステップでこけ、ジャンプでこけ、六道の三こけでお陀仏となる阿修羅たちの数字なの。

 

仏教では釈迦三尊像を崇めているけれども、お釈迦さまがお示しになられた三尊の尊さを悟らずに念仏を唱えていても、馬の耳に念仏でしょ。馬が自分の耳に念仏を聞かせるようなものでしょ。それでは六道の悪趣から解脱はできないわよね。あたりまえよね。

 

それほどこの三という秘数が示す三柱の神様の阿吽の呼吸ということは尊いものなの。人の病を癒し、死んだ人間を生き返らせ、そのうえで七日目の大宴会の日取りを定めていらっしゃるの。

 

人にその阿吽の息を吹き入れられたのがこの神様たちなの。息を合わせないということが何を意味しているのか、空気を読める人ならわかるはずなの。

 

鳩のように直く、蛇のように聡くありなさいなの。

images

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

創世記

1

20神は言われた。

「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」

21神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。 22神はそれらのものを祝福して言われた。

「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」

23夕べがあり、朝があった。第五の日である。

 

古事記

 次に意富斗能地神、次に妹大斗乃辨神

第五日


おかげ参りの瞑想
 聖書では徐々に万象が完成されていくのだけれど、古事記ではひたすら男神と女神しか生まれないの。聖書では五日目にはまだ男女は生まれていないのだけれども、古事記では聖書の天地創造の七日間の暗喩はいったい何を意味するのか、新約により知らされた聖の書だから、三日目からひたすら男神と女神が生まれるの。五つのお祝いの日ね。この五という数なのだけれど十字架の中心を意味しているわよ。

image9 (2)

七五三もそうだけれども、どの列を足しても十五になるでしょ。カバラの魔法陣なのだけれども、私はこれを見る度に三々九度の盃を連想するの。しかも十字架の中心は五。私は、五つのお祝いの盃は直会のお神酒と瞑想するの。イエスの二匹の魚と五つのパンも関係していそうでしょ。五千人が食べて満腹したの。


聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

創世記

1

14神は言われた。

「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。 15天の大空に光る物があって、地を照らせ。」

そのようになった。 16神は二つの大きな光る物と星を造り、大きな方に昼を治めさせ、小さな方に夜を治めさせられた。 17神はそれらを天の大空に置いて、地を照らさせ、 18昼と夜を治めさせ、光と闇を分けさせられた。神はこれを見て、良しとされた。 19夕べがあり、朝があった。第四の日である。

 

古事記

 次に角杙神、次に妹活杙神


第四日

 


おかげ参りの瞑想

(くい)とは杭で太陽と月が暦を司る杭として創造されたということ?陰陽道や奇門遁甲の杭?

 実際の四日目にはお釈迦さまがお生まれになったのではなかったの?イエスはそれを知っていたから七つのパンで四千人の群衆を満腹させてそれを暗示していたのではなかったの?七日の内の四日目は四千年目という陰陽道。それで五日目につながるの?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

創世記

1

9神は言われた。

「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」

そのようになった。 10神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。 11神は言われた。

「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」

そのようになった。 12地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた。 13夕べがあり、朝があった。第三の日である。

 

古事記

 次に成りし神の名は、宇比地迩神、次に妹須比智迩神


第三日

おかげ参りの瞑想

聖書の三日目では乾いた地ができ、種が芽生えたでしょ。畑と種でしょ。男と女って種と畑でしょ。

 

古事記では初めて女神が登場するのが三日目。そして最初の夫婦の神の日なの。この日が須佐之男命と天照大御神の誓約の日なの。

 

三日目だから誓約の初めに三女神が生まれたの。聖書では二日目に大洪水が起きたの。三日目にノアの虹の契約と、アブラハム、イサク、ヤコブのイスラエルと神様の割礼の契約が結ばれたの。

 

三日目の三女神が割礼の誓約の印なの。神道の七五三の三つのお祝いは神様と人間の割礼、すなわちいいなづけの誓約なの。だから三日目からは夫婦神の日がはじまるの。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ