天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: 聖書

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

初期のころに見ていたビジョンを思い出したの。完全に忘れていたのよ。

 

この世はね御言葉に照らしてみると死刑囚の監獄なのよ。それぞれ色々な囲いの中で生きているでしょ。それぞれの囲いは監房なのよ。政府も学府も経済界も宗教もその他諸々すべてが監房なの。死刑囚の監房なのよ。

 

御子は私のことを信じない者が私を殺すのであるとはっきり聖書の中で御言葉しているわよ。すべての人が御子殺しの死刑囚で収監された囚人なのよ。

 

私の場合はそのように瞑想するところから始まっていたの。そんな事とはまるで知らぬ囚人たちは監獄の中で自由人として生きているの。命の木に照らしてみると中高世界以下がその監獄に相当しているのよ。

 

inotinoki.sankaku

 

御言葉によりそれを悟ると、まずい、このままでは絶対にまずいと確信するの。そう確信できたときには既に釈放されたも同然なのよ。

 

まずいと思えないからそこにとどまり終わりを迎えるの。留置されたまま終わり、留置されたまま復活させられるの。死刑囚として留置されたまま、お裁きのためにお白州に引き出されるのよ。それが第二の復活なのよ。その先はお裁きにゆだねるしかないでしょ。それがヨハネにより黙示されているのよ。

 

御子の説く悔い改めは死刑囚に対する教誨師の御言葉なのよ。仏説魔訶般若も同じなのよ。その御言葉により御子殺しの罪を悔い改めるという事なの。

 

そこに真の聖火が関与するのよ。その聖火により贖われこの世にあるうちに至高世界に釈放されるの。そのかけ橋の下にお隠れになっている式神様から賜る様々な御神宝が真の聖火なのよ。

 

その入り口がケルビムと回る炎の剣で守られているでしょ。火の蛇のクンダリニーなのよ。御子から受ける火と聖霊によるバプテスマなのよ。お伊勢様の外宮における日別朝夕大御饌祭で鑽りだされる特別な忌火なのよ。


higotoasayu_gallery_p02

 

この忌火で毎朝夕ごとに大御饌が調理されるのよ。直会の大御饌が大御神の忌火により調理されているのよ。事の起こりは御子の火と聖霊によるバプテスマと、パンと葡萄酒による最後の晩餐なのよ。その忌火が大御神の聖火なの。

higotoasayu_gallery_p01

 囚人たちの体操会の聖火のお祭りが何を意味しているか自ずと知れるでしょ。その他のお祭りなども全て推して知るべしで、同じなのよ。

 

収監されながら自由であると勘違いしている囚人たちのお祭りは、荒野において金の子牛の像を拝み神に敵対したイスラエルとして聖書で示されている事なのよ。そのような勘違いが文明として崇められているの。

 

この国はそのような文明により波状的にブレインウォッシュされてきたのよ。妖怪の唆しにより監獄の中で安心してしまっているのよ。その様に透徹して御言葉を受けなければ真の聖火は見えないの。

 

ヨハネの黙示録 18

4わたしはまた、天から別の声がこう言うのを聞いた。

「わたしの民よ、彼女から離れ去れ。

その罪に加わったり、

その災いに巻き込まれたりしないようにせよ。

5彼女の罪は積み重なって天にまで届き、

神はその不義を覚えておられるからである。

 

syousetsu (2)阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もうね、瞑想が次の瞑想を呼ぶというのが常態化してしまったの。

 

命の木に与ることを許されるということは、その道を守らせられている入り口を見つけるということでしょ。それはひっくり返して言えば迷宮の出口を見つけるという事なのよ。

 

私は迷宮をさまよいながらどうしたかというとね、御子の御言葉が迷宮の出口にまでつながっている避難誘導の糸だと信じて疑わなかったの。だからその糸を指に絡め絶対にはぐれることの無いようにしていたの。そのようにして迷いながらも糸を手繰り寄せているうちに突然出口に至ってしまったのよ。

 

当然喜び勇んでその出口から出てしまうでしょ。そうして気が付いてみたら何とそこが御正宮だったのよ。そこでは当たり前のように大御神をお産みになった御父のことも知らされるのよ。

 

この御父は革命による皆殺しの神様としても知られている神さまで、本当に知ってしまうと相当怖い思いをさせられるわよ。私の場合は正常性の偏見が取り払われ、死角からいきなり飛び出してこられたので適応障害に見舞われたわよ。

 

しかしその恐ろしさはすべて御子の御言葉により書かれているのを、事前に知っていれば、次第に慣らされ難を逃れるのよ。そのようにして神様に対する畏怖の念を身につけるの。

 

そうは言っても世の人々と別の空間に身を置かれるわけではないでしょ。そうしてみると世のキリスト教徒などは聖書の読み込みなど全くできていないのに救われた気になっている知ったかぶりの盲人たちの群れにしか見えなくなったのよ。

 

個別にパンフレットを持ってやってくる御婦人達などお話にならないレベル。いつだったか聖書の話に応じていたら、突然、本当に御子が復活したと信じているのですか?と三人で顔を見合わせながらそのまま帰っていった人たち迄いたのよ。

 

私はその群れとは別のカルトにいたことがあったの。どちらも獣の国から起こった宗門よ。そこを抜けてからは正統派のキリスト教の牧師さんのブログなども覗いていたことはあったのよ。参考になったのはただの一つだけ。過ぎ越しの食事、実は、それは婚約式だったとの記事を見つけ、一気に視界が開けてしまったのよ。その牧師さんはヘブル語に堪能な牧師さんだったの。

 

そのようにしながら迷宮を抜け御正宮で瞑想させていただいているのだけれども、命の木に与ることを許されるということは、御霊を送られ結納が交わされてしまうことであり、同時に胎蔵界で受胎してしまい受胎告知をお受けすることでもあったのよ。

 

そのようにしながら御父と御子の革命が成就していくの。そうしてよく見てみるとこの日本という国はその革命により革められた父と子のイスラエルだったのよ。人造イスラエルとの陰陽の関係にあるのよ。ヨハネが黙示録でその国を何と呼んでいるか判るでしょ。そのようにしながら革命が最後の成就に向け進行中なの。

 

その父と子の革命は加わると同時に勝利が確定している革命なの。だから隠されているマナと白い小石を受け御正宮の神領民とされてしまうのよ。受胎告知なの。二度目の死から害を受けることなく誕生するのよ。そうしないと蛭子や淡島のように流されてしまうのよ。

285px-Taizokai

 

聖書の預言は成就しつつあるし、古事記の神代は今でも進行中なの。今でも視界が開ける度に軽い適応障害に見舞われるの。阿吽

syousetsu (2)


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

現状で私が理解したヴァジュラヤーナ、すなわち密教について簡潔に書いておくとね、それは御父神と御子と御霊による、縁談、新生命、革命を促す魔訶般若の阿吽の呼吸なの。

 

それを悟れぬ中高世界は盲人が教職や布教を司りでたらめな教育、教義がまかり通るカルトの教団と化しているのよ。というよりも太古からそうだったの。

 

そのような中で御用の向きを悟る命が選りすぐられ、新しい永遠の命として革められるという、御神事のさ中にあるのよ。

 

初めからその様だったの。それが終わりまで続き、そのまま永遠につながっているのよ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

幸という字が命の木そのものを示しているでしょ。

 

inotinoki.sankaku

 

命の木の至高世界と中高世界の境を示しているのよ。十種神宝の足玉と道反玉なの。真榊の幹と根なの。天を衝く十字架と地を突く十字架なの。どちらを背負い身罷るかという事なの。

 

20170722202617

 

その御用の向きの違いによりその境に隠されている玉が生玉にもなり死反玉ともなるという事なの。

 

この生玉は布教や献金でなどで賜われるような安易な代物ではないのよ。そのようなことに手を染めること自体が生玉を遠ざけることに繋がるのよ。

 

幸を悟れない不幸が人の歴史を形作って来たの。そのような歴史が現在進行中なの。

 

稗田阿礼さんが古事記を口述した昔から現代まで進行中なのよ。

 
親不孝とはよく言ったものよね。この国の歴史は父神伊弉諾尊に対する親不孝の歴史なのよ。


20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

ブログはじめたころの記事読み直すと主旨は一貫しているのだけれども、その生硬な文章に辟易して削除してしまおうかと思うのよ。それでもその時期があり今に繋がっているのだからまあ残しておこうと思うの。

 

そうこうするうちにとんでもない領域に足を踏み込んでしまったの。

 

古事記の神代は神武天皇で終わっていなかったのよ。今真っ最中なの。

 

素戔嗚尊と天照大御神の誓約は御父と御子の革命の誓約で、その革命の御剣が御子の御言葉だったのよ。この御剣で斬られ退治されるのよ。

 

しかしその御剣は人を傷つけることなく、命を革められるという御剣だったの。それが桃太郎さんの鬼の征伐だったのよ。

3559_top (2)

その御子の御剣を享けずに御言葉を拒む者が、金太郎さんのまさかりで伐り倒されるという手筈なのよ。

3556_top (2)

 それが七五三のお祭りだったの。あらら、瞑想しながら書いているのだけれども今日じゃない。

 

三人官女と五人囃子の七段飾りと端午の節句と七夕が全て古事記の素戔嗚尊と天照大御神の誓約によりなっていたのよ。それが千代に八千代に至る誓約で当たり前のように現在進行形だったのよ。

 

革命の誓約。完全にまいった。降参の白旗だわ。逆らいようがないの。俎板の鯉よ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

聖書の物語は御父と御子による革命の物語だったのよ。人間を神に似せて造り、命の息を与え、さらに革命により命を革め完成させる御計画だったの。

 

その為に御子が遣わされ人の罪をすべて背負い十字架上で死なれ、三日目に復活されていたの。死と復活が、神の、命を革める手段だったの。その為に人の前に呪いと祝福が置かれ、それが園の中央の二本の木で暗示されていたのよ。

 

その革命に加わるのか否かを古事記では素戔嗚尊と天照大御神の誓約としていたの。その御父と御子による革命という悟り難い事柄が密教として伏せられてきたのよ。

 

聖書の御子の御言葉をそのとおりに信じると、御言葉御通りに聖霊が送られ革命軍に加えられるのよ。それが伊弉諾尊の邪気祓いの桃で、桃太郎さんの鬼の征伐とは革命のための戦だったのよ。

 

呪いの木から取って食べるなと戒められていても、物心つく時には蛇にそそのかされてすでに取って食べているの。だから人間は一度は必ず死ぬのよ。しかしその前に邪気祓いの桃、すなわち御子の御言葉で邪気を祓い、清められ命が革められるの。そして岩戸が開けてしまうのよ。

 

その後に岩戸に〆が張られるので二度目の死から害を受けなくなるの。

 

この世で御用のある向きは必ず御子の御言葉に行きつき、御子から御霊を賜るのが定めなので、すべて伏せられていたのよ。だから御用のない者は通していただけないの。

 

そのようにして八紘一宇の御父の家の革命が成功するのよ。

 この世は今まさにその神話の真っ最中だったの。そういうことだったわ。どう思う? 

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

革命という言葉あるでしょ。この言葉は日本語の言霊によれば革の命なの。

 

革とは英語に翻訳するとレザーなのよ。皮はスキンなの。日本語ではなめし皮が革で生皮と区別されているのよ。英語ではその区別がないらしいの。革と皮とレザーとスキンが混同されているようなのよ。なぜこんなことを唐突に言い出すのかというとこの聖句なの。

 

創世記 3

20アダムは女をエバ(命)と名付けた。彼女がすべて命あるものの母となったからである。

21主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。

22主なる神は言われた。

「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」

 

主なる神はアダムとイブに革の衣を作って着せられたの。生皮など着せられないでしょ。革なのよ。革の衣は主なる神から賜る衣なのよ。それがメシアから賜わる白い衣の暗喩なのよ。

 

アダムとイブ()は追放されたことになっているけれども、主なる神から革の衣を着せられていたのよ。創世記に張られた伏線なのよ。

 

イブは蛇が騙したので取って食べましたと正直に懺悔しているでしょ。騙されたと気が付いたから衣を着せられたのよ。主なる神から衣を着せられたものが命の木に与ることを許され、永遠に生きるものとなり、死んでも生きるの。

 

それが革の衣の命であり、真正の革命なのよ。命が革まるの。この世の政治理論などはっきり言ってお笑い草なのよ。レボリューションが革命と訳されるのだけれども、日本語の言霊では革命の真の意味は革の衣を着せられ新しく賜る命なの。それに相当する英単語などないのではないのかしら。日本語の言霊は先見者の瞑想によりなっていることの証左と思うのよ。

 

旧約聖書には全編を通して万軍の主という言葉がたくさん出てくるでしょ。この万軍の主が革命軍の主なのよ。その主の口から突き出ていたのが諸刃の剣なのよ。

 

日本刀は片刃だけれども十種神宝の八握剣は諸刃で描かれるでしょ。これがメシアの剣なの。この八握剣が神剣天の叢雲の剣で草薙剣なのよ。

 

20170722202617

 

大蛇の体内でこの剣に当たり素戔嗚尊の十握剣の刃も欠けたと古事記には書かれているの。ところが日本書記では十握剣も九握剣も八握剣もすべて天照大御神の武具として書かれていたりするのよ。その辺が倒語(さかしまごと)の仕掛けなのよ。

 

古事記と日本書記に出てくる神剣はすべて神の御言葉で、この国はそれによりなったと言っているのよ。十握剣が欠けて草薙剣が出て来たなどというのは、十字架上の死と復活をそのまま暗示しているでしょ。

 

イスラエルは神隠しの中で、御言葉による革命により、失われたイスラエルとして新しい命を吹き込まれていたの。

 

アダムは革の衣として十種神宝を賜り密命を帯びたの。イブはその家来として革の衣を賜り革命の戦人となっていたのよ。命の木の革命の戦だったのよ。アダムとイブの関係が何を暗示しているのか自ずと明らかでしょ。

 

それが伊弉諾尊の投げた三つの桃の鬼の征伐の正体なのよ。付き随った家来たちは主君である若君と父君を古事記と日本書記に秘し、この国のお祀りを取り仕切って来ていたのよ。

 

壺切御剣が天皇陛下から皇嗣に親授されたばかりでしょ。今もって神話時代なのよこの国は。そして失われたイスラエルが荒れ果ててしまうことも先見されていて、古事記に預言されているわよ。

content_673d7a89-308d-465f-89e8-21d303800a65

 

もうすでに新たなる革命の時代に入っているようでしょ。この世に来た御用の向きを悟るのであれば、革の衣と生玉を賜れなければその甲斐がないでしょ。

 

私が革命という言霊について瞑想するとそうなってしまうのよね。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

龍神様の貴船がノアの箱船その物だったのよ。八柱の神様の契約の箱船だったのよ。

 

7fuku

 

その貴船が命の木の至高世界そのものなのよ。中高世界とを隔てた海に沈んでいる式神様が呼ばわっているのよ。

 

inotinoki.sankaku

 

ヨハネの黙示録 18

4わたしはまた、天から別の声がこう言うのを聞いた。

「わたしの民よ、彼女から離れ去れ。

その罪に加わったり、

その災いに巻き込まれたりしないようにせよ。

5彼女の罪は積み重なって天にまで届き、

神はその不義を覚えておられるからである。

 

その様に呼ばわっているの。そして時が満ちると貴船の扉が閉ざされ、海が千引の岩戸で閉ざされるの。

 

ヨハネの黙示録 18

1その後、わたしは、大きな権威を持っている別の天使が、天から降って来るのを見た。地上はその栄光によって輝いた。 2天使は力強い声で叫んだ。

「倒れた。大バビロンが倒れた。

そして、そこは悪霊どもの住みか、

あらゆる汚れた霊の巣窟、

あらゆる汚れた鳥の巣窟、

あらゆる汚れた忌まわしい獣の巣窟となった。

 

創世記 7

 13まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。 

14彼らと共にそれぞれの獣、それぞれの家畜、それぞれの地を這うもの、それぞれの鳥、小鳥や翼のあるものすべて、 

15命の霊をもつ肉なるものは、二つずつノアのもとに来て箱舟に入った。 

16神が命じられたとおりに、すべて肉なるものの雄と雌とが来た。主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。 

 

そのようにして命の木の至高世界が完成してしまうのよ。

 

扉が閉ざされる前に命の霊を式神様から賜り、契約の貴船に乗り込むように呼ばわっているのよ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

やっぱり揃目には何かあるのよね。今日は壱壱壱壱の揃目の日でしょ。全く意識していなかったけれどもこの記事書く気になって意識させられた。

 

この記事は今日の四本目なの。ひとつ前の記事でヨハネの黙示録にかけ合わせた七七七の記事を書いたのよ。それで今日は打ち止めと思っていたの。ところがいきなりネタが降ってきて四本目なのよ。そうして気が付いたら壱壱壱壱の揃目の日なのよ。

 

三つ揃い以上はもう釣瓶打ちでしょ。貴船の鶴亀により釣瓶打ちさせられて四本目なの。

 

7fuku

 

この貴船には七福神と龍神様で八柱の神様が坐すでしょ。

 

ノアの箱船なのよ。ノアの箱船ではノアの夫婦と息子三組の夫婦が乗り込み八人が救われたの。それで舟、八、口で船なの。しかもこの箱船にはそれだけではなく、つがいの動物と鳥も乗り込んでいたのよ。

 

創世記 7

1主はノアに言われた。

「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。

 2あなたは清い動物をすべて七つがいずつ取り、また、清くない動物をすべて一つがいずつ取りなさい。

 3空の鳥も七つがい取りなさい。全地の面に子孫が生き続けるように。
 4七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」 

5ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。

 

貴船には御用の向きを悟り御霊を賜った羊たちも乗り込むのよ。そして箱船の扉が閉ざされるの。

 

 13まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。 

14彼らと共にそれぞれの獣、それぞれの家畜、それぞれの地を這うもの、それぞれの鳥、小鳥や翼のあるものすべて、 

15命の霊をもつ肉なるものは、二つずつノアのもとに来て箱舟に入った。 

16神が命じられたとおりに、すべて肉なるものの雄と雌とが来た。主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。 

 

八柱の神様と共にメシアの御言葉を聞き分ける羊たちが貴船に乗り込むのよ。そして扉が閉ざされるの。

 

それが伊弉諾尊の千引の岩戸閉めなのよ。また怖い記事になってしまった。

 乗り込めた人には貴船の鶴亀なの。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

ヨハネの黙示録って難解に思えるでしょ。私は冥想さえしっかりできれば十把一絡げの理解でも支障はないと思うわよ。

 

子羊により七つの封印が解かれ、御使いの七つのラッパが吹き鳴らされ、神の怒りの盛られた七つの鉢が傾けられて、その七難により龍と獣と偽預言者とバビロンの淫婦が征伐されその都が海に投げ込まれる、でいいのよ。

 

もっと深い含意が含まれているのは判るのだけれども、私たちが古代のヨーロッパやユダヤに起こった背教の歴史などに照らして深く読み込んでも何も得るものはないのよ。

 

私たち日本人の理解はこの絵でいいの。

 

7fuku

 

黙示録に書かれている忌まわしい記述はこの貴船の龍神様の逆鱗に触れた妖怪たちの末路なのよ。七福神の七殺の祟りの七難が記述されているの。

 

その祟りを免れさせんがための黙示録なのよ。その使徒ヨハネと同じく祟りを免れ、御霊を賜った使徒の心持ちを描いているのが龍神様の貴船の七福神なの。妖怪釣瓶落としの巻き添えを免れた鶴と亀なのよ。

 

それで十分天神様の細道を通していただくための御用は悟れるはずなのよね。

 

その他には神様の玉座のことも書かれていたわよね。この玉座を天と地で守護する四神が神様の戦車の車輪を回し、それが暦となり神様の縁談の日取りが満ちるの。

 

そのことが命の木や十種神宝にすべてコンパクトにまとめられているのよ。それを絵に描くと龍神様の貴船になってしまうのよ。

 

この貴船で至高の世界に渡御させていただくのよ。私はもう乗り込んだわよ。船底にへばりついているの。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ