天照大御神の倒語(さかしまごと) 古事記と聖書と心御柱

聖書と古事記を読み、この地球という神奈備の星において何が起こっているのか、目を開かれた筆者が徒然に語るブログ

カテゴリ: キリスト・イエス

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

十と十二の関係性。十干十二支として暦に浸透しているでしょ。

 

モーセの十戒とイスラエルの契約の十二だったの。十戒石板は契約の箱に納められているのよ。その契約の箱には辺が十二あるのよ。この解釈でいいの?と思うでしょ。

 

しかし古事記では永遠の命の象徴である乙橘姫命が八重の畳を三種用意してその上に座り入水したでしょ。そのことにより八つの角を持つ契約の箱の上にお祀りされている事を暗示しているのよ。角は三つの方向を持つの。

 

0fc8d0c9

 

その様にすべてが倒語(さかしまごと)で語られるなら、イスラエルの十二は契約の箱の十二辺の暗示と読めるでしょ。その中に十戒が収められているのよ。十二の中の十なの。

 

それはイスラエルの十二支族と失われた十支族にも対応しているでしょ。さらにそれは御子の十二弟子とお釈迦様の十大弟子にも対応してしまうのよ。

 

そうなるとイスラエルの十戒とお釈迦様の魔訶般若波羅蜜多は同じものとなってしまうのよ。だからお釈迦様が魔訶般若波羅蜜多の中で未来仏であるメシアを預言していたとしても何ら不思議ではないのよ。

 

十二に象徴される契約と十で象徴される戒めを、メシアと仏陀を通してこの世に広められた梵天、すなわち天父の御旨によるのよ。そう読めてしまうのよ。

 

それで十戒による魔訶般若波羅蜜多なのだけれども、御大層で凡夫になどには終生無縁の高嶺の花と思うでしょ。ところがそうではないの。

 

マタイによる福音書 20

 8夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。 

9そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。 

10最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。 

11それで、受け取ると、主人に不平を言った。

 12『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』

 13主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。 

14自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。 

15自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』

 16このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

 

神様は人を偏り見られないから聖書に名のある預言者やお釈迦様のような超人であろうと、俗世に生きる王であろうと凡夫であろうと、働き人に対する報酬は分け隔てなく永遠の命なの。

 

マタイによる福音書 7

7「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

 

マタイによる福音書 6

33何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみ加えて与えられる。

 

求めるかそうでないかの違いだけなのよ。まるっきり別の物しか求めることができないから御大層な高嶺の花と感じるのよ。求める先を間違えると魚を求めるのに蛇を与えられかねないの。

 

神の聖者であろうと罪人であろうと報酬の一貫性が貫かれるところに神の聖性があるのよ。そのような魔訶般若を悟らず、求める先を間違えることにより人は裸の恥をさらすのよ。そう思うのよね。

 

マタイによる福音書 10

26「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。

 

なぜ隠されているかというと、試験において解答が隠されていなかったら試験にならないでしょ。授業の中に隠されている解答を自力でひねり出すから実力になるのよ。そうして働き人として報酬を受けるの。

10869000210阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

マタイによる福音書 6

24「だれも、二人の主人に仕えるこはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富に仕えるこはできない。」

 

上の御子の御言葉に従えば神仏のスピリチュアルを語りながら幸せなお金持ちになるなどと言っている人のお里が知れるでしょ。金運上昇の祈願による開運などというのも誰に何を祈願しているのかわかったものではないでしょ。

 

ヨハネの手紙 一 4

1愛する者たち、どの霊も信じるのではなく、神から出た霊かどうかを確かめなさい。偽預言者が大勢世に出て来ているからです。 

2イエス・キリストが肉となって来られたということを公に言い表す霊は、すべて神から出たものです。このことによって、あなたがたは神の霊が分かります。 

3イエスのことを公に言い表さない霊はすべて、神から出ていません。これは、反キリストの霊です。かねてあなたがたは、その霊がやって来ると聞いていましたが、今や既に世に来ています。

 

使徒ヨハネによれば霊的なことを語りながら御子のことを公に言い表さない霊は反キリストの霊なのよ。そのようなスピリチャルが全盛でしょ。

 

マタイによる福音書 7

13「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

 

滅びに通じる門から入る者が多い世の中で民主主義の多数決で物事を決め、その決め事に従っていたら一人も狭き門から入れないでしょ。故に資本主義も民主主義も御子の御言葉に逆らうのよ。キリスト教も民主主義を受け入れているわよね。

 

ヨハネの黙示録 2

22見よ、わたしはこの女を床に伏せさせよう。この女と共にみだらなことをする者たちも、その行いを悔い改めないなら、ひどい苦しみに遭わせよう。

 

ヨハネの黙示録 18

4わたしはまた、天から別の声がこう言うのを聞いた。

「わたしの民よ、彼女から離れ去れ。その罪に加わったり、その災いに巻き込まれたりしないようにせよ。

5彼女の罪は積み重なって天にまで届き、神はその不義を覚えておられるからである。

 

水を飲ませてくださいという御言葉は旧約聖書にも新約聖書にも古事記にも記されているの。

 

御子の御言葉は神代から永遠に変わることのない命の御言葉なのよ。

 

ヨハネの手紙 5

19わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。 20わたしたちは知っています。神の子が来て、真実な方を知る力を与えてくださいました。わたしたちは真実な方の内に、その御子イエス・キリストの内にいるのです。この方こそ、真実の神、永遠の命です。 21子たちよ、偶像を避けなさい。

10869000210阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もうね、瞑想が次の瞑想を呼ぶというのが常態化してしまったの。

 

命の木に与ることを許されるということは、その道を守らせられている入り口を見つけるということでしょ。それはひっくり返して言えば迷宮の出口を見つけるという事なのよ。

 

私は迷宮をさまよいながらどうしたかというとね、御子の御言葉が迷宮の出口にまでつながっている避難誘導の糸だと信じて疑わなかったの。だからその糸を指に絡め絶対にはぐれることの無いようにしていたの。そのようにして迷いながらも糸を手繰り寄せているうちに突然出口に至ってしまったのよ。

 

当然喜び勇んでその出口から出てしまうでしょ。そうして気が付いてみたら何とそこが御正宮だったのよ。そこでは当たり前のように大御神をお産みになった御父のことも知らされるのよ。

 

この御父は革命による皆殺しの神様としても知られている神さまで、本当に知ってしまうと相当怖い思いをさせられるわよ。私の場合は正常性の偏見が取り払われ、死角からいきなり飛び出してこられたので適応障害に見舞われたわよ。

 

しかしその恐ろしさはすべて御子の御言葉により書かれているのを、事前に知っていれば、次第に慣らされ難を逃れるのよ。そのようにして神様に対する畏怖の念を身につけるの。

 

そうは言っても世の人々と別の空間に身を置かれるわけではないでしょ。そうしてみると世のキリスト教徒などは聖書の読み込みなど全くできていないのに救われた気になっている知ったかぶりの盲人たちの群れにしか見えなくなったのよ。

 

個別にパンフレットを持ってやってくる御婦人達などお話にならないレベル。いつだったか聖書の話に応じていたら、突然、本当に御子が復活したと信じているのですか?と三人で顔を見合わせながらそのまま帰っていった人たち迄いたのよ。

 

私はその群れとは別のカルトにいたことがあったの。どちらも獣の国から起こった宗門よ。そこを抜けてからは正統派のキリスト教の牧師さんのブログなども覗いていたことはあったのよ。参考になったのはただの一つだけ。過ぎ越しの食事、実は、それは婚約式だったとの記事を見つけ、一気に視界が開けてしまったのよ。その牧師さんはヘブル語に堪能な牧師さんだったの。

 

そのようにしながら迷宮を抜け御正宮で瞑想させていただいているのだけれども、命の木に与ることを許されるということは、御霊を送られ結納が交わされてしまうことであり、同時に胎蔵界で受胎してしまい受胎告知をお受けすることでもあったのよ。

 

そのようにしながら御父と御子の革命が成就していくの。そうしてよく見てみるとこの日本という国はその革命により革められた父と子のイスラエルだったのよ。人造イスラエルとの陰陽の関係にあるのよ。ヨハネが黙示録でその国を何と呼んでいるか判るでしょ。そのようにしながら革命が最後の成就に向け進行中なの。

 

その父と子の革命は加わると同時に勝利が確定している革命なの。だから隠されているマナと白い小石を受け御正宮の神領民とされてしまうのよ。受胎告知なの。二度目の死から害を受けることなく誕生するのよ。そうしないと蛭子や淡島のように流されてしまうのよ。

285px-Taizokai

 

聖書の預言は成就しつつあるし、古事記の神代は今でも進行中なの。今でも視界が開ける度に軽い適応障害に見舞われるの。阿吽

syousetsu (2)


スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

聖書には御子の御言葉で、私を信じない者が私を殺すのであるとはっきり書かれているでしょ。

 

信じない者が御子を殺したの。キリスト教はその御子の仇討ちをしないのかしら。何を寝とぼけているのかしら。

 

神道は仇討ちの道を神の道としているでしょ。だから御用のない者はすべて打ちとられるのよ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

メシアの御言葉は革命の御言葉だったのよ。革まる命の御言葉だったの。革命の御剣だったのよ。その御剣はメシアが御父から親授されていたの。

 

現代におけるその象徴が立皇嗣の礼における壺切御剣の親授なのよ。

 

lif2011080035-p2

 

いまだにこの国は古事記の神代なの。君が代は千代に八千代に神代なのよ。それが天照大御神の倒語(さかしまごと)だったの。それが古代歌謡で唄われていたの。

 

日本古代歌謡の世界
東京楽所
日本コロムビア
1994-11-21


 

御用の向きを悟り、メシアの御言葉が革命の御剣で、それが天照大御神の倒語(さかしまごと)だったと瞑想しながら古代歌謡を聴くと脳みそが溶けそうになるわよ。御霊による本物の脳内革命だわ。一体何ということかしら。おどろいた。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

神宮の心御柱が明かされて二十年も経っているわよ。式年遷宮はまだ先だけれども、二十年と言えば神宮にとって重要な式年でしょ。私の瞑想では遂にメシアの諸刃の剣が鞘から抜かれ、抜き身の剣になってしまったように思うのよ。

 

 

征伐の終わりの時には伊弉諾尊により千曳の岩戸が閉ざされるから、御用の向きのある人でまだ御霊を賜っていない人は遊んでいられる場合じゃないわよ。とっとと主人の家のテーブルからこぼれるパンくずをいただく子犬の様に、メシアの御衣の裾に縋り付いてでもお願いしたほうがいいわよ。

20c50674-07cb-4324-98bd-ab1849ff4d2f阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング

神道ランキング

精神世界ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

あのね、壇上から何か言っている人のいうことはあまり真に受けない方がいいわよ。

 

お釈迦様に笑いの天国に往生すると思うがどう思うかと尋ねた歌舞伎聚楽主に、お釈迦様はそのようなことは尋ねないが良いとお答えにならなかったの。しかし歌舞伎聚楽主がしつこく三度まで尋ねるものだからお釈迦様はお答えになられたの。

 

壇上で人の煩悩を煽り笑わせているからには死後悪趣に堕ちると。




 

今でいうお笑い芸人さんなのよ。しかしね、壇上から人の煩悩を煽ることを売り物にしているのはお笑い芸人さんだけではないでしょ。たまたまお釈迦様にそのように尋ねたのが当時のお笑い芸人さんだったということなの。

 

現代では政治、経済、学問、宗教、芸術、芸能、娯楽と、それらを伝える報道に至るまでのすべてが人の煩悩を煽ることで延命を図り目的を達しようとしているでしょ。

 

この国では人の煩悩を煽り、葬式を売り物にしている仏教が一番わかりやすいのよ。

 

お釈迦様はしつこく尋ねる歌舞伎聚楽主の煩悩に冷や水を浴びせたの。それでその歌舞伎聚楽主は目が覚めたと仏伝では伝えられているのよ。

 

そのような仏伝は学問の世界を通して伝わっているの。けれども、知っている学者の先生もなぜか見て見ぬふりをしているのよ。

 

それは学問が世間に冷や水を浴びせ覚醒させるのが使命ではないからなのよ。

 

お釈迦様亡き後、誰も後を継がないのであれば、覚醒させていただいたこのブログがするしかないではないの、というのがこのブログのはじめからの主旨なのよ。荷が重すぎるの。

 

荷が重過ぎるけれども感謝の念に駆られて皇大神宮におかげ参りしたら、不思議な風に吹かれてしまって、そのような重たい十字架をポンと背負わされてしまったの。

 

帰ってきた当初は他のこと何もさせてもらえなくてブログ記事しか書けなくさせられていたからね。今でもそれに近いものがあるけれども。

渡る世間に冷水思い切りぶちまけたのがメシアだったでしょ。メシアの弟子と称して世間に耳触りの良いお説教を垂れ流しているパリサイ人の生臭いパン種に注意しなさいなのよ。

 

しかし今の世の風潮では煩悩の炎をもっと激しく燃え盛らせるための燃料しか供給されないし、求められてもいないの。

 

世の中から求められていないというのがこのブログの背負っている重たい十字架なのよ。

 

その様に重たい十字架でも背負い、私について来なさいというのがメシアの御言葉なの。しかしね、メシアに従うと重たい十字架でも軽々と担えるところに魔訶般若が存するのよ。

 

賜わった命の調製なのよ。

 

熱心な人は三度まで尋ねるの。そして仏の顔も三度までなのよ。

 

阿吽


37_shiratsuyuni




瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

思うに、預言者の御言葉って必ず含みがあるでしょ。例えばお釈迦様の、一本目の矢を受けても二本目の矢は受けないという言葉は、一度目の死で免れる者は、二度目の死を受けないということで、聖書の預言者のヨハネの黙示と一致しているのよ。

 

それで聖書と古事記と仏伝をまとめて読み込んで、それらで語られている含みっていったい何なのと考えてみるの。

 

そうすると見えてくるのは、人がこの世に来るときは父神から盃を受けるという契約で来ているのねと思えるのよ。それは、善悪を悟り履行されるかどうかという試しの契約なの。それが悟られるべきこととして伏せられているのを良いことに、そそのかす蛇が不履行に持ち込もうとするのよ。

 

たいがいの人はその罠にはまり受けるべき盃をお返ししてしまうのよ。メシアは父から盃を受け、ご自分の羊たちにも盃を受けるよう促されたでしょ。

 

ところがユダヤ人はその盃を受けようとせず、姦淫の杯に酔いしれたの。ヨハネがそう黙示していたの。

 

それはユダヤ人に限ったことではなくてほとんどすべての羊が父神とメシアの盃を受けることを拒み、結果として神様から受ける盃を水臭い水盃としてお返しし、神さまとのご縁が今生の別れとなり、二度目の死を選び取ることに繋がるのよ。

 

聖書も古事記もお釈迦様の言葉もその様な含みで語られているのねと思ってみると、なるほどそうかと合点できてしまうのよ。

 

メシアから送られる助け手との阿吽の呼吸で水がワインに変えられるという、そのような魔訶般若の盃事なのよ。

 

極道の盃事など真似事の学芸会かしらと思えるのよ。

 

盃事は盃事でも、その盃が違うのよ。

 

人の目には映らないから型通りでは済まないの。


seasonal-events-manners-09_20180221-1024x683


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

イスラエルの先見者の預言は思考停止せずに突き詰めて考えると、死ということに直面させられるから怖いのよ。

 

偽預言はいかにももっともらしいお説教で惑わすだけで煙に巻かれるから、死ということから目を逸らされるの。

 

人間の脳は恐怖を避けたがる習性があるでしょ。そこに盲点があるのよ。

 

言い知れぬ不安を喚起する童謡「通りゃんせ」が日本人のその盲点を突いているの。しかし、その時が必ず来ることは知っていても脳が考えることを避けて通るのよ。

 

その結果どういうことが起こるかというとメシアが狭き門から入れと言ったその門を避けて通ってしまうのよ。どういうことに繋がるかというと無意識に予測しながらも避けていた恐ろしい事態に直面することになるのよ。

 

メシアはご自分の十字架上の死によってそのような人達が直面することになる恐怖を肌で感じ、死に際して血のような汗をしたたらせもだえ苦しまれたの。そしてその恐怖を克服して十字架につかれたの。

 

二度目の死とはね、それを免れているメシアが思っただけでも身の毛がよだつような恐ろしさを伴うのよ。

 

霊性の高い日本人が無意識に直覚する恐怖とはそのことに対する恐怖よ。避けて通らずにメシアに付き随い克服しておくべきことがらなのよ。

 

だから怖いながらも通りゃんせと唄われているの。

 

ルカ22

 43そのとき、御使が天からあらわれてイエスを力づけた。 44イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。そして、その汗が血のしたたりのように地に落ちた。


o1280096013813168405


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

この世はね、メシアの水の施しの乞いを平気で無視して、左手で賄賂のやり取りしかしていないのだから相当いい度胸しているわよ。

 

メシアに水をお布施できなければ右手は施しを知らないわよ。仏陀は左手で差し出されたお布施を受けずに、そのようなものは水に捨てろと教えられたの。そのようにしたら水が湯けむりをあげたと伝えられているの。

 

ヨハネは右の手のお布施を知らずに、左の手で売り買いしかできない人の右の手か額に六百六十六の獣の刻印が押されたと書いていたでしょ。

 

ではどうしたらメシアに水を施せるの?となるわよね。メシアの言う水は命の水の暗喩でしょ。人は神様から命の施しを受けこの世に来て、メシアからも命の施しを受け許されているの。

 

そのメシアから水を乞われたら命の水をお返しするしかないでしょ。命でお返しするしかないの。だからメシアは自分の十字架を背負い私について来なさいと御言葉していたの。

 

ついてこない人の方が多いことも知られていたのよ。そのことにメシアをお遣わしになられた父が義憤を発するのは必定でしょ。誰でも怒るわよ。

i286541539304968570


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ