イエスにより開眼すると、現世のどこに偽預言者であるサタンの妾が生息しているか
はっきり目に映るようになる。
偽預言者は開眼していないので自分がサタンの妾であると気が付かない。
自分は神により召されたと信じながら盲人を手引きし共に穴に落ちる。
それをイエスは憐れむ。

 

イエスにより開眼すると釈迦以外の教祖と宗教信者はサタンの妾の盲人とはっきり目に映る。
宗教嫌いの日本人は天照大御神により守られている。
神籬であるこの星においては救世主イエスが天照大御神として祀られている。
そのように日本人が開眼しないと現世は開眼しない。

 

 現世は薬師如来の施薬を受けなければ開眼しない。
イエスが「私から目薬を買いなさい」と言ったのはそのためだ。
開眼せずに盲人として現世を終えると妾としてサタンのハーレムに堕ちる。
イエスから納采の儀を受けようとしなければそのようになる。
天照大御神の納采の儀なのだ。
それが父の御旨だ。

 

 イエスや釈迦の言葉により開眼すると現世において目を奪われている富や地位、
その他の娯楽に至るまでのすべてが虚仮であるのを見ることになる。
心の準備ができていないと脳はそれを拒む。
正常性バイアスが働いていると危険を危険と察知できない。
結果神仏の諭しに背き現世を去る。
行先は自ずと知れる。

 

イエスや釈迦は現世における開眼を促している。
それは開眼が天国に入るための条件だからなのではない。
開眼した後の現世涅槃における、御霊による指導が修行になり天国に入る準備がすべて整う。
結納を交わした後の花嫁修業だ。
経の題目を何万回唱えても無理だ。
天国とはそのような安易な場ではない。


人気ブログランキング