このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

ひとつ前の記事を書いて一息入れていたらまた気が付いたことがあるの。皇大神宮にはしめ縄が張られていないのよ。お伊勢様にお参りした時を思い出しても、外宮と内宮と伊雑宮のどこでもしめ縄を見た記憶がないの。ネットで画像検索しても神宮にはしめ縄が張られていないのよ。

 

神宮にお参りする時の禊の二見興玉神社の夫婦岩や伊勢の神領民の人の玄関先にはしめ縄が張られていたのを見たのだけれども、神宮にはしめ縄が張られていないのよ。

 

もはや当たりなの前だけれども神宮はやはり岩戸開きの象徴のお宮だったのよ。古事記では大御神の岩戸が開けた時に二度と岩戸に戻れないようにしめ縄が張られているの。それは岩戸が閉ざされ後戻りできないことを暗示していて、伊弉諾尊が黄泉比良坂で閉ざした千曳岩なのよ。

 

死の国が父神の超能力で閉ざされ永遠の命の岩戸が開けてしまったことの暗示なの。天父と御子と御霊を信じその超能力の内に取り込まれることを暗示しているのが、伊勢の神領民の蘇民将来の護符と御白石持行事なのよ。

unnamed (2)
 

この国で一番太いしめ縄が張られている出雲大社は私の中ではもう大国主命、すなわち素戔嗚尊、しかしてその実体は大御神をお産みになった伊弉諾尊であり、大御神である御子をお遣わしになられた天父の大社に確定だわ。

 

先住の国津神が祀っていた神籬や岩境を神社神道に取り込み、なおかつ出雲大社を古い国津神の神話により取り込み、天父のお社として秘めながらお祀りしていたのよ。その国津神の由緒はやはり邪馬台国にあるのよ。

 

私のそのような確信のもとになるのが貴船神社の結社(ゆいのやしろ)でお祀りされている岩長姫命なの。縁結びの神様であると同時に縁切りの神様としても信仰されているの。この世的な縁結びや縁切りを超越しているのよ。この国の神代の神様は皆そうなのよ。岩長姫命は弟橘姫命の暗示でもある右近橘で、その実体は永遠の命の木なの。

 

この永遠の命が縁結びと縁切りの神様なのよ。永遠の命と結ばれ死と縁が切れるという事なの。それを古事記の倒語(さかしまごと)で大御神の岩戸開きとしめ縄張りとして伝えていたのよ。

 

ベースはもちろん聖書よ。その神様に願い求めご縁を結んでいただき妖怪との悪縁を切っていただくという呪術なのよ。その呪術は人の理解などはるかに超えた神様の超能力によるの。この神様の超能力というキーワードが目下のマイブームなの。

 

この超能力により祝福を賜わるには全人類のために命を捨てた御子に命を捨ててでもお縋りしなければ、体感も霊感もできないというところに人間の抱える深刻さがあるのよ。経験上そう思うのよね。

 

しかしそれをお受けしてしまうと虫の知らせや第六感として世間の人が認識しているようなあいまいなものではなく、はっきりと大御神による神変と感じるのよ。聖書に御言葉ではっきりとそう書かれているから必ずそうなるの。受けたものでなければ判らないと書かれているわよ。

 

そのような賜物を、復活した御子の御真影をこの世で見せられてしまった人たちが集団で受けてしまったことも聖書には書かれているでしょ。そのように目で見たわけでもないのに信じる者は幸いであるというのも御子の御言葉なの。

 

信じられなければ到底無理なのよ。信じられなければ縁結びの神様は単に縁切りの神様になってしまい、それにより妖怪との縁が切れなくなってしまうということなの。それが御子の遣わす御霊という神様の恐ろしさなの。逆らえばこの世においてもあの世においても許されないと書かれているわよ。

 

そのように人にとって悩ましくも、恐ろしくも、深刻な事柄だから聖書では黙示され、古事記は倒語(さかしまごと)で書かれているのではないのかしら。娯楽を旨とする怪談話では何も見えてこないのよ。そう思うのよね。

 

こんなにエグイ記事をさらっと書かされるようになるとは思ってもみなかったわ。このような語り口でなければ書けないこと理解してもらえるかしら。

retina_pixta_69021435_S阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング