このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

もう記事を書ききってしまって書くことないでしょと思っていたの。ある意味でとても恐ろしい記事を書いているのは、あの夏の玄倉川の記事を書いて、その後二週間くらい怖くなってブログの公開をお休みした時から気が付いていたのよ。

 

それでも続きを書かされてきて、今年に入って思っている事は、すべては神様の神通力、超能力において革命が進行中という事なのよ。

 

その深淵を垣間見せられた先見者たちの聖書と古事記なのよ。その深淵を心の目を通して見せられてしまうと、そこには被造物である人間にとっては、かなり深刻な問題が横たわっているはずなのよ。

 

だからお釈迦様も当初教えを説く気にはならなかったのねというほどの深刻さなのよ。それを感じることはとても恐ろしいことなの。この世では怪談話というのは娯楽の対象で、そのようなことにはビジネスとして成り立つほどの需要があるでしょ。

 

しかし私が感じているのはそのような需要の対象にはなり得ない恐ろしさなの。その様だからもうブログの更新も終わってもいいでしょと思っていたら、なぜかいきなり今日もまた記事を書く気にさせられているの。

 

聖書の冒頭にはアダムとイヴが創られた時そこに唆す蛇がいたと書かれているでしょ。それがサタンなのよ。このサタンはお釈迦様に退けられ、メシアである御子が十字架上で死と復活による勝利を得た時に再び退けられ死んだと思われていたのよ。

 

ところがこの蛇サタンは使徒ヨハネにより竜として描かれ、獣と偽預言者を従えると黙示されていたでしょ。二匹の獣は既に上がっていて、六百六十六という獣の刻印の世になっているでしょ。その世の終わりの後に千年の間縛っておかれるとヨハネにより黙示されているのよ。それまでの間は竜と獣と偽預言者の三悪は自由に暴れまわるの。

 

世の終わりが来ることは御子による御言葉としてはっきりと聖書に書かれているの。それがいつになるかという問いにはヨハネが黙示録で回答しているのよ。

 

ヨハネの黙示録 6

10彼らは大声でこう叫んだ。「真実で聖なる主よ、いつまで裁きを行わず、地に住む者にわたしたちの血の復讐をなさらないのですか。」 

11すると、その一人一人に、白い衣が与えられ、また、自分たちと同じように殺されようとしている兄弟であり、仲間の僕である者たちの数が満ちるまで、なお、しばらく静かに待つようにと告げられた。

 

ヨハネの黙示録 7

 2わたしはまた、もう一人の天使が生ける神の刻印を持って、太陽の出る方角から上って来るのを見た。この天使は、大地と海とを損なうことを許されている四人の天使に、大声で呼びかけて、 

3こう言った。「我々が、神の僕たちの額に刻印を押してしまうまでは、大地も海も木も損なってはならない。」 

 

ヨハネの黙示録 20

4わたしはまた、多くの座を見た。その上には座っている者たちがおり、彼らには裁くことが許されていた。わたしはまた、イエスの証しと神の言葉のために、首をはねられた者たちの魂を見た。この者たちは、あの獣もその像も拝まず、額や手に獣の刻印を受けなかった。彼らは生き返って、キリストと共に千年の間統治した。

 

私がヨハネの黙示録を読み込むと、あの獣もその像も拝まず、額や手に獣の刻印を受けなかった仲間の僕である者たちの数が満ちるまでは、竜と獣と偽預言者が大暴れするの。だからしばらく静かに待つようにと告げられたと読めるのよね。

 

神の僕として額に刻印を押される者の数が満ちた時が終わりの時なのよ。それまでは竜と獣と偽預言者は放置されているのよ。

 

その様であるから多くの人が終末観にとらわれる現代において911311COVID19が、種も仕掛けもある謀略で、竜と獣と偽預言者の詐術、手品、マジックで、それを見抜けない大衆の世であったとしてもまるで不思議ではないのよ。だから終末感が漂うの。

 

マタイによる福音書 7

13「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。

14しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

 

終末観の感じさせる恐怖は娯楽の対象になどなり得ない深刻さを伴うのよ。神様の超能力が引き起こす恐ろしさで、催眠術師や手品師や世の超能力者などのエンタテナーの技が足元に及ぶところのものではないの。もちろん竜と獣と偽預言者のマジックも同じよ。千年の間縛っておかれると書かれているからね。それを経て死んだと思っていても、その後また暴れ出すのよ。そうして神様の超能力により本当の釣瓶落としにされると書かれているの。

 

この国では古くからそのことが悟られていて、一部の地域で妖怪釣瓶落として言い伝えられているのよ。そこに祝福と救いを見るのだけれども、自分の愛する人と共に狭い門から入ろうとしたら、人類全体にとって御子の御言葉はかなり深刻でしょ。

 

神様の超能力による深淵はそのような深刻さを伴うの。入ってしまうまでは娯楽で暇つぶししている余裕などないはずなの。そう思うのよね。

retina_pixta_69021435_S阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング