このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

十種の神宝と一二三祝詞を理解してしまうと命の木が完全に見えてしまうのよ。一二三 五 七八九なのよ。三つの数霊が真ん中の五を中心に七五三で連結されていて十種の神宝なのよ。一二三四五六七八九十と三回唱えるのは月の三十なのよ。その月の三十も命の木に埋め込まれているの。

 

inotinoki.sankaku

 

下層世界、中高世界、至高世界にそれぞれ十字架があるでしょ。三十なのよ。その三柱のそれぞれに玉体が掛けられているでしょ。これが三種の神器なのよ。イスラエルの三種の神器は失われたイスラエルにおいて真榊の上中下の枝に掛けられることは梵天により初めから掌握されていたという事なのよ。

 

その三柱の神の梵我を悟った聖賢により残されたのが聖典なのよ。そして形として残されたのが命の木であるセフィロトの木なのよ。

 

だからイスラエルの聖書と失われたイスラエルの古事記で三柱の神の三種の御神宝を理解しなければ、上の枝に掛けられ隠されているメシアのマンナは賜わることはできないのよ。

 

中高世界にとどまり無定見なスピリチュアルや宗教の世界にとどまるの。イエスや仏陀や天照大御神を崇めていてもその式神様をお遣わしになられた尊い神様を霊において礼拝できなければ御霊は下らないのよ。

 

それが上の枝に掛けられている大御神の勾玉なの。中の枝に掛けられている八咫鏡を通して全体を見通さなければ御霊を受けるための禊を済ませることができないから、至高世界には至れないのよ。

 

神道はその世界に至った神鳥たちのお祭りなの。だから大御神の岩戸の前で、天鈿女命が「あなた様より尊い神がいますゆえ喜び笑らき遊んでいるのです」と言祝いでいるの。その言祝ぎにつまずくから御霊は下らないの。十種の神宝や一二三祝詞が理解できないの。

 

0fc8d0c9

 

その様に理解すれば、神鳥により明かされた大御神の心御柱が命の木そのものなのよ。中心の柱が天御中主神の柱で両側から翼を広げた高皇産霊神と神皇産霊神が礼拝しているのよ。

 

その中心の柱に左上の神様の右に置かれた式神様が掛けられて大贖罪のお祭りがお祝いされるのよ。それが命の木で、素戔嗚尊により張られた八重垣なのよ。

 

unnamed (2)

 

 

 八宝珠の法輪の八重垣なの。七八九のお祭りは一二三のお祭りで、共に七五三のお祭りなのよ。

 

image

 

 

一二三四五六七八九十百千萬で十種の御神宝と三種の御神宝なの。

ヨハネの黙示録 22
14 
命の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、自分の衣を洗い清める者は幸いである。

 日本人はね産土の神様に逆らったら、この世においてもあの世においても許されるものではないの。

18霜降阿吽



スピリチュアルランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

神道ランキング

精神世界ランキング