このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/6984756.html (イスラエルの十二と永遠の命)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/7077308.html (聖書に書かれていたお釈迦様のこと)

伊弉諾尊の桃はこの世とあの世の境の黄泉比良坂で三つ投げられたでしょ。それはこの桃がこの世の前に一つ投げられ、この世とあの世であと二つ投げられることを意味しているのよ。ヒンズーの婆羅門たちから広がった転生輪廻なんかこの世に観光に来た夜叉たちの勘違いだからね。

 

それで問題はこの三つの桃なのだけれども、三つともこの世に映されているわよ。幽世の般若が八咫鏡に映りこの世に反映しているのよ。

 

一個目の桃で悪霊が征伐され、二個目の桃でそそのかされた鬼が征伐され、三個目の桃が三度目の正直のとどめの征伐とヨハネにより黙示されているでしょ。

 

それが映されたこの世での一度目はノアの洪水の時に悪鬼が征伐され、桃はノアとその子孫のイスラエルが賜わったの。二度目はメシアの時にイスラエルの子孫のユダヤが鬼と化し征伐され死んだと思われたの。桃は失われたイスラエルが賜わり貴船と心御柱と聖霊をお祀りし失われたイスラエル日本となったの。

 

そうしたら死んだと思われていたユダヤが獣に憑依され海から上がってきたのよ。その時には失われたイスラエルはもう一匹の獣に憑依されていて、そのおかげで天から火を降らされたの。

 

悪霊も獣もまだ生きていてそこに偽預言者が加わり、その結果失われたイスラエルは唆された夜叉の鬼ヶ島と化してしまったのよ。

 

だからこの世におけるとどめの征伐はどうしても避けられないのよ。一度目のノアやイスラエルも、二度目の失われたイスラエルも神様から黍団子である聖霊を受け救われたでしょ。

 

だからとどめの征伐にも桃太郎さんから黍団子を一つ分けていただき鬼の征伐に付き随わなければ生きて帰れないの。

 

3559_top (2)

 

桃太郎さんに加勢する金太郎さんのまさかりで切り倒されてしまうのよ。桃太郎さんと金太郎さんスーパーかっこいいでしょ。日本一! 

 

3556_top (2)

 

日本に生まれて来てよかった。阿吽