このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

もうね、全世界規模の禍事の時代に入ってしまったでしょ。そのような時代が来てしまったら悟らないといけない時代でしょ。

 

禍事を過ぎ越していただくためには家の鴨居に子羊の血を塗り過ぎ越していただくのがお約束だったでしょ。そうすることにより白く輝く聖い麻の衣を賜り、神のイスラエルとされるの。衣を洗って清くするとも表現さているでしょ。

 

それが婚宴の礼服なの。その礼服を携えていなければ天の川を渡御しその先にある都の門は通していただけないのよ。

 

その礼服を賜るようにとメシアが十字架上で全ての人に呼ばわったの。しかし聞き分けずに神様の怒りをその頭上に留める山羊や馬や鹿ばかりなのよ。

 

だから怒りの日が来てしまったの。それが何を意味するかは山羊や馬や鹿には理解できなくても羊飼いの羊は聞き分けるの。

1121973-768x576


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング