このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

今日は夏越のお祓いの日だからこの半年で知らされたことをお祓いの意味を込めて書いておくわね。

 

現代はニムロデと同じ精神構造の権力者たちが神様の法輪を逆回転させながらリードしているのよ。それは今に始まったことではないの。大昔からそうだったのよ。

 

神さまはそんなことは百も承知で法輪の回転に伴い粛々と暦を進めてこられているでしょ。この暦を主宰しているのは人間ではないわよね。

 

その回転に逆らうから当然のごとくそこに軋轢が生じるでしょ。その逆らい方が激しさを増しているから世界規模の一蓮托生で禍事が降りかかるようになってきているの。

 

世界中のいたる所でその逆らいを目にすることができるのよ。今年の春以降で私の目に顕著と思われることをキーワードで示すと五輪とクークラックスクランなの。宝輪の逆回転旗を掲げたナチスと同じなのよ。

 

そのことが聖書にどのように示されているかというと、神様の過ぎ越しを受け、奴隷から解放されたイスラエルが荒野で金の子牛の像を拝み神様に逆らったので、その世代が死に絶えるまでイスラエルとして約束の地に踏み込むことができなかったという歴史においてなの。

 

イスラエルとはね神様の御旨の広報媒体なのよ。人類にとってオリンピアの五輪のお祭りなどは、イスラエルが金の子牛の像を拝むことと同等の反逆なのよ。一地方でやっているのならまだしも世界規模でやらなければいけないお祭りなどではないということ。

 

3a9064835945283a883109fa033f5f1f - コピー

 

この魔法陣が法輪の象徴なの。神道ではそれをよく理解しているからこの法輪の回転に同期しお祀りを行っているのよ。真ん中の五を中心に八つの数字が八宝珠の法輪を描いているでしょ。これが八咫鏡なのよ。この八咫鏡の回転が神様の暦となるの。

 

歳神様と月神様と日の神様の阿吽の法輪を三輪山にお祀りしているでしょ。

 

その中心の大御神は神宮でお祀りされているでしょ。

 

八咫鏡の法輪の中心が五で、その宝輪の正しい回転方向が正しい五輪のお祀りなの。三輪、五輪、七輪の並びで正しく回転するの。キーワードで示すと三はノアとアブラハムの時。五はメシアの時、七は大御神の千代に八千代になの。それで正しいお祀りになるのよ。この国にとってオリンピアの聖火などは子牛の像を拝むのに等しいと知れるでしょ。そのことが八咫烏以外には悟られていないことが大問題なのよ。

 

ヨハネによる福音書 21

1 そののち、イエスはテベリヤの海べで、ご自身をまた弟子たちにあらわされた。そのあらわされた次第は、こうである。

 

9 彼らが陸に上って見ると、炭火がおこしてあって、その上に魚がのせてあり、またそこにパンがあった。

 

f0449805dcc33328aae4d29337a8372f
七輪と魚


瞑想ランキング

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング