このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

命の木はね神様の天地創造からのことが全部その中に示されているの。だから天文とか奇門遁甲とかタロットの占いとか十干十二支の暦とか全部入っているのよ。

 

でも私の着眼点は神様の律法と契約なの。命の木に隠されているマナを見つけ出し、それをイエスから受けなければカバラの知識は宝の持ち腐れなのよ。そのまま終わりを迎えればそれはただのオカルトと化すの。

 

ノアを示す十個のセフィロトとイサクを示す二十二本のパスはノアの長子セムからイサクまでの十二代をも暗示しているのよ。この関係は契約の人ノアと祝福されたノアの長子セムの天幕における十二人なのよ。セムの天幕においてすでに主と僕十二人の関係が示されていたのよ。

 

そしてこの十二人の内最後のアブラハムとイサクの二人がイスラエルの契約の父となったでしょ。ここに後のイスラエルの十支族と二支族の分裂の伏線が張られているの。

 

そしてイサクの子ヤコブすなわちイスラエルが十二人の子を設けイスラエルの時代に入っていくのよ。そしてイエスと十二弟子でクライマックスを迎えるのよ。

 

十干十二支の神様の暦の進行のなかで契約と祝福が示されているの。しかしそこは安全な世界ではなかったでしょ。神様は人の前に呪いと祝福をおかれたと言ったのは大預言者モーセだったでしょ。

 

そのような危険な世界で祝福を得た先見者たちが残したのがカバラの命の木なのよ。それをどのように受け取り、扱うかで見えてくる世界はまるで違って見えるのよ。

 

命の木は祝福を求めようとしない不信者を篩い落とす十種の神宝でもあるのよ。イスラエルの歴史において示された神様の律法の要約がモーセの十戒だったでしょ。十個のセフィロトなのよ。

 

そしてその十戒石板がイスラエルの神宝なのよ。その神宝を納めた箱がイスラエルの契約の箱なの。その契約の箱の中に神様のマナが隠されているの。

 

残る神宝のアロンの杖とマナの壺も契約の証として命の木に隠されているのよ。それを白日の下にさらしてしまうのがこの記事の目的なの。

 

行くわよ。

 

鍵穴はどこにあるかというとこの図形。

ダウンロード (1)

この形は三柱と十個のセフィロトを結んだ時にできる単純形なの。この形が鍵穴なのよ。何を示すかというとこちら。

o0305025713851434070

これは右がアンク十字で左がアマカスと言われるものなの。アンク十字はエジプト由来で命を意味していて、アンクの力を信じる者は一度だけ生き返ることができると信じられているというものなの。

 

左のアマカスが大問題で、日本人にはあまり知られていないけれども、天皇家にお世継ぎが生まれた時にこれを枕元において儀式を行うという祭儀の道具なのよ。

 

天皇のお世継ぎは生き返りなのよ。そして天皇に即位するときはさらに大嘗祭で死と生き返りの儀式を行っているの。このアンク十字と天皇家のあまかすの両方が命の木由来なのよ。核心に迫りつつあるでしょ。そしてこの命の木の図形を見た時にビビビっと感じることがあるの。それがこちら。

t02200165_0800060012859037411

イスラエルの六芒星と十字架の組み合わせなのよ。そしてこの組み合わせは裏ドーマンと裏セーマンの組み合わせなの。いきなり陰陽道よ。ついて来てね。陰陽師であった安倍晴明とその宿敵とされた蘆屋道満の裏紋なのよ。六芒星が裏ドーマンで十字が裏セーマンなの。命の木の図形は六角形と十字の組み合わせでしょ。

 この二人の表の印はこちら。

o0640036114262051172

このセーマンドーマンが日本の民間でも知られている護符なの。海女さんたちが護符としたりしているらしいのよ。このセーマンドーマンが二人の陰陽師の表の印なのよ。しかし陰陽道である以上は陰陽の表裏が無ければならないのよ。

 

そしてその裏のセーマンドーマンが十字と六芒星との組み合わせなのよ。隠語では陰陽師のことをかんばら、陰陽道のことをズバリ、かばらというらしいのよ。陰陽道はカバラなのよ。ゆえに神道もカバラなのよ。すべて繋がってくるでしょ。そして表のドーマンに注目なの。


kujikiri001


これは芦屋道満の印で九字切りと言われるものなの。日本人はこの意味を全く分からずに護符や呪符としているのよ。私が見るとこれにしか見えないからね。


20090927pic-02 images (3)

 これはねイスラエルの荒野で祭司とされたアロンの胸あてなの。神様の指示によりデザインされている十二個の宝石がはめ込まれていて、神によりエジプトから導き出されたイスラエルの十二支族のそれぞれを意味しているのよ。

 

道満の九字切りは十二の囲いを切っているでしょ。そして裏ドーマンが六芒星なのよ。イスラエル以外の何物でもないでしょ。

 

片やセーマンを見れば五芒星なのだけれども晴明桔梗紋と呼ばれていて裏セーマンで十字を切るのよ。命の木の十字の、五個のセフィロトと桔梗紋が対応しているのよ。この裏ドーマンと裏セーマン二つを組み合わせて天皇家のアマカスなのよ。

 

それは頂に六芒星を冠したイスラエルの十字の王笏なの。天皇家の王笏なのよ。陰陽道おそるべしでしょ。

無題 (2)
 しかもこの組み合わせにはまだ奥が有るわよ。

 

六芒星と十字の組み合わせで何か感じるでしょ。六芒星は日本のかご目でしょ。そのかご目の中に鳥がいるでしょ。ダートという鳥が。


DSC_0340


しかもかご目は亀の甲羅で、十字は羽を広げた鳥の飛翔に見えるでしょ。ここで鶴と亀が滑っているのよ。じゃなくて統べているの。

 

しかもしかも、かごの中の鳥は六芒星の中の七個目で七つのお祝いのお札のことを示しているのよ。

 

これがうしろの正面の通りゃんせの細道に開いている鍵穴なの。イエスの示した狭き門の入り口なのよ。この奥に御船代と皇室の三種の神器、契約の箱とイスラエルの神器が隠されているのよ。

 

私は大御神からそのマスターキーを預かってしまったから、それで開けてしまうわよ。まず鍵穴の形をはっきりとさせましょうね。


ダウンロード (1) - コピー


これってこけし?そうなのよ。命の木は人形でもあったでしょ。


c7631831224b7b772cfdb58a47ea1c0e (2)


次の巻からこの鍵穴にマスターキーを差し込むわよ。



瞑想ランキン

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング