このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 この世とは警告が発せられている川の中州でのバーベキューで、増水したら自力で避難不可能の罹災現場だと思ったの。それで、そのような記事を書いたら、それではたとえが甘いと示され、やがて流され沈没する大バビロン河の奴隷船になぞらえたのが去年までのことだったの。

 

 その過程で気持ちが滅入りもうこのブログやめましょ、と思ったことなども記事にしてきたでしょ。でもね、そういうことって慣らされるのよ。汲めども尽きぬ井戸みたいなもので奥行きが底知れないの。

 

この三月に汲んでしまった命の水のことを書いておくわよ。人にとってこの世とはね、煩悩という絶体絶命のヴィールスに感染した患者たちの巷なの。本人が自覚的にワクチン接種を受けなければ絶対に絶命するのよ。

 

その自覚を促したのが釈尊で、ワクチンをもたらす薬師如来の降臨までをも魔訶般若波羅蜜多と呼ばれる偉大な悟りの智慧の完成と共に預言していたでしょ。そしてその如来が降臨して「私の肉を食べ、その血を飲まなければ父の御国には受けいれられない」と御言葉したでしょ。

 

 私ね、若いころから世間に対する違和感とか嫌悪感というのがあったのだけれどその正体をこの歳になって知らされたわよ。

 

明日はお彼岸の中日だから、まだ中州で遊んでいる人はこれを機にワクチンの接種を受け、此岸から彼岸にとっとと避難した方が得策と思うわよ。一人一人の増水はいつ襲ってくるのかわからないのだから。

20190405165420

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング