このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

現代社会はね、私に言わせればオカルト社会主義と言いたくなるのよね。学問の世界も宗教の世界も、ブラフマーナ、空境寂滅、モクシャ、虚空蔵求聞持法、座禅、瞑想、ヨガ、福音の原則等々、その他諸々の事柄に対してもっともらしいうんちくを傾けているのに、それらすべてが、覚醒しない、させない協同組合の社会主義で、その本質は三行半の六百六十六という離縁状を神により突き付けられていることにこれっぽっちも気が付かず、オカルトの毒蛇の思うがままに絡めとられているオカルト社会主義なのよ。

 

アドルフ・ヒットラーの国家社会主義労働者党(ナチス)は、裏天皇家である八咫烏にユダ・イスカリオテのような裏切り者が出てオカルトに転び、それが契機になって創設されたという噂があるの。そう思ってナチスの旗を見てごらんなさい。


images

 

日の丸の赤と白を逆転させ、卍の旋回を逆転させ、しかも45度傾けているだけでしょ。この45度なのだけれどそうすることにより艮線と、乾線を表していてギザのピラミッドと、伊雑宮を含む伊勢三宮の並びを暗示しているとしか私には思えないのよ。


そのことを知り抜いていた鴉が足抜けしてナチスにオカルトを仕込んだのでナチスの科学はオカルトをもとに飛躍的に進んだらしいわよ。

 

そのナチスのヒットラーがしでかしたことが、あの強弁聖書の国の樹立につながったでしょ。その国とポン引きと娼婦の関係にある娼婦国がナチスの領土はすべて北の国に明け渡し、その頭脳はすべて引き継いだらしいのよ。ペーパークリップ作戦と言ったらしいわよ。

 

そのコンビネーションで、オカルトに対する大祓の日の丸国に核の傘をさしかけているの。でもね、その日の丸国の人民は皆オカルトにからめとられ、解脱、救済、モクシャ、しない、させない協同組合を暗黙裡に機能させ、オカルト社会主義労働者同盟の組合員と化しているの。

 

その組合から離脱するには、大御神すなわちイエスの御言葉に従い、求め、叩き、聞き分け、そうすることにより救済のための助け手を送っていただければ済むことなのに、誰もそうしようとしないのよ。大御神がイエスであることは既に証言されている時代に入っているにもかかわらずなのよ。



 

色々な言い方ができるのだけれども、ヨーガタントラで言えば、ベースのムラダーラのチャクラにオカルトの毒蛇を飼っていて、その毒蛇を愛玩してやまないオカルト社会主義者ばかりなのよね。だから神仏のことに精通しているふりをしてうんちくを傾けても、誰一人救済できないから説得力に欠けることこの上ないでしょ。


originalhqdefault


 
根付きの真榊なの。幹の部分が命の木で根の部分が死の木でしょ。絡みつく蛇はどちらも三回転半。

 

  

 三行半(みくだりはん)の離縁状がオカルト毒蛇の罠。三回転半の昇龍の昇天が真に救いをもたらす復活の火の蛇の大祓なの。毒蛇は死んでも三日目に復活はできないわよ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング