このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

カウンターの999の予想が一日前倒しで並んでしまったの。それでこの九百九十九というゲマトリアは天の御父の数だし、何かある?と考えていたの。それで浮かんできたのがこの記事。

 

イエスは「狭き門より入れ、滅びに至る道は広く大きく、そこから入る者が多い」と言っているでしょ。なぜ神様により創造された人類なのに滅びる人の方が多いの?という問題。神様の御手の業によるのになぜ不良の方が多いの?という問題なのよ。

 

それはね、神様は秀逸な被造物をさらに選りすぐって少数精鋭を選び、その少数精鋭の善果しかご自分の家に受け入れるお気持ちがないということなのよ。

 

洗礼者ヨハネは、イエスは手に箕を持ち、殻と麦をふるい分けると言っていたでしょ。殻と麦なのよ。神様は数より質にこだわり善い収穫を求めていらっしゃるの。

 

馬鹿なサタンは篩い分けられた殻を集める屑屋さんなの。屑集めだから当然質より数なのよ。神様に篩い分けられた殻、屑集めの屑屋なの。よくイエスの前にのこのこ姿を現せたものだわ。と思ってしまうのが私のメンタリティーなの。

 

当然最終的には御父の宮殿は善因善果の善い作物で満ち、サタンの娼館は屑屋のごみ屋敷とならざるを得ないでしょ。そのごみ屋敷は御父の宮殿とおなじ領域に存在を許されるかしら。

ise29


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング