このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 お釈迦さまは悟りを得た時に自分が得た悟りは、人は理解し得ないだろうからと自分の胸にしまっておこうとしたでしょ。しかし梵天に乞われて教えを説く決意をしたのだったわよね。

 

悟り近くにいる人に教えることを決意したの。私の中ではお釈迦さまはイスラエルの預言者である事はもう確定なの。五十六億七千万年後って完全にカバラでしょ。神道の三五七とおなじ五六七なのよ。このカバラをある結界を超えて理解してしまうと、神様が園の中央に生えさせられた日本の木は、創造と救済の木と、破滅と受難の木だと悟ってしまうのよ。

 

それを悟ってしまったお釈迦さまは誰が破滅と受難を被るのか当たり前のように悟りながら、当初、見て見ぬふりをしようと決めていたということでしょ。

 

でも梵天に心動かされたの。そして道を求めている求道者にはご自分から積極的に教えを説き始められたの。

 

それでも勘違いしている人は見て見ぬふりをすることに決めていたのよ。ある時歌舞伎聚楽主の人がお釈迦さまのところに来てものを尋ねたの。この当時の歌舞伎聚楽主という職業は今でいうお笑い芸人さんのように舞台で人を笑わせ、楽しませる職業の人だったの。

 

現代社会における芸能人さんたちはみなこの部類なの。ロックミュージシャンなどもすべてこの部類よ。ショウビジネス界と理解してまちがいはないのよ。しかも、私に言わせれば芸術家などもここに入ってしまうのよ。それだけでなく、神様の創造と救済を理解できずに娯楽や学芸、政治や金儲けにふけりながらこの世を終える盲人、イエスの言った、盲人と盲人を手引きする盲人は、私の理解では皆この部類に収まってしまうのよ。

 

話が広がり過ぎたかしら。そのような歌舞伎聚楽主の人がお釈迦さまのところに来て、自分たちは日ごろ人を笑わせ楽しませているのだから死後は相応の天界に生まれ変われると聞いているのだが釈尊はどう思うかと尋ねたの。

 

そうしたらお釈迦様は、そのようなことは尋ねないが良いと三度まで断ったのよ。それでもしつこく尋ねるものだからお釈迦さまはついに言ったの。日ごろ人の煩悩をあおって笑わせているからには死後悪趣に堕ちるであろうと。

 

私に言わせれば、これがイエスのお語りになった、盲人を手引きする盲人でなくて何なのという理解。イエスは双方とも穴に落ち込むと言われたけれども、盲人は皆悪趣に堕ちるということでしょ。

 

お釈迦さまはそれと知っていて、そのようなことは私に聞くなと見ぬふりをしていたということでしょ。

 

それとは別の話なのだけれども、お釈迦さまに三度拒絶されながら勝手に髪を切って出家した釈迦族の女性の話が伝わっているのよ。私の理解ではそのことにより釈迦族は滅亡したの。女性が大挙して家を出てしまったらそうなるわよね。今でも末裔はいるらしいのだけれどもお釈迦様のことなど知らない末裔に堕ちているらしいわよ。今でもイスラエルの末裔は中東にいるけれどもイエスのことなど知らない民族になっている事と相似でしょ。

 

話を戻すと、お釈迦さまは道を求める求道者には積極的にご自分の方から教えを説くのだけれども、歌舞伎聚楽主のような人には見て見ぬふりをしていたということなの。仏伝はそのように読めるでしょ。

 

これは何を意味しているかというと、神様は道を求めず、グレーゾーンで遊んでいる人たちはのことは見て見ぬふりをしているということ。

 

しかしそれでは皆が皆、破滅と受難の悪趣に堕ちるから、メシアを遣わし、求めなさい、そうすれば与えられる。叩きなさい、そうすれば開けてもらえると御説きになったの。神様から三度断られても、求め、叩き続け。求道しないと無理よ。お釈迦様から教えを受けた歌舞伎聚楽主の人は悟りを得、受難を免れたはずでしょ。

 

お釈迦さまも求道の最中に骨と皮の骸骨みたいになりながらも悟りを得たでしょ。最悪なのは三度戒めを受けても聞き入れずに逆らうこと。お釈迦様の育ての養母がお釈迦さまに三度逆らって釈迦族を滅亡させたと気が付かない仏弟子もそのような人達なの。

 

仏の顔も三度までというでしょ。

140032447213132853226_image_20140517200113


聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

仏教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村