このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

突然だけれども政治に興味ある?多分ない人の方が多いわよね。でもね、政治を知らないと悪を知ったことにならないという悩ましい側面があるのは覚えておいた方がいいと思うの。

 

神様が禁じた善悪を知る木から取って食べたら、善悪を知り悔い改めないことには収まりがつかないのよ。善とは何かと言ったらそれはね、その漢字が示すように羊と羊飼いなのよ。笑わないで聞いてね。

 

日本にはその昔神代文字があったと言われているけれども、日本語は今でも神代文字なのよ。だからその漢字を見れば善とは何かそのまま示されているという摩訶不思議さなの。

 

悪とは善に次ぐ亜の心。亜とは二次的ということなので、善に次ぐ二次的な心が亜の心で悪なの。この悪が相当あくどいというのがこの記事のテーマ。

 

それはここでも竜と獣と偽預言者の悪なの。竜はサタンとしてよく知られているのよ。誰でもわかるわよね。このサタンが蛇に憑依しイブをそそのかしたの。そしてイスカリオテのユダの中に入り、キリスト・イエスを銀貨三十枚で売り渡させたの。

 

問題は獣と偽預言者なのよ。この獣と偽預言者は私に言わせればポン引きとその売春婦だからよく知っているの。売春婦とはいったい何者かということははっきり書けたとしても、ではポン引きとは何者かということを書くことは、このブログにおいても許されていないの。それを書くと一発で削除されるから。

 

それを書かれるのは本気で嫌がるのよこのポン引きは。このよう弱小なブログであったとしてもよ。だから私も妖気を祓い平らげるために倒語(さかしまごと)で書くからよく忖度してほしいのよ。

 

この二者のコンビネーションはね政治悪と宗教悪の連合体なの。私たちの国の政権与党には神道政治連盟などという組織があり、あの神社に参拝するのが結束の印みたいになっているところがあるでしょ。これなんか金と権力の権化が信仰心などみじんもないくせに、国民の歓心を買おうとして、信仰に基づき政治を行っているというように見せかけたい、偽善者の隠れ蓑なの。

 

私のブログ政治言論のブログではないからこのようにはっきり政権与党をこき下ろしてもネトウヨは寄り付かないわよ。信仰とか宗教がメインテーマのブログに攻撃仕掛けてもあの人たちは身入りにならないのよ。お金にしか目がないの、あの連中は。政治言論の世界で政敵に嫌がらせをすることでしかご主人様から報酬得られないの。

 

それと同じような精神構造なのだけれど、あのポン引きは自身に対する中傷は絶対に許さないの。インターネットは完全に掌握しているわよ。

 

神道政治連盟が神道を隠れ蓑にしているようにこのポン引きは古い方の聖書を隠れ蓑にしているのよ。そして新しい方の聖書を隠れ蓑にしている娼婦の生殺与奪を握っているの。

 

だからこの娼婦はポン引きには絶対に逆らえないの。そしてそのコンビネーションでビジネスが大繁盛で、その娼婦のショウビジネスは大受けでしょ。政治も大受けでしょ。学問の分野もリードしているでしょ。宇宙開発もかしら。その他すべてにおいて絶大な信頼を得ているでしょこの娼婦。私はかなり前に見限ったけれども。

 

このポン引きと娼婦がこの国に傘をさしかけてくれていてみんな大安心でしょ。そのことが何を意味するのかをよくよく知らないと善悪を知ったことにはならないのよ。

 

このポン引きと娼婦には、サタンの手下の後ろ盾の上司がいて、その連中が過去にこの国で核実験をやらせたのではないの、とかは疑ってもみないお人善しばかりで、善悪をまるで知らないのよこの国の人達は。

 

善悪を知る木から取って食べ、善悪を知るということはそれほどにとっても難しいことなのよ。しかしそのような巨悪を知らないとそれをはるかにしのぐ、とてつもなく偉大な善も知らずに息を引き取ることになってしまうの。それを知るのは難しいことだから仕方がないことなのよね。だから狭き門なの。

 

わたしは自身の経験から知らされたのだけれど、神様からお慈悲を受けた者は、その故に、神様から峻厳をもって取り扱われることは避けられないの。それを怖れる人は悪いことは考えずにひたすら安楽死を望むしかないのではないかしら。何も考えずにグレーゾーンで遊んでいた方が気が楽でしょ。聞く耳のある人はそのことをよくよく覚悟した方がいいと思うわよ。

 

前の記事をとどめさしのつもりで書いたのだけれど、こちらの方がとどめさしね。これね、書かされているの。こんな結末になろうとは思わずに書き始めたの。黄泉の中から。

IMG_20191210_211557



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング