このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

キリスト・イエスは救命隊長なのよ。聖霊は隊長から派遣されるレインジャーなの。御父は創造主でありながら救命隊を組織した本部長なの。預言者というのは隊長に救命され、救命隊にリクルートされた救命隊員たち。この救命隊は目に見えるかたちでは組織され得ないらしいのよね。目に見える形で組織しようとした救命隊員のお釈迦さまでもなし得なかったでしょ。

 

でもねこのお釈迦さまはかなり卓越した救命隊員だったので、救命法を後世に残したのよ。隊長がこの世に来る前に、本部長からその才能を見込まれリクルートされ、副隊長とされた人だったの。隊長がこの世に来ることまでしっかりと報道していたでしょ。

 

この隊長と福隊長がこの国では神仏とされているの。それは天照大御神と仏陀釈迦牟尼なの。この仏陀が生まれた時からすでに救命隊は存在していたの。ブラフマ、ビシュヌ、シバとしてね。しかし当時この救命隊をそれと知る人間がいなかったのよ。さかのぼればノアにまで行きつくのだけれど、このノアという人は知っていたはず。ノアの何代か前のご先祖にエノクという預言者がいたのだけれど、エジプトのギザのピラミッドはこの救命三神の神殿として建てられたという伝説があるのよ。仏陀は隊長がこの世に来る567年前にそれを悟ってしまった破格の人だったの。弟子たちがついていけなかったのも無理もないわよね。

 

でもこの弟子たちは仏陀が明らかにした救命法を半ば正確に伝えているでしょ。その救命法がこの救命隊について正確に知る助けになっているのよ。どのように示されているかというと、それが虚空蔵求聞持法なのよ。この求聞持法は阿修羅にとってはちんぷんかんぷんなのよ。自分にとっては、救済など必要ないと思っている阿修羅の方が多いくらいだから。

 

私はこの虚空蔵菩薩とはレインジャーとして派遣される聖霊という神様と理解したわ。仏伝ではいろいろな菩薩や観音、如来がいてオンパレードの様相を呈しているわよね。それは仏弟子たちが、未来仏として示された救命隊長である弥勒菩薩に対する統一見解を欠いていたからそうなったのではないかしら。

 

イエスはこの世に来た時にこの仏伝を学んだと書き残されているのよ。そして父なる神と御子と聖霊について証ししているの。本部長と救命隊長とレインジャー部隊長なの。梵天と如来と大自在天なの。この世に来た弥勒菩薩が梵天の命により救世の業を成し遂げ如来となったことは聖書を学ばなければ理解できないわ。弥勒菩薩は全阿修羅たちの不信仰の罪を一身に背負い十字架上でその罪を祓い清めたの。それが本部長の命令だったの。

 

全阿修羅は既に救済されているのよ。でもね、それを信じない阿修羅は自らの不信仰により、救済されていながらも罪を増し加えるから救われないの。その阿修羅の悪趣から解脱し救済を望まなければ救われないのよ。

 

何から救済されなければならないのか、なかなか理解しづらいということも大きな問題なの。そのことは隊員である黙示録のヨハネがはっきり示しているの。救済されたものは一度目の死を受けても二度目の死から害を受けることはないと。同じ隊員である仏陀も、救済を受けた者は一本目の矢を受けても二本目の矢は受けないと言い残しているでしょ。イエスは自分の弟子たちに復活を約束しているでしょ。菩薩が将来如来となることを約されているというのはそういうことなの。

 

この世に来た以上、救済を受け菩薩の一員とされても死は免れないの。問題は罪をまとった阿修羅としてこの世を終えること。そのことから免れるためにイエスは、天の父に祈れと教えているでしょ。「信じる者には助け手を送る」とも御言葉しているでしょ。それは隊長である自分を信じ、本部長に救済を願い求めよということでしょ。それは阿修羅に信仰がなければできないし、あってもその信仰がおぼつかなければ本部長の裁可は降りないのよ。本部長の裁可が降りるまでに信仰を示した者には隊長の言葉通りに、助け手であるレインジャーの大自在天が派遣されるの。その派遣を受けてしまったらそれは阿修羅にとって神変と感じられるの。神様の救命隊の一員として菩薩とされるのだから当然なの。この大自在天はスーパーレインジャーだから救いそこなうということは絶対にないのよ。

 

そのことは阿修羅の目には映らないから信じがたいのよ。お釈迦様の伝え残した虚空蔵求聞持法で悟るということなの。救命隊長はそのことを「羊は羊飼いの声を聞き分ける」と言い残しているでしょ。それを聞きわけない阿修羅には後に大自在天が第六天魔王として臨むと仏伝で示されているのよ。解脱救済を必要としない阿修羅はいないの。いないにも関わらず宗教者は救命隊の役割を果たしていないでしょ。川の中州で阿修羅たちのバーベキューにつき合っているだけ。そのことを救命隊長は偽預言者とパリサイ人のパン種に注意しなさいと警告しているの。聖書ではこの本部長と救命隊長とレインジャーを、いいなづけ親といいなづけとその世話役という示し方でも書かれているのよ。神様の救命隊は変幻自在なの。



キリスト教ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村