このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 

私の正常性バイアスに亀裂が入ったのはね、1988年8月8日の八ヶ岳においてだったの。1986年4月のチェルノブイリの原発事故から2年後。今考えるとこの時に八八八の神様にくさびを打ち込まれていたのだと思ってしまうの。一年を一日換算すればチェルノブイリから三日目の事なの。それは私にとってはヨハネの黙示録による鋭いくさびだったのよ。

 

ヨハネの黙示録 8

10第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と、その水源の上に落ちた。

11この星の名は「苦よもぎ」といい、水の三分の一が苦よもぎのうにくなって、そのために多くの人が死んだ。 引用ここまで。

 

第七の封印が解かれた後の、七人の天使の内の第三の天使のラッパなの。当時はチェルノブイリというのは苦よもぎを意味するという言説があったのでその言葉に敏感に反応したのね。実際にはチェルノブイリと苦よもぎは同種ではないらしいわ。でもね、よもぎに近縁の植物であることは間違いないらしいわよ。このチェルノブイリも苦よもぎもやせた土壌でも育つため広く自生しているらしいわ。

330px-ArtemisiaVulgaris
 チェルノブィリヌィク (Artemisia vulgaris)


 聖書は神学に基づいて解釈するとキリスト教徒のようにカバラにつまづくわよ。先見者の預言はイスラエルのカバラに当てはめなければだめでしょ。この時の事故がその後の緑の地球という言葉を生み出し、環境に対する意識の変化を生み出したことは決して小さく見積もることはできないでしょ。都市伝説という言い方もされるけれど、この事故の年から
14年後、2×7年後に7×3の21世紀に入り神道祭祀の重鎮が天照大御神の心御柱はキリスト・イエスの十字架だと発表してしまったのに、神学はまるで手も足も出ずに、完全につまづいているでしょ。

 

私は世間の方がどうかしていると直覚していたから、一緒につまづくのだけは御免とずっと思っていたわ。だから福音書と黙示録はずっとフォローしていたの。その結果30年近くかかったけれど、徐々に大きくなっていた正常性バイアスの亀裂に激震が走りあるとき粉々に崩れ落ちてしまったのよ。

 

このバイアスが外れるということは、それまで正常と思っていたことが実は非常に危険で最悪の事態をひきおこしかねない偏見であったと気が付くということ。これに気が付くのに遅れると逃げ遅れ災害の被災者になってしまうということなの。それに気が付くということは死にかかっていたという事に気が付くことだから恐怖をともなうわ。

 

しかしその時には天照大御神に対するゆるぎない信仰と魔訶般若波羅蜜多に助けられソフトランディングに成功するの。そうしたらもうヨハネの黙示録にしかまともなことは書かれてはいないし、神さまの書物をイスラエルの賜物として読み解かなければ人は死後生き残れないということがはっきり見えてくるの。そのようにしか古神道の書物には書かれていないわよ。

 だからメシアの御言葉が命の木への道のりにおける大切な杖で、人にとってこれ以上の賜物は与えられていないの。キリスト教の神学や仏教の哲学の方が都市伝説なの。人を開眼に導くことできていないでしょ。

 メシアの御言葉だけ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング