このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

イエスが示した二匹の魚と五つのパンを旧約聖書、新約聖書、

古事記をもとにカバラで考察してみたら以下のようになったの。

古事記の神代七代の記述がなければ解けないわよこれ。

復活したイエスの直伝として八咫烏が古事記で暗に伝えているとしか思えないの。

なるほどと思える人だけ参考にしてもらえればいいと思うわ。

 

二匹の魚と五つのパンで五千人が満腹して、

残りのパンくずが12かごというイエスの謎々。

五千人とはイエスの時が五日目だったから。

初めから終わりまですべて示されているの。

 

二日と五日で七日 天地創造の七日間

二柱の一人神と五組の夫婦神で神代七代の合計12柱 古事記 八咫烏

二柱と十柱で十二柱


二日目に人類全滅 ノア一家が水の中を通って助かる 水による洗礼 虹の七の契約

三日目の12柱がイスラエル ヤハウェの12  許婚の誓約

五日目の柱がイエスの12弟子 イエスの12  婚約の誓約

七日目の12柱は全人類    天照大御神の12 七つのお祝い 成婚の誓約

七代目の夫婦神が伊弉諾尊と伊弉冉尊で御父と御子の暗喩になっていて
三代から七代までの五組とも同一神。

この二柱の神の三日目から七日目の五日間が夫婦神の盃事の日取り。七五三(倒語)

この夫婦神の盃事とは御父と御子のいいなずけの嫁取りの暗喩。
今の世は六日目で最後の日 各いいなづけの日取りは生まれてから終わりの日まで。 

 

いいなづけには十と二の戒め 十二支族の十支族と二支族が分裂

モーセの十戒 天津罪五と国津罪五 十種の神宝 十束の剣 ヤハウェの十二支族の時代

分裂後の十支族から出た釈迦の解脱 イエスに先立つ、四日目に示された五六七弥勒菩薩の預言

分裂後の二支族の洗礼者ヨハネ 悔い改め 神の篩 天津金木と天津菅麻 イエスと同時代

十と二の、解脱と悔い改めが天照大御神の十二の禊祓い 

国津神十支族から天津神二支族に国譲りで天孫十二支族回復融合 倭 大和 ヤハウェの民

全人類がこの十二の禊祓いで篩にかけられる 

その篩はモーセが十二支族に示した十戒で、伊弉諾尊の十束の剣であり

またの名を十種神宝という、ゆらゆらとふるわれる天照大神の篩

これらのことを私がカバラで解釈すると、悔い改めた上で(二の禊)、解脱し(十の禊)、
イスラエルの十二支族に与えられた十戒を、イエスの十二弟子のように悟れ、
ということになるわ。それが神道の禊なの。

イエスが手に箕を持ち、麦は倉に納め、殻は消えることのない火で焼きはらう、
と言ったのは洗礼者ヨハネなの。


神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

聖書・聖句ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。