このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)

 今日も何か書いておこうかしら。

ここ一か月足らずだけれど根っこと幹を全部さらしたわ。

岩戸の前に掲げられた根付きの天の真榊の根っこと幹。

それがこのページ。

http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)

この真榊に八咫鏡がかけられたの。

天照大御神は伊弉諾尊が左の目をすすいだ時に生りいでたと

古事記に書かれているでしょ。

そこに鏡をかけるということは、この真榊の命の木が

実は鏡像だと示しているの。

 

鏡像とは自分の前面が後ろ姿に透過して見えるという

不思議な現象をともなうでしょ。

この命の木は神様の玉座の後ろ姿だと示唆しているの。

そう思ってみると、天照大御神は中央の神様の右に坐している事が分かるの。

キリスト・イエスは天照大御神として天に挙げられ、

御父の右に坐すと示しているのよ古事記は。
だから、うしろの正面だあれ?なの。


神道ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村