このブログに来たらこの記事だけは押さえてね。
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/966714.html (天照大御神の心御柱)

とってもためになるページ
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1183708.html (三柱の神の宇宙)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/1152017.html (聖書において命の木のカバラの示すこと)
http://sakasimagoto.blog.jp/archives/947242.html  (イエスは御父による人類のいいなづけだった)

 少し前に須佐之男命が退治した八岐大蛇(やまたのおろち)のことを

別のブログにUPしたことがあったんだ。

 

須佐之男命が退治した八岐大蛇(やまたのおろち)は、
ヨハネという人も聖書のヨハネの黙示録という本に書いていて、
それは海から上がってくる獣で、その獣は退治されて、
死んだかと思ったがその傷も治ってしまうと書いてあるんだ。

 

須佐之男命のことを知っていた人は稗田阿礼(ひえだのあれ)という人で
何時代の人か知らないけど多分、飛鳥時代とか、奈良時代の人だ。大昔の人だ。

 

その八岐大蛇(やまたのおろち)が退治されて死んだようになるけど
また生き返ると書いていたヨハネという人はその大昔よりもっと大昔の人だったんだ。

 

その退治されたけど傷が治ってしまった八岐大蛇(やまたのおろち)のことをブ
ログに書いてUPしたんだ。

 

その大蛇は天照大御神の神国が戦争に負けるのと時を同じくして、
傷が治って出て来たんだ。
そして嘘ばかりつきながら、火と煙を吐きながら人を食っている、
獣にも劣る毒蛇で、神様が傷を治したと人に信じ込ませている、
とんでもない化け物なんだ。

 

稗田阿礼やヨハネは八岐大蛇とか、海か上がってくる獣とか書いていたけど、
おかげ参りは本当の名前を知っていたから、そのまま本当の名前で
そいつのことをけっこう細かく書いたんだ。
こんなこと書いたら多分やばいだろとわかっていたけど、
どうせだれも見に来ないブログだからいいだろと思ってUPした。
そして、つぎの日にみたらそっこう削除されてた。
それはプロバイダーの自己規制なのか、獣の検閲なのかわからないけど、
やはりこの獣はインターネットの時代になった今日においても、
そうとうな影響力を行使しているのだなとつくづく知らされたんだ。
昭和天皇の御代に現れた化け物だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

哲学・思想ランキング